理科(生物・化学・天文)

理科  

生物

【植物】

種子植物 維管束植物のうち、種子をつくるものの総称。種子植物は被子植物と裸子植物に分けられる。
被子植物と裸子植物 被子植物は、種子植物(顕花植物)のうち、胚珠が子房の中にあり、種子が果実の中に包まれているもの。
裸子植物は、種子植物のうち、胚珠が裸出し、したがって種子もむきだしになっているもの。
果実と種子 果実は、成熟した種子植物(顕花植物)の子房と花が一体となった部分。
果実の中に種子があり、種子には発芽に必要な養分を胚乳に蓄えるものと子葉に蓄えるものがある。
光合成 植物が光のエネルギーを化学エネルギーに変換するプロセスで、緑色植物や光合成細菌などクロロフィル(葉緑素)をもつ生物が、光のエネルギーを利用して、二酸化炭素と水から糖類などの有機物をつくりだす。
維管束 師管道管の集まり。ふつう繊維を含んでいて、植物体を強固に支える役目もする。維管束をもった植物群のことを維管束植物といい、シダ植物、裸子植物、被子植物が含まれる。
師管 被子植物の維管束の師部にある通道組織。葉でつくられた栄養分の通路となる。
導管 被子植物の維管束の木部にある管状組織。根から吸収した水分や肥料分の通路となる。
シダ植物 種子のできない維管束植物の総称で、胞子をつくって繁殖する。無性世代と有性世代との世代交代を規則正しくくりかえす。
コケ類 シダ植物と緑藻類の中間に位置する植物群で、維管束は発達していない。配偶子をつくる有性世代と、胞子をつくる無性世代を交互にくりかえす。
藻類 単純な構造で、水中に住み、光合成によって酸素を発生させる下等な植物の総称。

【動物】

恒温動物と変温動物 外気温の変化にかかわらず体温を一定に保つことができる動物を恒温動物といい、外気温の変化にともなって体温が変化する動物を変温動物という。ほ乳類と鳥類を除くすべての動物が変温動物である。
ほ乳類 脊椎をもつ恒温動物の中の、母親の乳腺から分泌する乳を飲ませて子を育てる動物。一部の種を除いて胎生。
鳥類 脊椎をもつ恒温動物で、前肢がつばさとなり、骨格も飛ぶのに便利になっている。すべて卵生。
爬虫類 脊椎をもつ変温動物で、体がうろこ(角質鱗)でおおわれているものが多い。大半の爬虫類は卵生だが、ヘビとトカゲには、幼体をうみおとす卵胎生または胎生のものも多い。
両生類 脊椎をもつ変温動物で、爬虫類と異なり、両生類の体表にはうろこがない。約4億年前に海から陸に上がって生活するようになった最初の脊椎動物。変態し、幼生はえら呼吸する。
魚類 脊椎をもつ変温動物。えらで水中の酸素を呼吸する水生動物群。
節足動物 甲殻類、昆虫、クモなど、外骨格と関節のある付属肢をもつ無脊椎動物。全動物のなかでもっとも種類が多い。
昆虫類 全動物の種数のおよそ4分の3を占める。体は頭部・胸部・腹部の3部に分かれ、胸部に3対のあしを持ち、また2対のはねを持つものが多い。
甲殻類 主に水中にすむ節足動物の仲間。えらで呼吸する。もっとも繁栄している動物の一つで、昆虫が陸上で優勢なように、甲殻類は海で優勢。

【遺伝】

遺伝子 遺伝の現象を起こす物質で、細胞核の中の染色体にふくまれている。デオキシリボ核酸(DNA)とよばれる染色体の「軸」を形成する分子が遺伝情報を担っている。
染色体 DNAを主成分とする非常に小さな糸状の構造で、すべての動植物の細胞にみられる。遺伝子の集合体。
DNA 遺伝子の本体。染色体の「軸」を形成する、デオキシリボースを含む核酸で、2重らせん状の物質。
X染色体とY染色体 性の決定に関係する染色体。相同(XX)の場合、雌性となる。Y染色体は、2倍性の性決定様式の場合に、X染色体と組んで雄性を決定する。
ゲノム解析 「ゲノム」とは、ヒトなどの1個体を作るために必要なすべての遺伝子のこと。DNAは、4種類の塩基(文字)から成っており、これら4種類の塩基の配列によって遺伝情報が暗号化されている。ヒトの遺伝子は約10万個あり、およそ30億個の文字から成っている。
 ゲノム解析計画は、全DNA配列を読みとり、生命の設計図のしくみを解明しようとする研究手法。ヒトゲノムについては2003年に解析が完了した。
メンデルの法則 メンデルが明らかにした、生物の形態的特徴の遺伝に関する法則。@優性の法則、A分離の法則、B独立の法則の3つ。
優性遺伝と劣性遺伝 対立遺伝子の一方の遺伝子をもつ組み合わせでは、すべて形質があらわれるものを優性遺伝といい、それに対して、優性の形質にかくされて、2つ同じ遺伝子がそろわないとあらわれない形質を劣性遺伝という。
血液型 血液型は遺伝によって決まり、ABO式血液型は、A、B、AB、Oの4つの型に分類される。日本では、およそA:O:B:AB=4:3:2:1の比になっている。

【細胞】

細胞の構造 核・細胞質・細胞壁(動物細胞にはない)からなる。
染色体(DNAを含む)と核酸・核小体からなる。遺伝子の本体であるDNAを含み、その細胞の働きを支配したり、遺伝に関係する。
細胞質 細胞膜・ミトコンドリア・細胞質基質・中心体(動物細胞で発達)・ゴルジ体(動物細胞で発達)・葉緑体(植物細胞のみ)・液胞(植物細胞で発達)・細胞含有物(植物細胞で発達)からなる。
細胞壁 全透性の膜。動物細胞にはない。
ミトコンドリア 粒状。棒状で、酸素呼吸を営む。
ゴルジ体 網状で、物質の貯蔵や分泌を営む。
細胞膜 細胞質表面の膜で、半透性に近く、選択的透過性を示す。
リソソーム 細胞内消化を営む。
リボソーム タンパク質の合成を営む。
細胞質基質 液状で、タンパク質が主成分。さまざまな合成反応や無気呼吸を営む。
葉緑体 植物体の緑色部の細胞に含まれ、色素を含む。光合成を営む。

ページの先頭へ

化学

原子 化学的方法ではそれ以上分割できない物質の基本単位粒子。原子は元素記号で表される。記号の最初の文字は大文字で書き、2文字の場合、2文字目は小文字で書く。
〔おもな元素記号〕Ag 銀、Al アルミニウム、As ヒ素、Au 金、Ba バリウム、C 炭素、Ca カルシウム、Cl 塩素、F フッ素、Fe 鉄、H 水素、Hg 水銀、K カリウム、N 窒素、Na ナトリウム、O 酸素、P リン、Pb 鉛、Pt プラチナ、S 硫黄、Sn スズ、U ウラン、Zn 亜鉛
原子番号 原子核中の陽子の数、あるいは原子中の核外電子の数を、その原子の原子番号という。どの原子をとっても、陽子の数は電子の数、つまり原子の原子番号と同じである。原子番号の大きな元素ほど大きい原子量をもつ。
原子核 原子の中心に存在する物質で、陽子および中性子から成り立っている。中性子は陽子と同じ質量をもつが、電荷は帯びていない。陽子と中性子の数の和を質量数という。
原子量 原子の質量を表す値。炭素12の原子量を正確に12.00000として、相対的な値で示す。ヘリウムは4.002602、フッ素は18.9984032、ナトリウムは22.989768の原子量になる。
周期表 原子番号順に原子を並べ、原子の性質が周期的に現れるように配列した表。
同位体 同じ元素で原子量の異なる原子。原子核中の陽子の数は等しいが、中性子の数が異なる。化学的性質は変わらない。
イオン 中性の原子あるいは原子団で、電気を帯びているもの。全体としてプラスの電気を帯びているイオンを陽イオン、マイナスの電気を帯びているイオンを陰イオンという。
分子 原子がいくつか結合してできた物質で、これ以上分割すると分子特有の性質がなくなる最小の構成単位。分子は原子から構成されており、2個の原子からなる分子を2原子分子、多くの原子からなる分子を多原子分子とよぶ。分子を構成している元素の原子量の総和を分子量という。
単体と化合物 1種類の元素だけでできている物質を単体という。2種類以上の元素の原子が化合することによって生じた物質を化合物という。酸素、水素、窒素、硫黄、銅、アルミニウム、鉄などは単一の元素で構成されている単体で、酸素、水素、窒素などは2原子分子、オゾンは3原子分子の単体である。化合物は無数に存在し、水、アンモニア、硫酸、塩化ナトリウムなどが代表的。
質量保存の法則 化学反応において、反応前の物質の全質量と、反応後に生成した物質の全質量とは等しい。質量不変の法則ともいう。
定比例の法則 化合物の中では、成分元素の質量比はつねに一定である。たとえば、水の場合の水素と酸素の質量比は1対8である。
倍数比例の法則 2種の元素によってできた化合物が2種以上ある場合、一方の元素の一定量と化合している他方の元素の質量の比は、簡単な整数比となる。
アボガドロの法則 温度と圧力が同じであれば、気体の種類が異なっても、同じ体積の気体の中には同じ数の分子が含まれている、という法則。
アボガドロ定数 0.012kg中の炭素12に含まれる原子の数。6.0221367×(10の23乗)個となる。
モル 物質の量を表す単位で、アボガドロ定数個の物質粒子(原子、分子、イオン、電子あるいはそれらの特定の組み合わせ)を含む物質を1モルと定義する。
ボイル・シャルルの法則 一定量の気体の圧力は、温度に比例し、体積に反比例する。
酸とアルカリ 水に溶けて水素イオンH+を生じる物質が。水に溶けて水酸化物イオンOH-を生じる物質がアルカリ(塩基)。酸とアルカリが反応して、互いに性質を打ち消しあうことを中和反応という。
電気分解 電圧をかけて、1つの物質から2つ以上の別の物質をつくる化学変化。電解質(電流を通す物質)の水溶液はすべて電気分解が可能。
溶解 物質が液体と均一に混合して透明な溶液になること。溶けている物質を溶質といい、ほかの物質を溶かして溶液をつくる液体を溶媒という。液体と液体が溶けている溶液では、ふつう量の多い液体を溶媒とみなす。
一定量の溶媒に溶けて飽和溶液になるまで溶ける溶質の量を溶解度という。
酸化と還元 酸素を得る、あるいは電子を失うことを酸化といい、酸素を失う、あるいは電子を得ることを還元という。酸化と還元は同時に発生し、片方のみが発生することはない。
pH 水溶液中の水素イオン濃度を表す指数。25℃の場合、pHが7より小さい水溶液を酸性、7の水溶液を中性、7より大きい水溶液をアルカリ性の溶液という。

ページの先頭へ

天文

恒星 重力によってまとまった熱いガスからなる大きな天体。惑星は太陽光を反射して輝いているが、恒星は星の内部で起こる核反応をエネルギー源として、電磁波、とくに光を放出して自ら輝いている。
等級 地球から見たときの、星の明るさを示す階級。古代アレキサンドリアの天文学者プトレマイオスがすべての星を6つの等級にわけたのが最初で、もっとも明るい星を1等級、肉眼でかろうじてみえる暗い星を6等級とした。1等星と6等星とでは、ほぼ100倍の光量の違いがあるので、1等級ちがうと明るさが2.512倍になる。
南中 地球の自転につれて天体が日周運動をして真南を通過するとき。南中のとき天体の高度は最高になる。地球が公転軌道上を一日に約1度移動していることから、南中時刻は一日に約4分ずつ早くなる。
太陽 太陽は典型的な恒星で、光球とよばれる表面と、その上の熱いガスの大気、その上にもっと熱いコロナがあり、太陽風とよばれる粒子の流れをたえず放出している。太陽の黒点は光球の中の温度の低い部分である。太陽系は太陽を中心とする天体の集団で、惑星、小惑星、彗星などからなる。
惑星 太陽を回る天体のうち、十分な質量を持っているために丸い形をしていて、周りに比べて圧倒的に大きく成長したもの。太陽系には、地球を含めて8個の惑星が存在し、太陽から近い順に水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の順に並んでいる。
衛星 惑星の周囲を回る天体。太陽系では、水星と金星以外の惑星はすべて衛星をもっている。
公転 天体の軌道上の運動で、周期性をもつ。太陽系の惑星は、天の北極から見て反時計回りに太陽の周りを公転している。公転の速度は、水星で毎秒47km、地球で毎秒30km。月は、天の北極から見て反時計回りに地球の周りを公転している。
自転 公転に対して自転とは、天体の回転軸の周りの運動で、地球は、天の北極から見て反時計回りに、1日1回自転している。
黄道 太陽が天球上を移動する経路のこと。地球の公転運動の反映である。
ケプラーの法則 17世紀初めにドイツの天文学者ケプラーによって発見された惑星運動の法則。
(1)太陽の惑星の軌道は楕円で、太陽はその楕円の焦点の一つとなる。
(2)惑星と太陽を結ぶ線は、同じ時間には同じ面積を描く。
(3)惑星の公転周期の2乗は、太陽からの平均距離の3乗に比例する。
日食と月食 ある天体がほかの天体によって隠されることを食といい、とくに太陽と月の場合をいうことが多い。日食は太陽面の一部または全部が月によって隠される現象。月の本影の中に入れば皆既日食となる。月食は地球の影の中に月が入って、月面の一部または全部が欠けて見える現象。必ず満月のときに起きる。

ページの先頭へ

一般常識のまとめ

就職試験対策などにお役立てください。


生物学史

1628年
ハーベイ(英)が血液循環を証明。
1665年
フック(英)が細胞を発見。
1796年
ジェンナー(英)がワクチン、種痘法を初めて用いる。
1859年
ダーウィン(英)が「種の起原」を著す。
1865年
メンデル(オーストリア)が遺伝の法則を発見。
1882年
コッホ(独)が結核菌を発見。
1883年
コッホ(独)がコレラ菌を発見。
1883年
メチニコフ(露)が白血球による細菌などの食作用を発見。
1889年
北里柴三郎が破傷風菌の純粋培養に成功。
1898年
志賀潔が赤痢菌を発見。
1901年
ラントシュタイナー(オーストリア)がABO式血液型を発見。
1929年
フレミング(英)がペニシリンを発見。
1944年
ワクスマン(米)が結核の治療薬ストレプトマイシンを発見。
1953年
ワトソン(米)、クリック(英)らがDNAの化学構造を解明、分子構造模型を発表。
1962年
カーソン(米)が『沈黙の春』を著し農薬禍を警告。
1996年
ウィルマット(英)らがクローン羊の作成に成功。
2003年
日米欧などの国際チームがヒトゲノムの解読完了。
2006年
山中伸弥がiPS細胞(人工多機能性幹細胞)の作製に成功。

P R

がんばれ凡人!

一般常識の問題集