本文へスキップ

昭侯による勤務評定

 紀元前3世紀の中国に書かれた『韓非子』の著者・韓非は、悲劇の人でした。生まれながらの重度の吃音で、口で喋るのはたいへん苦手でしたが、「それなら文章で雄弁に語ろう」と思い立ち、努力して名文家になりました。彼は「人間の本性は悪である」との視点に立ち、帝王たる者が天下を統一するための秘訣を書物に著しました。

 その書物は、韓非の祖国・韓ではほとんど評価されませんでした。皮肉にも、彼の才能を評価したのは、韓の敵国だった秦の王、(のちの始皇帝)でした。若き秦王・政は韓非の著作を読んで、「ああ、余はもしこの人と一緒に語り合うことができたら、死んでもいい」と嘆息し、策を講じて韓非を自国に呼び寄せました。

 ところが、秦の大臣が韓非の才能に嫉妬し、彼が自分より重用されることを恐れました。そこで大臣は讒言して韓非を入獄させたあと、ひそかに韓非に毒薬を送り、自殺を強要したのです。のちに秦王・政が後悔し、韓非を許そうとしましたが時すでに遅し、彼はすでに死んでいました。

 秦王・政は『韓非子』を熟読し、やがて中国最初の皇帝・始皇帝となりました。それから後も、『韓非子』は帝王学のバイブルとして読み継がれ、かの諸葛孔明も、『韓非子』を筆写して劉備の子・劉禅に献上したほどです。現代でも、企業の管理職の必読書として高く評価されています。

 その『韓非子』の中に、次のようなエピソードが載っています。

 ――昔、韓の昭候が酒に酔ってうたた寝をしたことがあった。冠(かんむり)係の役人は、主君が寒かろうと思って、衣を主君の体の上に着せかけた。昭候は目覚めると、それを嬉しく思って、傍の近臣にたずねた。「誰がこの衣を着せかけてくれたのか?」。近臣は、「冠係の役人でございます」と答えた。

 すると、昭候は、衣服係の役人と冠係の役人とを共に処罰した。衣服係の役人を罰したのは、その仕事を怠ったからだが、冠係の役人を罰したのは、その職務を超えて余計なことをしたと考えたからだ。寒さは厭うものの、他人の職分にまで手を出すという害のほうが、寒いことより重大だと考えたのだ。――


 そして、韓非は次のように述べます。

 ――君主が臣下の悪事を止めたいと思うならば、臣下の実績と言葉を突き合わせてよく調べなければならない。君主は、臣下の意見にしたがってそれに見合う仕事を与え、もっぱらそれに応じた実績を求める。そして、実績がそれに見合い、先に述べたとおりの内容であれば賞を与えるが、そうでなければ罰する。

 ここで注意しなければならないのは、大きなことを言いながら実際の業績が小さかった者を罰するのは、業績があがらないことを罰するのではない。実際の業績が言葉と一致しなかったことを罰するのだ。また、言うことが小さいのに実際の業績が大きかった者も罰するが、これは大きな業績が好ましくないというわけではない。言葉と実際の業績が一致しないという害のほうが、大きな業績よりも重大だと考えるからだ。

 賢明な君主であれば、臣下の言葉と仕事が一致しないのを許さず、職分を超えて業績をあげることも許さない。それぞれに職分を守らせ、言葉どおりの仕事を行わせるならば、臣下たちは私的に徒党を組んで助け合うこともしない。――

景公を暗に諫めた晏子

 斉の景公は鳥の狩猟が大好きで、捕らえた鳥は燭雛(しょくすう)という家来に世話をさせていました。ところがある時、燭雛が誤ってその鳥を逃がしてしまいました。怒った景公はただちに燭雛を処刑しようとしました。これを聞いた宰相の晏子(あんし)が、

「燭雛に、自分がいかなる罪で罰せられるのか、はっきり告げてから処刑されてはいかがでしょう」

と進言しました。景公が承知したので、晏子は燭雛を景公の御前に曳き出して、こう宣告しました。

「お前は三つの罪で罰せられる。第一は、わが君が大事にしていた鳥を逃がした罪。第二は、わが君に鳥ごときのものが原因で人を殺すようなことをさせる罪。そして第三は、わが君が、家臣の命より鳥のほうを大事にするという評判が諸国に広まるであろう結果を招く罪である」

 そうして景公に燭雛の処刑を申し出たところ、景公は自分の誤りに気づき、「殺すには及ばぬ」といって引き下がったといいます。


目次へ ↑このページの先頭へ