万葉集【巻第五】

 巻第五は、巻第六とともに主に天平の歌を収める雑歌集。とくに大伴旅人と山上憶良の、九州の大宰府在任時代の作を中心として集めた特異な巻になっています。
・793〜852 ・853〜906  →万葉集トップ

793 大伴旅人の歌

世の中は空(むな)しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり

【意味】
 世の中がむなしく無常だと現実に知り、今までよりもますます悲しい。

【説明】
 大伴旅人が、筑紫で妻を失くした時の歌。

794〜799 旅人の妻の死を悼んで山上憶良が詠んだ歌

794
大君(おほきみ)の 遠(とほ)の朝廷(みかど)と しらぬひ 筑紫の国に 泣く子なす 慕ひ来まして 息だにも いまだ休めず 年月も いまだあらねば 心ゆも 思はぬ間に うちなびき 臥(こや)しぬれ 言はむ術(すべ) 為(せ)む術知らに 石木(いはき)をも 問ひ放(さ)け知らず 家ならば 形はあらむを うらめしき 妹の命(みこと)の 我をばも 如何にせよとか 鳰鳥(にほどり)の 二人並び居 語らひし 心背きて 家ざかりいます
795
家に行きて如何にか吾(あ)がせむ枕づく妻屋さぶしく思ほゆべしも
796
(は)しきよしかくのみからに慕ひ来し妹が情(こころ)の術(すべ)もすべなさ
797
悔しかもかく知らませばあをによし国内(くぬち)ことごと見せましものを
798
妹が見し楝(あふち)の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干(ひ)なくに
799
大野山(おほのやま)(きり)たちわたる我が嘆く息嘯(おきそ)の風に霧たちわたる

【意味】
〈794〉大君の遠い政府(大宰府のこと)だからと、筑紫の国に、泣く子どものようにだだをこねて慕ってついてきてくれて、一息つくほどにも休めず、年月も経っていないのに、心にも少しも思わないうちに、ぐったりと横になってしまった。どう言っていいのか、どうしたらいいのか分からずに、庭石や木に尋ねて心を晴らそうとしても、それもできない。奈良の家にいたならば元気な姿であっただろうに、私を置いて逝ってしまった恨めしい妻は、私にどうせよというのか。鳰鳥のように二人並んで語らった、その心に背いて遠くに行ってしまった。

〈795〉奈良の家に帰ったら、私はどうしたらいいのか。枕を並べた妻屋が寂しく思われて仕方がないだろう。

〈796〉ああ、こうなるだけだったのか。追い慕って筑紫までやって来た妻の心が、どうしようもなく痛ましい。

〈797〉悔やんでならない。こんなことになると知っていたなら、奈良の国じゅうをすべて見せておくのだった。

〈798〉妻の死を悲しみ、私の涙がまだ乾かぬうちに、妻が生前喜んで見た庭の楝(=栴檀)の花も散ってしまうのだろう。

〈799〉大野山に霧が立ちわたり、山をすっかり覆い隠してしまった。私が吐く溜息の風によって、霧が山を覆い隠してしまった。

【説明】
 妻を亡くした大伴旅人に奉った歌。作者の山上憶良(660〜733年)は、百済からの渡来人であり、藤原京時代から奈良時代中期に活躍しました。漢文学や仏教の豊かな教養をもとに、貧・老・病・死、人生の苦悩や社会の矛盾を主題にしながら、下層階級へ温かいまなざしを向けた歌が収められています。
 794の「しらぬひ」は「筑紫」にかかる枕詞。795の「枕づく」は「妻屋」にかかる枕詞。「妻屋」は夫婦の部屋。797の「あをによし」は「奈良」にかかる枕詞。ここの「国内」は奈良をさします。798の「楝の花」は栴檀(せんだん)の花。799の「大野山」は大宰府の背後にある山。

800・801 山上憶良の歌

800
父母(ちちはは)を 見れば貴し 妻子(めこ)見れば めぐし愛し 世間(よのなか)は かくぞことわり もち鳥の かからはしもよ ゆくへ知らねば 穿沓(うけぐつ)を 脱(ぬ)(つ)棄るごとく 踏み脱きて 行くちふ人は 石木(いはき)より なり出し人か 汝(な)が名 告(の)らさね 天(あめ)へ行かば 汝がまにまに 地ならば 大君(おほきみ)います この照らす 日月(ひつき)の下は 天雲(あまくも)の 向伏(むかぶ)す極み たにぐくの さ渡る極み 聞こし食(を)す 国のまほらぞ かにかくに 欲しきまにまに しかにはあらじか
801
ひさかたの天道(あまぢ)は遠しなほなほに家に帰りて業(なり)を為(し)まさに

【意味】
〈800〉父母を見れば尊い。妻子を見れば可愛くいとおしい。世の中の道理はこのようなものであり、鳥もちにかかった鳥のように家族への愛情は断ち切り難い、行末も分からぬ私たちなのだから。穴のあいた靴を脱ぎ捨てるように(父母や妻子を)捨てていく人は、非情の石や木から生まれた人だろうか。名前を言いなさい。天へ行ったら、あなたの思いどおりにするのもよかろうが、この地上ならば、天皇がいらっしゃる。この太陽と月が照らす下は、雲の垂れる果てまで、ヒキガエルが這い回る地の果てまで、天皇のお治めになるすぐれた国土なのだ。あれもこれも思いのままにしようというのか、そうしたものではないよ。

〈801〉天への道は遠い。大人しく家に帰って、家業に励みなさい。

【説明】
 序によれば、「倍俗(ばいぞく・俗にそむく)先生」を自称し、世俗を超越した神仙としての理想の生活を追い求めるあまり、家族をもうち捨て、日常の生活を少しも顧みようとしない人物に反省させる目的でつくった歌とあります。801の「ひさかたの」は「天」にかかる枕詞。歌中には、親子の関係を基本に据えた家族の倫理が強調されています。

802・803 山上憶良の歌

802
(うり)(は)めば 子ども思ほゆ 栗(くり)食めば まして偲(しぬ)はゆ 何処(いづく)より 来(きた)りしものぞ 眼交(まなかひ)に もとな懸りて 安眠(やすい)し寝(な)さぬ
803
(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に及(し)かめやも

【意味】
〈802〉瓜を食べると子どもが思い出される。栗を食べるとまして偲ばれる。いったいどこからわが子として生まれてきたのか。目の前にしきりに面影がちらついて、ぐっすり眠らせてくれない。

〈803〉銀も黄金も玉も、いったい何になるというのか、そんな勝れた宝でさえ、子どもに及ぶものがあろうか。

【説明】
 山上憶良が、離れて暮らす子どもらを思い詠んだ長歌と反歌。この歌の前には、次の意の序文が付いています。『釈迦如来がその貴いお口で正に説かれたのには、「等しくあらゆる生き物をいつくしみ思うことは、わが子を思うのと同じである」。また、「愛は子に対する愛に勝るものはない」ともおっしゃった。この上ない大聖人ですらわが子を愛する心がある。まして世の中の人々のなかに、誰が子を愛さない者があろうか』

810・811 大伴旅人の歌

810
いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝(ひざ)の上(へ)我が枕(まくら)かむ
811
(こと)問はぬ木にはありともうるはしき君が手馴(たな)れの琴(こと)にしあるべし

【意味】
〈810〉何時の日にか、私の音色を分かってくださる方の膝の上に、私は枕するのでしょうか。

〈811〉言葉を言わない木であっても、立派なお方が大切にしてくださる琴となるに違いありません。

【説明】
 天平元年(729年)10月7日、大宰府にいる大伴旅人から、都の中衛府(ちゅうえいふ)大将・藤原房前(ふじわらのふささき)のもとへ、手紙とともに一面の琴が贈られてきました。藤原房前は不比等(ふひと)が讃岐の志度の海人に生ませた子ですが、その母が卑しい身分の自分の命と引き換えに、息子の将来を約束してもらったという伝説を持つ人です。手紙の文面は次のような内容でした。

 「大伴旅人から謹んで言上します。これは、対馬の結石(ゆうし)山の孫枝(ひこえ)で作った、青桐の大和琴一面です。この琴が、夢の中で乙女の姿になって私に語りました。『私は、根をはるか沖の遠い島の高山にのばし、幹を太陽の美しい光りにさらして、伸び伸びと育ちました。雲や霞を衣にまとい、山川の音に心を遊ばせ、遠く海の風波をのぞみ見ては、将来役に立つのか立たないのか、宙ぶらりんな気持ちで過ごしていました。このまま空しく生涯を終え、谷間に朽ち果てるのではないかと不安でした。ところが、たまたま立派な細工師に出会い、削られて小さな琴になりました。質も悪くよい音も出ないわが身を顧みず、いつまでも立派な方の傍らに置いていただきたいと思っています』と。そして乙女は次のように歌を詠みました。
 いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の上我が枕かむ (810)
そこで私はこう答え、詠いました。
 言問はぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にしあるべし (811)
 琴の乙女は言いました。『謹んでお言葉を承りました。有難うございます』と。私はその僅か後に目を覚まし、夢の中の乙女の言葉に感じ入り、感激のあまり黙っていられません。そのため、公の用事のついでに、ともあれここに琴を献上いたします」

812 藤原房前(ふぢはらのふささき)の歌

(こと)問はぬ木にもありとも我が背子が手馴(たな)れの御琴(みこと)(つち)に置かめやも

【意味】
 言葉を語らない木ではあっても、あなたが弾きなれた御琴を地に置く粗末などいたしましょうか。

【説明】
 天平元年(729年)10月7日、大宰府にいる大伴旅人から、都の中衛府(ちゅうえいふ)大将・藤原房前(ふじわらのふささき)のもとへ、手紙とともに一面の琴が贈られてきました(巻五-810、811)。この歌は、房前から旅人への返事に添えられた歌です。
 旅人は、なぜ房前に琴を贈ったのでしょうか。そこでこの背景にあった、不穏な政情にも触れなければなりません。当時の最高権力者だった長屋王(ながやのおおきみ)が、藤原氏の陰謀により自害させられました。その理由の一つは、藤原氏出身の光明子を立后させることに長屋王が強力に反対していたことによります。その前に長屋王派の旅人が大宰府に追いやられたのも、陰謀の一環だったといえます。
 旅人の贈り物が長屋王の事件の直後だったのを見ると、にわかに哀しく屈辱的な意味合いが浮かび上がってきます。大伴家のトップの立場としての、一族の命運を左右する政治的判断を迫られた旅人の意思表明だったのではないでしょうか。君が愛用する琴になりたい、と。房前の返事の意味も、「了解した」ということなのでしょう。

815 大弐紀卿(だいにきのまえつきみ)の歌

正月(むつき)立ち春の来らばかくしこそ梅を招きつつ楽しきを経(へ)

【意味】
 正月になり、新春を迎えたら、こうやって梅を見ながら楽しい一日を過ごしましょう。

【説明】
 この歌は、大伴旅人の邸宅で詠んだ梅の歌32首の最初の歌です。序文には次のようにあります。「天平二年正月十三日に太宰府の帥(そち)・大伴旅人の邸宅で宴を催した。天気がよく、風も和らぎ、梅は白く色づき蘭が香っている。嶺には雲がかかり、松は霞がかかったように見え、山には霧がたちこめ、鳥は霧に迷っている。庭には蝶が舞い、空には雁が帰ってゆく。空を屋根にし、地を座敷にして膝を突き合わせ、酒を酌み交わす。楽しさに言葉も忘れ、着物をゆるめてくつろぎ、好きなように過ごす。梅を詠んで情のありさまを記そう」

816 小野老(おののおゆ)の歌

梅の花今咲ける如(ごと)散り過ぎずわが家(へ)の園にありこせぬかも

【意味】
 梅の花よ、今咲いているように、散り過ぎることなく我が家の庭に咲き続けておくれ。

【説明】
 作者の小野老(?〜737年)は天平2年(730年)ごろ大宰少弐として九州に居り、大伴旅人の下にあり、同9年に大宰大弐従四位下で没しました。大宰少弐は大宰府の次官ですが、同じ次官の大弐よりは下位です。

818 山上憶良の歌

春さればまづ咲く宿の梅の花独り見つつや春日(はるひ)(くら)さむ

【意味】
 春になるとまず最初に咲く我が家の梅の花よ、私一人だけで見ながら一日を過ごすことなど、どうしてできよう。

820 葛井連大成(ふぢゐのむらじおほなり)の歌

梅の花今盛りなり思ふどち挿頭(かざし)にしてな今盛りなり

【意味】
 梅の花は今盛り。親しい人たちは皆、髪にかざそうよ、今盛りの梅の花を。

821 笠朝臣麿(かさのあそみまろ)の歌

青柳(あをやなぎ)梅との花を折りかざし飲みての後(のち)は散りぬともよし

【意味】
 青柳を折り、梅の花をかざして酒を飲もう。飲んだ後なら、散ってしまってもいいよ。

822 大伴旅人の歌

わが園に梅の花散るひさかたの天(あめ)より雪の流れ来るかも

【意味】
 わが家の庭に梅の花が散る。天空の果てから、雪が流れてくるよ。

823 大伴百代の歌

梅の花散らくはいづくしかすがにこの城の山に雪は降りつつ

【意味】
 梅の花が散るというのは何処のことか。この城の山には雪があとからあとから降ってくる。

824 阿氏奥島(あしのおきしま)の歌

梅の花散らまく惜しみわが園の竹の林に鶯(うぐひす)鳴くも

【意味】
 梅の花が散っていくのを惜しみ、私の庭の竹林で、ウグイスがしきりに鳴いている。

826 史氏大原(ししのおほはら)の歌

うち靡(なび)く春の柳とわが宿の梅の花とを如何(いか)にか分(わ)かむ

【意味】
 霞(かすみ)の中で芽吹く柳と、わが家の梅の花とのよしあしを、どのように区別しようか。

829 張子福子(ちょうしのふくし)の歌

梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや

【意味】
 梅の花が散ると、続いて桜の花が咲くようになっているではないか。

830 佐氏子首(さしのこおびと)の歌

万代(よろづよ)に年は来(き)(ふ)とも梅の花絶ゆることなく咲き渡るべし

【意味】
 万年の後までも、梅の花が絶えることなく咲き続けて欲しいものだ。

831 板氏安麿(はんしのやすまろ)の歌

春なれば宜(うべ)も咲きたる梅の花君を思ふと夜眠(よい)も寝なくに

【意味】
 春になったといって、とても美しく咲いた梅の花よ、あなたのことを思うと、夜もよく寝られません。

843 土師氏御道(はにししのみみち)の歌

梅の花折り挿頭(かざ)しつつ諸人(もろひと)の遊ぶを見れば都しぞ思ふ

【意味】
 梅の花を折りかざしつつ集まって遊んでいる人たちを見ると、都のことがしのばれてならない。

852 作者未詳歌

に立つ麻手(あさで)刈り干し布さらす東女(あづまをみな)を忘れたまふな

【意味】
 梅の花が夢で言うことには、風流な花だと私は思います、どうぞ酒に浮かべてめでてください、と。

和歌の前に平等な日本人 〜渡部昇一氏の著書から引用
 
 --古代の日本人たちは、(中略)詩、すなわち和歌の前において平等だと感じていたように思われる。われわれの先祖が歌というものに抱いていた感情はまことに独特なものであって、よその国においてはあまり例がないのではないかと思われる。
 たとえば上古の日本の社会組織は、明確な氏族制度であった。天皇と皇子の子孫は「皇別」、建国の神話と関係ある者は「神別」、帰化人の子孫は「蕃別」と区別されたほかに、職能によって氏族構成員以外の者も区別されており、武器を作る者は弓削部、矢作部とか、織物を作るのは服部とか錦織部というふうであった。これは一種のカースト制と言うべきであろう。このカースト制の実体はよくわからないし、現在のインドのように厳しかったかどうかもわからない。しかしカーストはカーストである。
 ところが、このカーストを超越する点があった。それが和歌なのである。
 『万葉集』を考えてみよう。これは全20巻、長歌や短歌などを合わせて4500首ほど含まれている。成立の過程の詳細なところはわかっていないが、だいたい巻ごとに編者があり、その全体をまとめるのに大伴家持が大きな役割を果たしていたであろうと推察される。大伴氏の先祖である天忍日命(アメノオシヒノミコト)は、神話によれば、高魂家より出て天孫降臨のときは靭負部をひきいて前衛の役を務めるという大功があり、古代においては朝臣の首位を占め、最も権力ある貴族であった。
 その大伴氏が編集にたずさわっていたとすれば、カースト的偏見がはいっていたとしてもおかしくないはずである。それがそうではないのだ。この中の作者は誰でも知っているように、上は天皇から下は農民、兵士、乞食に至るまではいっており、男女の差別もない。また地域も、東国、北陸、九州の各地方を含んでいるのであって、文字どおり国民的歌集である。
 一つの国民が国家的なことに参加できるという制度は、近代の選挙権の拡大という形で現れたと考えるのが普通である。選挙に一般庶民が参加できるようになったのは新しいことであるし、女性が参加できるようになったのはさらに新しい。しかしわが国においては、千数百年前から、和歌の前には万人平等という思想があった。
 『万葉集』に現れた歌聖として尊敬を受けている柿本人麻呂にせよ山部赤人にせよ、身分は高くない。特に、柿本人麻呂は、石見国の大柿の股から生まれたという伝説があり、江戸時代の川柳にも「九九人は親の腹から生まれ」(百人一首に人麻呂がはいっていることを指す)などというのがある。これは人麻呂が素性も知れ微賤の出身であることを暗示しているが、この人麻呂は和歌の神様になって崇拝されるようになる。
 このように和歌を通じて見れば、日本人の身分に上下はないという感覚は、かすかながら生き残っていて、現在でも新年に皇居で行われる歌会始には誰でも参加できる。
 毎年、皇帝が詩の題、つまり「勅題」を出して、誰でもそれに応募でき、作品がよければ皇帝の招待を受けるというような優美な風習は世界中にないであろう。

万葉集トップ 巻第一 巻第二 巻第三 巻第四 巻第五 巻第六 巻第七 巻第八 巻第九 巻第十 巻第十一 巻第十二 巻第十三 巻第十四 巻第十五 巻第十六 巻第十七 巻第十八 巻第十九 巻第二十

このページの先頭へ 次へ


歌人ピックアップ

大伴旅人
 665〜731年。大伴安麻呂の長男で、母は巨勢郎女(こせのいらつめ)。左将軍・中納言を経て養老4年(720年)に征隼人持節大将軍として乱を平定、神亀5年(728年)ごろ大宰帥として下向。同年夏に同行してきた妻を失い、天平2年(730年)冬、大納言となり京に戻る。同3年、従二位で没した。山上憶良らと共に筑紫歌壇の中心的存在であり、歌作も九州時代のものが多い。
 
山上憶良
 660〜733年。大宝元年(701年)遣唐少録として唐に渡り3年ほど滞在、帰国後、伯耆守・東宮侍講などを経て、神亀5年(728年)ごろ筑前守となり下向。帰京後、天平5年(733年)に没した。筑前時代に大伴旅人と親交があり、歌作に力を注いだ。
 
藤原房前
 藤原不比等の二男で北家の祖(681〜737)。717年に参議となり、兄武智麻呂(むちまろ)、弟宇合(うまかい)、麻呂らとともに政界に重きをなした。721年には元明太上天皇はとくに右大臣長屋王と房前に遺言し、元明なきあとの不測の事態に備え、さらに房前を内臣に任じて元正天皇を補佐させた。また728年設置の中衛府は藤原氏との関係が強く長屋王の変でも活躍するが、その最初の中衛大将は房前であったらしく、そのころきわめて重要な官人であった。天平9年4月に天然痘によって死去。
 万葉集には旅人への答歌のほか、「藤原卿の歌」(巻7/1218〜1222・1194〜1195)全7首の作者にも有力視され、大伴旅人・山上憶良らとの親交が推測される。
 
小野老
 ?〜737年。天平2年(730)ごろ大宰少弐として九州に居り、大伴旅人の配下にあった。

関連知識

大宰府
 「鎮西府」とも呼び、律令制下、筑前国(福岡県)に置かれた役所。九州と壱岐・対馬を管理し、外敵の侵入を防ぎ、外国使節の接待などに当たった。長官が帥(そち)で、その下に権(ごん)の帥、大弐、少弐などが置かれた。古くは「ださいふ」という。
 長官の大宰帥は従三位相当官、大納言・中納言クラスの政府高官が兼ねていたが、平安時代になると、親王が任命され実際には赴任しないケースが大半となり、次席の大宰権帥が実際の政務を取り仕切るようになった。
 
筑紫歌壇
 大伴旅人、小野老、山上憶良、沙弥満誓、大伴四綱、大伴坂上郎女など、錚々たる万葉歌人が、当時の筑紫に都から赴任していた。大宰帥の大伴旅人邸には、これらの歌人が集い、あたかも中央の文壇がこぞって筑紫に移動したような、華やかなサロンを形成していた。
 725年、山上憶良が筑前守に就任、次いで727年に大伴旅人が太宰帥に就任。この頃から730年10月に旅人が大納言に昇進して、12月頃に太宰府を離れるまでが、九州筑紫の地に万葉文化が開いた時期であった。
 
読めない万葉集
 万葉仮名で書かれた「万葉集」の歌の解読は、天暦5年(951年)に村上天皇の詔により、清原元輔、紀時文、大中臣能宣、坂上望城、源順ら5人(後撰集の撰者)によって始められた。それ以後、研究史は1000年を優に超えているが、未だに解読できない歌が19首ある。
 その代表歌が、巻第一・9に「紀の温泉に幸せる時に、額田王の作る歌」とある「莫囂円隣之大相七兄爪謁気 我が背子がい立たせりけむ厳橿(いつかし)が本(もと)」で、下三句は解読されているが、上二句が訓義未詳となっている。これまで30通り以上の試訓がなされているが、どれも決め手を欠き、おそらく永遠に読めないであろうと考えられている。