万葉集【巻第五】

793〜852 ・853〜906  →万葉集トップ

853・854 大伴旅人の歌

松浦川(まつらがは)に遊ぶ序
(やつかれ)、暫(たまさか)に松浦の県(あがた)に往(ゆ)きて逍遥(せうえう)し、聊(いささ)かに玉島の潭(ふち)に臨みて遊覧するに、忽(たちま)ちに魚を釣る女子等(をとめら)に値(あ)ひぬ。花の容(かほ)(なら)びなく、光(て)りたる儀(すがた)(たぐひ)なし。 柳(やなぎ)の葉を眉(まよ)の中(うち)に開き、桃の花を頬(つら)の上に発(ひら)く。意気(いき)雲を凌(しの)ぎ、風流世に絶えたり。僕(やつかれ)問ひて曰く、「誰(た)が郷(さと)誰が家の児(こ)らそ、けだし神仙(しんせん)ならむか」といふ。娘等(をとめら)皆 咲(ゑ)み答へて曰く、「児等(われ)は漁夫(あま)の舎(いへ)の児、草の庵(いほ)の微(いや)しき者(ひと)なり。郷(さと)も無く家も無し。何そ称(あ)げ云ふに足らむ。ただ性(ひととなり)水に便(なら)ひ、また心山を楽しぶ。あるときには洛浦(らくほ)に臨みて徒(いたづ)らに玉魚を羨(とも)しび、あるときには巫峡(ぶかふ)に臥して空(むな)しく煙霞(えんか)を望む。今 邂逅(たまさか)に貴客(まらひと)に相遇(あ)ひぬ。感応に勝(あ)へず、輙(すなわ)ち歎曲(くわんきよく)を陳(の)ぶ。今より後に、豈偕老(あにかいらう)にあらざりべけむ」といふ。下官(やつかれ)(こた)へて曰く、「唯々(をを)、敬(つつし)みて芳命を奉(うけたま)はらむ」といふ。時に、日は山の西に落ち、驪馬(りば)(い)なむとす。遂に懐抱(くわいはう)を申(の)べ、因(よ)りて詠歌(えいか)を贈りて曰く、
853
あさりする海人(あま)の子どもと人は言へど見るに知らえぬ貴人(うまひと)の子と
854
玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみ表(あら)はさずありき

【意味】
松浦川に遊ぶ序
 私はたまたま松浦の地に赴いてあちらこちらを歩き、ふと玉島川に行き当たって眺めると、はからずも魚を釣っている乙女らに出会った。花のような顔立ちは並ぶものなく、照り輝くばかりの容姿はたとえようもない。眉は柳の若葉が開いたようで、頬には紅の桃が咲いている。凛とした気高さは雲をも凌ぎ、雅やかな品のよさはこの世のものとは思えない。私は尋ねた。「どこの郷(さと)のどなたの娘さんですか。もしや仙女ではないでしょうか」。乙女らはいっせいに微笑んで答えた。「私たちは漁師の子で、あばら家に住む名もない者です。郷もなければ家もございません。どうして名乗るほどの者でありましょう。ただ生まれつき水に親しみ、また気持ちはいつも山を楽しんでいます。あるときは洛水にのぞんで魚の身をむなしく羨み、またあるときは巫山(ふざん)に横たわって、むなしく煙霞の美景に眺め入ることもあります。今たまたま高貴なお方に出会いました。嬉しさを包み隠すこともできず、まごころこめて心の内をお打ち明けします。これから後は、どうして共白髪(ともしらが)の夫婦の契りを結ばずにおかれましょうか」。私はこう答えた。「喜ばしいこと、謹んで仰せに従いましょう」。折りしも日は西に落ち、私の乗る黒駒はしきりに帰りを急いでいる。そこで私は心の内を述べ、こんな歌を詠んで彼女らに贈った。

〈853〉魚を捕る漁師の子だとあなたは言うが、見ればすぐに分かりましたよ、良家の娘さんだと。

〈854〉玉島の川上に私どもの家はあります。でも、あなたがあまりにご立派なので、そのことは明かしませんでした。

【説明】
 4月に女性が、豊作豊漁を占って鮎釣りをするという「肥前風土記」を題材にした歌。松浦川、玉島川はいずれも現在の佐賀県を流れる川。
 遊子たる主人公が娘らにそれとなく家のことを聞いているのは、男女の相聞のしきたりで、男が相手の名や家を問うのは求婚の意思を告げるものとされた古来の風習にのっとっています。それで娘らは承諾の意を示すものの、作者としては、その先の展開まで歌物語で綴る自信がなかったのか、乗っている黒駒が早く帰ろうと言っているから、という口実で、彼女らと何ごともなく別れることにしました。しかし、それではあまりにあっけないため、さらに855〜857と歌の贈答を重ねます。

858〜860 娘等の報(こた)ふる歌

858
若鮎釣る松浦の川の川なみの並にし思はば我れ恋ひめやも
859
春されば吾家(わぎへ)の里の川門(かはと)には鮎子(あゆこ)さ走る君待ちがてに
860
松浦川 七瀬(ななせ)の淀は淀むとも我れは淀まず君をし待たむ

【意味】
〈858〉若鮎を釣る松浦の川の川波の、なみに(ふつうに)思うだけなら、どうして私が恋などいたしましょうか。

〈859〉春が来ると、私の里の川門では鮎が走り回るよ、あなたを待ちかねて。

〈860〉松浦川の七瀬の淀は淀んで流れないことがあっても、私は淀むことなく、進んであなたをお待ちしましょう。

【説明】
 853〜857からの続き。4月に女性が、豊作豊漁を占って鮎釣りをするという「肥前風土記」を題材にした歌。松浦川、玉島川はいずれも現在の佐賀県を流れる川。
 遊子たる主人公が娘らにそれとなく家のことを聞いているのは、男女の相聞のしきたりで、男が相手の名や家を問うのは求婚の意思を告げるものであった古来の風習にのっとっています。それで娘らは承諾の意を示すものの、作者としては、その先の展開まで歌物語で綴る自信がなかったのか、乗っている黒駒が早く帰ろうと言っているから、という口実で、彼女らと何ごともなく別れることにしました。しかし、それではあまりにあっけないため、さらに855〜857と歌の贈答を重ねました。ここの858〜860は、乙女らがさらに返した歌です。

874・875 大伴旅人が松浦佐用姫伝説を歌った歌

874
海原(うなはら)の沖行く船を帰れとか領布(ひれ)振らしけむ松浦佐用姫(まつらさよひめ)
875
ゆく船を振り留(とど)みかね如何(いか)ばかり恋しくありけむ松浦佐用姫(まつらさよひめ)

【意味】
〈874〉海原の沖へと走り行く船に、帰ってきてと領布(ひれ)を振られたのだろうか、松浦の佐用姫は。

〈875〉遠ざかる船を、領布を振っても留めることができず、どんなに悲しかっただろう、松浦佐用姫は。

【説明】
 佐賀県の松浦地方に伝わる伝説をもとにした歌です。朝廷の命令で朝鮮半島の任那、百済の救援に派遣された青年武将・大伴狭手彦は、停泊地である松浦の地で、身の回りの世話をしてくれた土地の長者の娘・佐用姫と恋に落ちます。やがて、出帆の時が来て、別離の悲しみに耐えかねた佐用姫は鏡山に駆け登り、軍船に向かい身にまとっていた領巾を打振りました。それでも名残はつきず、佐用姫は山から飛び降り、呼子加部島まで追いすがったものの、すでに船の姿はなく、悲しみのあまり七日七晩泣き続け、ついに石に化したといいます。

876・880 丹生王の歌

876
(あま)飛ぶや鳥にもがもや都まで送り申(まを)して飛び帰るもの
880
(あま)ざかる鄙(ひな)に五年(いつとせ)住まひつつ都の風俗(てぶり)忘らえにけり

【意味】
〈876〉大空を飛ぶ鳥になりたいものです。そうしたら、都まで飛んでお送りして帰れるものを。

〈880〉都から遠い田舎に五年も住み続けて、都の風習をすっかり忘れてしまったよ。

【説明】
 作者が大宰府に赴任していた時に作った歌。876は、都に帰る人を見送ったときの歌。

886〜891 山上憶良の歌

886
うち日さす 宮へ上ると たらちしや 母が手離れ 常知らぬ 国の奥処(おくか)を 百重山(ももへやま) 越えて過ぎ行き 何時(いつ)しかも 京師(みやこ)を見むと 思ひつつ 語らひ居れど 己(おの)が身し 労(いたは)しければ 玉桙(たまほこ)の 道の隈廻(くまみ)に 草手折り 柴取り敷きて 床じもの うち臥(こ)い伏して 思ひつつ 嘆き臥(ふ)せらく 国に在らば 父とり見まし 家に在らば 母とり見まし 世間(よのなか)は かくのみならし 犬じもの 道に臥(ふ)してや 命過ぎなむ
887
たらちしの母が目見ずておほほしく何方(いづち)向きてか吾(あ)が別るらむ
888
常知らぬ道の長手(ながて)をくれぐれと如何(いか)にか行かむ糧米(かりて)は無しに
889
家に在りて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死ぬとも
890
(い)でて行きし日を数へつつ今日今日と吾(あ)を待たすらむ父母らはも
891
一世(ひとよ)にはニ遍(ふたたび)見えぬ父母を置きてや長く吾(あ)が別れなむ

【意味】
〈886〉都へ上ろうと母の手を離れ、普通に生活していたら知ることもなかった異郷の奥地へと、多くの山を越えて旅をし、いつになったら都が見られるだろうかと思いながら、皆と語っていたけれど、自分自身が病気で苦しいので、道の曲がり角に草を手折り小枝を取り敷いて、その上に寝床であるかのように倒れ伏し、思いに沈みながら嘆くのは、故郷にいたなら父が看病してくださるだろう、わが家にいたなら母が看病してくださるだろう。世の中はこのようでばかりあるらしい、犬でもないのにまるで犬のように道に倒れ伏して、私の命は絶えていくのか。

〈887〉母の目も見ずに、心は沈み、どちらの方角を向いて、私は別れていくのか。

〈888〉ふだんの生活では知ることもなかった長い道のりを、悲しみに沈みながらどのように進もうか、食べる物もないのに。

〈889〉わが家にいて母が看病してくれたなら心も慰められるだろうに、たとえ死ぬとしても。

〈890〉旅に出てからの日を数えながら、今日は帰るか今日は帰るかと今ごろ私を待っていらっしゃるだろう、父は母は。

〈891〉この世では二度と会うことのできない父母を残し、永遠に私は別れていくのか。

【説明】
 「うち日さす」は「宮」の枕詞。「たらちしや」は「母」の枕詞。「玉桙の」は「道」の枕詞。

892・893 山上憶良による貧窮問答の歌

892
風まじり 雨降る夜の 雨まじり 雪降る夜は 術(すべ)もなく 寒くしあれば 堅塩(かたしほ)を 取りつづしろひ 糟湯酒(かすゆざけ) うちすすろひて 咳(しはぶ)かひ 鼻びしびしに しかとあらね 髭(ひげ)かき撫でて 我(あれ)を除(お)きて 人は在らじと 誇ろへど 寒くしあれば 麻衾(あさぶすま) 引き被(かがふ)り 布肩衣(ぬのかたぎぬ) 有りのことごと 服襲(きそ)へども 寒き夜すらを 我(われ)よりも 貧しき人の 父母は 飢ゑ寒(こ)ゆらむ 妻子(めこ)どもは 乞(こ)ひて泣くらむ この時は 如何にしつつか 汝(な)が世は渡る
天地(あめつち)は 広しといへど 吾(あ)が為は 狭(さ)くやなりぬる 日月(ひつき)は 明(あか)しといへど 吾が為は 照りや給はぬ 人皆か 吾のみや然る わくらばに 人とはあるを 人並に 吾(あれ)も作るを 綿も無き 布肩衣の 海松(みる)の如(ごと) わわけさがれる 襤褄(かかふ)のみ 肩にうち懸け 伏盧(ふせいほ)の 曲盧(まげいほ)の内に 直土(ひたつち)に 藁(わら)解き敷きて 父母は 枕の方に 妻子どもは 足(あと)の方に 囲み居て 憂へさまよひ 竈(かまど)には 火気(ほけ)ふき立てず 甑(こしき)には 蜘蛛(くも)の巣かきて 飯(いひ)(かし)く 事も忘れて ぬえ鳥の のど吟(よ)ひ居るに いとのきて 短き物を 端(はし)きると 云へるが如く 楚(しもと)取る 里長(さとをさ)が声は 寝屋戸(ねやど)まで 来立ち呼ばひぬ 斯(か)くばかり 術無きものか 世間(よのなか)の道
893
世のなかを憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば

【意味】
〈892〉風まじりの雨が降る夜、雨まじりの雪が降る夜は、どうしようもなく寒くてたまらず、粗塩を少しずつかじりながら糟湯酒をすすったりして、絶え間なく咳き込み、鼻汁をびしびしすすり上げ、大してありもしない髪を撫でては、私のように立派な人間はいないと誇ってみるけれども、やはり寒くて仕方がない、それで麻の夜具を引っかぶり、布の肩衣をあるだけ重ね着しているのだが、それでも寒い夜を、私より貧しい人たちの父や母はさぞ飢えて凍えていることだろう。妻や子は腹をすかして泣いているだろう。こんなとき、あなたたちはどのようにして世を渡っていくのか。
 天地は広いとはいえ、私のためには狭くなったのか。太陽や月は明るいというものの、私のためには照ってくださらないのか。人も皆そうなのか、私だけそうなのか。幸いに人と生まれたのに、人並みに耕作して働いているのに、綿も入っていない布の肩衣の、まるで海松のように裂けて破れて垂れ下がった襤褸(ぼろ)のみを肩にかけ、掘っ立て小屋で傾きかけた中に、地面に直接わらを敷き、父や母は上の方に、妻子は下の方に、身を寄せ合って嘆き悲しみ、かまどには火の気を立てることもなく、こしきにはくもの巣がかかり、飯を炊くことなどすっかり忘れて、ぬえ鳥のように弱々しく鳴いているのに、すごく短い物の端をさらに切り取るという言葉のように、鞭(むち)を持った里長の声は、寝床にまでやって来ては呼び立てる。これほどにどうしようもないものなのか、世間を渡る道とは。

〈893〉この世を辛く身も痩せ細るような所と思うけれども、この世から飛び立つことはできない、鳥ではないから。

【説明】
 貧窮にあえぐ者が問答した形に作った歌で、893は長歌892の反歌。作者が筑前守の任務を終えて帰京後の第一作とされます。作者自身の生活が歌に読まれたわけではなく、国守時代の見聞が参考になっているようです。末尾に「山上憶良頓首謹上」とあり、有力者への献歌であることがわかりますが、その相手が誰かは知られていません。

897〜903 山上憶良の歌

897
たまきはる うちの限りは 平らけく 安くもあらむを 事もなく 喪なくもあらむを 世間(よのなか)の 憂けく辛けく いとのきて 痛き瘡(きず)には 辛塩(からしほ)を 注くちふがごとく ますますも 重き馬荷(うまに)に 表荷(うはに)打つと いふことのごと 老いにてある 我が身の上に 病をと 加へてあれば 昼はも 嘆かひ暮らし 夜はも 息づき明かし 年長く 病みしわたれば 月重ね 憂へさまよひ ことことは 死ななと思へど 五月蝿(さばへ)なす 騒く子どもを 打棄(うつ)てては 死には知らず 見つつあれば 心は燃えぬ かにかくに 思ひ煩ひ 音(ね)のみし泣かゆ
898
慰むる心はなしに雲隠り鳴き往く鳥の哭(ね)のみし泣かゆ
899
(すべ)もなく苦しくあれば出(い)で走り去ななと思へど児等(こら)に障(さや)りぬ
900
富人(とみひと)の家の子どもの着る身なみ腐(くた)し捨つらむ絹綿(きぬわた)らはも
901
荒栲(あらたへ)の布衣(ぬのきぬ)をだに着せかてにかくや嘆かむ為(せ)むすべをなみ
902
水沫(みなわ)なすもろき命も栲縄(たくづな)の千尋(ちひろ)にもがと願ひ暮らしつ
903
しつたまき数にもあらぬ身にはあれど千年(ちとせ)にもがと思ほゆるかも

【意味】
〈897〉この世に生きている限りは、平穏で安らかにありたいのに、無事でありたいのに、世の中の憂鬱と辛さは、「とりわけ痛い傷に辛い塩をふりかける」という諺のように、「重い馬荷にいっそう上荷を積み重ねる」という諺のように、年老いてしまった我が身の上に、病気まで重なっているので、昼はずっと歎いて過ごし、夜はずっと溜息をついて明かし、そうやって長の年月病み続けてきたので、幾月も呻吟した挙句、いっそ死のうと思うけれども、騒ぎ回る子供たちを捨てて死ぬことはできず、その子たちを見つめていると、心は燃え立ってくる。あれこれと思い悩み、声を上げて泣くばかりだ。

〈898〉自分で自分を慰めることもできずに、雲に隠れながら鳴いていく鳥のように声をあげて鳴いている。

〈900〉裕福な家の子供が着余して、腐らせて捨てる絹や綿の着物は、何とまあ。

〈901〉粗末な布の着物すら、なかなか着せてやることができず、こうして嘆くのだろうか、どうする手立ても無くて。

〈902〉あぶくのように脆い命も、千尋の長さであってほしいと願いながら、一日一日を送っている。

〈903〉物の数にも入らない我が身ではあるけれども、やはり千年でも生きられるなら生きたいと思われるよ。

【説明】
 70歳を過ぎた作者の歌。「老身に病を重ね、年を経て辛苦(くる)しみ、また児等を思ふ歌」とあります。富裕な家庭に対する貧者のうらやみの気持ちを、子どもの姿を通して詠んだものですが、作者自身はそれほど貧しい身分にあったわけではないので、貧者に同情し、それに代わって歌ったとされます。
 897の「たまきはる」は「うち」の枕詞。「五月蝿なす」は「騒く」の枕詞。898の「雲隠り鳴き往く鳥の」は「哭のみし泣かゆ」を導く序詞。902の「栲縄の」は「千尋」の枕詞。903の「しつたまき」は「数にもあらぬ」の枕詞。

904〜906 山上憶良の歌

904
世の人の 貴び願ふ 七種(ななくさ)の 宝も我は 何(なに)(せ)むに わが中の 生まれ出(い)でたる 白玉の わが子 古日(ふるひ)は 明星(あかぼし)の 明くる朝(あした)は 敷妙(しきたへ)の 床の辺(へ)去らず 立てれども 居(を)れども 共に戯(たはぶ)れ 夕星(ゆふつづ)の 夕(ゆうべ)になれば いざ寝よと 手を携(たづさ)はり 父母(ちちはは)も 上は勿(な)(さか)り 三枝(ささくさ)の 中に寝むと 愛(うつく)しく 其(し)が語らへば 何時(いつ)しかも 人と成り出でて 悪(あ)しけくも 善(よ)けくも見むと 大船(おほぶね)の 思ひ憑(たの)むに 思はぬに 横風(よこしまかぜ)の にふふかに 覆(おほ)ひ来(きた)れば 為(せ)む術(すべ)の 方便(たどき)を知らに 白妙(しろたへ)の 襷(たすき)を掛け まそ鏡 手に取り持ちて 天(あま)つ神 仰ぎ乞ひ祈(の)み 地(くに)つ神 伏して額(ぬか)つき かからずも かかりも 神のまにまにと 立ちあざり われ乞ひ祈(の)めど 須臾(しましく)も 快(よ)けくは無しに 漸漸(やくやく)に 容貌(かたち)くづほり 朝な朝な 言ふこと止み たまきはる 命絶えぬれ 立ち踊り 足 摩(す)り叫び 伏し仰ぎ 胸うち嘆き 手に持てる 吾(あ)が児(こ)飛ばしつ 世間(よのなか)の道
905
若ければ道行き知らじ幣(まひ)はせむ黄泉(したへ)の使(つかひ)負ひて通らせ
906
布施(ふせ)置きてわれは乞ひ祈(の)むあざむかず直(ただ)に率(ゐ)(ゆ)きて天路(あまぢ)知らしめ

【意味】
〈904〉世間の人が貴び欲しがる七種の宝であろうと、私にとって何になろう。私たち夫婦の間に生まれてきた白玉のようなわが子古日は、明けの明星が輝く朝になっても、白い布を敷いた寝床を離れず、立っていても座っていても私たちにまとわりつき、宵の明星が出る夕方になると、さあ寝ようと手を取って、父さんも母さんもぼくの側から離れないで、三枝のようにぼくが真ん中に寝るよと、かわいらしくあの子が繰り返し言うので、早く一人前になって悪くも良くもその将来を見たいと、大船に乗ったつもりで頼りにしていたのに、思いもかけずすさまじい風が突然に襲ってきて、どうする方法も手段も分からず、白い布のたすきをかけ、まそ鏡を手に持ちかざして、天の神を仰いでは願い祈り、地の神に伏して額をつき、病気を治してくださるとしても治してくださらないとしても、すべては神の思し召し通りにと、立ち上がって狂ったように私は願い祈ったが、しばらくも快方に向かうことなく、だんだん元気がなくなり、日ごとに物も言わなくなり、命が絶えてしまった。飛び上がり地団駄を踏んで叫び嘆き、地に伏し天を仰いで、胸をたたいて嘆いたが、掌中にいつくしんだわが子を、横風に飛ばされて失ってしまった。これが世の中の道なのか。

〈905〉まだ幼いので、黄泉の国への道が分からないだろう。贈り物をするから黄泉の国の使よ、どうかわが子を背負って行ってやってください。

〈593〉あなたが恋しくてどうしようもなく、私は奈良山の小松の下に立って嘆いています。

〈906〉お布施を奉って、私はお願いしお祈りします。別の道に誘うことなく、まっすぐ連れて行って、天までの道を教えてやってください。

【説明】
 「敷妙の」は「床」の枕詞。「夕星の」は「夕」の枕詞。「三枝の」は「中」の枕詞。「白妙の」は「襷」の枕詞。

万葉集トップ 巻第一 巻第二 巻第三 巻第四 巻第五 巻第六 巻第七 巻第八 巻第九 巻第十 巻第十一 巻第十二 巻第十三 巻第十四 巻第十五 巻第十六 巻第十七 巻第十八 巻第十九 巻第二十

このページの先頭へ 次へ


歌人ピックアップ