枕草子

・春はあけぼの(第1段)・三月三日は(第4段)思はむ子を(第7段)すさまじきもの(第23段)憎きもの(第28段)心ときめきするもの(第29段)虫は(第41段)あかつきに帰らむ人は(第63段)頭の中将の(第82段)二月つごもりごろに(第106段)はしたなきもの(第127段)関白殿、黒戸より(第129段)うつくしきもの(第151段)宮に初めて参りたるころ(第184段)牛車(第223段)八月つごもり(第227段)よくたきしめたる薫物の(第231段)月のいと明きに(第232段)御乳母の大輔の命婦(第240段)文ことばなめき人こそ(第262段)男こそ、なほありがたく(第268段)うれしきもの(第276段)御前にて人々とも(第277段)香炉峰の雪(第299段)跋文(第319段)

枕草子  

春はあけぼの〜第一段

 春はあけぼの。やうやう白くなり行く、山ぎは少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

 夏は夜。月のころはさらなり。やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

 秋は夕暮。夕日のさして山の端(は)いと近うなりたるに、烏(からす)の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり。まいて雁(かり)などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

 冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもて行けば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。

【現代語訳】
 春は曙がいい。次第に白んでいくと、山際の空が少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいているのがいい。
 
 夏は夜。月が出ているときは言うまでもない。闇夜であっても、ほたるが多く飛び交っているのはいい。また、ほんの一、二匹などが、ほのかに少し光って飛んでいくのも趣がある。そんな夜には、雨など降っても風情がある。
 
 秋は夕暮れ。夕日がさして山の端にとても近くなっている頃に、烏がねぐらへ行こうと、三羽四羽、二羽三羽などと飛び急ぐのさえ、しみじみとした情緒がある。まして雁などが連なって、とても小さく見えるのは実に趣がある。日が入りきって、風の音、虫の音などが聞こえるのは、やはり何ともいえないものだ。
 
 冬は早朝。雪が降ったのは言うまでもない。霜がたいそう白いのも、またそうでなくても、とても寒い朝に、火などを急いでおこして、炭を持ち運ぶのも冬の朝に似つかわしい。昼になり、寒さがだんだんゆるんでいくと、火桶の炭も白い灰が目立ってきて感じ悪い。

↑ ページの先頭へ

三月三日は〜第四段

 三月三日は、うらうらとのどかに照りたる。桃の花の今咲き始むる。柳などをかしきこそさらなれ、それもまだまゆにこもりたるはをかし。広ごりたるはうたてぞ見ゆる。

 おもしろく咲きたる桜を長く折りて、大きなる瓶(かめ)にさしたるこそをかしけれ。桜の直衣(なほし)に出袿(いだしうちき)して、まらうどにもあれ、御兄(せうと)の君(きん)たちにても、そこ近くゐて物などうち言ひたる、いとをかし。

【現代語訳】
 三月三日の節供は、うららかにのんびり日が照っているのがよい。桃の花がまさに咲き始めるのも趣きがある。柳などが趣深いのはもちろんだが、その柳もまだまゆのような新芽で外皮に包まれているのはおもしろい。でも、それが広がってしまっているのは見苦しく思える。

美しく咲いた桜の枝を長く折って、大きな花瓶に挿してあるのはとても趣きがある。桜の直衣に出(い)だし衣をして、お客人にせよ、中宮様のご兄弟の殿様方にせよ、その花瓶近くに座って何か語らいをしているのは、とてもいいものだ。
 
(注)直衣・・・貴人の平服。
(注)出袿・・・指貫の上、直衣の下から下着のすそを下ろすこと。

↑ ページの先頭へ

思はむ子を〜第七段

 思はむ子を法師になしたらむこそ心苦しけれ。ただ木の端(はし)などのやうに思ひたるこそ、いといとほしけれ。精進物(さうじもの)のいとあしきをうち食ひ、寝(い)ぬるをも、若きは物もゆかしからむ、女などのある所をも、などか、忌みたるやうにさしのぞかずもあらむ、それをも安からず言ふ。まいて、験者(げんざ)などはいと苦しげなめり。困(こう)じて眠(ねぶ)れば、「ねぶりをのみして」などもどかる、いと所せく、いかに覚ゆらむ。

これは昔のことなめり。今はいと安げなり。

【現代語訳】
 愛する我が子を法師にしてしまったら、それこそ気の毒だ。世間では、法師をまるで木石などのように思っており、とてもかわいそうだ。法師は、精進物のひどく粗末な食べ物を食べ、寝るときさえ、また若い法師は何かと気を引かれるだろう、女などがいる所をどうして避けるように覗かないでいられようか、しかし、人々はそんなことにもうるさく言う。ふつうの法師でもそうなのに、まして修験者などはたいそう苦しいようだ。疲れてちょっと居眠りしても、「あの修験者は眠ってばかりだ」などと非難される。ものすごく窮屈で、いったいどんな気持ちでいるのだろう。

 もっとも、これは昔のことのようだ。今ではだいぶ気楽なようすだ。

↑ ページの先頭へ

すさまじきもの〜第二十三段

(一)
 すさまじこもの。昼ほゆる犬。春の網代(あじろ)。三、四月の紅梅の衣(きぬ)。牛死にたる牛飼ひ。児(ちご)亡くなりたる産屋(うぶや)。人おこさぬ炭櫃(すびつ)、地火炉(ぢくわろ)。博士(はかせ)のうち続き女子(をんなご)生ませたる。方違(かたたが)へに行きたるに、あるじせぬ所。まいて節分(せちぶん)などはいとすさまじ。

 人の国よりおこせたる文の、物なき。京のをもさこそ思ふらめ、されどそれはゆかしきことどもをも、書き集め、世にあることなどをも聞けば、いとよし。人のもとにわざと清げに書きてやりつる文の、返り言いまはもて来ぬらむかし、あやしう遅き、と待つほどに、ありつる文、立て文をも結びたるをも、いと汚げにとりなし、ふくだめて、上に引きたりつる墨など消えて、「おはしまさざりけり」もしは、「御物忌みとて取り入れず」と言ひて持て帰りたる、いとわびしく、すさまじ。

 また、かならず来べき人のもとに車をやりて待つに、来る音すれば、さななりと人々出でて見るに、車宿りにさらに引き入れて、轅(ながえ)ほうと打ち降ろすを、「いかにぞ」と問へば、「今日はほかへおはしますとて、渡りたまはず」などうち言ひて、牛の限り引き出でて去ぬる。

 また、家のうちなる男君の来ずなりぬる、いとすさまじ。さるべき人の宮仕へするがりやりて、恥づかしと思ひゐたるも、いとあいなし。

【現代語訳】
 興ざめなもの。昼間に吠える犬。春の網代。三、四月の紅梅かさねの衣。牛が死んでしまった牛飼い。赤ん坊が死んでしまった産屋。火を起こしていない角火鉢やいろり。博士が続いて女の子ばかり産ませた場合。方違えに行ったのに、もてなしをしない所。まして季節の変わり目などには、あらかじめ分かっているはずだから、まことに興ざめだ。

 地方からよこした手紙で、贈り物を添えていないもの。京からのもそう思うかもしれないが、京からのは知りたいことなどをも書き集め、世間の出来事などをも知ることができるので、贈り物がなくてもすばらしいのだ。人のところにとくにきちんと書いて送った手紙で、そろそろ返事を持ってきているだろうか、妙に遅いな、と待つうちに、先だっての手紙を、それが正式な立て文にせよ略式の結び文にしろ、ひどく汚く扱い、けばだたせ、封じ目として上に引いてあった墨なども消え、「いらっしゃいませんでした」とか「御物忌みだといって受け取りません」と言って持ち帰るなどは、ほんとうに情けなく興ざめだ。

 また、必ず来るはずの人の所に迎えの牛車をやって待っていると、牛車が来る音がするので、やって来たようだと人々が出てみると、牛飼いは車を止めず、そのうえ車庫に引き入れて、轅をばたんと下ろすので、「どうしたのか」と聞けば、「今日はよそへいらっしゃるというので、こちらへはおいでになりません」などと言い、牛だけ引き出して去ってしまうのは興ざめだ。

 また、家の内に迎え、通ってきていた男性が来なくなってしまうのも、ひどく興ざめだ。しかるべき身分で、自分が宮仕えしているところの女性のもとに婿を取られ、気が引けているのも実におもしろくない。
 
(注)網代・・・冬に竹や木を編んで川の浅瀬に並べ、あゆの稚魚などを捕らえる仕掛け。
(注)紅梅の衣・・・11月から2月ごろに着る、襲(かさね)の表と裏の配色の一つ。
(注)地火炉・・・いろり
(注)博士・・・大学寮などに属する教官。男子の世襲制だった。
(注)方違へ・・・陰陽道で、外出する方角が悪い場合に、前夜に他の方角に向かって一泊し、あらためて目的地に向かうこと。
(注)轅・・・牛車の前方にある二本の長い棒。

(二)
 児(ちご)の乳母(めのと)の、ただあからさまにとて出でぬるほど、とかく慰めて、「とく来(こ)」と言ひやりたるに、「今宵(こよひ)は、え参るまじ」とて返しおこせたるは、すさまじきのみならず、いとにくくわりなし。女迎ふる男、まいていかならむ。待つ人ある所に夜すこし更けて忍びやかに門たたけば、胸すこしつぶれて、人出だして問はするに、あらぬよしなき者の、名のりして来たるも、返す返すもすさまじと言ふはおろかなり。

 験者(げんざ)の、物の怪(け)調ずとて、いみじうしたり顔に、独鈷(とこ)や数珠(ずず)など持たせ、蝉(せみ)の声しぼり出だして読みゐたれど、いささかさりげもなく、護法もつかねば、集りゐ念じたるに、男も女もあやしと思ふに、時(じ)のかはるまで読み困(こう)じて、「さらにつかず。立ちね」とて、数珠取り返して、「あな、いと験なしや」とうち言ひて、額より上(かみ)ざまにさくり上げ、欠伸(あくび)おのれよりうちして、寄り臥しぬる。

 いみじうねぶたしと思ふに、いとしもおぼえぬ人の、押し起こして、せめてもの言ふこそ、いみじうすさまじけれ。

【現代語訳】
 赤ん坊の乳母が、ほんのちょっとと言って出かけた間、赤ん坊をあれこれあやして、乳母に「早く帰ってきなさい」と言ってやったところが、「今夜はどうしても参上できません」と返事があったときは、がっかりするだけでなく、ほんとうに憎らしく困ってしまう。これが乳母ではなく、愛する女を迎えにやった男だったら、ましてどうであろうか。待っている人があるところに夜が少し更けて、こっそり門をたたくので、胸が少しどきどきして、人を出して尋ねさせると、別の関係ない男が名乗ってきた場合も、ひどく興ざめだと言っても言い足りない。

 修験者が物の怪を調伏するといって、たいそう得意顔で独鈷や数珠などを持たせて、蝉の鳴くような声を絞り出して経を読んでいたが、いっこうに物の怪を調伏する気配もなく、護法童子もつかないので、家の者が集まり座って念じていたのが、男も女も変だなと思っていると、修験者は時が変わるまで読み続けて疲れきってしまい、「いっこうに護法童子がつかない。立ってしまえ」と言って、数珠を取り返し、「ああ、まったく験(しるし)がない」と言って、額の髪をなで上げ、あくびをして物に寄りかかって寝てしまったのは興ざめだ。

 とても眠たく思っているときに、それほどにも思っていない人が揺り起こして、無理に話しかけるのは、ひどく興ざめだ。

(三)
 除目(ぢもく)に司(つかさ)得ぬ人の家。今年は必ずと聞きて、はやうありし者どもの、ほかほかなりつる、田舎だちたる所に住む者どもなど、皆集まり来て、出で入る車の轅(ながえ)もひまなく見え、もの詣(まう)でする供に、我も我もと参りつかうまつり、物食ひ酒飲み、ののしり合へるに、果つる暁まで門たたく音もせず、あやしうなど、耳立てて聞けば、先追ふ声々などして上達部(かんだちめ)など皆出でたまひぬ。もの聞きに、宵より寒がりわななきをりける下衆男(げすおとこ)、いともの憂げに歩み来るを見る者どもは、え問ひだにも問はず、外(ほか)より来たる者などぞ、「殿は何にかならせたまひたる」など問ふに、いらへには「何の前司(ぜんじ)にこそは」などぞ、必ずいらふる。まことに頼みける者は、いと嘆かしと思へり。つとめてになりて、ひまなくをりつる者ども、一人二人すべり出でて去ぬ。古き者どもの、さもえ行き離るまじきは、来年の国々、手を折りてうち数へなどして、ゆるぎありきたるも、いとをかしうすさまじげなる。

【現代語訳】
 除目の折に官職を得られなかった人の家は興ざめがする。今年は必ず任官だとのうわさを聞いて、以前に奉公していた者たちで、散り散りになっている者や田舎めいた所に住む者たちがみんな集まってきて、出入りする牛車の轅もひっきりなしに見え、主人が任官祈願に寺社に参拝するお供にと、我も我もと参上し、物を食い、酒を飲んで騒ぎあっているのに、任官の審議が終わる明け方まで門をたたく音もせず、おかしいなと耳をすませば、人を先払いする声などがして、会議を終えた上達部たちはみな退出なさってしまった。情報を聞くために宵から出かけて寒さに震えた召使いが、いかにも憂鬱げに歩いてくるのを見た人たちは、声をかけて尋ねることもできず、よその者が「ご主人は何におなりになりましたか」などと聞くと、「前の何処そこの国司ですよ」と決まって答える。心からあてにしていた者は、ひどく嘆かわしく思っている。早朝になり、すきまなくいた者たちは、一人二人とこっそり立ち去る。古参で、そのように立ち去れない者は、来年に国司が交代するはずの国々を指を折って数えたりして、体を揺り動かしながら歩き回っているのも、ひどく妙な姿で興ざめがするものだ。

↑ ページの先頭へ

憎きもの〜第二十八段

(一)
 憎きもの。急ぐことあるをりに来て長言(ながこと)するまらうど。あなづりやすき人ならば、「のちに」とてもやりつべけれど、さすがに心はづかしき人、いと憎くむつかし。すずりに髪の入りてすられたる。また、墨の中に、石のきしきしときしみ鳴りたる。

 にはかにわづらふ人のあるに、験者(げんざ)求むるに、例ある所にはなくて、ほかに尋ねありくほど、いと待ち遠に久しきに、からうじて待ちつけて、喜びながら加持(かぢ)せさするに、このごろ物の怪にあづかりて困(こう)じにけるにや、ゐるままにすなはちねぶり声なる、いと憎し。

 なでふことなき人の、笑(ゑ)がちにて物いたう言ひたる。火をけの火、炭櫃(すびつ)などに、手の裏うち返しうち返し、おしのべなどしてあぶりをる者。いつか若やかなる人など、さはしたりし。老いばみたる者こそ、火をけの端(はた)に足をさへもたげて、物言ふままにおしすりなどはすらめ。さやうの者は、人のもとに来て、ゐむとする所を、まづ扇(あふぎ)してこなたかなたあふぎ散らして、ちり掃き捨て、ゐも定まらずひろめきて、狩衣(かりぎぬ)の前まき入れてもゐるべし。かかることは、言ふかひなき者のきはにやと思へど、少しよろしき者の式部の大夫(たいふ)など言ひしがせしなり。

 また、酒飲みてあめき、口をさぐり、ひげある者はそれをなで、盃(さかづき)こと人に取らするほどのけしき、いみじう憎しと見ゆ。また、「飲め」と言ふなるべし。身震ひをし、頭(かしら)振り、口わきをさへひきたれて、童(わらは)べの「こふ殿(との)に参りて」など歌ふやうにする、それはしも、まことによき人のしたまひしを見しかば、心づきなしと思ふなり。

【現代語訳】
 憎らしいもの。急ぎの用事がある時に来て長話をする客。それがどうでもいいような人なら、「あとでまた」と言ってでも帰すこともできるが、さすがに遠慮すべき立派な人にはそうもできず、ほんとうに憎らしく不愉快だ。硯に髪の毛が入ったまますられているとき。また、墨の中に石が入っていて、きしきしと音をたてるとき。

 急病人がいて、祈祷師を呼びにやっても留守で、ほかを尋ね回っている間はずいぶん待ち遠しく、やっと待ち受けて喜んで加持をさせると、この祈祷師は物の怪の調伏で疲れてしまったばかりなのか、座ったとたんにすぐに眠ったような声なのは、とても憎らしい。

 大した人でもないのに、にやにや笑いながらやたらとしゃべりまくっているとき。丸火鉢の火や、炭櫃などに、かざした手のひらをしきりにひっくり返し、しわを伸ばしながらあぶっている者。若々しい人が、いつそんなことをしただろうか。年寄りじみた者に限って、丸火鉢の縁に足までかけて、ぶつぶつ言いながら足をこすったりするようだ。そんな者は、人の所に来て、座ろうとする場所を、まずは扇であっちこっちへあおぎ散らして塵を掃き捨て、座っても落ち着かずよろめいて、狩衣の前の垂れを下に巻き入れて座る。こんな行儀の悪さは、言うほどもない身分の者のすることかと思うが、少しはましな身分の式部の大夫などといった人がそうしたのだ。

 また、酒を飲んでわめき、口の辺りをこすり、ひげのある者はそれを撫で、盃を他人に取らせるときのようすは、とても憎らしく見える。また、「飲め」ということか、身震いをし、頭を振り、口までへの字に曲げて、子どもが「こふ殿に参りて」などと歌うような口ぶりをする。それがなんと、まことに立派な身分の人がなさったのを見て、幻滅した。

(二)
 ものうらやみし、身の上嘆き、人の上言ひ、つゆちりのこともゆかしがり、聞かまほしうして、言ひ知らせぬをば怨(ゑん)じ、そしり、また、わづかに聞き得たることをば、われもとより知りたることのやうに、こと人にも語りしらぶるもいと憎し。

 物聞かむと思ふほどに泣くちご。烏(からす)の集まりて飛びちがひ、さめき鳴きたる。

 忍びて来る人見知りてほゆる犬。あながちなる所に隠し伏せたる人の、いびきしたる。また、忍び来る所に、長烏帽子(ながえぼし)して、さすがに人に見えじとまどひ入るほどに、物につきさはりて、そよろといはせたる。伊予簾(いよす)などかけたるにうちかづきて、さらさらと鳴らしたるも、いと憎し。帽額(もかう)の簾(す)は、まして、こはじのうち置かるる音いとしるし。それも、やをら引き上げて入るは、さらに鳴らず。遣戸(やりど)を荒くたてあくるもいとあやし。少しもたぐるやうにしてあくるは、鳴りやはする。あしうあくれば、障子(さうじ)などもごほめかしうほとめくこそしるけれ。

 ねぶたしと思ひて伏したるに、蚊(か)の細声にわびしげに名のりて、顔のほどに飛びありく。羽風(はかぜ)さへその身のほどにあるこそいと憎けれ。

 きしめく車に乗りてありく者。耳もきかぬにやあらむといと憎し。わが乗りたるは、その車の主さへ憎し。

【現代語訳】
 他人をうらやましがり、自分の身の上を嘆き、他人のことをあれこれ言い、ちょっとしたことも知りたがり聞きたがったりして、言ってくれないと恨んで、悪口を言い、また、ちょっと聞きかじったことを、自分が前から知っていたかのように他人に調子よく話すのもとても憎らしい。

 人の話を聞こうと思うときに泣き出す赤ん坊。カラスが集まって飛び交い、騒がしく鳴いているとき。

 忍んでこっそり通ってくる男を見つけて吠える犬。無理な場所に隠した男が、こちらの気も知らずにいびきをかいているとき。また、長烏帽子のままやって来て、それでも人に見つからないようにとあわてて入るときに、烏帽子が何かに突き当たってがさっと音を立てたとき。伊予簾などをかけてあるのに、くぐるときに頭が当たってさらさらと音を立てるのも、とても憎らしい。帽額の簾は、まして小端の置かれる音がとても耳障りだ。それらは、静かに引き上げて入れば全く音はしない。遣戸を荒々しく開けたりするのもけしからぬことだ。少しでも持ち上げるようにして開ければ、音なんかしないのに。へたに開けると、襖障子などでもがたがたと際立って音がするものだ。

 眠たいと思って横になっているところに、蚊が細い声でわびしそうに名乗って顔の周りを飛び回るとき。羽風までもが蚊の身相応にあるのこそ、とても憎らしい。

 ぎしぎしときしむ車に乗って移動する者。耳が聞こえないのかと思われ、たいそう憎らしい。自分がそんな車に乗ったときは、車の持ち主までが憎らしい。
 
(注)伊予簾・・・伊予国(愛媛県)で産出される葦の細い茎で編んだすだれ。
(注)遣戸・・・横に引いて開け閉めする戸。

(三)
 また、物語するに、さしいでしてわれひとりさいまくる者。すべてさしいでは、童も大人もいと憎し。あからさまに来たる子ども・童べを、見入れらうたがりて、をかしきもの取らせなどするに、慣らひて常に来つつ、ゐ入りて調度うち散らしぬる、いと憎し。

 家にても宮仕へ所にても、会はでありなむと思ふ人の来たるに、そら寝をしたるを、わがもとにある者、起こしにより来て、いぎたなしと思ひ顔にひきゆるがしたる、いと憎し。今参りのさしこえて、物知り顔に教へやうなること言ひ後ろ見たる、いと憎し。

 わがしる人にてある人の、はやう見し女のことほめ言ひいでなどするも、ほどへたることなれど、なほ憎し。まして、さしあたりたらむこそ思ひやらるれ。されど、なかなかさしもあらぬなどもありかし。

 はなひて誦文(ずもん)する、おほかた、人の家の男主(をとこしゆう)ならでは、高くはなひたる、いと憎し。

 のみもいと憎し。衣(きぬ)の下にをどりありきてもたぐるやうにする。犬のもろ声に長々と鳴き上げたる、まがまがしくさへ憎し。

 あけていで入る所たてぬ人、いと憎し。

【現代語訳】
 また、話をするときに、でしゃばって自分ばかり先走る者。大体でしゃばりは、子どもでも大人でもとても憎らしい。ちょっとやって来た子どもや召使いの少年らに、目をかけてかわいがり、面白い物を与えたりすると、それに慣れてしょっちゅうやって来ては部屋に座り込み、回りの品々を取り散らかすのはほんとうに憎らしい。

 自宅でも奉公先でも、会いたくない人がやって来て、狸寝入りをしているのに、そこにいる者が起こしに寄ってきて、寝坊していると思って引っ張って揺するのは、まことに憎らしい。新参者がしゃしゃり出て、何でも知っているような顔で指図がましく言い、仕切っているのも、ほんとうに憎らしい。

 自分と今関係している男が、以前関係のあった女のことをほめて話し出すのも、年月が過ぎたこととはいえ、やはり憎らしい。まして、現在のことだったらどんなであろうかと思いやられる。しかし、かえってそれほど憎らしくないこともあるものだ。

 くしゃみをして自分でまじないを唱えるとき。大体、一家の男主人以外の人が高くくしゃみをするのは、実に憎らしい。

 のみもとても憎らしい。着物の下で跳ね回り、着物を持ち上げるようにするとき。犬が声をそろえて長々と吠え立てているのも、不吉な感じもして憎らしい。

 開けて出入りする所を閉めないままにする人は、とても憎らしい。

↑ ページの先頭へ

心ときめきするもの〜第二十九段

 心ときめきするもの。雀(すずめ)の子飼ひ。ちご遊ばする所の前渡る。よき薫(た)き物たきてひとり伏したる。唐(から)鏡の少し暗き見たる。よき男の車とどめて案内(あない)し問はせたる。

 かしら洗ひ化粧(けさう)じて、かうばしうしみたる衣(きぬ)など着たる。ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし。待つ人などのある夜、雨の音、風の吹きゆるがすも、ふとおどろかる。

【現代語訳】
 心がときめくもの。雀の子を飼うこと。幼児を遊ばせている所の前を通ること。上品な香をたいてひとり身を横たえているとき。中国渡来の鏡が少し曇っているのを見つけたとき。身分の高い男性が家の前に車を止めて、従者に取次ぎをさせ、何かを尋ねているのを見るとき。

 髪を洗い、化粧をして、香の薫りがしみた着物などを着たとき。とくに見てくれる人がいなくても、心の中はやはりとても快い。待つ男性がある夜、胸がどきどきして雨の音や風が戸を吹きゆるがすのにも、はっとしてしまう。

↑ ページの先頭へ

虫は〜第四十一段

 虫は 鈴虫。ひぐらし。蝶(てふ)。松虫。きりぎりす。はたおり。われから。ひを虫。螢。

 蓑(みの)虫、いとあはれなり。鬼の生みたりければ、親に似て、これも恐ろしき心あらむとて、親の、あやしき衣ひき着せて、「今、秋風吹かむをりぞ来むとする。待てよ」と言ひ置きて逃げて去(い)にけるも知らず、風の音を聞き知りて、八月(はづき)ばかりになれば、「ちちよ、ちちよ」とはかなげに鳴く、いみじうあはれなり。

 額(ぬか)づき虫、またあはれなり。さる心地に道心おこして、つきありくらむよ。思ひかけず暗き所などに、ほとめきありきたるこそをかしけれ。

 蠅(はへ)こそにくきもののうちに入れつべく、愛敬(あいぎやう)なきものはあれ。人々しう、敵(かたき)などにすべき大きさにはあらねど、秋など、ただよろづの物にゐ、顔などに濡れ足してゐるなどよ。人の名につきたる、いとうとまし。

 夏虫、いとをかしうらうたげなり。火近う取り寄せて物語など見るに、草子の上などに飛びありく、いとをかし。蟻(あり)は、いとにくけれど、軽(かろ)びいみじうて、水の上などを、ただ歩みに歩みありくこそ、をかしけれ。

【現代語訳】
 虫で趣があるのは、松虫。ひぐらし。蝶。鈴虫。こおろぎ。きりぎりす。われから。かげろう。蛍。

 蓑虫。これはとてもかわいそうだ。鬼が生んだので、親に似て、この子も恐ろしい心があるだろうとして、親がみすぼらしい着物を着せて、「もうすぐ秋風が吹くので、そのころに来よう。待っていなさい」と言って置いて逃げていったのも知らず、秋風を聞いて、八月ころになると、「ちちよ、ちちよ」と心細げに鳴くのは、ほんとうにかわいそうだ。

 米つき虫も、またけなげだ。そのような小さな虫でありながら求道心を起こして、額を地面につけながら歩き回っているのだろう。思いがけず暗い所などで、ことこと音を立てて歩き回っているのはおもしろい。

 蝿こそは憎らしいものの中に入れるべきで、かわいげがないものだ。人並みに相手にすべきほどの大きさではないが、秋など、やたらといろいろなものにとまり、顔などに濡れた足でとまったりすることよ。人の名に、蝿という字がついているのは、とても気味が悪い。

 夏虫は、とてもおもしろくかわいらしい。灯火を近くに引き寄せて物語などを見るときに、本の上などに飛び回るのは、たいそう風情がある。蟻はたいへん憎らしいが、身の軽さがばつぐんで、水の上などをひたすら歩き回るのがおもしろい。
 
(注)きりぎりす・・・今のこおろぎ。はたおりが今のきりぎりす。

↑ ページの先頭へ

あかつきに帰らむ人は〜第六十三段

 あかつきに帰らむ人は、装束などいみじううるはしう、烏帽子の緒(を)、元結(もとゆひ)、かためずともありなむとこそ覚ゆれ。いみじくしどけなく、かたくなしく、直衣(なほし)・狩衣(かりぎぬ)などゆがめたりとも、誰(たれ)か見知りて笑ひそしりもせむ。

 人はなほあかつきのありさまこそ、をかしうもあるべけれ。わりなくしぶしぶに起きがたげなるを、しひてそそのかし、「明けすぎぬ。あな、見ぐるし」など言はれて、うちなげくけしきも、げにあかず物憂くもあらむかしと見ゆ。指貫(さしぬき)なども、ゐながら着もやらず、まづさしよりて、夜言ひつることの名残、女の耳に言ひ入れて、何わざすともなきやうなれど、帯など結ふやうなり。格子おし上げ、妻戸ある所は、やがてもろともに率(ゐ)ていきて、昼のほどのおぼつかならむことなども、言ひいでにすべりいでなむは、見おくられて名残もをかしかりなむ。

 思ひ出所ありて、いときはやかに起きて、ひろめきたちて、指貫の腰ごそごそとかはは結ひなほし、上のきぬも、狩衣、袖かいまくりて、よろとさし入れ、帯いとしたたかに結ひはてて、ついゐて、烏帽子の緒きとつよげに結ひ入れて、かいすうる音して、扇・畳紙(たたうがみ)など、よべ枕上(まくらがみ)におきしかど、おのづから引かれ散りにけるをもとむるに、くらければ、いかでかは見えむ。いづらいづらとたたきわたし、見出でて、扇ふたふたとつかひ、懐紙(ふところがみ)さし入れて、「まかりなむ」とばかり言ふらめ。

【現代語訳】
 明け方に女の所から帰ろうとする男は、服装などえらくきちんとして、烏帽子の緒や髪の元結を固く結ばなくてもよさそうに思える。かなりだらしなく、ぶざまに、直衣や狩衣などがゆがんでいても、誰が見知って笑ったり悪口を言ったりしようか。

 男は、やはり、明け方の別れのありさまこそが風流であるべきだ。やたらしぶって起きにくそうにしているのを、女が無理にせかし、「明るくなり過ぎましたよ。まあ、みっともない」などと言われて、ため息をつくようすも、ほんとうに名残惜しくて別れが辛いのだろうと見える。指貫なども、座ったままで着ようともせず、まずは女に近寄って、夜の話の続きを耳元にささやき、特に何をするふうでもなく、帯などを結んでいるようだ。格子を上げたり、妻戸のある所に、そのまま女をいっしょに連れていき、昼間の待ち遠しいことなども言いながら、そっと出て行くようすは、女も自然に見送ることになって、名残も趣きがあるものだ。

 かたや、思い出す所があり、たいそうさっぱりと起き出し、ばたばたと動き回り、指貫の腰紐をがさがさと結び直し、袍や狩衣も袖をまくり上げて、さっさと腕を通し、帯をとても強く結んで、ひざまずいて烏帽子の緒をきゅっと強めに結び、かき寄せる音がして、扇・畳紙など昨夜枕元に置いて自然に散らかったのを探すのだが、暗いので見えはしない。どこだどこだと探し回って、やっと探し出し、扇をぱたぱたと使い、懐紙を懐中に入れながら、「帰るよ」とだけ言うような男もいる。

(注)現代語訳は、現代文としての不自然さをなくすため、必ずしも直訳ではない箇所があります。

ページの先頭へ 次へ



「枕草子」について

 11世紀初めに、清少納言によって書かれた随筆。跋(ばつ)文と300段前後からなる(伝本によって章段数が異なる)。『枕草子』の命名は、おそらく後人が跋文の「枕にこそは侍らめ」から命名したものと考えられ、「枕草子」が普通名詞となった経緯から、『清少納言枕草子』が正しい呼称とされる。
 
 内容は類聚(るいじゅう)章段・日記的章段・随想的章段の3つに分けられる。さらに類聚章段は「山は」「木の花は」などの「は型」と、「めでたきもの」「うつくしきもの」などの「もの型」に分けられ、ともに当時の和歌的な美意識には収まりきれない新鮮な発想がみられる。日記的章段はおもに作者の約10年間の宮仕えを中心とする生活の記録で、主人の中宮定子をはじめ多くの人々との交流が生き生きと描かれている。和歌や漢詩の高い知識をふまえた機知に富んだやりとりが特徴的で、定子のサロンの文化水準の高さを物語っている。定子の父道隆の死後、中宮の周辺には不幸な出来事が続き、自ら明るくふるまうことで雰囲気を盛り立てていこうとする作者の姿が痛々しい。随想的章段は、日常生活や自然についての感想をつづったエッセー風のもので、冒頭の「春は曙(あけぼの)」の段などがふくまれる。
 
 作品をつらぬくのは、明るく理知的な「をかし」の精神であり、同時代の「源氏物語」が「あはれ」の文学であったのと対比される。後代の随筆文学、とりわけ吉田兼好の「徒然草」に大きな影響をあたえた。

清少納言について

 平安時代の歌人、作家。治安・万寿年間(1021〜28年)ころ没。曽祖父の清原深養父と共に中古三十六歌仙のひとり。父は清原元輔。橘則光と結婚して則長をもうけるが、のち離別。中関白・藤原道隆の後見する一条天皇皇后・定子に仕え、後宮では,折りにつ機敏な才能を発揮した。藤原公任、源俊賢、藤原斉信,藤原行成らをはじめ、公卿殿上人などとの交流においても才知を披瀝している。
 
 道隆の死後,その子伊周、隆家が失脚し、定子の後宮が衰微していくなかで、反対勢力の道長方とみられたこともあった。
 
 長保2年(1000年)の定子没後は、その遺児脩子内親王に仕えたり、摂津守藤原棟世と結婚し、小馬命婦を生んだりしたらしい。晩年は零落して地方に住んでいたという逸話が『無名草子』や『古事談』などにあるが、実際は父の住んでいた月輪(京都東南の郊外)で暮らしたとされる。
 
 歌集『清少納言集』には日常生活的な詠歌が多く、機知に長けた表現の即興的詠風である。その歌風には古今集風の詠歌をする曾祖父と、即興的詠歌をする父との歌才を直接に受け継いだ面がある。しかし、二人の影響は、詠歌よりも『枕草子』の表現に結実している。
 
 『紫式部日記』には「さかしだち、真名書きちらして侍るほども,よく見れば,まだいとたへぬこと多かり(賢ぶって学才をひけらかすけれども、浅薄なものでしかない)」と,厳しい批評があるが、むしろ臨機応変な対応が要求された後宮で、鋭敏な感性と常識的教養に裏打ちされた知識と即興的行動が周囲の人々を感嘆させた。また,周りがそれを歓迎したことなどが『枕草子』成立の基盤となっている。
 
 このように『枕草子』は、宮廷文化のなかで,中関白家の教養ある環境と清少納言の感性,表現力とから生まれたものであるといえる。「春はあけぼの」などそれまで和歌には詠まれなかった題材も,『枕草子』では新たな美的評価が与えられるなど,清少納言の文学的貢献は大きい。

P R

おすすめ記事

古典に親しむ