万葉集【巻第十二】

 巻第十ニは、「古今相聞往来歌類の下」の巻で、巻第十一と姉妹編をなしています。柿本人麻呂歌集から採られた歌も多く、民謡的色彩が強く、作者・作歌年代も不明です。
・2841〜2948 ・2951〜30753085〜3220  →万葉集トップ

2841・2843 『柿本人麻呂歌集』から

2841
わが背子(せこ)が朝けの形(すがた)(よ)く見ずて今日の間(あひだ)を恋ひ暮らすかも
2843
(うつく)しみ我が念(も)ふ妹(いも)を人みなの行く如(ごと)見めや手にまかずして

【意味】
〈2841〉私の夫が朝早くお帰りになる時の姿をよく見ずにしまって、一日中物足りなく寂しく思い、恋しく暮らしています。

〈2843〉おれの恋しい女が今あちらを歩いているが、それを普通の女と同じに平然と見ていられようか、手にまくことなしに。

【説明】
 2841は「別れを悲しぶ」という題の歌。「わが背子」は、家に通ってくる愛人。万葉時代においても、結婚して後も夫が妻の家に通ってくる場合が多かったのです。「朝けの形」は、夜明けに夫は家を出て行く時の姿。
 2843は、恋しい女を手にもまかずにいるのが辛いけれど、人目があるのでどうしようもないと歌っています。

2845・2846 『柿本人麻呂歌集』から

2845
忘るやと物語りして心遣り過ぐせど過ぎずなほ恋ひにけり
2846
夜も寝ず安くもあらず白栲(しろたへ)の衣(ころも)は脱かじ直(ただ)に逢ふまでに

【意味】
〈2841〉忘れられるかと、人と世間話などして気を紛らせて、物思いを消し去ろうとしたが、いっそう恋心は募るばかりだ。

〈2846〉夜も寝られず、気も休まることがない。衣は脱がずにいよう、じかに逢うまで。

【説明】
 2846の「白栲の」は、「衣」にかかる枕詞。

2851 『柿本人麻呂歌集』から

人の見る上は結びて人の見ぬ下紐(したひも)開けて恋(こ)ふる日ぞ多き

【意味】
 人の目につく上着の紐は結んでおき、人が見ない下着の紐をあけて、恋しく思う日が多いことです。

【説明】
 万葉時代の人々は、紐が自然に解けるのは、恋人に逢うことができる前兆だと考えていました。そのため、自分でわざと紐を解けば、恋人に逢えるのではないかと、この作者は考えたのでしょう。

2854・2855 作者未詳歌

2854
白栲(しろたへ)の我が紐の緒の絶えぬ間に恋結びせむ逢はむ日までに
2855
新治(にひはり)の今作る道さやかにも聞きてけるかも妹が上のことを

【意味】
〈2854〉私の紐が切れないうちに、恋結びをしておこう また逢う日まで。

〈2855〉新しく開いて今できたばかりの道は、清々しくはっきりしているが、そのように愛しい彼女のことをはっきり聞いたことだよ。

【説明】
 2854の「白栲の」は「紐」にかかる枕詞。「恋結び」は、呪(まじな)いの一種で、恋人と結ばれることを願って、紐や草木などを結びました。自然にほどけると恋人に会える前兆とされたんです。

2858・2862 『柿本人麻呂歌集』から

2858
妹に恋ひ寐(い)ねぬ朝明(あさけ)に吹く風は妹にし触れは我れさへに触れ
2862
山河の水陰(みかげ)に生ふる山菅(やますげ)の止(や)まずも妹がおもほゆるかも

【意味】
〈2858〉あの娘に恋して眠れない朝に吹いてくる風よ、あの娘に触れているのなら、私にも触れてくれ。

〈2862〉山の水辺に生えている山菅(やますげ)のように、止まずに私はあなたを思っています。

【説明】
 2858:逢えないのなら、せめて同じ風に触れていたいという、恋に悩む切ない男心。

2863 『柿本人麻呂歌集』から

浅葉野(あさはの)に立ち神(かむ)さぶる菅(すが)の根のねもころ誰(た)がゆゑ我が恋ひなくに

【意味】
 浅葉野に立っていて神のようになっている菅の根よ。その根のように誰ゆえに恋をしようか。誰のためではなく、あなたのためにこそ恋をするのだ。。

【説明】
 「浅葉野」の所在は不明。

2866 作者未詳歌

人妻に言ふは誰(た)が言(こと)さ衣のこの紐(ひも)解けと言ふは誰が言

【意味】
 人妻である私に言い寄るのは誰のおことば? 下着の紐を解いて寝ようと言い寄るのは誰のおことば?

【説明】
 「紐」は下着の紐。紐を結び合うのは、夫婦や恋人同士の愛の行為であり、「紐解け」は共寝をしようという誘いかけ。人妻である自分への夫以外の男からの誘いを拒みつつ、からかっています。

2875 作者未詳歌

天地(あめつち)に少し至らぬ大夫(ますらを)と思ひし我れや雄心(をごころ)もなき

【意味】
 天地の大きさに少し足りないほどのますらおと思っていた私は、今はあなたに恋するあまり、雄々しい心もなくなってしまった。

2887 作者未詳歌

立ちて居てたどきも知らず我が心 天(あま)つ空なり地は踏めども

【意味】
 落ち着かなくて立ったりすわったりして、どうしてよいか分からず、私の心はまるで空にあるようです。地を踏んではいるのですけど。

【説明】
 「正述心緒(ただにおもいをのぶ)」と題された歌。

2893 作者未詳歌

朝去きて夕は来ます君ゆゑにゆゆしくも吾は歎きつるかも

【意味】
 朝はお帰りになっても、夕方にはまたおいでになるあなたであるのに、自分でも忌々しくおもうほどにあなたが恋しいのです、待ちきれないのです。

【説明】
 「女性から男性に宛てた歌。切ない恋情が滲み出ています。「ゆゆし」には、慎みも無く、憚らずという意味もあります。

2894 作者未詳歌

聞きしより物を思へば我が胸は破れて砕けて利心(とごころ)もなし

【意味】
 その人に恋して物思いをしていますので、私の胸は破れて砕けて、理性で判断できる心もありません。

【説明】
 苦しい恋の心情を表していますが、この歌の「破れて砕けて」を本歌取りとしたのが、源実朝の「大海の磯もとどろに寄する波われてくだけて裂けて散るかも」の歌です。

2901 作者未詳歌

あかねさす日の暮れゆけばすべをなみ千(ち)たび嘆きて恋ひつつぞ居(を)

【意味】
 日暮れの頃になると、どうしようもなく、何度もため息をついて、あなたのことを恋しく思っています。

【説明】
 「あかねさす」は「日」にかかる枕詞。茜(あかね)色に輝く昼の意。

2904 作者未詳歌

恋ひ恋ひて後も逢はむと慰もる心しなくは生きてあらめやも

【意味】
 恋焦がれて、いつかまた逢えるだろうと、自分を慰める強い心を持っていないと、とても生きていけそうにありません。

【説明】
 「正述心緒(ただにおもいをのぶ)」と題された歌。

2910 作者未詳歌

心には千重(ちへ)に百重(ももへ)に思へれど人目を多み妹に逢はぬかも

【意味】
 心では幾重にも幾重にも恋しく思っているのに、人目が多くてあの娘に逢うことができない。

【説明】
 当時の恋人たちは、二人の関係を他人に知られることを極端に嫌いました。男が夕方に女を訪れ、夜明け前に帰るというのが、当時の逢引(あいびき)の形でした。

2916 作者未詳歌

玉勝間(たまかつま)逢はむといふは誰(たれ)なるか逢へる時さへ面隠(おもがく)しする

【意味】
 逢おうといったのは一体誰でしょう、せっかく逢ったのに顔を隠したりなんかして。

【説明】
 男が女に言っている歌。「玉勝間」は「逢う」にかかる枕詞。

2919〜2921 作者未詳歌

2919
ふたりして結びし紐(ひも)をひとりして我(あ)れは解きみじ直(ただ)に逢ふまでは
2920

死なむ命 此(ここ)は念(おも)はずただにしも妹に逢はざる事をしぞ念ふ
2921
幼婦(をとめご)は同じ情(こころ)に須臾(しましく)も止(や)む時も無く見むとぞ念(おも)

【意味】
〈2919〉二人で結んだ衣の紐を、一人で私は解いたりなんかしない、じかに逢うまでは。

〈2919〉愛するために死ぬかもしれないなどと今は思わない。ただ愛する人に逢えないことを辛く思う。

〈2921〉幼婦の私だって、あなたと同じ、しばらくも休むことなく、絶えずあなたとお逢いしたいと思っています。

説明】
 「正述心緒(ただにおもいをのぶ)」歌。

2925・2926 作者未詳歌

2925
みどり子のためこそ乳母(おも)は求むと言へ乳(ち)飲めや君が乳母求むらむ
2926
悔しくも老いにけるかも我が背子が求むる乳母(おも)に行かましものを

【意味】
〈2925〉幼児に乳をあたえる乳母を求めるとおっしゃるけれど、あなたは乳を飲むような幼児なのでしょうか。そうではないのに、あなたに比べると乳母のような年上の私に愛を求められるなんて。

〈2926〉老いてしまったのが悔しい。もっと若ければあなたの求める乳母として参りますのに、それもできません。

【説明】
 「正述心緒(ただにおもいをのぶ)」と題された、年下の男の求愛を受けた女性の歌。「みどり子」は幼児のことで、男は乳母を求めると言いつつ、実は愛人として求めています。

2927・2928ほか 作者未詳歌

2927
うらぶれて離(か)れにし袖(そで)をまたまかば過ぎにし恋い乱れ来むかも
2928
各自(おのがじし)ひと死すらし妹に恋ひ日に日に痩(や)せぬ人に知らえず
2932
心には燃えて思へどうつせみの人目を繁(しげ)み妹(いも)に逢はぬかも
2936
今は吾(あ)は死なむよわが背(せ)恋すれば一夜(ひとよ)一日(ひとひ)も安けくもなし

【意味】
〈2927〉思いわびて離れてしまったあの人の袖をまた巻いたら、過ぎてしまった恋がまた乱れて起こってくるだろうか。

〈2928〉人はそれぞれ死んでいくらしい。私はあの女に恋し、そのため日に日に痩せていく。相手には恋していることも知られない。それで恋のために死んでいくだろう。

〈2932〉心が燃えるほど、あの娘のことを思っているのに、人の目がうるさくて逢えないでいる。

〈2936〉もう私は死んでしまうほうがましです。あなたを恋すれば昼は昼じゅう、夜は夜じゅう心の休まることがありません。

【説明】
 「正述心緒(ただにおもいをのぶ)」と題された歌。

2936・2939 作者未詳歌

2936
今は吾(あ)は死なむよわが背(せ)恋すれば一夜(ひとよ)一日(ひとひ)も安けくもなし
2939
恋と言へば薄きことなり然(しか)れども我れは忘れじ恋ひは死ぬとも

【意味】
〈2936〉もう私は死んでしまうほうがましです。あなたを恋すれば昼は昼じゅう、夜は夜じゅう心の休まることがありません。

〈2939〉どれほど切なくても、言葉に出してしまえば、薄っぺらなものになってしまいます。私は恋に焦がれて死ぬことがあっても、あなたのことを忘れません。

【説明】
 「正述心緒(ただにおもいをのぶ)」と題された歌。

2947・2948 作者未詳歌

2947
思ふにし余りにしかば術(すべ)を無み吾(われ)はいひてき忌むべきものを
2948
明日の日はその門(かど)行かむ出でて見よ恋ひたる姿あまたしるけむ

【意味】
〈2947〉思いに堪えかねて、どうしようもなくて私は言ってしまいました。口にしてはならない相手の名を。

〈2948〉明日はあなたの門の前を通りましょうから、出て見てください。恋いやつれている姿がはっきり分かるでしょう。

【説明】
 2947の「忌むべきもの」は言ってはならないことで、ここでは相手の名を言うこと。

万葉集トップ 巻第一 巻第二 巻第三 巻第四 巻第五 巻第六 巻第七 巻第八 巻第九 巻第十 巻第十一 巻第十二 巻第十三 巻第十四 巻第十五 巻第十六 巻第十七 巻第十八 巻第十九 巻第二十

このページの先頭へ 次へ


万葉時代の天皇

第29代 欽明天皇
第30代 敏達天皇
第31代 用明天皇
第32代 崇俊天皇
第33代 推古天皇
第34代 舒明天皇
第35代 皇極天皇
第36代 孝徳天皇
第37代 斉明天皇
第38代 天智天皇
第39代 弘文天皇
第40代 天武天皇
第41代 持統天皇
第42代 文武天皇
第43代 元明天皇
第44代 元正天皇
第45代 聖武天皇
第46代 孝謙天皇
第47代 淳仁天皇
第48代 称徳天皇
第49代 光仁天皇
第50代 桓武天皇

おもな枕詞

あかねさす
  →日・紫
あきづしま
  →大和
朝霜の
  →消
麻裳よし
  →紀・城(き)
葦垣(あしがき)の
  →古る・乱る・外(ほか)
あしひきの
  →山・峰
梓弓(あづさゆみ)
  →引く・張る
あまごもり
  →三笠
あまざかる
  →ひな
天飛ぶや
  →雁・軽
あらたまの
  →年・月・春
あをによし
  →奈良
いさなとり
  →海・浜・灘
いそのかみ
  →古る・降る
石(いは)走る
  →滝・垂水
うちなびく
  →春・草香山・黒髪
うち日さす
  →宮・都
うつせみの
  →命・世・人・身・妹
うまさけ(の・を)
  →三輪・三諸・神名備山
押し照るや
  →難波
神風(かむかぜ)の
  →伊勢
唐衣(からごろも)
  →着る・裾
刈薦(かりこも)の
  →乱る・心もしのに
草枕
  →旅
隠り口(こもりく)の
  →泊瀬(はつせ)
さざなみの
  →志賀
刺す竹の
  →大宮・皇子・舎人
しきしまの
  →大和
敷妙(しきたへ)の
  →衣・床・枕
白雲(しらくも)の
  →竜田(たつた)
白露(しらつゆ)の
  →消
不知火(しらぬひ)
  →筑紫
白妙(しろたへ)の
  →衣・袖・紐
そらみつ
  →大和
高照らす
  →日
玉きはる
  →命・世
玉櫛笥(たまくしげ)
  →二上山・明く・覆ふ
玉襷(たまだすき)
  →懸け。畝火(うねび)
玉の緒の
  →絶ゆ・長し
玉桙(たまぼこ)の
  →道・里
たらちねの
  →母・親
ちはやぶる
  →神・宇治
露霜(つゆしも)の
  →消・置く
飛ぶ鳥の
  →飛鳥
鶏が鳴く
  →東
夏草の
  →思ひ萎え・野
鳰鶏(にほどり)の
  →葛飾
ぬばたまの
  →夜・黒・闇
はたすすき
  →穂・三穂・裏野
春霞(はるがすみ)
  →立つ・春日
ひさかたの
  →空・天・光
冬ごもり
  →春
降る雪の
  →消・行き・いちしろし・白髪
まそかがみ
  →見る・照る・清き・面影
  研ぐ・二上山
松が根の
  →待つ・絶ゆることなく
御薦(みこも)刈る
  →信濃
水茎(みづくき)の
  →水城・岡
水鳥の
  →鴨・浮寝・立つ・青葉
むらぎもの
  →心
紫の
  →にほふ・心に染む
もののふの
  →八十・宇治・石瀬
ももしきの
  →大宮
ももづたふ
  →磐余(いはれ)・八十
八雲(やくも)立つ
  →出雲
やすみしし
  →わが大君
若草の
  →妻・手枕