本文へスキップ

天が知っている

 古代中国でのお話です。後漢時代の中国は、宦官が官僚社会で幅をきかせ、政治がたいへん腐敗した時代でした。しかし、なかには高潔で立派な官僚もいました。第6代・安帝のころの楊震(ようしん)という人が、その一人です。

 楊震は、関西(函谷関以西の地)の出身で、たいへんな博学であると共にとても清廉潔白な人物でした。多くの人々が、彼を「関西の孔子」と呼んで称えていたほどです。その楊震が東莱郡(山東省)の太守に任命されたときのお話です。
 
 楊震が任地に向かう途中、ある宿に泊まっていたとき、夜遅くに、昌邑県の県令(県の長官)の王密という人物がひそかに彼を訪ねてきた。

「太守さま、お久しゅうございます。荊州(湖北省)でお引き立てをいただいておりました王密でございます」

「ああ、しばらくだったね」

 楊震は、王密のことをよく覚えていた。かつて楊震が荊州の監察官に任じられていたころ、その高い学識を見込んで取り立ててやった男だ。二人は大いに昔話に興じたが、そのうちに、王密が懐から金十斤を取り出して楊震に贈ろうとした。金十斤といえばかなりの大金だ。しかし、楊震は、穏やかながらも、きっぱりと王密の申し出をはねつけた。

「私は、今でも君の高い学識と人となりもはっきりと覚えている。それなのに君は、私がどういう人間であるかを忘れてしまったのか?」

「いいえ、太守さま。太守さまがどれほど高潔なお方であるかは今でも肝に銘じております。ですが、この金は決して賄賂のようなものではありません。ただ、昔の御恩へのほんのお礼の気持ちなのです」

「君は、私が見込んだどおりに立派に成長して県令になった。これからもまだまだ栄進して世のために尽くすだろう。私に対する恩返しは、もうそれで十分に果たしているではないか」

「太守さま、そんなに堅苦しくお考えにならないでください。それに、こんな夜中ですし、また、この部屋には太守さまと私の二人しかおらず、誰も知らないのですから」

 この言葉を聞いて、一瞬、楊震の目がキッとなったが、なおも穏やかに王密を見つめていた。そして、静かに王密を諭した。

「誰も知らないということはないだろう。まず、天が知っている。神が知っている。それに君も知っている。私だって知っているではないか」

 この言葉に、さすがに王密は恥じ入って引き下がった。そして、その後、楊震の高潔さはますます磨かれて、やがて大尉(兵事をつかさどる最高官)の位にまでのぼりつめた。

呂蒙正の器量

 中国・宋の2代目の皇帝である太宗のとき、科挙に合格、その後とんとん拍子に出世して宰相となった呂蒙正(りょもうせい)という人がいました。あまりの出世ぶりに、ほかの臣からはずいぶん妬まれていたようです。

 呂蒙正がはじめて参政となり、朝廷に出仕したときのことです。物陰から彼を指さして、「あんなつまらぬ男が参政とは」と言った朝臣がいました。

 呂蒙正は聞こえないふりをして通り過ぎました。しかし、収まらなかったのが、彼の同僚です。「けしからん。わしがあの男の官名と姓名を問いただしてやる」と息巻いたのです。呂蒙正はあわてて同僚を止めました。

「もし私があの男の姓名を知ってしまうと、終生忘れられなくなる。なまじ知らない方がよい。他人を問い詰めなかったからといって、こちらが損をするわけではない」

 呂蒙正がこう言ったという話が、たちまち朝廷内に広まり、呂蒙正の器量の大きさが知られるようになったのです。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

優しい言葉をかければ、信頼が生まれる。
相手の身になって考えれば、結びつきが生まれる。
相手の身になって与えれば、愛が芽生える。
 
〜老子

 

 

 

 

目次へ