本文へスキップ

自我のない?モーツァルトの音楽

 モーツァルトの音楽には自我がないとしてバッサリ切り捨てているのが、作家の宮城谷昌光さん。自身の著書『クラシック私だけの名曲1001曲』に、モーツァルトの曲は1曲も採り上げていません。一方、そんなモーツァルトを演奏するには「空想力がものすごく必要になる」と述べているのが、オーボエ奏者の宮本文昭さんです。

 宮本さんによれば、モーツァルトを演奏するには譜面に書いてあることだけではすまされない(というか、そもそも譜面にはほとんど指示がない)といいます。逆に言えば、その人の持つリズムやテンポ感、間の取り方といった音楽的センスの全てが試されるのがモーツァルト。センスのない人が弾いたり吹いたりすると、ものすごく退屈な音楽になる、って。

 なので、ドイツのオーケストラの入団試験では必ずモーツァルトをやらされるそうです。いくらほかの作曲家との相性がよくても、モーツァルトを上手に演奏できなければ、ドイツではプロの音楽家として認めてもらえない。モーツァルトをやると演奏家の実力のほどが知れる、音楽家としての中身が全部ばれてしまう、とてもこわ〜い作曲家なのだそうです。

 楽器を弾けない私ら素人からすれば「へー、そういうものか」と意外に思うお話です。しかし、これって、ひょっとしてモーツァルトの音楽が自我のない「無垢」の音楽だからこそいえることなのでしょうか。さては、けっきょく宮城谷さんも宮本さんも相通ずるお話をされているのではないかと感じる次第です。


目次へ ↑このページの先頭へ