孔子さまの言葉

孔子さまの言葉  

孔子さまの言葉

  • 巧言令色(こうげんれいしょく)、鮮(すく)なし仁(じん)

    「心にもないおべっかを使ったり、顔色をつくろったりする者には、本当に他人に誠実な者は少ない」。それに、そういう人間は途中まではうまくいっても、どこかで必ず化けの皮がはがれるゾ。

  • 学びて時にこれを習う、亦(ま)た説(よろこ)ばしからずや。朋(とも)あり、遠方より来たる、亦た楽しからずや

    以前に読んだ本をあらためて読み返してみると、こんないいことが書いてあったのかと再発見することがたびたびあって、とても嬉しい。志を同じくする友だちが遠方からやって来るのもまた嬉しく、人生の楽しみの一つだ。

  • 過ちて改むるに憚(はばか)ることなかれ。

    「過ちをおかしたときは、すぐ改めよ。少しも遠慮する必要はない」。分かっていても、簡単なようでなかなか難しい。とくに立場や地位の高い人ほど、憚ってしまう。

  • 過ちを改めざるこれを過ちという。

    過ちは仕方のないこと。過ちをおかしても改めようとしないことこそ、真の過ちというものだ。

  • 人の己(おの)れを知らざることを患(うれ)えず、人を知らざることを患う。

    他人が自分の真価を知らないことを気にするより、自分が人の才能や力量を知らないことをこそ憂うべきだ。

  • (ふる)きを温めて新しきを知る、以(もっ)て師と為(な)るべし。

    古いことを調べ尋ねて、そこから新しい発見を得られれば、必ず他人に学ばせることができよう。有名な四字熟語「温故知新」の出所。

  • 仁者は難きを先にし獲(う)るを後にす、仁と謂(い)うべし。

    仁者は、難しくて骨の折れる仕事を自ら進んで引き受け、それによる利益は問題にしない、これを仁という。

  • 先ず其の言を行い、而(しか)して後にこれに従う。

    「まず、言葉を口にせずそれを実行する、その後で自分の主張をする」。弟子の「立派な人間とは?」の問いに答えた言葉。「不言実行」あるいは「先行後言」こそが立派ということ。

  • 匹夫(ひっぷ)も志を奪うべからず。

    「匹夫」は身分の低い男。そのような者でも志が堅固ならば、誰もそれを奪うことはできない。

  • 温にして(はげ)し、威(い)あって猛(たけ)からず、恭(きょう)にして安し。

    「優しい一方で厳しく、威厳はあるが威圧的でなく、うやうやしくあるが窮屈なところがない」。孔子の”人となり”を弟子が評した言葉。歳を重ねたら、かくありたいもの。

  • 君子は周(した)しみて比(おもね)らず、小人は比りて周しまず。

    立派な人は、広く親しみ一部の人におもねることをしない。しかしつまらない人は、一部の人におもねって広く親しむことをしない。

  • 君子に三戒(さんかい)あり。

    君子といわれるほどの者は、血気の定まらぬ若いときには色欲を戒め、血気盛んな壮年の時代には人との争いを戒め、血気が衰える年寄りになってからは欲深にならないように戒めなくてはならぬ。

  • 君子は貞(てい)にして諒(りょう)ならず。

    君子は正しいけれども、馬鹿正直ではない。

  • 怒りを遷(うつ)さず。

    怒りの気持ちを他人に向けるようなことをしない。八つ当たりをするな。

  • 其の以(な)す所を視(み)、其の由(よ)る所を観(み)、其の安んずる所を察すれば、人いずくんぞ隠さんや、人いずくんぞ隠さんや。

    人間の行動には、必ず動機がある。そして、その動機をどのように発展させて行動しているかを観察すれば、その人は絶対に自分を隠すことはできない、絶対に隠せない。

  • (せい)(あい)近し、習い相遠し。

    人の生まれ育った天性は似たり寄ったりで、それほど違いはないが、その後の習慣や教養が身についたかどうかで、大きな隔たりができてしまう。

  • 人の過つや、各々その党(たぐい)においてす。過ちを観て斯(ここ)に仁を知る。

    人の過ちというのは、それぞれ人物の種類に応じておかすものだ。だから、その過ちを見れば仁かどうか分かる。

  • 位なきことを患(うれ)えず、立つ所以(ゆえん)を患う。己れを知ることなきを患えず、知らるべきことを為すを求む。

     地位のないことを気にせず、地位を得るための正しい方法を気にかけるべき。自分を認めてくれる人がいないことを気にせず、認められるだけのことをするよう努めるべき。

  • 父母に事(つか)うるには幾(ようや)くに諌(いさ)め、志の従わざるを見ては、また敬して違(たが)わず、労して怨みず。

    父母に仕えて、その悪いところがあれば穏やかに諌め、その心が従いそうになければ、さらに慎み深くして逆らわず、苦労はあるけれども怨みには思わないことだ。

  • これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。

    知っているというのは好むのには及ばない。好むというのは楽しむのに及ばない。

  • (とし)寒くして、然る後に松柏(しょうはく)の彫(しぼ)むに後(おく)るることを知る。

    季節が寒くなってから、はじめて松や柏(ひのき)が散らずに残ることが分かる。そのように、人も危難のときにはじめてその人の真価が分かる。

  • 君子は人の美を成す、人の悪を成さず、小人は是れに反す。

    君子は他人の美点を伸ばして成し遂げさせ、他人の悪い点は成り立たないようにするが、小人はその反対だ。

  • 我れ三人行えば必ず我が師を得(う)。其の善き者をえらびてこれに従う。其の善からざる者にしてこれを改む。

    私は、三人で行動したらきっとそこに自分の師を見つける。善い人を選んでそれを見習い、善くない人にはそれを我が身に照らして改める。

  • (ちち)(いま)せば其の志を観(み)、父没すれば其の行いを観る。三年、父の道を改むること無きを、孝と謂(い)うべし。

    父のあるうちはその志を観察し、父の死後にはその行為を観察する。そして三年の間、父のやり方を改めないのを孝行という。

  • (おご)れば即ち不遜、倹なれば即ち固なり。其の不遜ならんよりは寧(むし)ろ固なれ。

    贅沢をしていると尊大になり、倹約をしていると頑(かたく)なになるが、尊大であるよりはむしろ頑なのほうがよい。

  • 貧しくて怨むこと無きは難く、富みて驕(おご)ること無きは易し。

    貧乏でいて怨むことのないのは難しいが、金持ちでいて威張らないのは易しい。

  • (た)だ女子と小人とは養い難しと為す。これ近づくれば即ち不遜なり。これを遠ざくれば即ち怨む。

    女と下々の者とだけは扱いにくい。近づけると無遠慮になり、遠ざけると怨む。

  • 学びて思わざれば即ち罔(くら)し。思いて学ばざれば即ち殆(あや)うし。

    せっかく学んでも自分で考えてみないと知識は確かなものにならない。自分ひとりで考えるばかりで学ぶことをしなければ、独りよがりになって危険だ。

  • (あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり。

    「朝、真実の道を悟ることができたら、その日の夕方に死んでもかまわない」。人の道の尊さを説いた言葉とされるが、一説には「天下に道理が行き渡り、社会の秩序が回復したと聞きさえしたら、死んでもよい」との解釈もあるようだ。

  • 利に放(よ)りて行えば、怨み多し。

    利益ばかり求めるような行動をしていると、怨みを招くことが多い。

  • 賢を見ては斉(ひと)しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みる。

    すぐれた人物に出会ったときは、その人と同じようになりたいと思い、愚かな人を見たときは自分もそうではないかと反省する。

  • 過ちを観て斯(ここ)に仁を知る。

    人がおかした過ちを見て、その人の人徳が分かることがある。たとえば、真面目すぎたり勇気がありすぎたためにおかした過ちは、仁徳の表れであることを理解しなくてはならない。

  • 益者三友

    自分の利益になる三種の友だちとは? 正直な人、誠実な人、そして多くの見聞がある人。

  • 知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼(おそ)れず。

    知者は物事の道理に通じているから判断に迷うことがない。仁者はきよくよしない。勇者は事にあたって恐れることがない。

  • 知らざるを知らずとなす。これ知るなり。

    知っていることは知っていると認め、知らないことは知らないと認めよ。それが真の知識というものだ。

  • 民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず。

    「為政者が、すべての人民に理解させることは難しい。人民を方針に従わせることはできるが、なぜそう定めたかの理由をいちいち知らせることは、なかなか難しい」。これを、「人民はただ法令によらしむべきで、知らせる必要はない」などと解するのは誤り。

  • 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。

    君子は、人と協調はするが雷同はしない。小人は、人に雷同はするが協調はしない。協調は大切だが、間違った道理にはあくまで反対しなくてはならない。

  • 吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(みみした)がう。七十にして心の欲するところに従って、矩(のり)を踰(こ)えず。

    私は十五歳で学問を志した。そして三十歳で一本立ちした。四十歳であれこれと迷うことがなくなり、五十歳になると天が命じたこの世での役割と自らの限界を知った。そして六十歳になったときには、人の言葉を素直に聞けるようになった。七十歳になると、自分の思い通りにふるまっても道に外れることはなくなった。

  • 其の位に在らざれば、其の政(まつりごと)を謀(はか)らず。

     「その地位にいるのでなければ、政治のことに口出ししてはならない」。責任のない立場をいいことに、都合のよい勝手なことばかり言うな、ということ。

  • 後生(こうせい)(おそ)るべし。焉(いずく)んぞ来者(らいしゃ)の今に如かざるを知らんや。四十五十にして聞こゆること無くんば、斯(こ)れ亦た畏るるに足らざるのみ。

    若者は恐るべき存在だ。彼らが今の我々ほどになれないなどと誰が言えよう。ただし、四十歳や五十歳になっても世間に知られないようなら恐れるに足りない。

  • 徳は孤(こ)ならず。必ず隣(となり)あり。

    徳を守る人は孤立しているように見えるが、決してそんなことはない。必ず親しい隣人が現れるものだ。

  • 君子は言に訥(とつ)にして、行に敏(びん)ならんと欲す。

    「賢人は口数が少なく、行動に敏捷でありたいと思う」。スピード感のある「不言実行」を説く言葉。

  • 知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動き、仁者は静かなり。知者は楽しみ、仁者は寿(いのちなが)し。

    知者は川の流れを楽しみ、仁者は動じない山の姿を楽しむ。知者は動的で、仁者は静的。知者は人生を楽しみ、仁者は寿命を全うする。

  • 人、遠き慮(おもんばかり)なければ、必ず近き憂いあり。

    遠い将来まで見通して考えない人は、必ず急な心配事に悩むものだ。目先のことばかりにとらわれてはいけない。。

  • (おのれ)の欲せざるところは人に施すことなかれ。

    「自分がしてほしくないことは、人にもしてはいけない」。弟子の「ひと言で一生守るべきこととは何か?」の問いに答えたもの。

  • 成事は説かず、遂事は諌(いさ)めず、既往は咎(とが)めず。

    できてしまったことはとやかく言うまい。やってしまったことは諌めまい。過ぎてしまったことは咎めまい。

  • 君子はこれを己(おのれ)に求め、小人はこれを人に求む。

    人格者は過ちがあるとまず自分を反省し、そうでない人は必ず他人のせいにしようとする。

  • 人を以て言を廃せず。

    どんな人の意見でも、よい意見なら採用する。善くない人だからということで、正しい意見まで採り上げないことはしない。誰が言ったかは重要ではない。

  • 人を使うに及んでは器(うつわ)のままにす。

    人には向き不向きがある。人を使う場合、それを見極め、適当な場所に配すこと。そうすれば、その人は予想以上の力を発揮してくれる。

  • 三たび思いて後これを行う。

    大事を始めるときは、三回考え直してから着手する。熟考してから、ことを実行に移すことが肝心。

  • (じ)は達っせんのみ。

    言葉や文章は相手に十分通じればよいのであって、よけいな美辞麗句は必要ない。

↑ このページの先頭へ

 ある人が言った。
「孔子の門人の雍(よう)は、人柄は立派だが口下手だ」
 それを聞いた孔子はこう答えた。
「口がうまいのがどれほどのことでしょう。そういう人間は口先で他人を貶めることがあり、必ず人から恨まれます。雍に仁があるかどうかは分かりませんが、しかし、口先上手というのは世の中でそれほど役には立たないと思います」

 子路(しろ)が孔子に訊いた。
「先生がもし大軍を率いて指揮なさるとしたら、どのような人と一緒になさいますか?」
 孔子は言った。
「私は、虎に素手で立ち向かったり河を歩いて渡ったりして、死ぬのを恐れないような無鉄砲な男とは一緒にやらない。どうしてもというなら、事にあたって慎重で、よく計画を練ったうえで実行するような人物と組むね」

 魯の家老・季文子は、三度考えてからはじめて実行した。その話を聞いた孔子は、
「二度考えたらそれでよろしい。考えすぎはよくない」と答えた。

 孔子が、顔淵(がんえん)と子路に問うた。
「それぞれお前たちの志望を話してみないか」
 まず、子路が答えた。
「私の車や馬や着物や毛皮の外套を友だちと一緒に使って、それらが傷んでもくよくよしないようにありたいものです」
 続いて顔淵が答えた。
「善いことを自慢せず、辛いことを人に及ぼさないようにありたいものです」
 そして、子路が「どうか先生のご志望をお聞かせください」と言ったので、孔子は、
「老人には安心されるように、友だちには信ぜられるように、そして若者には慕われるようになることだ」

 李康子が、政治のことについて孔子に尋ねた。
「もし道に外れた者を殺して道を守る者をつくろうとするのは、如何でしょうか」
 孔子は答えて言った。
「あなた、政治をなさるのに、どうして殺す必要があるのです。あなたが善くなろうとされるなら、民も善くなります。君子の徳は風であり、民の徳は草です。草は風に当たれば必ずなびきます」

 魯国の君主である哀公が、孔子に尋ねた。
「どうすれば人民が私に服従するようになるだろうか」
 孔子は答えた。
「正しい人を引き立て、邪(よこし)まな人々の上に位置づければ、人民は服従します。しかし逆に、邪まな人間を重く用いて正しい人々の上に位置づけたら、人民は決して服従しません」

 君主である定公が、孔子に尋ねた。
「主君が臣下を使い、臣下が主君に仕えるにはどのようにしたらいいでしょう」
 孔子は答えた。
「主君が臣下を使うときは礼によるべきだと思います。また臣下が主君に仕えるには忠によるべきです」

 弟子の子遊が、武城の取り締まりに任命された。しばらくたって、孔子が子遊に尋ねた。
「おまえは、誰か優秀な人材を得たか?」
 子遊は答えた。
「澹台滅明(たんだいめつめい)という人物を得ました。彼は、歩くときも決して近道を行かず、公務でないかぎりは、決して取り締まりである私の役所にはやって来ません」

 孔子が言った。
「子路よ、おまえに本当の『知る』ということの意味を教えようか。おまえが知っていることは知っていると言い、知らないことは正直に知らないと言う。それが本当に『知る』ということなのだ」

 孔子が言った。
「回という弟子と一日じゅう話をしていても、彼はまったく素直で何も言わない。周りから見れば、回は愚鈍だと思えるかもしれない。だが、彼が私の前から退いて一人になったときの様子をよく見ていると、私が話したことにヒントを得て、自分なりに思い当たるふるまいをしている。回は決して愚かな男ではなく、大した人物である」

↑ このページの先頭へ



孔子について

孔子
 中国春秋時代の思想家・政治家・指導者。魯の大臣になり、のち諸国を巡歴、理想の道を説いた。再び魯に戻り、子弟の教育にあたりながら、経書を編集、仁を理想の徳として、実生活にも生かそうとした。漢以後もその教えは国教とされた。

『論語』について
 孔子と言行や弟子たちとの問答を、孔子の死後に編集したもの。四書の一つで、紀元前四世紀ごろまでに成立、二十巻からなる。おもに孔子の根本思想の「仁」の道が説かれ、古来儒教の聖典として尊重されている。

孔子年表

前552年ころ
 魯国に生まれる。
父は下級武士、母は巫女だったと伝わる。
前550年
 父が死去。
前538年
 「学に志す」ことを決意。
前536年
 母が死去。
前534年
 結婚する。翌年、息子の鯉が生まれる。
前525年
 魯に仕官し、委吏(倉庫係)や司職吏(家畜の管理係)の職に就く。
前523年
 老子に会う。
前517年
 魯国を離れる。
前510年
 魯国に戻り、私塾を開いて弟子の指導を始める。
前499年
 魯国の大司寇になる。
前497年
 再び魯国を離れる。以後14年間、諸国を放浪。
前484年
 魯国に戻る。息子の鯉が死去。
前482年
 弟子の顔淵が死去。
前480年
 弟子の子路が死去。
前479年
 孔子が死去。

孔子の主張と功績

 『仁(人間愛)と礼(規範)に基づく理想社会の実現』。 孔子はそれまでのシャーマニズムのような原始儒教を体系化し、一つの道徳・思想に昇華させた。その根本義は「仁」であり、仁が様々な場面において貫徹されることにより、道徳が保たれると説いた。しかし、その根底には中国伝統の祖先崇拝があるため、儒教は仁という人道の側面と礼という家父長制を軸とする身分制度の双方を持つにいたった。

 孔子は自らの思想を国政の場で実践することを望んだが、ほとんどその機会に恵まれなかった。孔子の唱える、体制への批判を主とする意見は、支配者が交代する度に聞き入れられなくなり、晩年はその都度失望して支配者の元を去ることを繰り返した。それどころか、孔子の思想通り、最愛の弟子の顔回は赤貧を貫いて死に、理解者である弟子の子路は謀反の際に主君を守って惨殺され、すっかり失望した孔子は不遇の末路を迎えた。

 孔子の死後、孟子、荀子といった後継者を出したが、戦国〜漢初期にはあまり勢力が振るわなかった。しかし前漢・後漢時代に徐々に勢力を伸ばし、国教化された。以後、時代により波はあるものの儒教は中国思想の根幹たる存在となった。

 20世紀に毛沢東が発動した文化大革命においては、別の意味で孔子が重要な存在となった。毛沢東とその部下達は批林批孔運動という孔子と林彪を結びつけて批判する運動を展開。孔子は封建主義を広めた中国史の悪人とされ、林彪はその教えを現代に復古させようと言う現代の悪人であるとされた。

RSS Feed Widget

おすすめ記事

ご案内