間違えやすい日本語 →あ行か行/さ行/た行な・は行ま行〜

さ行

【誤】 【正】
才月は人を待たず 月は人を待たず
最好調 高潮
最少限
采配を振るう 采配を振る

⇒「采配」は戦場で大将が兵を指揮するのに使う道具。

漸次(ざんじ) 漸次(ぜんじ

⇒「しだいに」の意。暫時(ざんじ)は「しばらく」の意。

三味一体 一体
しかめつらしい しかつめらしい

⇒「まじめくさって堅苦しい感じがする」の意。「しかめっ面」とは全く異なる。

時機(時期)を得た 時宜(じぎ)を得た
時期早尚 (かさ)にかかって

⇒「嵩」は容積や体積のこと。量や大きさにたのんでふるまうという意味。

思考錯誤 試行錯誤
嗜好(しこう)を凝らす 趣向(しゅこう)を凝らす
四十にして立つ 三十にして立つ

⇒『論語』の中の言葉。「四十にして惑わず」。

獅子心中の虫 獅子中の虫

⇒内部の者でありながら、属している組織などに害を与える者。

思想堅固 志操堅固
舌鼓(したづつみ) 舌鼓(したつづみ
舌の先も乾かぬうちに 舌のも乾かぬうちに
凌(しの)ぎをけずる をけずる

⇒「鎬」は刀の背に沿い、筋を立てて小高くなっている部分。

社交辞礼 社交辞
若冠(じゃっかん)

⇒男子20歳または年が若いこと。

射程距離内に入る 射程内に入る

⇒「射程距離」は二重表現。

愁波(しゅうは)を送る 波を送る

⇒「秋波」は、女性の色っぽい目つき。

従来からの 従来の

⇒「従来から」は二重表現。

縮少
十指(じゅっし)に余る 十指(じっし)に余る
シュミレーション シミュレーション

⇒simulation

準備満タン 準備万端

⇒これはうちの次男の大いなる勘違い。

情に深い 情に厚い
将棋を打つ 将棋を指す

⇒囲碁の場合は「打つ」。

照準を当てる 照準を合わせる
初期の目的 所期の目的

⇒「所期」は期待していること、の意。

食指(しょくし)をそそる 食欲をそそる
食指を伸ばす 触手(しょくしゅ)を伸ばす
食指を伸ばす 食指を動かす

⇒「食指」は人差し指のこと。

食事療法 療法
職人気質(しょくにんきしつ) 職人気質(しょくにんかたぎ
序幕式  幕式 
白羽の矢をあてる  白羽の矢を立てる 
素人はだし  素人ばなれ玄人(くろうと)はだし

⇒「玄人はだし」は、くろうとも裸足で逃げるほどすぐれているという意味。

心気一転  一転 
新規巻き直し 新規き直し

⇒「改めて種を蒔き直す」という意味。

心神耗弱(しんしんもうじゃく) 心神耗弱(しんしんこうじゃく
進退極まる(しんたいきわまる) 進退まる
死んで花見がなるものか 死んで花実咲くものか
人道に劣る 人道に悖(もと)る
真理を極める 真理をめる
酸いも辛いもかみ分ける 酸いも甘いもかみ分ける
素読(すどく) 素読(どく)
寸暇(すんか)を惜しまず 寸暇を惜しんで

⇒「寸暇」はわずかの暇。

成功裏のうちに 成功裏に
正鵠(せいこく)を得る 正鵠を射る

⇒「正鵠」は的の真ん中にある黒い丸。

精魂尽きる 尽きる

⇒「精根」は物事をする精力と根気。

晴天の霹靂(へきれき) 天の霹靂
清貧洗うが如し 赤貧洗うが如し

⇒この「赤」は「何もない」の意味。

昔日(せきじつ)の感 今昔(こんじゃく)の感
責任を追求する 責任を追及する
絶対絶命 絶命
切端(せっぱ)詰まる 切羽詰まる

⇒「切羽」とは、刀のつばに添える薄い金具のこと。

説を曲げる を曲げる
前後策 後策
栴檀(せんだん)は双葉よりも芳し 栴檀は双葉より芳し
総花的(そうかてき) 総花的(そうばなてき)
相好(そうこう)を崩す 相好(そうごう)を崩す
双壁(そうへき)

⇒「璧」は「たま」の意。

袖振り合うも多少の縁 袖振り合うも他生の縁

⇒「袖触れ合う・・・」と書くのも間違い。

袖を振られる 袖にされる

このページの先頭へ

た行

【誤】 【正】
大禍(たいか)なく なく

⇒「過」は「あやまち」の意。

大義名文 大義名
泰山鳴動 山鳴動
体調をこわす  体調をくずす体をこわす 
台風一家  台風一 
大舞台(だいぶたい)  大舞台(おおぶたい) 
大別すると3つに分けられる  大別すると3つになる 
絶えまざる努力  絶え間ない努力 
高値の花 の花

⇒高い山に咲いている花、という意味。

高見の見物  高みの見物 
多寡(たか)をくくる  をくくる 
多士済々(たしさいさい) 多士済々(たしせいせい
⇒「たしさいさい」を許容する向きもある。
ダックアウト ダッアウト
立つ背がない  立つがない 
他人事(たにんごと)  他人事(ひとごと) 
短刀直入  刀直入 
単に〜だけ 単に/〜だけ

⇒「単に〜だけ」は二重表現。

力づく
調子の波に乗る 調子に乗る/波に乗る
緒(ちょ)につく 緒(しょ)につく
慎んでお悔やみを申し上げます んでお悔やみを申し上げます
爪の垢(あか)を飲む  爪の垢を煎じて飲む 
デッドロックに乗り上げる デッドロックに突き当たる

⇒デッドロックは「開かない錠前」のこと。

テトラポット テトラポッ
出鼻をくじく をくじく
寺小屋
出る釘(くぎ)は打たれる  出る杭(くい)は打たれる 
手をこまねく 手をこまぬく

⇒漢字で書くと「拱く」。

〜と言えども 〜といえども(〜と雖も)
灯下親しむ 親しむ
頭身大 身大
堂に入(はい)る 堂に入()る
当を射る 当を得る的を射る
独壇場(どくだんじょう) 独擅場(どくせんじょう

⇒「どくだんじょう」は誤読が一般化した読み。

ドッヂボール ドッボール
飛ぶ鳥後を濁さず 立つ鳥後を濁さず
取りつく暇がない 取りつくがない
泥試合(どろじあい)
とんでもございません/とんでもありません とんでもないことです/とんでもないことでございます

⇒「とんでもな+い」という言葉。

とんぼ帰り とんぼ

このページの先頭へ 次へ



RSS Feed Widget

おすすめ記事

みんなで自己研鑽