本文へスキップ

指揮者への憧れ

 クラシック音楽ファンならずとも、オーケストラの指揮者に憧れる人は多いと思います。不肖私もまごうことなくその一人であります。大勢のオーケストラの団員を指揮棒1本で操るその姿、とにかく指揮者ってカッコいいですよね。しかし、一見、誰にも簡単にできそうな気がしますが、実際はずいぶん難しいようです。中川右介さんによれば、

 ―― あるテレビ番組で、男性アイドル歌手が「僕も指揮をしてみたい」と言い出して、「じゃあ、どうぞ」となって、伴奏のオーケストラに向かって指揮棒を振ってみたそうです。それらしい動きだったものの、何の音楽的な裏づけもなかったためか、オーケストラの団員たちは戸惑い、まったく音が揃いませんでした。楽団員が意地悪をしたわけではなく、どう音を出していいか分からなかったのです。

 素人にもできそうでいて、できない。それが指揮者。ただ棒を振っているだけでテンポや強弱などを指示しているようではあるものの、それだけではない。全身からのオーラのようなもので、曲に感情を込め、それが演奏者に伝わり音となって出てくるという、実に摩訶不思議な世界。――

 うーん、そういうもんなんですね。でも、その摩訶不思議さにますます憧れるなー。


目次へ ↑このページの先頭へ