万葉集【巻第三】

 巻第三は、巻第四とともに、巻一・ニを継ぐ意図で構成されています。拾遺の歌と天平の歌を収め、雑歌・譬喩歌(ひゆか)・挽歌の三つの部立となっています。譬喩歌というのは、物にたとえて作者の心情を述べる歌で、あくまで表現技巧上の分類です。
・235〜295 ・296〜336337〜407415〜474 →万葉集トップ

235 柿本人麻呂の歌

大君(おほきみ)は神にし座(ま)せば天雲の雷(いかづち)の上にいほらせるかも

【意味】
 わが大君(持統天皇のこと)はまさしく神でいらっしゃるので、天雲の中の雷の上に仮宮をおつくりになり、そこに籠っておいでになる。

【説明】
 持統天皇が雷岳(いかずちのおか)に行幸した時、柿本人麻呂が作った歌です。雷は当時の人々にとって天空にある神でした。作者は、その神の上に立つ、絶対的な神として天皇の威徳を賛美しています。雷岳は藤原宮に近い小高い丘ですが、現在でも雷岳の上に立てば、三山が横たわる大和平野を一望できます。

236・237 持統天皇と志斐嫗(しひのおみな)の問答歌

236
(いな)といへど強ふる志斐(しひ)のが強(し)ひがたりこの頃聞かずてわれ恋ひにけり
237
否といへど語れ語れと詔(の)らせこそ志斐いは奏(まを)せ強語(しひがたり)と詔(の)

【意味】
〈236〉もうたくさんだといっても無理に話して聞かせるお前の話を、この頃聞かないので、また聞きたくなりましたよ。(持統天皇)

〈237〉もうお話は止しましょうと申し上げても、話せ話せとおっしゃったのです。それを無理強いの話だとおっしゃるのはひどうございます。(志斐嫗)

【説明】
 持統天皇と志斐嫗の問答歌。志斐嫗の伝は不明。志斐は氏の名で、嫗は老女の意。この老女は語り部などの職にいて、記憶がよく話も面白かったのでしょう。しかし、かの時代にあって、天皇との間にこれほどの親愛の情が表現されているのに驚きますね。

242 弓削皇子(ゆげのみこ)の歌

滝の上の三船(みふね)の山に居(ゐ)る雲の常にあらむとわが思はなくに

【意味】
 滝のほとりの三船山にかかる雲のように、いつまでも変らず生きているとは思えないことだ。

【説明】
 持統天皇の吉野行幸のときの歌。「滝の上の三船の山に居る雲の」は、「常にあら」を導く序詞。

245・246・248 長田王(をさだのおほきみ)の歌

245
聞くが如(ごと)まこと貴(たふ)く奇(くす)しくも神さび居(を)るかこれの水島
246
芦北(あしきた)の野坂の浦ゆ船出して水島に行かむ波立つなゆめ
248
隼人(はやひと)の薩摩(さつま)の迫門(せと)を雲居(くもゐ)なす遠くもわれは今日見つるかも

【意味】
〈245〉聞いていたとおり、まことに貴く、不思議なほど神々しい、この水島は。

〈246〉芦北の野坂の浦を船出して、水島へ行こう。波よ、決して立たないでくれ。

〈248〉隼人の国、薩摩の瀬戸を、雲と見まがうほど遠くに、私は今日見ました。

【説明】
 245、246は「筑紫に遣(つか)はさえて、水島を渡る時の歌」とあります。「水島」は、熊本県八代市の球磨川河口近くにある小さな岩山。日本書紀によると、「景行天皇が立ち寄って食事をしたとき、水がないため、侍臣が神に祈ると、がけのほとりから清水がわき出たことから、水島と名付けられた」とされます。246の「芦北の野坂の浦」は熊本県葦北郡の不知火海に面した海岸。248の「薩摩の瀬戸」は、鹿児島県阿久根市と長島の間の海峡。

250〜256 柿本人麻呂の歌

250
珠藻(たまも)刈る敏馬(みぬめ)を過ぎて夏草の野島が崎に舟近づきぬ
251
淡路(あはぢ)の野島が崎の浜風に妹が結びし紐(ひも)吹きかへす
252
荒栲(あらたへ)の藤江の浦に鱸(すずき)釣る白水郎(あま)とか見らむ旅行くわれを
253
稲日野(いなびの)も行き過ぎかてに思へれば心恋しき可古(かこ)の島見ゆ
254
ともしびの明石(あかし)大門(おほと)に入(い)らむ日や榜(こ)ぎ別れなむ家のあたり見ず
255
天離(あまざか)る夷(ひな)の長道(なかぢ)ゆ恋ひ来れば明石の門(と)より大和島見ゆ
256
飼飯(けひ)の海の庭(には)(よ)くあらし刈薦(かりこも)の乱れ出(い)づ見ゆ海人(あま)の釣船

【意味】
〈250〉美しい藻を刈っている敏馬の海をあとにして、夏草の茂る野島の崎に、いよいよ私の舟が近づいてきた。

〈251〉淡路の野島の崎の浜風に、妻が旅立ちのときに結んでくれた上着の紐を吹き返らせている。

〈252〉藤江の浦に鱸を釣る猟師とみるだろうか、旅行くこの私を。

〈253〉稲日野も懐かしくて行き過ぎがたく思っていると、心ひかれる可古の島が見えるよ。

〈254〉明石の海門を通過するころには、いよいよ家郷の大和の山々とも別れることとなるんだ。

〈255〉遠く隔たった地方からの長い旅路に、ずっと故郷を恋しく思いつつ戻って来たら、明石海峡から懐かしい大和の山々が見えてきたぞ。

〈256〉飼飯の海は穏やからしい。刈り取った薦のように、猟師の釣船があちらこちらから漕ぎ出てくるのが見える。

【説明】
 柿本人麻呂が旅の途上に詠んだ歌。250の「珠藻刈る」は「敏馬」にかかる枕詞。敏馬はいまの神戸市灘区岩屋・大石の付近。「夏草の」は「野」にかかる枕詞。251の「野島が崎」は淡路島の北西岸の地。252の「荒栲の」は「藤江」にかかる枕詞。藤江はいまの明石市藤江。253の「稲日野」は印南野で、いまの兵庫県高砂市から明石市にかけての平野。「可古の島」は兵庫県加古川市にあったらしい加古川河口の島。254の「ともしびの」は「明石」にかかる枕詞。「明石大門」は明石市と淡路島との間の海峡。256の「飼飯」はいまの淡路島津名郡五色町。「刈薦の」は「乱れ」にかかる枕詞。

264 柿本人麻呂の歌

もののふの八十氏河(やそうじかは)の網代木(あじろき)に いさよふ波の行く方知らずも

【意味】
 宇治川の網代木に遮られてただよう水のように、人の行く末とは分からないものだ。

【説明】
 柿本人麻呂が近江国から大和へ上った時、宇治川のほとりで詠んだ歌です。「もののふの八十」は「うぢ」を導く序詞。「網代木」は網代をつくるための棒杭。網代は魚を獲るしかけ。
 「行く方しらずも」との余情に富んだ結句から、この歌の作意については諸説あり、@近江の旧都を感傷したなごりから、無常観を寓したもの、A波に魅入られて実景・実感をすなおに詠んだだけのもの、B実景に対する感情がよむ者に自然と無常観を感じさせるもの、などがあります。

265 長忌寸奥麿(ながのいみきおきまろ)の歌

苦しくも降り来る雨か神(みわ)が埼 狭野(さの)のわたりに家もあらなくに

【意味】
 不意に降ってきた雨よ。三輪の崎の佐野の渡しには、雨宿りする家もないというのに。

【説明】
 「狭野」は今の和歌山県新宮市三輪崎町・佐野町の木ノ川河口。一説には大和の三輪ともいいます。作者の長忌寸奥麿の伝は不明、持統・文武天皇の頃の人です。「忌寸」は姓(かばね)の一つで、文武天皇の時に制定された八姓のうちの第四位です。
 藤原定家はこの歌を本歌として、「駒とめて袖うちはらふかげもなし佐野のわたりの雪の夕暮れ」(新古今集・巻六・冬歌)という歌を詠んでいます。

266 柿本人麻呂の歌

近江(あふみ)の海夕波千鳥(ゆふなみちどり)(な)が鳴けば心もしのに古(いにしへ)思ほゆ

【意味】
 近江の湖の夕波に鳴く千鳥よ。おまえが鳴くと、心がしおれてしまいそうなほどにせつなく昔のことがしのばれるよ。

【説明】
 「近江の海」は琵琶湖のこと。「夕波千鳥」は名詞をつみ重ねた作者の造語で、ここでは呼びかけの形をとっています。「古」は、その琵琶湖畔に都があった天智天皇の時代を指します。人麻呂が、近江の荒れた都を訪れた時の歌ではないかとされます。

267 志貴皇子(しきのみこ)の歌

むささびは木(こ)ぬれ求むとあしひきの山の猟夫(さつを)にあひにけるかも

【意味】
 むささびが、林間の梢を飛び渡っているうちに、猟師に見つかって獲られてしまった。

【説明】
 志貴皇子は天智天皇の皇子、持統天皇の弟。この歌には、大津皇子(おおつのみこ)が天皇の位を望んだ(とされた)ために身を滅ぼしたことを、むささびに喩(たと)えて詠んだのでは、という寓意説もあります。

 しかし、斉藤茂吉によれば、「この歌には、何処かにしんみりとしたところがあるので、古来寓意説があり、徒に大望をいだいて失脚したことなどを寓したというのであるが、この歌には、むささびのことが歌ってあるのだから、第一にむささびのことを詠み給うた歌として受納れて味わうべきである。寓意の如きは奥の奥へ潜めておくのが、現代人の鑑賞の態度でなければならない。そうして味わえば、この歌には皇子一流の写生法と感傷とがあって、しんみりとした人生観相を暗指(あんじ)しているのを感じる」。

270・271 高市黒人(たけちのくろひと)の歌

270
旅にしてもの恋(こほ)しきに山下の赤のそほ船沖にこぐ見ゆ
271
桜田へ鶴(たづ)鳴き渡る年魚市潟(あゆちがた)(しほ)(ひ)にけらし鶴鳴き渡る

【意味】
〈270〉旅先なので何となくもの恋しい。すると、この山の下の海を、赤く塗った船が沖に漕いでいくのが見える。

〈271〉桜田の方へ鶴が鳴いて渡っていく。年魚市潟の潮が引いたらしい。鶴が鳴いて渡っていく。

【説明】
 題詞に「高市連黒人が羈旅の歌八首」とあるうちの2首。高市黒人は柿本人麻呂とほぼ同時代の下級官人。生没年未詳。270の「赤のそほ船」の「そほ」は赤土で、船体に赤土を塗った船。赤い色は魔よけの意味を持った。271の「桜田」は、今の名古屋市南区元桜田町。「年魚市潟」は名古屋市南部の入海だとされます。「鶴」は歌のことばとしては「たづ」と称しました。

 271について斉藤茂吉は、「一首の中に地名が二つも入っていて、それに『鶴鳴き渡る』を二度繰り返しているのだから、内容からいえば極く単純なものになってしまった。併し一首全体が高古の響を保持しているのは、内容がこせこせしない為めであり、『桜田へ鶴鳴き渡る』という唯一の現在的内容が却って鮮明になり、一首の風格も大きくなった」と評しています。

272・273 高市黒人(たけちのくろひと)の歌

272
四極山(しはつやま)うち越え見れば笠縫(かさぬひ)の島漕ぎ隠る棚(たな)なし小舟(をぶね)
273
磯の崎漕ぎ廻(た)み行けば近江(あふみ)の海八十(やそ)の港に鶴(たづ)さはに鳴く

【意味】
〈272〉四極山を越えて、見ると笠縫の島の辺りを漕いで姿を消していった船棚のない小舟よ。

〈273〉出入りの多い琵琶湖の岸を漕ぎ廻っていくと、多くの港ごとに鶴がさかんに鳴いている。

【説明】
 題詞に「高市連黒人が羈旅の歌八首」とあるうちの2首。272の「四極山」も「笠縫の島」も、所在は不明です。

274〜276 高市黒人(たけちのくろひと)の歌

274
我が舟は比良(ひら)の港に漕ぎ泊(は)てむ沖へな離(さか)りさ夜更けにけり
275
何処(いづく)にか我が宿りせむ高島の勝野(かちの)の原にこの日暮れなば
276
(いも)も我れも一つなれかも三河なる二見(ふたみ)の道ゆ別れかねつる

【意味】
〈274〉この船は比良の港に停泊しよう。夜も更けているので、岸から遠く離れないように。

〈275〉今夜は何処に宿ろうか。高島の勝野の原にこの日が暮れてしまうというのに。

〈276〉お前も私も一つだからだろうか、この三河の二見の道から別れることができない。

【説明】
 高市黒人は柿本人麻呂とほぼ同時代の下級官人。生没年未詳。
 274は、船の楫取りに向けて言ったことば。「比良の湊」は琵琶湖の磯の崎。275の「高島」は滋賀県高島市で、「勝野の原」は比良の北方に広がる野原。そのような場所で夕暮れを迎えてしまった不安を歌っています。276の「二見の道」は、愛知県豊川市の姫街道。

↑ このページの先頭へ

277 但馬皇女(たじまのひめみこ)の歌

(とく)来ても見てましものを山背(やましろ)の多賀の槻群(つきむら)散りにけるかも

【意味】
 もっと早く来て見ればよかった、山城の多賀の槻(つき)の木々は、もうすっかり葉を落としてしまった。

【説明】
 「多賀」は、現在の京都府綴喜郡井手町多賀。

279・280 高市黒人(たけちのくろひと)の歌

279
吾妹子(わぎもこ)に猪名野(ゐなの)は見せつ名次山(なすきやま)(つの)の松原いつか示さむ
280
いざ子ども大和へ早く白菅(しらすげ)の真野(まの)の榛原(はりはら)手折りて行かむ

【意味】
〈279〉いとしい妻よ、お前に猪名野は見せた。今度は名次山と角の松原を、早く見せてやりたいものだ。

〈280〉さあみんな、大和へ早く帰ろう。白菅の茂る真野の榛(はん)の木の林で小枝を手折って行こう。

【説明】
 279は妻に与えた歌。「猪名野」は現在の兵庫県伊丹市から尼崎市あたりの平野。「名次山」は西宮市名次町の丘陵。「角の松原」は西宮市松原町の海岸。280は旅の同行者に呼びかけた歌。一行の中には妻も含まれていたんですね。「真野」は神戸市長田区真野町あたり。

282 春日老の歌

つのさはふ磐余(いはれ)も過ぎず泊瀬山(はつせやま)いつかも越えむ夜は更けにつつ

【意味】
 まだ磐余をも過ぎていない、泊瀬山はいつ越えられるだろう、夜は更けていくばかりだ。

【説明】
 飛鳥から磐余を過ぎ、泊瀬山を越える春日老(かすがのおゆ)の歌です。「磐余」は古帝京があった地で、大津皇子が処刑された磐余池がありました。「つのさはふ」は「いは」にかかる枕詞です。

287 石上卿の歌

ここにして家やもいづく白雲のたなびく山を越えて来にけり

【意味】
 ここからだと、家はどちらの方角だろう、白雲がたなびく山を越えてずいぶん遠くまで来たものだ。

【説明】
 題詞には、天皇が志賀行幸の時に詠んだ歌とありますが、天皇の名前は不明です。

292〜295 角麻呂の歌

292
ひさかたの天(あま)の探女(さぐめ)が岩船(いはふね)の泊(は)てし高津(たかつ)はあせにけるかも
293
潮干(しほひ)の御津(みつ)の海女(あま)のくぐつ持ち玉藻(たまも)刈るらむいざ行きて見む
294
風をいたみ沖つ白波高からし海人(あま)の釣舟(つりぶね)浜に帰りぬ
295
住吉(すみのえ)の岸の松原遠つ神 我が大君(おほきみ)の幸(いでま)しところ

【意味】
〈292〉昔、天の探女の乗る岩船が天から降って泊った高津は、今やすっかり水が浅くなってしまったよ。

〈293〉引き潮の御津では、海女が手提げ籠を持って、玉藻を刈っている。さあ、行って見よう。

〈294〉風が強く、沖の波が高いようだ。海人の釣舟が浜に帰ってきた。

〈295〉住之江の岸の松原は、遥か昔から神である我が天皇が行幸された場所である。

【説明】
 角麻呂(つののまろ)の伝不詳。292の「ひさかたの」は「天」にかかる枕詞。「天の探女」は天稚彦(あめのわかひこ)に付き添って天降った神。「高津」は難波宮の近くにあった港。

万葉集トップ 巻第一 巻第二 巻第三 巻第四 巻第五 巻第六 巻第七 巻第八 巻第九 巻第十 巻第十一 巻第十二 巻第十三 巻第十四 巻第十五 巻第十六 巻第十七 巻第十八 巻第十九 巻第二十

このページの先頭へ 次へ



各巻の概要

巻第一
 巻第一は、雄略天皇の時代から寧楽(なら)の宮の時代までの歌が収められている。雑歌のみで、万葉集形成の原核となったものが中心。天皇の御代の順に従って配列されている。
 
巻第二
 巻第ニは、仁徳天皇の時代から元正天皇の時代までの相聞・挽歌が収められている。巻第一と揃いの巻と考えられ、巻第一と同様、部立てごとに天皇の御代に従って歌が配列されている。このため勅撰ではないかとする説もある。
 
巻第三
 巻第三は、巻第四とともに、巻一・ニを継ぐ意図で構成されている。拾遺の歌と天平の歌を収め、雑歌・譬喩歌(ひゆか)・挽歌の三つの部立となっている。譬喩歌というのは、物にたとえて作者の心情を述べる歌で、あくまで表現技巧上の分類。
 
巻第四
 巻第四は、巻第三とともに、巻一・ニを継ぐ意図で構成されている。天平以前の古い歌をまず掲げ、次いで天平の歌を配列している。私的な歌である相聞歌のみで、天平に入ってからは大伴氏関係の歌が中心となっている。
 
巻第五
 巻第五は、巻第六とともに主に天平の歌を収める雑歌集。とくに大伴旅人と山上憶良の、九州の大宰府在任時代の作を中心として集めた特異な巻になっている。
 
巻第六
 巻第六は、巻第五とともに主に天平の歌を収める雑歌集。巻第五が大伴旅人と山上憶良の、九州の大宰府在任時代の作を中心として集めた巻であるのに対し、巻第六は奈良宮廷をおもな舞台として詠まれた歌が中心となっている。
 
巻第七
 巻第七は、雑歌・譬喩歌(ひゆか)・挽歌の三つの部立となっている。おおむね持統朝から聖武朝ごろの歌ながら、柿本人麻呂歌集や古歌集から収録した歌を含んでいることから、作者名や作歌事情等が不明なものが多くなっている。
 
巻第八
 巻第八は、四季に分類された雑歌と相聞歌からなっている。舒明朝〜天平十六年までの歌で、作者群は巻第四とほぼ同じ。
 
巻第九
 巻第九の歌は、おもに『柿本人麻呂歌集』、『高橋虫麻呂歌集』や『古歌集』などから収録され、雄略天皇の時代から天平年間までのもの。雑歌・相聞歌・挽歌の三部立によって構成されている。
 
巻第十
 巻第十は、巻第八と同様の構成、すなわち、四季に分類した歌をそれぞれ雑歌と相聞に分けている。作者や作歌年代は不明で、もとは民謡だったと思われる歌や柿本人麻呂歌集から採られた歌もある。
 
巻第十一
 巻第十一は、『万葉集』目録に「古今相聞往来歌類の上」とあり、巻第十二と姉妹編をなしている。柿本人麻呂歌集や古歌集から採られた歌が多く、もとは民謡だったと思われる歌が大部分で、作者・作歌年代も不明。
 
巻第十ニ
 巻第十ニは、「古今相聞往来歌類の下」の巻で、巻第十二と姉妹編をなしている。柿本人麻呂歌集から採られた歌も多く、民謡的色彩が強く、作者・作歌年代も不明。
 
巻第十三
 巻第十三は、作者および作歌年代の不明な長歌と反歌を集めたもので、部立は雑歌・相聞・問答歌・譬喩歌(ひゆか)・挽歌の五つからなっている。
 
巻第十四
 巻第十四は、主として東国諸国で詠まれた作者不明の歌を集めている。国名の明らかなものと不明なものに大別し、更にそれぞれを部立ごとに分類しているが、整然とは統一されていない。
 
巻第十五
 巻第十五は、物語性を帯びた二つの歌群からなる。前半は遣新羅使らの歌、後半は中臣宅守と狭野弟上娘子との相聞贈答の歌が収められている。天平八年から十二年ごろまでの作歌。
 
巻第十六
 巻第十六は、巻第十五までの分類に収めきれなかった歌を集めた付録的な巻。伝説的な歌やこっけいな歌などを集めている。
 
巻第十七〜二十
 巻第十七〜二十は、大伴家持の歌日誌というべきもので、家持の歌を中心に、その他の関係ある歌もあわせて収めている。巻第十七には、天平2年から20年までの歌を、巻第十八には天平20年から天平勝宝2年まで、巻第十九には天平勝宝2年から5年まで、巻第二十には同5年から天平宝字3年までの歌を収めている。
 とくに巻第二十には防人歌を多く載せており、これは、家持の手元に集められてきたものを家持が記録し、取捨選択したものと考えられている。