更級日記

・門出・竹芝寺足柄山富士の山帰京継母との別れ物語姉の死東より人来たり父の帰京宮仕へまめやかなる心夫の任官夫の死鏡の影よもぎが露

更級日記  

門出

(一)
 東路(あづまぢ)の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか、世の中に物語といふもののあなるを、いかで見ばやと思ひつつ、つれづれなる昼間、宵居(よひゐ)などに、姉・継母(ままはは)などやうの人々の、その物語、かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど、わが思ふままに、そらにいかでかおぼえ語らむ。いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏(やくしぼとけ)を作りて、手洗ひなどして、人まにみそかに入りつつ、「京にとく上げたまひて、物語の多く候(さぶら)ふなる、ある限り見せたまへ」と、身を捨てて額(ぬか)をつき、折りまうすほどに、十三になる年、上らむとて、九月(ながつき)三日門出して、いまたちといふ所に移る。

 年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして、立ち騒ぎて、日の入り際の、いとすごく霧(き)り渡りたるに、車に乗るとてうち見やりたれば、人まには参りつつ額をつきし薬師仏の立ちたまへるを、見捨てたてまつる悲しくて、人知れずうち泣かれぬ。

【現代語訳】
 東海道の果ての常陸国よりもっと奥の地方で育った私は、どんなにか田舎くさい者だっただろうに、どう思い始めたことか、世の中に物語というものがあるというのを何とか見たいと思い続け、何もすることのない昼間や宵などに、姉や継母といった人たちが、その物語、あの物語、光源氏の物語の内容をところどころ語ってくれるのを聞くと、ますます全部を知りたい気持ちがつのるものの、彼女たちも、私が満足するほどに、そらで思い出して語ってくれることなどできはしない。たいそうじれったくてたまらないので、等身の薬師仏を作って、手を洗い清めては、人が見ていない間にひそかに仏間に入って「早く京都に上京させてくださり、物語がたくさんあるのを、ある限り見せてください」と、身を捨てて額をすりつけてお祈りしているうちに、十三歳になった年に上京することになり、九月三日に門出していまたちという所に移った。

 数年来遊びなれた家を、中が丸見えになるほど散らかして大騒ぎした後、日が暮れる時分で霧が物寂しく立ちこめる中を、車に乗ろうとして家のほうを振り返ると、人目に触れないようこっそりお参りして額づいた薬師仏が立っていて、このままお見捨て申し上げるのが悲しく、つい、人知れず泣いてしまった。

(二)
 門出したる所は、巡りなどもなくて、かりそめの茅屋(かやや)の、蔀(しとみ)などもなし。簾(すだれ)かけ、幕など引きたり。南ははるかに野の方(かた)見やらる。東(ひむがし)・西は海近くて、いとおもしろし。夕霧立ち渡りて、いみじうをかしければ、朝寝(あさい)などもせず、かたがた見つつ、ここを立ちなむこともあはれに悲しきに、同じ月の十五日、雨かきくらし降るに、境を出でて、下総(しもつふさ)の国のいかたといふ所に泊まりぬ。庵(いほ)なども浮きぬばかりに雨降りなどすれば、恐ろしくていも寝られず。野中に丘だちたる所に、ただ木ぞ三つ立てる。その日は雨にぬれたるものども干し、国に立ち遅れたる人々待つとて、そこに日を暮らしつ。

【現代語訳】
 門出をして移った所は、囲いなどもなく、ほんの間に合わせの茅葺きの家で、蔀戸などもなかった。簾はかかっており、幕などを引いている。南ははるかに野原が見渡せる。東と西は海が近くて、景色がとても美しい。夕霧が一面に立ち込めてたいへん趣きがあるので、朝寝坊などもしないであちらこちらを見て回っているうちに、ここを立ち去るのもしみじみと悲しく思われたが、同じ月の十五日、周りが暗くなるほど雨がひどく降るなかを、国境を越え、下総の国のいかたという所に泊まった。仮小屋も今にも浮いてしまいそうなほど雨が降るので、恐ろしくて寝ようにも寝られなかった。野中に丘のように高くなった所に、ただ木が三本だけ立っている。その日は、雨に濡れたいろいろのものを干し、国から出発が遅れている人たちを待つというので、そこで一日を過ごした。

↑ ページの先頭へ

竹芝寺

(一)
 今は武蔵の国になりぬ。ことにをかしき所も見えず。浜も砂子(すなご)白くなどもなく、こひぢのやうにて、柴 生(お)ふと聞く野も、葦(あし)、荻(をぎ)のみ高く生ひて、馬に乗りて弓持たる末見えぬまで、高く生ひ茂りて、中を分け行くに、竹芝といふ寺あり。はるかに、ははさうなどいふ所の、廊の跡の礎(いしずゑ)などあり。

 いかなる所ぞと問へば、「これは、いにしへ竹芝といふ坂なり。国の人のありけるを、火たき屋の火たく衛士(ゑじ)にさし奉りたりけるに、御前(おまへ)の庭を掃くとて、『などや苦しき目を見るらむ。わが国に七つ三つ造り据ゑたる酒壺(さかつぼ)に、さし渡したるひたえのひさごの、南風吹けば北になびき、北風吹けば南になびき、西吹けば東になびき、東吹けば西になびくを見で、かくてあるよ』と、ひとりごち、つぶやきけるを、その時、帝の御女(おんむすめ)いみじうかしづかれたまふ、ただひとり御簾(みす)のきはに立ちいでたまひて、柱によりかかりて御覧ずるに、このをのこのかくひとりごつを、いとあはれに、いかなるひさごの、いかになびくらむと、いみじうゆかしくおぼされければ、御簾を押し上げて、『あのをのこ、こち寄れ』と召しければ、かしこまりて高欄(かうらん)のつらにまゐりたりければ、『言ひつること、いま一(ひと)返りわれに言ひて聞かせよ』と仰せられければ、酒壺のことを、いま一返り申しければ、『われ率(ゐ)て行きて見せよ。さ言ふやうあり』と仰せられければ、かしこく恐ろしと思ひけれど、さるべきにやありけむ、負ひ奉りて下るに、論なく人追ひて来(く)らむと思ひて、その夜、勢多(せた)の橋のもとに、この宮を据ゑ奉りて、勢多の橋を一間(ひとま)ばかりこぼちて、それを飛び越えて、この宮をかき負ひ奉りて、七日七夜といふに、武蔵の国に行き着きにけり。

【現代語訳】
 今はもう武蔵の国になった。とくに景色のよい所も見えない。浜辺も砂が白くて美しいなどということもなく泥のようで、紫草が生えると聞く武蔵野も葦や荻だけが高く生え、馬に乗った人の弓の先が見えないほどで、その中を分けて行くと、竹芝寺という寺があった。はるか向こうに、「ははさう」などという所の、廊の跡の土台石などがある。

 どういう所なのかと尋ねると、「ここは昔、竹芝といった坂です。土地の者がいたのを、国司が宮中の火たき屋の火をたく衛士として差し出したのですが、その男が御殿の前の庭を掃きながら、『どうしてこんなに辛い目を見るのだろう。私の国で七つ三つと造って置いてある酒壺に、さしかけて浮かべたひたえのひさごが、南風が吹けば北になびき、北風が吹けば南になびき、西風が吹けば東になびき、東風が吹けば西になびきするのを見ることもなく、こうしていることよ』と独り言をいい、つぶやいていました。その時、帝の姫宮でたいへん大切に育てられていたお方が、ただ一人で御簾のそばに出られて、柱に寄りかかって辺りをご覧になられていると、この男がこのように独り言をいうのを耳にされ、とてもしみじみと感じられたので、どんなひさごがどのようになびくのかしらと、たいそうご覧になりたく思われ、御簾をかき上げて、『そこの男、こちらへおいで』とお呼びになりました。男はつつしんで欄干のそばに参りますと、『先ほど言ったことを今一度私に言って聞かせておくれ』とおっしゃったので、酒壺のことをもう一度申し上げたところ、『私を連れていって、それを見せておくれ。こんなことを言うのはそう言うわけがあるのだから』とおっしゃった。男はもったいなく、恐ろしいことと思ったが、そうなるはずの因縁だったのか、男は姫宮を背負って武蔵の国へ下って行きましたが、必ず人が追ってくるだろうと思い、その夜は勢多の橋のたもとに姫宮をお座らせ申し上げ、勢多の橋を柱一間分ほどこわして、それを飛び越え、姫宮を背負い申して、七日七晩めには武蔵の国に行き着いたのです。

(二)
 帝、后(きさき)、御子(みこ)(う)せたまひぬとおぼし惑ひ、求めたまふに、武蔵の国の衛士(ゑじ)のをのこなむ、いと香ばしきものを首に引き掛けて飛ぶやうに逃げけると申しいでて、このをのこを尋ぬるになかりけり。論なくもとの国にこそ行くらめと、公(おほやけ)より使ひ下りて追ふに、勢多の橋こぼれて、え行きやらず、三月(みつき)といふに武蔵の国に行き着きて、このをのこを尋ぬるに、この御子 公使(おほやけづかひ)を召して、『われさるべきにやありけむ、このをのこの家ゆかしくて、率(ゐ)て行けと言ひしかば率て来たり。いみじくここありよく覚ゆ。このをのこ罪しれうぜられば、われはいかであれと。これも前(さき)の世にこの国にあとを垂(た)るべき宿世(すくせ)こそありけめ。はや帰りて公にこの由(よし)を奏せよ』と仰せられければ、言はむかたなくて、上りて、帝に、かくなんありつると奏しければ、『言ふかひなし。そのをのこを罪しても、今はこの宮を取り返し、都に返し奉るべきにもあらず。竹芝のをのこに、生けらむ世の限り、武蔵の国を預け取らせて、公事(おほやけごと)もなさせじ』。ただ宮にその国を預け奉らせたまふ由の宣旨(せんじ)下りにければ、この家を内裏(だいり)のごとく造りて住ませ奉りける家を、宮など失せたまひにければ、寺になしたるを、竹芝寺といふなり。その宮の産みたまへる子どもは、やがて武蔵といふ姓(さう)を得てなむありける。それよりのち、火たき屋に女はゐるなり」と語る。

【現代語訳】
 帝と后は、姫宮がいなくなられたとご心配になり、お捜しになられたところ、武蔵の国の衛士の男がとてもよい香りがするものを首に引っ掛けて飛ぶように逃げていったと申し出た者がいて、この男を捜したが見つけることができませんでした。間違いなく故郷に逃げただろうと、朝廷の使者が下って追うと、勢多の橋がこわれていて先に進めず、やっと三月めに武蔵の国に行き着いて、この男を捜したところ、この姫宮が朝廷の使者を呼び寄せられ、『私はこうなる宿命だったのでしょうか。この男の家が見たくて、私を連れて行けと言ったものですから、こうしてやって来たのです。ここはたいそう住みよく思います。もしこの男が処罰され、ひどい目に遭わされるのなら、私はどうしたらよいのでしょう。これも前世にこの国に住みつくという因縁があったからこそです。早く都に帰って朝廷にこのことを奏上してください』とおっしゃいました。使者は何とも言いようがなくて、上京し、帝にしかじかかくかくと奏上したところ、帝は、『どうにも仕方がない。その男を処罰したところで、今となっては姫宮を取り戻して都に戻すこともできない。それならば、竹芝の男に、生きている限りずっと武蔵の国を所領させ、税や賦役も免除することとしよう』とおっしゃり、ただ姫宮にその国をお預けするという旨の宣旨が下されたのです。男の家を皇居のように造り、姫宮をお住ませなさったのですが、その後、姫宮もお亡くなりになり、その家を寺にしてあったのを、竹芝寺というそうです。姫宮がお産みになったお子たちは、そのまま武蔵という姓をもらったそうです。こんなことがあったものですから、その後は火たき屋には男ではなく女を置くようになったそうです」と語った。

↑ ページの先頭へ

足柄山

 足柄山(あしがらやま)といふは、四、五日かねて、恐ろしげに暗がり渡れり。やうやう入り立つふもとのほどだに、空のけしき、はかばかしくも見えず。えもいはず茂り渡りて、いと恐ろしげなり。

 ふもとに宿りたるに、月もなく暗き夜の、闇に惑ふやうなるに、遊女(あそびめ)三人(みたり)、いづくよりともなくいで来たり。五十ばかりなるひとり、二十ばかりなる、十四、五なるとあり。庵(いほ)の前にからかさをささせて据ゑたり。をのこども、火をともして見れば、昔、こはたと言ひけむが孫といふ。髪いと長く、額(ひたひ)いとよくかかりて、色白くきたなげなくて、さてもありぬべき下仕(しもづか)へなどにてもありぬべしなど、人々あはれがるに、声すべて似るものなく、空に澄みのぼりてめでたく歌を歌ふ。人々いみじうあはれがりて、け近くて、人々もて興ずるに、「西国(にしくに)の遊女はえかからじ」など言ふを聞きて、「難波(なには)わたりに比ぶれば」とめでたく歌ひたり。見る目のいときたなげなきに、声さへ似るものなく歌ひて、さばかり恐ろしげなる山中(やまなか)に立ちて行くを、人々飽かず思ひて皆泣くを、幼き心地には、ましてこの宿りを立たむことさへ飽かず覚ゆ。

 まだ暁より足柄を越ゆ。まいて山の中の恐ろしげなること言はむかたなし。雲は足の下に踏まる。山の半(なか)らばかりの、木の下のわづかなるに、葵(あふひ)のただ三筋(みすぢ)ばかりあるを、世離れてかかる山中にしも生(お)ひけむよと、人々あはれがる。水はその山に三所(みところ)ぞ流れたる。

 からうじて越えいでて、関山(せきやま)にとどまりぬ。これよりは駿河なり。横走(よこはしり)の関のかたはらに、岩壺(いはつぼ)といふ所あり。えもいはず大きなる石の、四方(よはう)なる、中に穴のあきたる、中よりいづる水の、清く冷たきこと限りなし。

【現代語訳】
 足柄山というのは、四、五日前から、恐ろしそうなほどに暗い道が続いていた。しだいに山に入り込むふもとの辺りでさえ、空のようすがはっきり見えない。言いようがないほど木々が茂り、ほんとうにおそろしげだ。

 ふもとに宿泊したところ、月もなく暗い夜で、暗闇に迷いそうになっていると、遊女が三人、どこからともなく出てきた。五十歳くらいの一人と、二十歳くらいと十四、五歳くらいのがいた。仮小屋の前に唐傘をささせて、その下に座らせた。男たちが火をともして見ると、二十歳くらいの遊女は、昔、こはたとかいう名の知れた遊女の孫だという。髪がとても長く、額髪がたいそう美しく顔に垂れかかっていて、色は白くあかぬけしているので、このままでもかなりの下仕えとして都で通用するだろうなどと人々は感心した。すると、その遊女は、比べ物がないほどの声で、空に澄み上がるように見事に歌を歌った。人々はとても感心し、その遊女を身近に呼び寄せて、みんなでうち興じていると、誰かが、「西国の遊女はこのように上手には歌えまい」と言えば、遊女がそれを聞いて、「難波の辺りの遊女に比べたらとても及びません」と、即興で見事に歌った。見た目がとてもあかぬけしている上に、声までもが比べようがないほど上手く歌いながら、あれほど恐ろしげな山の中に立ち去って行くのを人々は名残惜しく思って皆嘆いた。幼い私の心には、それ以上にこの宿を立ち去るのが名残惜しく思われた。

 まだ夜が明けきらないうちから足柄を越えた。ふもとにまして山中の恐ろしさといったらない。雲は足の下となる。山の中腹あたりの木の下の狭い場所に、葵がほんの三本ほど生えているのを見つけて、こんな山の中によくまあ生えたものだと人々が感心している。水はその山には三か所流れていた。

 やっとのことで足柄山を越え、関山に泊まった。ここからは駿河の国だ。横走の関のそばに岩壺という所がある。そこには何ともいいようがないほど大きくて、四角で中に穴の開いた石があって、中から湧き出る水の清らかで冷たいことといったら、この上もなかった。

↑ ページの先頭へ

富士の山

 富士の山はこの国なり。わが生(お)ひいでし国にては西面(にしおもて)に見えし山なり。その山のさま、いと世に見えぬさまなり。さま異なる山の姿の、紺青(こんじやう)を塗りたるやうなるに、雪の消ゆる世もなく積もりたれば、色濃き衣(きぬ)に、白きあこめ着たらむやうに見えて、山の頂の少し平らぎたるより、煙(けぶり)は立ちのぼる。夕暮れは火の燃え立つも見ゆ。

 清見(きよみ)が関は、片つ方(かた)は海なるに、関屋どもあまたありて、海までくぎぬきしたり。けぶりあふにやあらむ。清見が関の波も高くなりぬべし。おもしろきこと限りなし。

 田子の浦は波高くて、舟にてこぎ巡る。

 大井川といふ渡りあり。水の、世の常ならず、すり粉(こ)などを、濃くて流したらむやうに、白き水、速く流れたり。

【現代語訳】
 富士の山はこの国(駿河)にある。私が生まれ育った上総の国では西に見えた山だ。その山のさまは、まったく世の中に比類ない。他の山とは異なった姿で、紺青を塗ったようなのに雪が消える時もなく積もっているのは、濃い紺青色の衣の上に白いあこめを着たように見えて、山の頂の少し平らな所から、煙が立ちのぼっている。夕暮れには火が燃え立つのも見える。

 清見が関は、片方は海だが、関屋がたくさんあり、海まで柵を作ってある。潮煙が多く立っているのだろうか、清見が関の波も高くなるにちがいない。すばらしいことこの上ない。

 田子の浦は波が高かったが、舟でこいで巡った。

 大井川という渡し場がある。川の水が世間並みでなく、すり粉などを濃く溶かして流したように、白い水が速く流れていた。

↑ ページの先頭へ

帰京

 粟津(あはづ)にとどまりて、師走の二日京に入る。暗く行き着くべくと、申(さる)の時ばかりに立ちて行けば、関近くなりて、山づらにかりそめなるきりかけといふものしたる上(かみ)より、丈六(ぢやうろく)の仏のいまだ荒造りにおはするが、顔ばかり見やられたり。あはれに、人離れて、いづこともなくておはする仏かなと、うち見やりて過ぎぬ。ここらの国々を過ぎぬるに、駿河の清見が関と、逢坂(あふさか)の関とばかりはなかりけり。いと暗くなりて、三条の宮の西なる所に着きぬ。

 広々と荒れたる所の、過ぎ来つる山々にも劣らず、大きに恐ろしげなる深山木(みやまぎ)どものやうにて、都の内とも見えぬ所のさまなり。ありもつかず、いみじうもの騒がしけれども、いつしかと思ひしことなれば、「物語求めて見せよ、物語求めて見せよ」と母を責むれば、三条の宮に、親族(しぞく)なる人の衛門(ゑもん)の命婦(みやうぶ)とてさぶらひける尋ねて、文(ふみ)やりたれば、珍しがりて、喜びて、御前(おまへ)のをおろしたるとて、わざとめでたき草子ども、硯(すずり)の箱の蓋(ふた)に入れておこせたり。うれしくいみじくて、夜昼これを見るよりうち始め、またまたも見まほしきに、ありもつかぬ都のほとりに、たれかは物語求め見する人のあらむ。

【現代語訳】
 粟津に泊まって、十二月の二日に京都に入った。暗くなって着くようにと、申の時ごろに出発して行くと、逢坂の関近くになって、山のそばにちょっとした切り懸け(板塀)を作ってある上から、一丈六尺の仏像が荒造りのままでいらっしゃり、顔だけ遠くに眺められた。いとおしくも、人里離れ、どこともなく落ち着かないようすでいらっしゃる仏様だなと眺めながら通り過ぎた。ここまで多くの国々を過ぎて来たが、駿河の清見が関と、逢坂の関ほどすばらしい所はなかった。だいぶん暗くなって、三条の宮様の御所の西にある我が家にたどり着いた。

と書き加え、壺の薬を添えて、頭中将を呼び寄せて献上させようとした。頭中将に天人が手渡した。頭中将が受け取ると、天人がいきなりさっと天の羽衣を着せたので、かぐや姫のこれまで翁をいたわしく、いとしいと思っていた気持ちが消えてしまった。羽衣を着たかぐや姫は、憂い悩むことがなくなってしまい、そのまま車に乗り、百人ばかりの天人を引き連れて、天に上ってしまった。

↑ ページの先頭へ

継母との別れ

 継母(ままはは)なりし人は、宮仕へせしが下りしなれば、思ひしにあらぬことどもなどありて、世の中恨めしげにて、ほかに渡るとて、五つばかりなる乳児(ちご)どもなどして、「あはれなりつる心のほどなむ、忘れむ世あるまじき」など言ひて、梅の木の、つま近くて、いと大きなるを、「これが花の咲かむをりは来(こ)むよ」と言ひおきて渡りぬるを、心のうちに恋しくあはれなりと思ひつつ、忍び音(ね)をのみ泣きて、その年も返りぬ。いつしか梅咲かなむ、来むとありしを、さやあると、目をかけて待ち渡るに、花も皆咲きぬれど、音もせず。思ひわびて、花を折りてやる。

  頼めしをなほや待つべき霜枯れし梅をも春は忘れざりけり

と言ひやりたれば、あはれなることども書きて、

  なほ頼め梅の立ち枝は契りおかぬ思ひのほかの人も訪ふなり

【現代語訳】
 継母だった人は、もともと宮仕えをしていて、父の妻となって上総の国まで下ったので、思ってもいなかったさまざまのことなどがあり、夫婦仲がしっくりいかなくなって、離婚してよそに移ることになった。五歳ばかりの幼子を連れて別れるとき、私に「これまでやさしくしてくれたあなたの気持ちを忘れる時はないでしょう」と言って、家の軒先近くのとても大きな梅の木をさして、「この花が咲く時はまた来ますからね」と言い残して行ってしまった。私は、心の中で恋しく切なく思いながら、声を忍ばせて泣いてばかりいて、とうとうその年も暮れて新たな年を迎えた。早く梅の花が咲いてほしい、そうしたら来ようと言っていたが、ほんとうにそうだろうかと、じっと見ながら待ち続けていたが、花がすっかり咲いても何の音沙汰もない。とうとう思い余って、花を折って歌を添えて継母に送った。

 <当てにさせられたことを、なお待ち続けなくてはならないのでしょうか。霜枯れていた梅でさえ春を忘れず花を咲かせたというのに、お母様はお忘れになったのでしょうか。>

と言い送ったところ、継母からの情のこもったいろいろなことを書いた返事に、次のような歌が添えてあった。

 <まだ当てにして待っててください。梅の高く伸びた枝は古い歌にもあるように、約束もしていない思いがけない人さえ訪ねて来てくれるということです。私もいつかはきっと。(平兼盛の「わが宿の梅の立ち枝や見えつらむ思ひのほかに君が来ませる」をふまえている)>

↑ ページの先頭へ

物語

(一)
 その春、世の中いみじう騒がしうて、松里の渡りの月影あはれに見し乳母(めのと)も、三月(やよひ)一日に亡くなりぬ。せむかたなく思ひ嘆くに、物語のゆかしさもおぼえずなりぬ。いみじく泣き暮らして見出だしたれば、夕日のいと華やかに差したるに、桜の花残りなく散り乱る。

  散る花もまた来(こ)む春は見もやせむやがて別れし人ぞ悲しき

 また聞けば、侍従の大納言の御(み)むすめ、亡くなりたまひぬなり。殿の中将の思(おぼ)し嘆くなるさま、わがものの悲しき折なれば、いみじくあはれなりと聞く。上り着きたりしとき、「これ手本にせよ」とて、この姫君の御手(おほんて)を取らせたりしを、「さ夜ふけて寝覚めざりせば」など書きて、「鳥辺(とりべ)山谷に煙(けぶり)の燃え立たばはかなく見えしわれと知らなむ」と、言ひ知らずをかしげに、めでたく書きたまへるを見て、いとど涙を添へまさる。

【現代語訳】
 その年の春は、疫病が流行して世の中がひどく騒然とし、松里の渡し場での姿を痛々しい思いで見た乳母も、三月一日に亡くなってしまった。どうしようもなく嘆いているうちに、物語を読みたいという気持ちも感じなくなってしまった。激しく泣きながら過ごしていて、ふと外を眺めると、夕日がたいそう華やかに差している辺りに、桜の花が残りなく散り乱れている。

 <散っていく花は、再びやってくる春には見ることもできよう。しかし、そのまま別れてしまった人(乳母)は、二度と見ることができないので、恋しくてならない。>

 また聞くところによると、侍従の大納言の姫君がお亡くなりになったそうだ。夫君の殿の中将が嘆き悲しんでいらっしゃるごようすも、私自身が嘆き悲しんでいるときでもあったから、まことにお気の毒なことと聞いた。京に着いたとき、父が「これを手本にしなさい」と言って、この姫君のご筆跡を下さったが、それには「さ夜ふけて寝覚めざりせば(夜が更けて目が覚めなかったならば)」などと書いてあり、「もしも火葬場のある鳥辺山の谷から煙が立ったならば、前々から弱々しく見えていた私だと知ってください」と、何とも言えずすばらしく、みごとな筆跡で書かれている歌を見ると、いっそう涙をそそられる。

(注)松里の渡り・・・今の千葉県松戸市にあった渡し場
(注)侍従の大納言・・・藤原行成

(二)
 かくのみ思ひくんじたるを、心も慰めむと、心苦しがりて、母、物語など求めて見せたまふに、げにおのづから慰みゆく。紫のゆかりを見て、続きの見まほしくおぼゆれど、人語らひなどもえせず。たれもいまだ都慣れぬほどにて、え見つけず。いみじく心もとなく、ゆかしくおぼゆるままに、「この源氏の物語、一の巻よりして、皆見せたまへ」と、心の内に祈る。親の太秦(うづまさ)にこもりたまへるにも、異事(ことごと)なく、このことを申して、出でむままにこの物語見果てむと思へど、見えず。いと口惜しく思ひ嘆かるるに、をばなる人の田舎より上りたる所に渡いたれば、「いとうつくしう生ひなりにけり」など、あはれがり、めづらしがりて、帰るに、「何をか奉らむ。まめまめしき物はまさなかりかむ。ゆかしくしたまふなる物を奉らむ」とて、源氏の五十余巻、櫃(ひつ)に入りながら、在中将・とほぎみ・せり河・しらら・あさうづなどいふ物語ども、ひと袋取り入れて、得て帰る心地のうれしさぞいみじきや。

 はしるはしるわづかに見つつ、心も得ず、心もとなく思ふ源氏を、一の巻よりして、人も交じらず、几帳の内にうち伏して、引き出でつつ見る心地、后(きさき)の位も何にかはせむ。昼は日暮らし、夜は目の覚めたる限り、灯を近くともして、これを見るよりほかのことなければ、おのづからなどは、そらにおぼえ浮かぶを、いみじきことに思ふに、夢に、いと清げなる僧の、黄なる地の袈裟(けさ)着たるが来て、「法華経五の巻を、とく習へ」と言ふと見れど、人にも語らず、習はむとも思ひかけず。物語のことをのみ心にしめて、われはこのごろわろきぞかし、盛りにならば、かたちも限りなくよく、髪もいみじく長くなりなむ、光の源氏の夕顔、宇治の大将の浮舟の女君のやうにこそあらめと思ひける心、まづいとはかなく、あさまし。

【現代語訳】
 私がこのようにずっとふさぎ込んでいるいるので、気持ちを慰めようと心配して、母が、物語などをさがして見せてくださり、なるほど気持ちが自然と晴れていく。『源氏物語』の紫上についての巻を読み、続きが読みたく思われるけれど、誰にも相談することもできない。家の者はだれもまだ都に慣れていない時だったので、物語を見つけ出すこともできない。とてももどかしく、読みたくてたまらないので、「この『源氏物語』を一の巻からみなお見せください」と心の中で祈る。親が太秦に参籠なさる際も、他の事はお願いせず、ただ物語のことばかりをお願いして、寺から出てきたらすぐにこの物語を終わりまで読んでしまおうと思っているのに、かなえられない。とても悔しくて嘆かわしい気持ちでいると、おばに当たる人が田舎から上京してきたところに母が私を差し向け、おばが、「たいそう可愛らしく成長しましたね」などと懐かしがったり珍しがったりして、帰りがけに、「何を差し上げよう。実用的な物ではつまらないでしょう。欲しがっていると伺っている物を差し上げましょう」と言って、源氏の五十余巻を櫃に入ったまま全部と、在中将・とほぎみ・せり河・しらら・あさうづなどの物語を一袋に入れてくださった。それをいただいて帰るときのうれしさといったら、どう言い表したらよいか分からない。

 これまで胸をどきどきさせながら、ところどころだけ拾い読みしては納得いかなくて、じれったく思っていた『源氏物語』を、最初の巻から読み始めて、だれにもじゃまされず几帳の中に横になり、次々に読んでいく気持ちは、后の位も問題にならないほどだ。昼は一日中、夜は目が覚めている間じゅう、灯を近くにともして、これを読む以外何もしないで過ごしているので、しぜんに頭の中にそらでも文句が浮かんでくるようになったのをうれしく思っていると、夢の中に清浄な感じの僧侶が黄色い地の袈裟を着て出てきて、「法華経の五の巻を早く習いなさい」と言った夢を見た。しかし、これを誰にも話さず、法華経を習おうという気持ちになれない。物語のことで頭がいっぱいで、私は今はまだ器量はよくない、でも年ごろになったら顔立ちも限りなくよくなり、髪もすばらしく長く伸びるに違いなく、きっと光源氏に愛された夕顔、宇治の大将の恋人の浮舟の女君のようになるはずだわ、と思っていた私の心は、何とも他愛なく、とてもあきれ果てたものだった。

(注)現代語訳は、現代文としての不自然さをなくすため、必ずしも直訳ではない箇所があります。

ページの先頭へ 次へ

更級日記について

 作者は菅原孝標(すがわらのたかすえ)の女(むすめ)。本名不明。父の孝標は菅原道真の子孫、兄・定義は大学頭・文章博士、母の姉は『蜻蛉日記』の作者(藤原道綱の母)という文学的環境で成長した。

 作者の夫が亡くなり、火葬にしたのが康平元年(1058)10月23日で、日付がわかる最後の記述である。作者はその後、悲しみのうちに孤独な日々を過ごしたことなどを書き記しているため、日記が成立したのは康平2〜3年、作者52、3歳のころとされる。

 『さらしな』の書名の由来は諸説あるが、日記の終わり近くに「月もいでて闇に暮れたる姨捨(をばすて)に何とて今宵たづね来つらむ」とあるのが、『古今集』巻17にある「わが心慰めかねつ更級や姨捨山に照る月を見て」をふまえており、姨捨山は夫の任地・信濃の国の更級の近くでもある。書名はおそらく後人がつけたとされるが、作者自身を「をばすて」と観じ、その縁をふくんで『さらしな』としたのではないかという。

 内容は、作者が13歳の年から52,3歳の年まで、およそ40年間の自己の人生を回想的に綴った自叙伝となっている。少女時代の、『源氏物語』や様々な物語の世界へのあこがれが、宮仕え・結婚・二児の母などの現実の厳しさを経るうちに、信仰生活に傾き、最後は彼岸へと夢を託した。

関連記事

更級日記のあらまし

1020年(13歳)
父・菅原孝標が上総介の任を終えて上京、作者も同行
京で、親族の、脩子内親王(一条天皇皇女)に仕える命婦から草子を贈られ、昼夜耽読する
作者の継母、孝標と離別

1021年(14歳)
疫病が流行り、作者の乳母や侍従大納言(藤原行成)の娘が死去
おばから「源氏物語」を贈られ、暗記するまで読み耽る
天照御神を祈念せよとの夢を見る
姉の夢に、作者と姉とが可愛がっている猫が現れ、侍従大納言の娘の生まれ変わりだと告げる
姉と夜明けまで語り明かす

1023年(16歳)
作者の家が類焼、猫が焼死

1024年(17歳)
姉が、二人の子を残して死去

1025年(18歳)
孝標が司召に任官されず、一家悲嘆
東山に移り住む)」の意味で用いるようになる。

1027年(20歳)
物語に熱中。浮舟のような境遇になりたいと願う

1032年(25歳)
孝標が常陸介となり、作者を残して任地へ
作者、太秦寺に参籠し父の無事を祈る

1036年(29歳)
孝標が帰京し、西山の住まいに移り、やがて京に移る

1039年(32歳)
作者、祐子内親王(後朱雀天皇皇女)のもとに宮仕え

1040年(33歳)
作者、このころ橘俊通と結婚

1041年(34歳)
姉の子が、祐子内親王家に宮仕え

1042年(35歳)
夫・俊通が下野守として赴任
祐子内親王と参内、その折、内侍所を拝する
源資通と頼通邸で春秋の優劣を論じ合う

1043年(36歳)
祐子内親王と参内、翌朝、資通と再会

1044年(37歳)
資通、祐子内親王家に参上、作者に会わずに帰る

1045年(38歳)
このころ俊通が帰京、長男・仲俊が誕生

1046年(39歳)
初瀬に数日間参籠

1047年(40歳)
鞍馬寺に参詣

1049年(42歳)
石山寺に参詣、初瀬に3日間参籠
西山の奥に桜見物
太秦寺に参籠

1055年(48歳)
阿弥陀仏来迎の夢を見る

1057年(50歳)
俊通、信濃守となり仲俊を伴い赴任

1058年(51歳)
俊通、京に帰り発病、死去

1059年(52歳)
親族の訪問も途絶え、過去を回想

P R

古典に親しむ