万葉集【巻第六】

 巻第六は、巻第五とともに主に天平の歌を収める雑歌集。巻第五が大伴旅人と山上憶良の、九州の大宰府在任時代の作を中心として集めた巻であるのに対し、巻第六は奈良宮廷をおもな舞台として詠まれた歌が中心となっています。
・907〜979 ・981〜1060  →万葉集トップ

907〜909 笠金村の歌

907
滝の上の 御舟(みふね)の山に 瑞枝(みづえ)さし 繁(しじ)に生ひたる 栂(とが)の樹の いやつぎつぎに 万代(よろづよ)に かくし知らさむ み吉野の 蜻蛉(あきづ)の宮は 神柄(かむから)か 貴くあるらむ 国柄か 見が欲しからむ 山川を 清み清(さや)けみ うべし神代ゆ 定めけらしも
908
毎年(としのは)にかくも見てしかみ吉野の清き河内(かふち)の激(たぎ)つ白波
909
山高み白木綿花(しらゆふはな)に落ちたぎつ滝の河内は見れど飽かぬかも

【意味】
〈907〉吉野川の激流のほとりの御船の山に、みずみずしい枝を張り出し、すき間なく生い茂る栂の木、そのように次々と、いつの代までこのようにお治めになっていく。ここ吉野の蜻蛉の離宮は、この地の神のご威光からこんなにも貴いのか。国の品格からこんなにも見たいと思うのか。山も川も清くすがすがしいので、なるほど神代からここを宮とお定めになったのだ。

〈908〉毎年このように見たいものだ。吉野川の清らかな河内に、激しく流れる白波を。

〈909〉山が高いので、まるで白木綿を流したように激しくほとばしる吉野川の河内は、いくら見ても見飽きることはない。

【説明】
 723年、元正天皇が吉野の離宮に行幸あったとき、従駕の笠金村が作った長歌と2首の反歌。笠金村は、天平期に行幸に従っての多くの作を残しましたが、伝未詳です。「白木綿」は楮(こうぞ)の皮から作った白布。「河内」は川を中心として山に囲まれた場所。

910〜912 笠金村の歌

910
(かむ)からか見が欲しからむみ吉野の滝の河内(かふち)は見れど飽かぬかも
911
み吉野の秋津(あきづ)の川の万代(よろづよ)に絶ゆることなくまたかへり見む
912
泊瀬女(はつせめ)の造る木綿花(ゆふばな)み吉野の滝の水沫(みなわ)に咲きにけらずや

【意味】
〈910〉この地の神様のゆえか、見たいと思う美しい吉野の滝の流れは飽きることがない。

〈911〉美しい吉野の秋津川を、これからずっと絶えることなくまたやって来て眺めたい。

〈912〉泊瀬女(はつせめ)の造った木綿花が 吉野の川面に咲いているよ。

【説明】
 723年、元正天皇が吉野の離宮に行幸あったとき、従駕の笠金村が作った歌。「河内」は川を中心として山に囲まれた場所。笠金村は、天平期に行幸に従っての多くの作を残しましたが、伝未詳です。

913・914 車持千年の歌

913
(うま)(こ)り あやにともしく 鳴る神の 音(おと)のみ聞きし み吉野の 真木(まき)立つ山ゆ 見下ろせば 川の瀬ごとに 明け来れば 朝霧立ち 夕されば かはづ鳴くなへ 紐(ひも)解かぬ 旅にしあれば 我のみして 清き川原を 見らくし惜しも
914
滝の上の三船(みふね)の山は畏(かしこ)けど思ひ忘るる時も日もなし

【意味】
〈913〉無性に心惹かれながら、噂にばかり聞いていた吉野。美しい木々が林立するその山に立って見下ろせば、川の瀬という瀬に、夜が明ければ朝霧が立ち、夕暮になれば河鹿の鳴き声が聞こえてくる。妻を都に残しての旅だから、自分だけが清らかな川原を見るのは残念でならない。

〈914〉滝の上にそびえる三船の山の眺めは恐れ多いほど素晴らしいけれども、私は一日も一時も妻を忘れることはない。

【説明】
 車持千年(くるまもちのちとせ)は元正・聖武天皇の時代の歌人。生没年・伝未詳。「味凝り」は「あやにともしく」の枕詞。

917〜919 山部赤人の歌

917
やすみしし わご大君の 常営と 仕へまつれる 雑賀野(さひかの)ゆ そがひに見ゆる 沖つ島 清き渚(なぎさ)に 風吹けば 白波騒き 潮(しほ)(ふ)れば 玉藻刈りつつ 神代より 然(しか)ぞ貴き 玉津島山
918
(おき)つ島荒磯(ありそ)の玉藻(たまも)潮干(しほひ)満ちい隠れゆかば思ほえむかも
919
若の浦に潮満ち来れば潟(かた)を無み葦辺(あしへ)をさして鶴(たづ)鳴き渡る

【意味】
〈917〉安らかに天下をお治めになるわが大君の、永遠の宮殿としてお仕えする、雑賀野から背後に、沖の島々が見える清らかな海岸に、風が吹けば白波が立ち騒ぎ、潮が引けば美しい藻を刈りつづけてきた、神代からこのように貴い所だったのだ、ここ玉津島山は。

〈918〉沖の島の荒磯に生えている玉藻刈もしたが、今に潮が満ちてきて荒磯が隠れてしまうなら、心残りがして玉藻を恋しく思うだろう。

〈919〉若の浦に潮が満ちてくると、干潟がなくなり、葦が生えた岸辺をさして、鶴が鳴きながら渡っていく。

【説明】
 724年、聖武天皇が紀伊国(和歌山県および三重県南部)に行幸なさった時に山部赤人が詠んだ長歌と反歌2首です。赤人は奈良時代の初期から中期にかけて作歌がみとめられる宮廷歌人(生没年未詳)。旅人・憶良より少しおくれ、虫麻呂とほぼ同時期の人です。古くから人麻呂と並び称せられ、とくに自然を詠じた叙景歌に定評があります。『万葉集』には聖武天皇即位の前後から736年までの歌(長歌13首、短歌37首)が残っています。
 「やすみしし」は「わご大君」にかかる枕詞。「雑賀野」は今の和歌山市雑賀崎あたりの野。「若の浦」は和歌山市の南岸、今は「和歌の浦」と記します。

923〜925 山部赤人の歌

923
やすみしし わご大君の 高知らす 吉野の宮は 畳(たたな)づく 青垣(あをかき)(ごも)り 川波の 清き河内(かふち)ぞ 春へは 花咲きををり 秋されば 霧立ち渡る その山の いやますますに この川の 絶ゆることなく ももしきの 大宮人は 常に通はむ
924
み吉野の象山(きさやま)の際(ま)の木末(こぬれ)にはここだもさわく鳥の声かも
925
ぬばたまの夜の更けゆけば久木(ひさき)(お)ふる清き川原に千鳥しば鳴く

【意味】
〈923〉安らかに天下をお治めになるわが天皇が、高々とお造りになった吉野の離宮は、幾重にも連なる青い垣のような山々に囲まれた、川の流れの清らかな河内だ。春になると花が咲き誇り、秋が来れば霧が一面に立ちこめる。その山がずっと重なるように、また、この川がいつまでも絶えないように、大宮人はいつまでも行きかうであろう。

〈924〉神聖な吉野の象山のなかの木々の梢(こずえ)には、はなはだしく鳴き騒ぐ鳥の声がする。

〈925〉夜が更けて、久木の生い茂る清らかな川原で、千鳥がしきりに鳴いている。

【説明】
 聖武天皇が吉野離宮に行幸なさった時に、山部赤人が作った長歌1首と反歌2首です。柿本人麻呂の吉野賛歌を意識して作られています。赤人は奈良時代の初期から中期にかけて作歌がみとめられる宮廷歌人(生没年未詳)で、旅人・憶良より少しおくれ、虫麻呂とほぼ同時期の人です。古くから人麻呂と並び称せられ、とくに自然を詠じた叙景歌にすぐれています。

 「やすみしし」は「わご大君」の枕詞。「ももしきの」は「大宮人」の枕詞。「象山」は奈良県吉野郡吉野町宮滝の下流南岸に見える山。「ぬばたまの」は「夜」の枕詞。「久木」は木の名前ですが、今の何の木にあたるかは不明です。この歌は、構想のみならず語句表現に至るまで、柿本人麻呂が吉野の宮に従駕したときの作(巻第一・36)に強く影響されています。宮廷賛歌の伝統的な形式を厳格に守って作られたことを物語っています。

926・927 山部赤人の歌

926
やすみしし 我ご大君(おほきみ)は み吉野の 秋津の小野の 野の上(へ)には 跡見(とみ)据ゑ置きて み山には 射目(いめ)立て渡し 朝狩(あさがり)に 獣(しし)踏み起し 夕狩に 鳥踏み立て 馬並めて 御狩(みかり)ぞ立たす 春の茂野(しげの)
927
あしひきの山にも野にも御狩人(みかりひと)さつ矢手挾み騒(さわ)きてあり見ゆ

【意味】
〈926〉安らかに天下をお治めになるわが天皇は、吉野の秋津野の辺に、鳥獣の足跡を探す人を置き、山にはずっと獣を待ち伏せ、弓を射る人を置き、朝狩りには寝ている鹿を踏み立たし、夕狩りにはねぐらの鳥を踏み立たし、馬を並べて狩りをなさることだ、草木の茂る春の野に。

〈927〉山にも野にもいっぱいに、天皇のお狩りの狩人が矢を手挟み、あちらこちらに入り乱れている。それがここから見える。

【説明】
 「秋津野」は古い狩猟地でありました。926の「やすみしし」は「我が大君」にかかる枕詞。927の「あしひきの」は「山」にかかる枕詞。

932 作者未詳歌

白波の千重(ちえ)に来寄(きよ)する住吉(すみのえ)の岸の黄土(はにふ)ににほひて行かな

【意味】
 白波が幾重にも押し寄せる住吉の浜の黄土に、衣を美しく染めて行きたい。

【説明】
 「住吉」はいまの大阪市住吉区。現在は埋め立てられており、当時の海浜はありません。

939 山部赤人の歌

沖つ波 辺波(へなみ)を安み漁(いさり)すと藤江の浦に船そ動ける

【意味】
 沖の波も寄せる波も穏やかで、釣りをしようと、藤江の浦に釣船が入り乱れている。

【説明】
 「藤江の浦」は、明石市藤江。

943〜945 山部赤人の歌

943
玉藻(たまも)刈る辛荷(からに)の島に島廻(しまみ)する鵜(う)にしもあれや家思はざらむ
944
島隠り吾(わ)が榜(こ)ぎ来れば羨(とも)しかも大和へのぼる真熊野(まくま)の船
945
風吹けば浪か立たむと伺候(さもらひ)に都多(つだ)の細江(ほそへ)に浦(うら)(がく)り居(を)

【意味】
〈943〉美しい藻を刈る辛荷の島をめぐり飛ぶ鵜だって、家にいる妻を思わないことがあろうか。

〈944〉島に隠れるように船を漕いでくると、羨ましいことに、大和へ上る熊野仕立ての船とすれちがったよ。

〈945〉風が吹くので沖の波は高いだろうと、様子をうかがい、都太の細江に一時退避していることだよ。

【説明】
 「辛荷島」は、兵庫県室津沖の島。「都太の細江」は、姫路市飾磨区の沿岸。

947 山部赤人の歌

須磨(すま)の海女(あま)の塩焼き衣(きぬ)の慣れなばか一日も君を忘れて思はむ

【意味】
 須磨の海女の塩焼き衣を着慣れるように、あなたに慣れ親しんだら、一日でもあなたのことを忘れることができるでしょうか。

【説明】
 「須磨の海女の塩焼き衣の」は「慣れ」を導く序詞。「塩焼き衣」は、海女が浜で海水を取り、塩焼きをするときの作業服。

955 石川足人の歌

さす竹の大宮人(おほみやひと)の家と住む佐保の山をば思ふやも君

【意味】
 大宮人が住んでいる佐保山のことを思い起こしませんか、あなた。

【説明】
 「さす竹の」は、「大宮人」にかかる枕詞。「大宮人」は宮廷に勤める人のこと。「佐保の山」は奈良にある丘陵。

956・957 大伴旅人の歌

956
やすみしし我が大君(おほきみ)の食(を)す国は大和もここも同じとぞ思ふ
957
いざ子ども香椎(かしひ)の潟に白妙(しろたへ)の袖(そで)さへぬれて朝菜(あさな)摘みてむ

【意味】
〈956〉わが天皇が治めていらっしゃる国は、大和もここ大宰府も同じだと思う。

〈957〉さあみんな、香椎の干潟に白い袖を濡らして、朝の海藻を摘もう。

【意味】
 956は、石川足人(いしかわのたりと)が「さす竹の大宮人の家と住む佐保の山をば思ふやも君」(955)と詠んだ歌に答えた歌です。「やすみしし」は「わが大君」にかかる枕詞。957は、現在の福岡市香椎浜を歌った歌です。

958 小野老(おののおゆ)の歌

時つ風吹くべくなりぬ香椎潟(かしひかた)潮干(しほひ)の浦に玉藻(たまも)刈りてな

【意味】
 満潮の風が吹きそうになっている香椎潟の潮干の浦に、早く玉藻を刈りたい。

【説明】
 現在の福岡市香椎浜を歌った歌。

960 大伴旅人の歌

隼人(はやひと)の湍門(せと)の磐(いはほ)も年魚(あゆ)走る吉野の滝になほ及(し)かずけり

【意味】
 隼人の瀬戸の岩のすばらしさも、鮎の走り泳ぐ吉野の急流にはやはり及ばない。

【説明】
 現在の鹿児島県阿久根市の黒の瀬戸を歌った歌。

965・966 遊行女婦、児島が大伴旅人に贈った歌

965
(おほ)ならばかもかも為(せ)むを恐(かしこ)みと振り痛(た)き袖(そで)を忍びてあるか
966
倭道(やまとぢ)は雲隠りたり然(しか)れどもわが振る袖を無礼(なめ)しと思ふな

【意味】
〈965〉貴方様がふつうのお方であったなら、袖を振るなりなんなりともいたしましょうが、御身分を考え、恐れ多いことと袖をおさえています。

〈966〉大和路は雲の彼方ですから貴方の目には触れないでしょうが、どうか私の振る袖を無礼だとお思いにならないで。

【説明】
 「冬十二月、大宰帥大伴卿の京に上る時に、娘子の作る歌二首」。大宰府に赴任していた大伴旅人が、大納言遷任となり、大和へ旅立つ日。水城(みずき)を吹き渡る冷たい風の中にはかすかに雪の香りも漂っていた。大勢の見送りの役人たちに交ざって、美しい遊行女婦、児島の姿がありました。居並ぶ役人の面前で、彼女が詠んだ送別歌が、この2首です。
 965の「凡ならば」は、平凡とか普通とかの意味。相手の大伴旅人がもし普通の人であったなら、の意と解されていますが、自分がこんな立場の人間でなかったら、ともとれます。

967・968 大伴旅人が遊行女婦、児島の歌に答えた歌

967
倭道(やまとぢ)の吉備(きび)の児島を過ぎて行かば筑紫の児島思ほえむかも
968
ますらをと思へる吾(われ)や水茎(みづくき)の水城(みづき)のうへに涕(なみだ)(のご)はむ

【意味】
〈967〉大和路の吉備の児島を過ぎる時には、きっと筑紫の児島を思い出すことだろう。

〈968〉立派な男子だと思っているこの私が、お前との別れに、水城の上で涙を拭うとは・・・。

【説明】
 大伴旅人が、大宰府から大和へ旅立つ日。大勢の見送りの役人たちに交ざって、美しい遊行女婦、児島の姿がありました。居並ぶ役人の面前で、彼女は2首の送別歌を詠みました(965・966)。ここの2首は、それに答えて旅人が作った歌です。
 967の「吉備の児島」は、備前国児島郡で、今は倉敷市に編入されている児島のこと。968の「水茎の」は、音の類似性から「水城」にかけた枕詞。

978 山上憶良が重病となった時の歌

万代(よろづよ)に年は来(き)(ふ)とも梅の花絶ゆることなく咲き渡るべし

【意味】
 男子たるもの、このまま空しく世を去ってよいものか。いつのいつの代までも語り継がれるほど立派な名を立てないまま。

【説明】
  左注に、「山上憶良が重病となった時、藤原朝臣八束が河辺朝臣東人を使者として容態を尋ねに来させた。憶良は返事を終え、しばらくして涙をぬぐい、悲しみ嘆いて、この歌を口ずさんだ」とある歌。
 憶良は大伴旅人に後れて奈良に帰京し、天平5年、74歳で没したと推定されています。この歌は天平5年の作、つまり彼の死の直前の歌です。

979 大伴坂上郎女の歌

我が背子が着(け)る衣(きぬ)薄し佐保風(さほかぜ)はいたくな吹きそ家に至るまで

【意味】
 私のあの人の着ている衣は薄いの。佐保の風はきつく吹かないでね、家にあの人が帰りつくまでは。

【説明】
 大伴坂上郎女の家を、甥の家持が訪ねてきました。帰り際に、家持にあたえた歌がこの歌です。「我が背子」は、一般には「わたしの夫」とか「わたしの恋人」ということになりますが、あえてユーモラスに表現したのでしょうか。それとも・・・・・・。
 「佐保風」は、佐保に吹く風という意味。佐保は、平城京の北に広がる地のうち、その東側の地。ここに大伴氏の邸宅がありました。したがって、「佐保風」とは、家を出てすぐに家持に吹きつけてくる風、ということになります。

万葉集トップ 巻第一 巻第二 巻第三 巻第四 巻第五 巻第六 巻第七 巻第八 巻第九 巻第十 巻第十一 巻第十二 巻第十三 巻第十四 巻第十五 巻第十六 巻第十七 巻第十八 巻第十九 巻第二十

このページの先頭へ 次へ


歌人ピックアップ

笠金村
 生没年不明。奈良時代中期の歌人で、身分の低い役人だったらしい。「万葉集」に45首を残し、そのうち作歌の年次がわかるものは、715年の志貴皇子に対する挽歌から、733年のの「贈入唐使歌」までの前後19年にわたるものである。とくに巻6は天武天皇朝を神代と詠う笠金村の歌を冒頭に据えている。自身の作品を集めたと思われる「笠朝臣金村歌集」の名が万葉集中に見える。
 
山部赤人
 生没年不明。奈良時代初期〜中期に作歌活動をした宮廷歌人だったらしい。旅人・憶良より少しおくれ、高橋虫麻呂とほぼ同時期の人で、古くから人麻呂と並び称せられている。叙景歌にすぐれ、清純温雅な作風。
 
大伴旅人 
 665〜731年。大伴安麻呂の長男で、母は巨勢郎女(こせのいらつめ)。左将軍・中納言を経て養老4年(720年)に征隼人持節大将軍として乱を平定、神亀5年(728年)ごろ大宰帥として下向。同年夏に同行してきた妻を失い、天平2年(730年)冬、大納言となり京に戻る。同3年、従二位で没した。
 山上憶良らと共に筑紫歌壇の中心的存在であり、歌作も九州時代のものが多い。
 
遊行女婦
 娘子(おとめ)と呼ばれ、万葉集に秀歌を残している人たちの多くは遊行女婦(うかれめ)たちだろうといわれている。その殆どは出身国の名がつくだけで、どのような生い立ちの女性であるか定かではない。当時は、身分の高い女性のみ「大嬢」とか「郎女」「女郎」などと呼ばれ、その上に「笠」「大伴」などの氏族名がついた。
 遊行女婦は、官人たちの宴席で接待役として周旋し、華やぎを添えた。ことに任期を終え都へ戻る官人のために催された餞筵(せんえん)で、彼女たちのうたった別離の歌には、多くの秀歌がある。その生業として官人たちの枕辺にもあって、無聊をかこつ彼らの慰みにもなった。しかし、そうした一面だけで遊行女婦を語ることはできない。彼女たちは、「言ひ継ぎ」うたい継いでいく芸謡の人たちでもあった。

三大歌風の比較

万葉集
@歌を呪術とする意識が残り、対象にはたらきかける積極的な勢いが、力強く荘重な調べとなる。
A実感を抑えず飾らず大胆率直に表現する。簡明にして力強く、賀茂真淵は「ますらをぶり」と評する。
B日常生活そのままでないにしても、現実の体験に即して歌うことが多く、具象的、写実的で印象が鮮明。
C用語、題材についてすでに雅俗を分かつ意識が生じているが、なお生活に密着したものが比較的多く、素朴、清新の感をもって訴えかける。時に粗野。
D五七調で、短歌は二句切れ、四句切れが多く、重厚な調べ。後期には七五調も現れる。歌謡の名残をとどめ音楽的効果をねらった同音同語の反復もある。
E素朴な枕詞、序詞を多用。ほかに掛詞、比喩、対句を使用。
F率直に表現するため、断言的な句切れが多い。終助詞による終止、詠嘆「も」「かも」を多用。
 
古今集
@宗教や政治を離れ、歌それ自体が目的となり、洗練された表現により美の典型をひたすら追求する。
A感情を生のまますべてを表すことを避け、屈折した表現をとる。その婉曲さが優美繊細の効果を生む。
B日常体験から遊離した花鳥風月や恋・無常など、情趣化された世界を機知に富んだ趣向や見立てにより表現する。理知がまさり、時に観念の遊戯に陥る。
C優雅の基準にかなう題材を雅かなことばで詠ずるため、流麗であるが、単調となる弊がある。
D七五調で、三句切れが多く、流暢な調べとなる。
E掛詞、縁語の使用が多い。それらが観念的な連想を生み、虚実あるいは主従二様のイメージを交錯させ、纏綿たる情緒を楽しませる。掛詞がさらに進んでことばの遊戯となったものが物名であり、それで一巻をなす。ほかに枕詞、序詞、比喩、擬人法などを用いる。
F理知的に屈折した表現をとるため、推量、疑問、反語による句切れが多い。助動詞による終止が目立つ。詠嘆の終助詞は「かな」を用いる。
 
■新古今集
@乱世の現実を忌避し、王朝に憧れる浪漫的な気分が支配し、唯美的、芸術至上主義的な立場に立つ。
A世俗的な感情を拒否し、「もののあはれ」という伝統的な感覚を象徴的な手法で縹渺とただよわせる。幽玄余情の様式を完成するが、時に晦渋に陥る。
B客観的具象的な世界を浪漫的な心情風景に再構成し、現実を超えた絵画あるいは物語のごとき世界をつくる。
C選び抜かれた素材を言語の論理性を超えた技巧によって表現し、幽玄妖艶の美、有心の理念を追求する。
D七五調で、三句切れが多く、また初句切れも目立つ。
E掛詞、縁語、比喩はかなり用いられるが、枕詞、序詞の使用は著しく減少する。古歌の句を借用しただけの単純な本歌取りは古今集にもみられるが、新古今集では高度な表現技法にまで磨かれ、物語的な情緒を醸し出す象徴の手法として用いられる。
F体言止めを多く用いる。