方丈記

・ゆく河の流れ ・安元の大火治承の辻風福原遷都養和の飢饉元暦の大地震処世の不安出家遁世方丈の庵早暁の念仏

方丈記  

ゆく河の流れ

 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世の中にある人と、栖(すみか)とまたかくのごとし。

 たましきの都のうちに、棟を並べ、甍(いらか)を争へる、高き、いやしき、人の住ひは、世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家は稀(まれ)なり。或は去年(こぞ)焼けて、今年作れり。或は大家(おほいへ)亡びて小家(こいへ)となる。住む人もこれに同じ。所も変らず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中(うち)に、わづかにひとりふたりなり。朝(あした)に死に、夕(ゆふべ)に生るるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。

 知らず、生れ死ぬる人、何方(いずかた)より来たりて、何方へか去る。また知らず、仮の宿り、誰(た)が為にか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。その主と栖と、無常を争ふさま、いはばあさがほの露に異ならず。或は露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。或は花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕を待つ事なし。

【現代語訳】
 ゆく川の流れは絶えることがなく、しかもその水は前に見たもとの水ではない。淀みに浮かぶ泡は、一方で消えたかと思うと一方で浮かび出て、いつまでも同じ形でいる例はない。世の中に存在する人と、その住みかもまた同じだ。

 玉を敷きつめたような都の中で、棟を並べ、屋根の高さを競っている、身分の高い人や低い人の住まいは、時代を経てもなくならないもののようだが、これはほんとうかと調べてみると、昔からあったままの家はむしろ稀だ。あるものは去年焼けて今年作ったものだ。またあるものは大きな家が衰えて、小さな家となっている。住む人もこれと同じだ。場所も変らず住む人も多いけれど、昔会った人は、二、三十人の中にわずかに一人か二人だ。朝にどこかでだれかが死ぬかと思えば、夕方にはどこかでだれかが生まれるというこの世のすがたは、ちょうど水の泡とよく似ている。

 私にはわからない、いったい生まれ、死ぬ人は、どこからこの世に来て、どこへ去っていくのか。またわからないのが、一時の仮の宿に過ぎない家を、だれのために苦労して造り、何のために目先を楽しませて飾るのか。その主人と住まいとが、無常の運命を争っているかのように滅びていくさまは、いわば朝顔の花と、その花につく露との関係と変わらない。あるときは露が落ちてしまっても花は咲き残る。残るといっても朝日のころには枯れてしまう。あるときは花が先にしぼんで露はなお消えないでいる。消えないといっても夕方を待つことはない。

↑ ページの先頭へ

安元の大火

 予(われ)、ものの心を知れりしより、四十(よそぢ)あまりの春秋(しゅんじう)をおくれるあひだに、世の不思議を見る事ややたびたびになりぬ。

 去(いんし)、安元三年四月(うづき)廿八日かとよ。風烈(はげ)しく吹きて、静かならざりし夜、戌(いぬ)の時(とき)(ばかり)、都の東南(たつみ)より火出で来て、西北(いぬゐ)に至る。はてには朱雀門・大極殿・大学寮・民部省などまで移りて、一夜のうちに塵灰(ちりはい)となりにき。

 火(ほ)もとは、樋口富(ひぐちとみ)の小路(こうじ)とかや。舞人(まひびと)を宿せる仮屋より出で来たりけるとなん。咲き迷ふ風に、とかく移りゆくほどに、扇(あふぎ)をひろげたるがごとく末広になりぬ。遠き家は煙(けぶり)に咽(むせ)び、近きあたりはひたすら焔(ほのほ)を地に吹きつけたり。空には灰を吹き立てたれば、火の光に映じて、あまねく紅(くれなゐ)なる中に、風に堪へず、吹き切られたる焔、飛ぶが如くして一二町を越えつつ移りゆく。その中の人、現(うつ)し心あらむや。或(あるい)は煙に咽びて倒れ伏し、或は焔にまぐれてたちまちに死ぬ。或は身ひとつ、からうじて逃るるも、資財を取り出づるに及ばず。七珍万宝さながら灰燼(くわいじん)となりにき。その費え、いくそばくぞ。そのたび、公卿の家十六焼けたり。ましてその外、数へ知るに及ばず。惣(すべ)て都のうち、三分が一に及べりとぞ。男女死ぬるもの数十人、馬・牛のたぐひ辺際を知らず。

 人の営み、皆愚かなるなかに、さしも危ふき京中の家をつくるとて、宝を費し、心を悩ます事は、すぐれてあぢきなくぞ侍る。

【現代語訳】
 私がものの道理を理解できるようになってから、四十年余の歳月を送ってきた間に、世の中の思いもよらない出来事を見ることが、次第に度重なってきた。

 去る安元三年四月二十八日であったろうか、風が激しく吹いて、静かにおさまらなかった夜、午後八時ごろ、都の東南から火が出て、西北に燃えていった。しまいには朱雀門・大極殿・大学寮・民部省などまで燃え移り、一晩のうちにすっかり塵灰になってしまった。

 火元は樋口富小路とかいうことだ。舞人を宿泊させた仮小屋から出火したのだという。吹き荒れる風によって、あちらこちらに燃え移っていくうちに、火事は扇を広げたように末広がりになっていった。遠い家は煙にむせび、近いあたりはひたすら炎を地面に吹きつけた。空には灰を吹き上げたので、それが火の光に照り映えて、空一面が真っ赤になっている中を、風の勢いに堪えきれず吹きちぎられた炎が、飛ぶようにして、一町も二町も越えて移っていく。その中にいた人は、生きた心地がなかったにちがいない。あるものは煙にむせんで倒れ伏し、あるものは炎に目がくらんでそのまま(焼け)死んだ。あるものは身ひとつで、やっとのことで逃げたものの、家財道具を取り出すこともできなくて、多くの財宝はすっかり灰になってしまった。その損害はいかほどであったろうか。その時の火事で、公卿の家は十六焼けた。ましてそのほかの一般の小さな家は、数えることもできない。焼失した家屋は全部で都の三分の一にも及んだという。男女の死者は数十人、馬や牛のたぐいは際限がない。

 人の営みは、すべて愚かしく、中でも、こんなに危険な都の中に家をつくるといって、財産を使い、あれこれ苦心することは、とりわけつまらないことだ。

↑ ページの先頭へ

治承の辻風

 また、治承(ぢしよう)四年 卯月(うづき)のころ、中御門京極(なかみかどきやうごく)のほどより大きなる辻風(つじかぜ)起こりて、六条わたりまで吹けることはべりき。

 三、四町を吹きまくる間に、こもれる家ども、大きなるも小さきも、一つとして破れざるはなし。さながら平(ひら)に倒(たふ)れたるもあり、桁(けた)・柱ばかり残れるもあり。門(かど)を吹きはなちて四、五町がほかに置き、また、垣を吹き払ひて隣と一つになせり。いはむや、家のうちの資材、数を尽くして空にあり、檜皮(ひはだ)・葺板(ふきいた)のたぐひ、冬の木(こ)の葉の風に乱るるがごとし。塵(ちり)を煙のごとく吹き立てたれば、すべて目も見えず、おびたたしく鳴りどよむほどに、もの言ふ声も聞こえず。かの地獄の業(ごふ)の風なりとも、かばかりにこそはとぞ覚ゆる。家の損亡(そんまう)せるのみにあらず、これを取り繕ふ間に、身をそこなひ、かたはづける人、数も知らず。この風、未(ひつじ)の方に移りゆきて、多くの人の嘆きなせり。

 辻風は常に吹くものなれど、かかることやある、ただごとにあらず、さるべきもののさとしか、などぞ疑ひはべりし。

【現代語訳】
 また、治承四年四月のころ、中御門京極のあたりから大きなつむじ風が起こり、六条大路のあたりまで吹き抜けたことがあった。

 三、四町を吹きまくる間に、巻き込まれた家々は、大きな家も小さな家も一つとして壊れなかったものはなかった。そのまま平らにつぶれているものもあり、桁や柱だけが残っているのもある。門を吹き飛ばして、四、五町も離れた場所に落ち、また、垣根を吹き払って隣の家と一つになっている。まして、家の中の家財道具はことごとく空に吹き上げられ、檜皮や葺板のたぐいは冬の木の葉が風に乱れ飛ぶようだった。塵を煙のように吹きたてているため、まったく何も見えず、風がものすごく鳴り響くので、人々の話し声も聞こえない。あの地獄に吹く業の風も、このくらいだろうと思われる。家屋が壊れて失われたのみでなく、これを修繕しているときに怪我をして、体が不自由になった人は数知れない。この風は、南南西の方角に進み、多くの人々を嘆かせた。

 つむじ風はつねに吹くものだが、これほどひどいものがあろうか、ただごとではなかった、しかるべき神仏のお告げであろうかなどと疑ったことだ。

↑ ページの先頭へ

福原遷都

(一)
 また、治承四年水無月(みなづき)のころ、にはかに都遷(うつ)りはべりき。いと、思ひの外(ほか)なりしことなり。おほかた、この京の初めを聞けることは、嵯峨(さが)の天皇の御時(おんとき)、都と定まりにけるより後、すでに四百余歳を経たり。ことなるゆゑなくて、たやすく改まるべくもあらねば、これを世の人安からず憂へ合へる、げにことわりにも過ぎたり。

 されど、とかくいふかひなくて、帝(みかど)より初め奉りて、大臣・公卿皆ことごとく移ろひたまひぬ。世に仕ふるほどの人、たれか一人ふるさとに残りをらむ。官(つかさ)・位に思ひをかけ、主君の陰を頼むほどの人は、一日なりともとく移ろはむと励み、時を失ひ世に余されて期(ご)する所なきものは、愁(うれ)へながら止まりをり。軒を争ひし人の住まひ、日を経つつ荒れゆく。家はこぼたれて淀河(よどかは)に浮かび、地は目の前に畠(はたけ)となる。人の心皆改まりて、ただ馬・鞍(くら)をのみ重くす。牛・車を用する人なし。西南海(さいなんかい)の領所(りやうしよ)を願ひて、東北の庄園(しやうゑん)を好まず。

【現代語訳】
 また、治承四年六月のころ、突然遷都が行われた。まことに思いがけないことだった。そもそも、この平安京の起源について聞いていることは、嵯峨天皇の御代に都と定まって以来、すでに四百年余りも経っている。よほどの理由がなくては、そう簡単に都が改められるはずもないから、このたびの遷都を世の人々が不安になり、心配しあったのは、まったく当然といえば当然だった。

 しかしながら、あれこれ言ったところで仕方がなく、天皇をはじめ、大臣・公卿も皆すべて新都へ移ってしまわれた。そうなると、朝廷に仕え官職にある人は、誰がひとりこの旧都に残っていようか、残るはずもない。官職や位の昇進を望み、主君の恩恵に浴することを期待する人たちは、一日でも早く新都に移ろうと努め、時勢に合わず世の中から取り残されて希望を持たない人たちは、不満をうったえながらも都にとどまった。軒を争うように立ち並んでいた人々の住まいは、日が経つにつれて荒れていく。家は取り壊されて淀河に浮かび、その跡地は畑となった。人々の気持ちはみな変わり、ただ馬や鞍ばかりを重んずる。牛や車を用いる人はいない。そして、新都から近い九州や四国の領地を望み、東北の庄園は敬遠された。

(二)
 その時おのづからことの便りありて、津の国の今の京に至れり。所のありさまを見るに、その地、ほど狭(せば)くて条理を割るに足らず。北は山に沿ひて高く、南は海近くて下れり。波の音、常にかまびすしく、塩風ことに激し。内裏(だいり)は山の中なれば、かの木の丸殿もかくやと、なかなか様(やう)変はりて優なるかたもはべり。日々にこぼち、川も狭(せ)に運び下(くだ)す家、いづくに作れるにかあるらむ。なほ空しき地は多く、作れる屋(や)は少なし。古京はすでに荒れて、新都はいまだ成らず。ありとしある人は皆浮雲の思ひをなせり。もとよりこの所にをるものは、地を失ひて愁ふ。今移れる人は、土木のわづらひあることを嘆く。道のほとりを見れば、車に乗るべきは馬に乗り、衣冠(いくわん)・布衣(ほい)なるべきは、多く直垂(ひたたれ)を着たり。都の手振りたちまちに改まりて、ただひなびたる武士(もののふ)に異ならず。世の乱るる瑞相(ずいさう)とか聞けるもしるく、日を経つつ世の中浮き立ちて、人の心もをさまらず、民の愁へ、つひに空しからざりければ、同じき年の冬、なほこの京に帰りたまひにき。されど、こぼちわたせりし家どもは、いかになりにけるにか、ことごとくもとのやうにしも作らず。

 伝へ聞く、いにしへのかしこき御世(みよ)には、憐みを以て国を治めたまふ。すなはち、殿(との)に茅(かや)ふきて、その軒をだに整へず、煙のともしきを見たまふ時は、限りある貢物(みつぎもの)をさへ許されき。これ、民を恵み、世を助けたまふによりてなり。今の世のありさま、昔になぞらへて知りぬべし。

【現代語訳】
 その時分、たまたまついでの用事があって、摂津の国の新しい都に行った。その場所のありさまを見ると、その土地は面積が狭くて、条理を区画するには広さが足りない。北は山に沿って高く、南は海に近くて低くなっている。波の音がいつも騒がしく、潮風がとくに激しい。皇居は山の中にあるので、あの木の丸殿もこのようだったかと思われて、かえって風変わりで優雅な趣もある。毎日のように打ち壊し、川も狭くなるほどに筏(いかだ)を組んで流して運ぶ家々は、どこに造っているのだろう。まだ空き地が多く、造られた家は少ない。旧都はすでに荒廃し、新都はまだ完成していない。ありとあらゆる人々は、みな浮雲のような心地をしている。以前からこの土地にいる者は、土地を取り上げられて不満を訴えている。新しく移ってきた人は、家の建築や道路の普請などの労苦を嘆いている。路上を見れば、牛車に乗るはずの公卿が武士のように馬に乗り、衣冠や布衣であるはずなのに、多くが直垂を着ている。都の風俗は急速に変わり、ただの田舎めいた武士と異なるところがない。こうしたことは世の中が乱れる前触れと聞いていたが、まさにそのとおりで、日が経つにつれて世間が騒がしくなり、人心も定まらず、民衆の心配がとうとう現実となる事態が起こり、同じ年の冬に、天皇はやはり京都にお帰りになってしまわれた。しかし、広く取り壊してしまった家々はどのようになったのだろうか。すべてが元通りに再建されたわけではなかった。

 伝え聞くことは、昔の優れた天子の御代には、天子は愛情を持って国を治められた。すなわち、宮殿の屋根には茅をふいて、その茅ぶきの軒さえ切りそろえることなく、立ち上る煙が少ないのを御覧になると、限られた租税までも免除なされた。これは、民をお恵みになり、世の中をお救いなさろうとされたからだ。今の世のありさまがいかに乱れているか、昔と比べればきっとよく分かる。

(注)木の丸殿・・・丸太で造った宮殿。斉明天皇が新羅遠征に際し、筑前国の朝倉の山中に建てられた御殿を指す。

↑ ページの先頭へ

養和の飢饉

(一)
 また養和のころとか、久しくなりて覚えず、二年があひだ、世の中飢渇(けかつ)して、あさましき事侍りき。或は春・夏ひでり、或は秋、大風・洪水など、よからぬ事どもうち続きて、五穀(ごこく)ことごとくならず。むなしく春かへし、夏植うるいとなみありて、秋刈り冬収むるぞめきはなし。

 これによりて、国々の民、或は地を棄てて境を出で、或は家を忘れて山に住む。さまざまの御祈(おんいのり)はじまりて、なべてならぬ法ども行はるれど、更にそのしるしなし。京のならひ、何わざにつけても、みなもとは、田舎をこそ頼めるに、絶えて上るものなければ、さのみやは操もつくりあへん。念じわびつつ、さまざまの財物、かたはしより捨つるがごとくすれども、更に目見立つる人なし。たまたま換(か)ふるものは、金を軽くし、粟(ぞく)を重くす。乞食(こつじき)、路のほとりに多く、愁(うれ)へ悲しむ声耳に満てり。

【現代語訳】
 また養和ころだったか、年月が久しくなってよく覚えていないが、二年の間、世の中が飢饉となって、驚くほどひどいことがあった。春・夏に旱魃(かんばつ)、あるいは秋には大風・洪水など悪いことが続いて、穀物はことごとく実らない。かいもなく春に耕し、夏に植える仕事だけあって、秋に稲刈りをし、冬に収穫するにぎやかさはない。

 このため、諸国の民は、ある者は土地を捨てて国境を出て放浪し、ある者は家をかえりみず山に住む。さまざまな御祈祷がはじまり、特別な秘法などが行われるが、まったく効果がない。都のならわしとして、何事も田舎に頼っているのに、何も運ばれてこないので、体裁をとりつくろっていられない。がまんできず、さまざまの財物を食糧と交換しようとするが、誰も目にとめようとしない。たまたま交換する者は、金銭の価値を軽くし、穀物の価値を重んじる。乞食は路上に増え、悲しむ声は耳に充満した。

(二)
 前の年、かくの如く辛うじて暮れぬ。明くる年は立ち直るべきかと思ふほどに、あまりさへ疫癘(えきれい)うちそひて、まささまにあとかたなし。世の人みなけいしぬれば、日を経つつきはまりゆくさま、少水(せうすい)の魚(いを)のたとへにかなへり。はてには、笠打ち着、足引き包み、よろしき姿したるもの、ひたすらに家ごと乞ひ歩(あり)く。かくわびしれたるものどもの、歩くかと見れば、すなはち倒れ伏しぬ。築地(ついひぢ)のつら、道のほとりに、飢ゑ死ぬるもののたぐひ、数も知らず。取り捨つるわざも知らねば、くさき香(か)世界にみち満ちて、変りゆくかたちありさま、目も当てられぬこと多かり。いはむや、河原などには、馬・車の行き交ふ道だになし。あやしき賤山(しづやま)がつも力尽きて、薪(たきぎ)さへ乏しくなりゆけば、頼むかたなき人は、自らが家をこぼちて、市に出でて売る。一人が持ちて出でたる価(あたひ)、一日が命にだに及ばずとぞ。あやしき事は、薪の中に、赤き丹(に)着き、箔(はく)など所々に見ゆる木、あひまじはりけるを尋(たづ)ぬれば、すべきかたなきもの、古寺に至りて仏を盗み、堂の物の具を破り取りて、割り砕けるなりけり。濁悪世(ぢょくあくせ)にしも生れ合ひて、かかる心憂きわざをなん見侍りし。

【現代語訳】
 前の年は、こうしてやっとのことで暮れた。翌年は立ち直るだろうかと思っていると、立ち直るどころか、その上に疫病までが重なって、いっそうひどい状況となり、何もかもだめになった。世間の人々は皆飢えきっており、日が経つにつれて行き詰っていくありさまは、「少水の魚」のたとえにも等しい。ついには、笠をかぶり、足を包んで、よい身なりをした婦人までが、一途に家々に物乞いをして歩いている。このように困窮した人々は、今歩いていたかと見れば、いきなり倒れてしまう。土塀の前や道端には、飢え死にした者らの数が計り知れない。死体を取りかたづける術もなく、死臭があたり一面に充満し、腐って変わっていく顔や姿は、むごたらしくて目も当てられないのが多い。まして、河原などは死体の山で馬や牛車が通れる道さえない。身分の低い農夫や木こりも力が尽き果て、薪さえ乏しくなっていき、頼るところがない人は自分の家を壊し、それを市に出して売る。それでも一人が持ち出して売った価は、一日の命をつなぐのにさえ間に合わないという。けしからんことに、そういう薪の中に赤い丹の塗料がつき、金や銀の箔などが所々にある木がまじっていたので、調べてみると、どうしようもなくなった者が古寺に行き、仏像を盗み、堂の中の仏具を壊して取ってきて、割り砕いて売り出したという。濁りきった末法の世に生れあい、このような情けない行いを見てしまった。

(三)
 また、いとあはれなる事も侍りき。さりがたき妻(め)・をとこ持ちたるものは、その思ひまさりて深きもの、必ず先立ちて死ぬ。その故は、わが身は次にして、人をいたはしく思ふあひだに、稀々(まれまれ)得たる食ひ物をも、かれに譲るによりてなり。されば、親子あるものは、定まれる事にて、親ぞ先立ちける。また、母の命尽きたるを知らずして、いとけなき子の、なほ乳(ち)を吸ひつつ、臥(ふ)せるなどもありけり。仁和寺(にんなじ)に隆暁法院(りうげうほふいん)といふ人、かくしつつ数も知らず死ぬる事を悲しみて、その首(かうべ)の見ゆるごとに、額(ひたひ)に阿字(あじ)を書きて、縁を結ばしむるわざをなんせられける。人数を知らむとて、四・五両月を数へたりければ、京のうち、一条よりは南、九条より北、京極(きやうごく)よりは西、朱雀(すざく)よりは東の、路(みち)のほとりなる頭、すべて四万二千三百余りなんありける。いはむや、その前後に死ぬるもの多く、また、河原・白河・西の京、もろもろの辺地などを加へていはば、際限もあるべからず。いかにいはんや、七道諸国をや。

【現代語訳】
 また、しみじみと感動することもあった。お互いに離れられない夫婦は、その愛情が深いほうが必ず先に死んだ。なぜなら、わが身は二の次にして相手をいたわるので、ごくまれに手に入った食べ物も、相手に譲るからだ。だから、親子となると、決まって親が先に死んだ。また、母親の命が尽きているのを知らないで、なおも乳房を吸いながら寝ているという情景もあったそうだ。仁和寺にいた隆暁法院という人は、これほどに数え切れない人が死んでいくのを悲しみ、死体の首を見るたびに、額に阿字を書いて仏縁を結ばせ成仏できるようになさったという。死者の数を知ろうと、四月五月の二か月の間に数えたところ、都では、一条から南、九条から北、京極から西、朱雀からは東の路ばたにあった死体は、全部で四万二千三百あまりあったという。まして言うまでもなく、その前後に死んだ者も多く、また、賀茂河原・白河・西の京、その他もろもろの辺地などを加えていけば、際限もなかろう。まして、日本全国となると見当もつかない。

(注)阿字・・・阿という文字。梵語(古代インド語)の十二母音の一番目で、一切の言語、文字がこの音をもとに生ずるとされた。

(注)現代語訳は、現代文としての不自然さをなくすため、必ずしも直訳ではない箇所があります。

ページの先頭へ 次へ

方丈記について

 作者の鴨長明は、鎌倉時代の歌人・文人。本来は「かものながあきら」と読むのが正しい。法名蓮胤(れんいん)。賀茂神社の神官の子に生まれ、中原有安から琵琶をならい、俊恵法師に和歌を学んで、若いころから両道にすぐれた才能を発揮した。宮廷歌人としても活躍したが、父の死後、同族間の跡目争いにやぶれたことをきっかけに、出家遁世した。

 出家の後、洛南日野の方丈の庵で書かれた『方丈記』は、日本三大随筆のひとつとされ、仏教文学、隠者文学として名高い。長明が57歳のときに成立したとされ、前半は、中世的な無常観をもって、長明が直接体験した五大災害(安元の大火・治承の辻風・福原遷都・養和の飢饉・元暦の大地震)を描写、この世の無常とはかなさを実証している。

 後半は、まず自身の家系、住環境について述べ、続いて、出家遁世して住んだ大原山のこと、日野に移り方丈の庵を築いてからの閑寂な生活を、仏道への心の傾斜を見せつつ描いている。『枕草子』や『徒然草』のように分段形式はとらず、一貫して流れる筋を一気呵成に展開させているのが特色。

関連記事

鴨長明の略年譜

1155年
賀茂神社の神事を統率する鴨長継の次男として生まれる
1167年
平清盛が太政大臣になる
1180年
新都・福原に赴く
1181年
平清盛が死去
1185年
平氏が壇ノ浦で滅びる
源頼朝が全国に守護・地頭を置く
1201年
和歌所寄人に任命される
1203年
源実朝が3代将軍となる
1204年
出家する
1205年
「新古今集」に10首入集
1208年
方丈の庵を結ぶ
1211年
「無名抄」ができる?
1212年
「方丈記」ができる
1216年
鴨長明が死去

P R

古典に親しむ