↑ ページの先頭へ

佐藤庄司の旧跡

 月の輪のわたしを越えて、瀬の上といふ宿(しゆく)に出づ。佐藤庄司が旧跡は左の山際(やまぎは)一里半ばかりにあり。飯塚の里 鯖野(さばの)と聞きて、尋ね尋ね行くに、丸山といふに尋ねあたる。これ庄司が旧館なり。麓(ふもと)に大手の跡など、人の教ふるにまかせて涙を落し、又かたはらの古寺に一家(いつけ)の石碑を残す。中にも、二人の嫁がしるし、先づあはれなり。女なれどもかひがひしき名の世に聞えつるものかなと袂(たもと)をぬらしぬ。堕涙(だるい)の石碑も遠きにあらず。寺に入りて茶を乞へば、ここに義経の太刀、弁慶が笈(おひ)をとどめて什物(じふもつ)とす。

 笈(おい)も太刀も 五月(さつき)にかざれ 紙幟(かみのぼり)

 五月(さつき)朔日(ついたち)の事なり。

【現代語訳】
 月の輪の渡しを越えて、瀬の上という宿場に出た。佐藤庄司の旧跡は、左手の山際を一里半ほど行ったところにある。そこは飯塚村の佐場野というところだと聞いて、人に尋ね尋ねして行くと丸山という山に行き当たった。これが庄司が住んだ館のあった跡である。麓に大手門の跡などがあるのを、人が教えてくれるのにまかせて、涙を流したが、また、この門の傍らにある古寺に、佐藤一家の石碑が残っている。その中でも、二人の嫁の墓碑が、まず感慨深く思われる。女ながらも健気だったとの評判が、これほどに世間に伝わったものだと、感涙に袂を濡らしてしまった。かの堕涙の石碑も遠いものではなくすぐ近くにあるのだ。寺に入って茶を所望したところ、この寺には義経の太刀や弁慶の笈を保存して宝物としていた。

<この弁慶の笈も義経の太刀も、あの紙幟といっしょに飾って欲しいものだ。端午の節句も近いので。>

 これは五月一日のことだった。
 
(注)佐藤庄司・・・佐藤元治。義経の忠臣。
(注)堕涙の石碑・・・中国・晋の時代の太守を慕って建てた石碑。その碑を見て涙を流さぬ者がいなかったので、「堕涙の碑」と名づけられたという。
(注)笈・・・山伏などが背負う箱。仏具や衣類・食器などを入れた。

↑ ページの先頭へ

飯塚

 その夜飯塚にとまる。温泉(いでゆ)あれば湯に入りて宿をかるに、土座(どざ)に莚(むしろ)を敷きて、あやしき貧家なり。灯(ともしび)もなければゐろりの火かげに寝所(ねどころ)をまうけて臥す。夜に入りて雷(かみ)鳴り、雨しきりに降りて、臥せる上よりもり、蚤(のみ)・蚊にせせられて眠らず。持病さへおこりて、消え入るばかりになん。短か夜の空もやうやう明くれば、また旅立ちぬ。なほ夜の余波(なごり)、心すすまず。馬かりて桑折(こをり)の駅に出づる。遥かなる行末をかかへて、かかる病覚束なしといへど、羇旅(きりよ)辺土の行脚、捨身(しやしん)無常の観念、道路に死なん、是れ天の命(めい)なりと気力いささかとり直し、路縦横に踏んで、伊達(だて)の大木戸を越す。

【現代語訳】
 その夜は飯塚に泊まった。温泉があるので、湯に入ってから宿を借りたところ、土間にむしろを敷いているような粗末な貧家だった。灯火がないので、いろりの火の明かりがさす所に寝床をとって横になった。夜になって雷が鳴り、雨がはげしく降ってきて、寝ている上から雨漏りがし、蚤や蚊に刺されてまんじりともできなかった。おまけに持病まで起こって、気も遠くなるほどだった。短か夜の空もやっと明けたので、また旅立った。しかしまだ昨夜の苦痛が残っていて、気分がすぐれない。馬を借りて桑折の宿駅に出た。これから遥かな前途をひかえて、こんな病では心細いことだが、辺鄙な地の行脚であり、俗世を捨て人生の無常を覚悟した身なのだから、たとえ道中で死んでも、これは天の定めだと、少し元気を取り戻し、足に力を入れて伊達の大木戸を越えた。

↑ ページの先頭へ

笠島

 鐙摺(あぶみずり)・白石(しろいし)を過ぎ、笠島の郡(こほり)に入れば、「藤(とう)中将 実方(さねかた)の塚はいづくのほどならん」と人に問へば、「これより遥か右に見ゆる山際の里をみのわ・笠島といひ、道祖神の社、かたみの薄(すすき)今にあり」と教ふ。このごろの五月雨(さみだれ)に道いとあしく、身つかれ侍れば、よそながら眺めやりて過ぐるに、箕輪(みのわ)・笠島も五月雨の折にふれたりと、

  笠島は いづこ五月の ぬかり道

 岩沼に宿る。

【現代語訳】
 鐙摺・白石城下を過ぎ、笠島郡に入ったので、「近衛中将藤原実方の墓はどの辺りでしょうか」と人に聞くと、「ここから遥か向こうの右手に見える山添いの村を箕輪と笠島といい、そこに実方に縁のある道祖神の社やかたみの薄が、今でも残っています」と教えてくれた。しかし、この頃の五月雨のために道がとても悪く、体も疲れていたので、それとなく遠くから眺めるだけで通り過ぎてしまったが、箕輪・笠島の地名も、この五月雨の季節にふさわしく思われ、詠んだ句。

<実方ゆかりの笠島はどの辺りだろうか。行ってみたいが、この五月雨でぬかった道ではどうしようもない。>

 その夜は、岩沼に泊まった。

↑ ページの先頭へ

宮城野

 名取川を渡つて仙台に入(い)る。あやめふく日なり。旅宿(りよしゆく)をもとめて四五日 逗留(とうりう)す。ここに画工加右衛門といふものあり。聊(いささ)か心ある者と聞きて、知る人になる。この者、「年ごろさだかならぬ名どころを考へ置き侍れば」とて、一日(ひとひ)案内す。宮城野の萩茂りあひて、秋の気色(けしき)思ひやらるる。玉田・横野・つつじが岡はあせび咲くころなり。日影ももらぬ松の林に入りて、ここを木(こ)の下といふとぞ。昔もかく露ふかければこそ、「みさぶらひみかさ」とはよみたれ。薬師堂・天神の御社(みやしろ)など拝みて、その日はくれぬ。なほ、松島・塩釜の所々、画に書きておくる。かつ紺(こん)の染緒(そめを)つけたる草鞋(わらぢ)二足はなむけす。さればこそ風流のしれもの、ここに至りてその実(じつ)を顕(あらは)す。

  あやめ草 足に結ばん 草鞋の緒(を)

【現代語訳】
 名取川を渡って仙台に入る。ちょうど五月の節句の前日で、軒にあやめを葺く日だ。旅宿を求めて、四五日滞在した。この地に絵描きの加右衛門という者がいる。いささか風流心のある者だと聞いて、知り合いになった。この者が、「ここ何年かの間に、名だけ伝わって場所がはっきりしていなかった名所を実地に調べておきましたので」といって、ある日に案内してくれた。宮城野の萩は茂り合っていて、秋の趣きが想像される。玉田・横野・つつじが岡は、あせびの咲く頃である。日の光ももれてこない松林に入ると、そこは木の下という所だという。昔もこれほど露が深かったからこそ、古歌に「みさぶらひみかさ(お供の方よ、ご主人にお笠を)」と、よんでいるのだ。薬師堂・天神の御社などを参拝して、その日は暮れてしまった。加右衛門は、そのうえ、松島や塩釜の所々を絵に描いて贈ってくれた。また、紺に染めた緒がついた草鞋二足を餞別としてくれた。だから言わないことではない、風流の曲者だ、こんな風変わりな贈り物でそれが分かった。

<あやめ草を足に結んで行こう。もらった草鞋の緒もあやめ草と同じ紺染めで、ともに旅の安全を守ってくれよう。>

↑ ページの先頭へ

塩釜の明神

 早朝、塩釜の明神に詣(まう)づ。国守再興せられて、宮柱ふとしく、彩椽(さいてん)きらびやかに、石の階(きざはし)九仭(じん)に重なり、朝日あけの玉垣をかかやかす。かかる道の果、塵土(ぢんど)の境まで、神霊あらたにましますこそ、わが国の風俗なれと、いと貴けれ。神前に古き宝燈(ほうとう)あり。かねの扉の面(おもて)に、「文治三年 和泉三郎 寄進」とあり。五百年来のをもかげ、今目の前にうかびて、そぞろに珍し。かれは勇義忠孝の士なり。佳名(かめい)今に至りて、したはずといふ事なし。誠に人 能(よ)く道を勤め、義を守るべし。「名もまたこれにしたがふ」といへり。

 日既に午(ご)に近し。船をかりて松島にわたる。その間(かん)二里余、雄島の磯につく。

【現代語訳】
 早朝、塩釜の明神に参詣した。この神社は、藩主が再建なさり、社殿の柱は太く、彩色された垂木はきらびやかで、石の階段がたいそう高く連なっており、朝日が朱塗りの玉垣を輝かしている。このような道の果て、辺境の地まで、神の霊験あらたかでいらっしゃることこそ、わが国の風俗なのだと、とても貴いことである。社殿の前に古い立派な燈籠がある。鉄の扉の表面には「文治三年和泉三郎寄進」とある。五百年経っても変わらぬ姿が、今目の前に浮かび上がり、何とも珍しい。彼は、勇気と義理と忠孝の士だった。その誉れある名は今日まで伝わり、慕わない者はいない。まことに人はよく道にかなった行いをし、義理を守るべきだ。「名声もそれらに伴うものである」と言われている。

 日は既に正午に近い。船をやとって松島に渡った。その間、二里余りで、雄島に着いた。

↑ ページの先頭へ

松島

(一)
 そもそもことふりにたれど、松島は扶桑(ふさう)第一の好風にして、およそ洞庭(どうてい)・西湖(せいこ)を恥ぢず。東南より海を入れて、江の中三里、浙江(せつかう)の潮(うしほ)をたたふ。島々の数を尽して、そばだつものは天を指さし、ふすものは波にはらばふ。あるは二重(ふたへ)にかさなり三重(みへ)に畳みて、左にわかれ右につらなる。負へるあり抱けるあり、児孫(じそん)愛すがごとし。松の緑こまやかに、枝葉(しえふ)汐風(しほかぜ)に吹きたわめて、屈曲おのづからためたるがごとし。その気色(けしき)えうぜんとして美人の顔(かんばせ)を粧(よそほ)ふ。ちはやぶる神のむかし、大山つみのなせるわざにや。造化(ざうくわ)の天工(てんこう)、いづれの人か筆をふるひ、詞(ことば)を尽くさむ。

【現代語訳】
 さて、すでに言い古されたことではあるが、松島は日本第一のすぐれた風景であり、およそ中国の洞庭湖・西湖にくらべて恥じるものではない。東南から海が入り込み、湾の中は三里もあり、浙江を思わせる潮をみなぎらせている。島々の数は限りなく、高くそびえる島は天を指差し、低く横たわっている島は波の上に腹ばいになっている。ある島は二重に重なり、またある島は三重になり、左のほうに分かれているかと思うと、右のほうにはつながって見えたりする。小さな島を背負っているようなのや抱いているようなのがあり、まるで児や孫を愛撫しているようだ。松の緑は色濃く、枝や葉が潮風に吹きたわめられ、その曲がり具合は人が曲げ整えたかのようだ。そのようすは物静かで、美人が顔を化粧したようだ。これは神代の昔に、大山抓の神がなさった仕業だろうか。造化の神の仕業は、どんな人も絵筆をふるって描き、詩文で言い尽くすことはできない。

(二)
 雄島が磯は地つづきて海に出でたる島なり。雲居(うんご)禅師(ぜんじ)の別室の跡、座禅石(ざぜんせき)などあり。はた松の木陰に世をいとふ人もまれまれ見え侍りて、落穂・松笠などうちけぶりたる草の庵閑かに住みなし、いかなる人とは知られずながら、先づなつかしく立ち寄るほどに、月海にうつりて、昼のながめまたあらたむ。江上(かうじよう)に帰りて宿を求むれば、窓をひらき二階を作りて、風雲の中に旅寝するこそ、あやしきまで妙なる心地はせらるれ。

  松島や 鶴に身をかれ ほととぎす  曾良

 予は口をとぢて眠らんとしていねられず。旧庵をわかるる時、素堂松島の詩あり。原安適(はらあんてき)松がうらしまの和歌を贈らる。袋を解きてこよひの友とす。かつ、杉風(さんぷう)・濁子(ぢよくし)が発句あり。

【現代語訳】
 雄島が磯は、陸続きにになって海に突き出た島だ。雲居禅師の別室の跡や座禅した石などがある。また、松の木陰には、俗世間からはなれて住む人の姿もごくまれに見え、落ち葉や松笠などを焼く煙がぼうっと立ちのぼる草庵にひっそり住んでいるのは、どんな人かは分からないが、何よりも心ひかれて立ち寄っているうちに、月が上って海に映り、昼の眺めがすっかり変わった。入江のほとりに帰って宿を取ると、海に向かって窓が開いた二階造りで、風や雲の自然の中に旅寝をするような感じがして、不思議なほどいい気持ちになった。

<ここは松島なのだから、今鳴いているほととぎすよ、鶴の姿を借りて飛んでみよ。>(曾良)

 私は句をつくるのをあきらめて眠ろうとしたが、なかなか寝つかれない。住んでいた草庵を離れたときの素堂の松島の詩が餞別としてある。原安適は松が浦島の歌を贈ってくださった。私は、頭陀袋の口を解いてそれらを取り出し、今宵の慰めの友とした。また、袋の中には杉風や濁子の餞別の発句もあった。

↑ ページの先頭へ

石巻

 十二日、平泉と心ざし、あねはの松・緒(を)だえの橋など聞き伝へて、人跡(じんせき)稀に、雉兎(ちと)・蒭蕘(すうぜう)の行きかふ道、そこともわかず、終(つひ)に道ふみたがへて、石の巻といふ湊(みなと)に出づ。「こがね花咲く」とよみて奉りたる金花山(きんくわざん)海上に見わたし、数百の廻船(くわいせん)入江につどひ、人家地をあらそひて、竈(かまど)の煙立ちつづけたり。思ひかけずかかる所にも来たれるかなと、宿からんとすれど、更に宿かす人なし。やうやうまどしき小家(こいへ)に一夜をあかして、あくればまたしらぬ道まよひ行く。袖のわたり・尾ぶちの牧・真野(まの)の萱(かや)原などをよそめにみて、遥かなる堤を行く。心細き長沼にそうて戸井麻(といま)といふ所に一宿して、平泉に至る。その間廿余里ほどとおぼゆ。

【現代語訳】
 十二日、平泉へ行こうと心に決め、あねはの松や緒絶えの橋などを伝え聞いて行ったが、人の足跡もまれで、猟師や木こりの行き交う道を、どこがどうとも分からず、しまいには道を間違えて、石巻という港に出てしまった。ここは昔、大伴家持が「黄金花咲く(黄金の花が咲く)」と詠んで帝に奉った金華山を海上はるかに見渡し、数百の廻船が入江に集まり、人家がすきまなく建ち並び、炊事をしている煙が立ち続いている。思いもよらずこんな所に来てしまったと、宿を借りようとしたが、いっこうに貸してくれる人がいない。やっとのことで貧しい小家に一晩泊めてもらい、夜が明けると、また知らない道をさ迷い歩く。袖の渡り・尾鮫の牧・真野の萱原などを遠く横に見ながら、はるかに続く北上川の堤を行く。心細いような細長い沼に沿って歩き、登米(とよま)という所に一泊して、平泉に到着した。松島から平泉までの間は、二十余里と思われた。

↑ ページの先頭へ

平泉

 三代の栄耀(えいよう)一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。まづ高館(たかだち)に登れば、北上川南部より流るる大河なり。衣川は、和泉が城をめぐりて、高館の下にて大河に落ち入る。泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、夷(えぞ)を防ぐと見えたり。さても義臣をすぐつてこの城にこもり、巧名一時の草むらとなる。「国破れて山河あり、城(じやう)春にして草青みたり」と、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落とし侍(はべ)りぬ。

  夏草や つはものどもが 夢の跡
  卯の花に 兼房見ゆる 白毛(しらげ)かな
  曾良

 かねて耳驚かしたる二堂開帳す。経堂は三将の像を残し、光堂は三代の棺(ひつぎ)を納め、三尊の仏を安置す。七宝散りうせて、珠(たま)のとびら風に破れ、金(こがね)の柱霜雪(そうせつ)に朽ちて、すでに頽廃空虚の草むらとなるべきを、四面新たに囲みて、甍(いらか)を覆うて風雨をしのぐ。しばらく千歳(せんざい)の記念(かたみ)とはなれり。

  五月雨の 降りのこしてや 光堂

【現代語訳】
 藤原氏三代の栄耀も、一睡の夢のようなもので、毛越寺の南大門の跡は、一里ほど手前にある。秀衡の伽羅(きゃら)御所の跡は田野になり、金鶏山のみが昔の形を残している。まず高館に登ると、(眼下に)北上川が流れていて、この川は南部地方から流れてくる大河である。衣川は和泉が城をまわって、高館の下で大河に流れこんでいる。泰衡らの旧跡は、衣が関を隔てて向こうにあり、あたかも南部口を固めて蝦夷の侵入を防ぐためのように見える。それにしても、義経は忠義の家臣を選りすぐってこの城にこもり、その巧名も一時のことであって、いまはただの草むらとなっている。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり(杜甫の詩)」の心境に、笠を敷いて腰をおろし、しばらくの間、涙を落としていた。

<目の前にはただ夏草が生い茂っているだけだが、ここは昔、義経一党や藤原一族らが功名や栄華の夢にふけった跡である。しかし、それも束の間の夢として終わってしまった。何と無常なことよ。>

<辺りの真っ白い卯の花を見るにつけ、兼房(義経の忠臣)が白髪を振り乱して戦っている姿がしのばれる。> 曾良(の歌)

 前々から聞いて驚いていた二堂が開帳していた。経堂には、三代の将軍たちの像を残していて、光堂には三代の棺を納め、ほかに三尊の仏像を安置している。七宝は散り失せ、珠玉で飾った扉は風で破れ、金箔の柱は霜や雪のために朽ちてしまい、すんでのところで虚しく荒れ果てた草むらとなってしまうところを、後世の人が四方を新しく囲み、、屋根瓦で覆って、風雨をしのいでいる。しばらくは遠い昔の記念を残すことになったのである。

<五月雨も、ここ光堂にだけは降らずにきたものか。こんなに美しく光り輝いているのだから。>

(注)高館・・・義経の居館だった。
(注)二堂・・・中尊寺の経堂と光堂。

(注)現代語訳は、現代文としての不自然さをなくすため、必ずしも直訳ではない箇所があります。

ページの先頭へ 次へ

「おくの細道」の内容

 元禄2年(1689年)3月27日、弟子の河合曾良を伴い、江戸深川を立ち、奥羽・北陸を巡り、美濃国の大垣に至るまでの5か月にわたる旅行をもとに書きまとめた紀行文。

 旅の目的は、冒頭に記されているように、人生を旅に見立てた人生観から来る旅への憧れ、旅に生き旅に死んだ古人への共感、敬慕する西行法師の旅の跡を訪ねたい、とりわけ松島と象潟を見てみたい、といったものだった。

 しかし、単なる記録的紀行文というわけでなく、芭蕉は「笈の小文」のなかで次のように述べている。「紀行文などというのは、紀貫之らの先人のものに、すでに優れた作品があり、今さら私のような才の無い者が書いても及ばない。毎日の記録など誰でも書ける。たとえば中国の黄山谷のような珍しいこと、蘇東坡のような新しさがなくてはならない」

 そのためか、実際には開帳されなかった経堂を見たごとくに記し、内部の仏像の記述に誤りがあったり、日付を間違えたりするなど、ほかの箇所にもみられ、文学的虚構を行っている。あえて実際と異なる描写をしてでも、その地のすばらしさを表現しようとしたとされる。

松尾芭蕉の俳句

山路来て何やらゆかしすみれ草
〜春の山をたどってきて、ふと道端に目をやると、かれんなすみれが咲いている。何とも奥ゆかしい感じである。

辛崎の松は花より朧(おぼろ)にて
〜おぼろ月夜の中、辛崎(唐崎)の松は花よりいっそうおぼろにかすみ、趣が深いものだ。

古池や蛙(かはづ)飛びこむ水の音
〜庭の古く苔むした池に、突然蛙が飛び込み、あたりの静寂が破られた。しかし、すぐにまた静まりかえった。

花の雲鐘は上野か浅草か
〜満開の桜の花が、雲のように群がって見える。折しも聞こえてきた鐘の音は、上野の鐘か、それとも浅草の鐘だろうか。

よく見れば薺(なづな)さく垣根かな
〜よく見ると、あの垣根のところに薺が咲いている。何とかれんなことか。

春立ちてまだ九日の野山かな
〜春が立ってまだ九日なのに、冬の名残りの中にももう春の息吹が感じられる野山であるよ。

何の木の花とは知らず匂ひかな
〜何という木かわからないが、清らかな匂いがただよってくるよ。

くたびれて宿かるころや藤の花
〜歩き疲れて、ここらで宿を借りようと辺りを見回すと、こぼれそうに藤の花が咲いているよ。

雲雀より上にやすらふ峠かな
〜峠に着いてほっとして、はるか遠くを見下ろすと、雲雀が下のほうで鳴いている。ずいぶん高いところに来たものだ。

ほろほろと山吹散るか滝の音
〜ごうごうと流れる滝の音の中で、山吹の花びらが、ほろほろとこぼれ散ることだ。

父母のしきりに恋し雉子(きじ)の声
〜高野山に登り、きじの鳴く声を聞くと、亡き父母のことがしきりに思い出される。

不精(ぶしやう)さやかき起こされし春の雨
〜ふと目覚めると、外には春雨がしとしとと降っている。その心地よさにうとうとしていると、抱き起こされてしまったよ。

鶯(うぐひす)や餅に糞(ふん)する縁の先
〜春うららかな日、縁先に干してある餅の上に、鶯が糞を落としていった。

梅が香にのつと日の出る山路かな
〜早春の山路をたどっていくと、梅の香りがどこからか漂ってくる。すると、思いもかけず朝日がのっとさし出てきた。

一つ脱いで後ろに負ひぬ衣更(ころもがへ)
〜四月になり今日は衣更えの日だ。着物を一つ脱いで後ろに背負い、そのまま歩き続けることだ。

若葉して御目(おんめ)の雫(しづく)拭(ぬぐ)はばや
〜この五月の若葉で、盲目の鑑真和尚の御目の雫を拭い、さわやかな気分にさせてあげたい。

おもしろうてやがて悲しき鵜舟(うぶね)かな
〜初めて見る鵜飼はおもしろい。でも、すんでしまって後のわびしさはどうしようもない。

憂き我を寂しがらせよ閑古鳥
〜閑古鳥よ、孤独な私を、その寂しい鳴き声でいっそう寂しくしておくれ。

五月雨や色紙へぎたる壁の跡
〜五月雨がしとしとと降り、家の中は薄暗い。ふと見ると、壁に物のはげた跡がある。色紙でもはがしたのだろう。

朝露によごれて涼し瓜(うり)の泥
〜朝露にぬれた、もぎたての瓜に、少し泥がついているのが、とても涼しげだ。

六月や峰に雲置く嵐山
〜六月の炎天下、うっそうとした嵐山の峰に、雲がじっと動かずにいる。