ことわざ集→あ行か行さ行/た行/な行は行ま行や行ら行〜

た行

大海の一滴(いってき)

非常に広いところにとても小さなものがあることのたとえ。類:九牛の一毛

大海は芥(あくた)を選ばず

大海は川からゴミが流れ込むのを問題にしない。大人物は度量(どりょう)が広くてさまざまな人を受け入れる、という意。

醍醐味(だいごみ)

妙味(みょうみ)。最高の楽しさ。「醍醐」は牛乳を精製して作った濃くて甘い液で、最高の味覚とされた。

大山(たいざん)鳴動(めいどう)して鼠(ねずみ)一匹

前ぶれの騒(さわ)ぎばかり大きくて、結果がとても小さいこと。

大事の前の小事

大きな事をしようとするにあたっては、小事に気を配って慎重(しんちょう)にしないと、油断から失敗することがある。類:大事は小事より起こる。

大地に槌(つち)

絶対にはずれないことのたとえ。類:槌で大地をたたく

大は小を兼(か)ねる

大きいものは、小さいものの役目もすることができる。

大欲は無欲に似たり

大きな望みを持っている人は小さな利益など問題にしないから、一見欲がないかのように見えること。

宝の持ち腐(ぐさ)れ

役に立つものを持っているのに、しまいこんで使わない。

鷹(たか)は飢(う)えても穂(ほ)をつまず

タカは空腹で飢(う)え死にしそうになっても、百姓の作ったイネの穂を食べるようなことはしないという意味で、正義の人はどんなに困ってもわいろを取るなどの不正は行わないということ。

多芸は無芸

多くの芸に通じていると、かえって専門といえる技量がない。類:なんでも来いに名人なし

他山(たざん)の石

他の事がらを参考にして自分に役立てること。よその山から出た粗悪(そあく)な石でも、宝石を磨(みが)くのに使える。どんなつまらないこと、また、自分より劣(おと)っている人の言行でも、自分の才能や人格を磨く反省の材料とすることができる。類:人のふり見てわがふり直せ

情けは人の為(ため)ならず

情け)いが返ってくという教え。類:思えば思わるる

蛇足(だそく)

余計なつけたし。無用のもの。楚(そ)の神官の召使たちが酒をもらい、皆で蛇(へび)を描き、最初に描きあげた者が酒を飲もうと競った。真っ先に描いた者が自分の速さを自慢(じまん)して「自分はまだ足まで描ける」と言って描き加えたため、蛇の絵でなくなり、勝負に負けて酒を飲みそこなったという話。

畳(たたみ)の上の水練(すいれん)

理論や方法を学ぶだけで、実践(じっせん)的な訓練(くんれん)を怠(おこた)ること。

立っている者は親でも使え

自分の用に親を使うなど、本来はとんでもないことだが、急ぐ場合には、そばに立っている人なら誰かまわず、たとえ親でも手伝ってもらえ。

立つ鳥後を濁(にご)さず

立ち去るときに、あとしまつをよくすべきであるということ。

立つより返事

人から呼ばれたら、立ち上がる前にまず返事をせよ。

立て板に水

立てかけた「板」に水をかけると、水は板をつたって下に流れ落ちるように、すらすらと言葉が出ること。

蓼(たで)食う虫も好き好き

タデという草の葉はたいへん辛(から)いのに、それを好んで食べる虫もいるところから、人の好みもさまざまであるということ。

盾(たて)の両面を見よ

盾は、その表側だけでなく裏側も見よ。栄光の裏には暴虐(ぼうぎゃく)と汚辱(おじょく)があるものだ。物事はその裏表(うらおもて)をよく観察したうえで、その価値を判断すべきだ。

立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹(ぼたん)歩く姿は百合(ゆり)の花

美人の姿をたたえることば。

棚(たな)から牡丹餅(ぼたもち)

思いもかけない良いことが起こること。

掌(たなごころ)を返す

何の苦もなくできること。または、利益のためにはてのひらを返すように今までと違う態度をとること。

他人の正目(まさめ)

損得(そんとく)関係のない人の見方は公平で正しい。 類:岡目八目

旅の恥(はじ)はかきすて

旅に出ると、知っている人がいないので、恥ずかしいことをしてもその場限りですむ。

多弁(たべん)に能なし

口数ばかり多い人は、実際には役に立たないものだ。

卵(たまご)に目鼻(めはな)

かわいらしい顔かたちの形容。反:炭団(たどん)に目鼻

玉に疵(きず)

そのことさえなければ申し分ないのに、惜しいことにちょっとした欠点があるということ。

玉磨かざれば器を成さず

どんなによい玉でも、磨かなければ宝の器物とならない。生まれつき素質(そしつ)がすぐれていても、学問や修養を積まなければ立派(りっぱ)な人物にはなれない。

便りのないのはよい便り

手紙が来ないのは無事な証拠(しょうこ)だから、心配する必要はない。

足るを知る者は富む

満足することを知っている人は、たとい貧しくても精神的には富んでいる。

短気は損気(そんき)

短気を起こすのは、器物をこわしたり、まとまる相談もやぶれたりして、結果から見て自分の損になる。

断機(だんき)の戒(いまし)め

学問を途中でやめれば、織りかけの機(はた)の糸を切るのと同じで何にもならないということ。孟子(もうし)が修業の途中で家に帰ってきた時、孟子の母は織りかけていた機(はた)を断って戒め、師のもとに追い返したという。

断金(だんきん)の交わり

きわめて堅(かた)い友情。金をも切断するほどに強固に結ばれた友情。

断腸(だんちょう)

きわめて悲しいこと。悲しみのあまり、はらわたがちぎれるような思いをする形容。

短兵急(たんぺいきゅう)

だしぬけ。にわか。無遠慮(ぶえんりょ)で突然な行動や表現をいう。「短兵」は短い武器。

このページの先頭へ

知音(ちいん)

よく心を知り合っている親友。知己(ちき)。

知己(ちき)

真の親友。自分の才能や人柄(ひとがら)をよく知ってくれる人。また、知り合い、知人の意にも使う。

竹馬(ちくば)の友

幼友達。いっしょに竹馬に乗って遊んだ幼(おさな)い時の友達。

知者は惑(まど)わず勇者は恐れず

知識のある人は物事の道理に通じているから、事に当たって惑(まど)うことがない。勇気のある人は事に当たって恐れることがない。

父の恩は山よりも高く母の恩は海よりも深し

父母の恩はきわめて大きい、という意。

治(ち)に居て乱を忘れず

世の中が平和な時でも、乱れた時のことを考え、その用意を忘れない。

血は水よりも濃(こ)い

他人よりは、やはり血のつながった身内のほうが頼りになる。血縁の力は強い。

茶腹(ちゃばら)も一時(いっとき)

茶を飲んだだけでも一時的に空腹を忘れることができること。わずかなものでも一時しのぎにはなる。

中原(ちゅうげん)に鹿(しか)を逐(お)う

ある地位を得るために相争うこと。

忠言は耳に逆らう

忠告の言葉は気にさわりがちだが、自分の行いにとってはためになる。

長者の万灯より貧者の一灯

長者がささげる万の灯明より、貧者がささげる精いっぱいの一つの灯明を、仏様は喜ばれる。貧しい人の真心のこもったささげ物は、たとえわずかであっても価値がある、という意味。

提灯(ちょうちん)に釣鐘(つりがね)

つり合わないものや比較(ひかく)にならないもののたとえ。類:月とすっぽん

塵(ちり)も積もれば山となる

ごくわずかなものでもたくさん積み重なると、ついには高大なものとなる。

血を以(も)って血を洗う

親子・兄弟・肉親どうしが争うこと。

沈黙は金(きん)

あまりくだらぬことをしゃべるものではない。黙(だま)っているほうが立派(りっぱ)だ。類:言わぬが花

月とすっぽん

ちょっと似てはいるが、実は比べ物にならないほどひどく違っていること。

月に叢雲(むらくも)花に風

名月にかかる雲、桜の花に吹く風。よいことにはとかくじゃまが入りやすい、思い通りにいかないことが多い、という意味。

月夜に釜(かま)を抜かれる

明るい月夜に釜を盗(ぬす)まれる。油断がはなはだしいことのたとえ。

月夜に提灯(ちょうちん)

道も明るい月夜に提灯をともす。不必要でむだなこと。類:昼のあんどん

月夜の蟹(かに)

月夜のカニには中身が少ないことから、頭の足らない人のことをいう。

角を矯(た)めて牛を殺す

少しの欠点を直そうとして、かえってそのものをだめにしてしまうたとえ。角の曲がりを直そうとして、牛を殺してしまう。つまらぬ末端(まったん)の事柄にこだわって肝心なものをそこなうこと。

罪を憎(にく)んで人を憎まず

犯した罪を憎むが、その人は憎まない。罪を犯した人間を憎んではならない。

爪(つめ)に火をともす

ろうそくの代わりに爪に火をともす。非常にけちなことのたとえ。類:爪から火が出る

鶴(つる)の一声

大勢であれこれ議論してもなかなか決まらなかったことが、えらい人の一言でそのまますぐ決まることをいう。

鶴は千年亀は万年

長命でおめでたいこと。

このページの先頭へ

泥中(でいちゅう)の蓮(はす)

ハスの花は泥(どろ)の中から咲くにもかかわらず白くてきれいなことから、汚れた環境の中にいてもその影響を受けることなく「けがれなさ」を保つこと。

敵に塩を送る

ふだんは相争っているライバルが、競合分野でない方面で困っている時、それに援助を与えること。戦国時代、甲斐(かい)の武田信玄が今川・北条両氏から経済封鎖(けいざいふうさ)をされて困っていた時、戦場では敵対していた越後(えちご)の上杉謙信が、信玄に塩を送ってこれを助けたという話に基づく。

敵は本能寺にあり

本当の目的は、見かけとは違って別のところにある。明智光秀が、備中(びっちゅう)の毛利勢を攻めるために出陣した行軍の途中で、急に方向を変えて、京都の本能寺にいた主君・織田信長を討った故事による。

敵を見て矢を矧(は)ぐ

目の前の必要に迫(せま)られて、初めて準備に取りかかる。類:泥棒を見て縄をなう。

鉄は熱いうちに打

大人になってからでは難しいので、純粋な気持のある若いうちにきたえておくとよい。

出る杭(くい)は打たれる

ほかの杭より高く出た杭は打ちへこまされる。差し出たふるまいをする者、または頭角(とうかく)を現す有能な者は、他から憎まれたり妨(さまた)げられたりする、という意。

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)

天地の間に自分より尊いものはないということで、人格の尊いことを示したことば。

天に唾(つばき)す

人をひどい目にあわせようとして、かえって自分がひどい目にあうこと。

天は二物(にぶつ)を与えず

人はよいところがあれば必ず悪いところがあるものだ。よいところばかりそろった人はいないものだ。

天は自ら助くる者を助く

だれにも頼らず独り立ちして努力する者に、天は幸福をもたらす。

天網(てんもう)恢恢(かいかい)疎(そ)にして漏(も)らさず

どんな小さな悪事でも、天罰を免れることはできない。天が張りめぐらした網の目は粗(あら)いが、悪事をはたらいた人は一人も漏(も)らさず処罰する。

頭角(とうかく)を表す

学識や才能が他の人より際立ってくること。

灯火(とうか)親しむべし

読書に適したよい時節。秋の夜はさわやかで、灯火の下で読書がよくできる。

唐人(とうじん)の寝言

何を言っているのか全くわけのわからない言葉。

灯台(とうだい)下(もと)暗し

燭台(しょくだい)のすぐ下は暗い。手近のことはかえってわからず、気がつかないでいる、という意。「灯台」は航路標識のそれではなく、油ざらに灯心を入れて火をともす昔の燭台(しょくだい)のこと。

問うに落ちず語るに落ちる

他人に聞かれると用心して秘密(ひみつ)をもらさないようにするが、自分から話し出すときには聞かれていないことまでついうっかりしゃべってしまう。

同病(どうびょう)相(あい)憐(あわ)れむ

同じ苦しみに悩(なや)んでいる者どうしは、同情の心が厚いということ。

豆腐(とうふ)に鎹(かすがい)

豆腐に鎹を打ち込む、という意味から、手ごたえがなく、少しも効き目がないこと。 類:のれんに腕押し・ぬかに釘

桃李言わざれども下自ら蹊を成す

(とうりいわざれどもしたおのずからけいをなす)
桃や李(すもも)は言葉を発することはないが、美しい花と美味しい実の魅力にひかれて人々が集まり、その下に自然と道ができる。徳ある者の下には何ら特別なことをせずとも自然と人々が集まって服するということ。

登竜門(とうりゅうもん)

出世の糸口をつかむこと。立身出世の関門のこと。黄河上流の竜門は急流の難所で、ここを登りきった鯉(こい)は竜になるという伝説があることから。

十日の菊、六日の菖蒲(あやめ)

手遅れで、大切なときに間に合わないことのたとえ。

遠くの親類より近くの他人

遠く離れた親類よりも近くに住む他人のほうがいざという時、かえって頼(たよ)りになる。

時は金(かね)なり

>時間を無駄(むだ)にしてはいけない。

毒にも薬にもならぬ

平々凡々(へいへいぼんぼん)で、いてもいなくてもどうでもよい存在。 類:沈香も焚かず屁もひらず

得を取るより名を取れ

金をもうけることよりも名誉(めいよ)のほうが大切だ。反:名を取るより得を取れ

毒を食らわば皿(さら)まで

毒を食べてしまった以上は、それを盛(も)った皿までなめる。悪事に手を染めた以上は、徹底的に悪事を重ねる、という意味。

毒をもって毒を制す

悪いものを取り除くには、思いきってほかの悪いものを使え。

所変われば品変わる

土地土地で風俗や習慣もいろいろ違う。

年寄りの冷や水

年寄りの飲む冷たい水。老人にふさわしくない危ないことをする意。

塗炭(とたん)の苦しみ

泥(どろ)にまみれ火に焼かれるような、非常な苦しみ。

隣の花は赤い

何でも他人のものがよく見えて、うらやましいこと。 類:隣の芝生は青い

怒髪(どはつ)冠(かん)を衝(つ)く

非常に怒ったようす。はげしい怒りのために髪の毛が逆立って、かぶっている冠をつきあげる、という意。

鳶(とび)が鷹(たか)を生む

平凡な両親から優れた子供が生まれる。「瓜の蔓(つる)に茄子はならぬ」「蛙(かえる)の子は蛙」に対する言葉。

百里を行く者は九十里を半ばとす

百里の道を行こうとする者は、九十里行ってやっと半分まで来たと考えよ。何事も完成に近づくと気がゆるみ失敗しやすいから、九分どおり済んだあたりを半分と心得て努力せよ、という意。

鳶(とび)に油揚げをさらわれる

自分のものになるはずの大切なものを、いきなり横取りされてしまう。

虎(とら)に翼(つばさ)

勢力のある者にさらに勢いを添(そ)えること。類:鬼に金棒

捕らぬ狸(たぬき)の皮算用

まだ捕まえてもいないのに、狸の皮がいくらで売れるかな、などと計算することで、どうなるかわからないものを当てにして、色々考えること。

虎(とら)の威(い)をかる狐(きつね)

うしろだての有力者の権勢(けんせい)をかさに着ていばること。

虎(とら)の尾を踏(ふ)む

非常に危険なことをする。類:薄氷を踏むが如し

虎(とら)は死して皮をとどめ、人は死して名を残す

人は死んだ後も、立派(りっぱ)な人だったなあと言われるようにいつも心がけなさいという教え。

取りつく島もない

どれもみな同じくらいで、特にすぐれたものがないこと。

どんぐりのせいくらべ

太公望(たいこうぼう)の妻(つま)は、読書ばかりしている太公望に愛想をつかして出ていったにもかかわらず、彼が斉の宰相(さいしょう)になったら復縁(ふくえん)を求めた。この時太公望は水の入ったお盆をひっくり返し、「元に戻せたら希望に応じる」と言った。この中国の故事から、一度別れた夫婦は元には戻(もど)らないということ。また、一度やってしまったことは取り返しがつかないことをいう。

飛んで火にいる夏の虫

自分から進んで危険や災難(さいなん)にとびこむことのたとえ。

ことわざ集→あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行〜

このページの先頭へ 次へ



P R

西洋のことわざ

◆恋も人生も、すぐ冷める。
 
◆冗談で人が知れる。
 
◆一冊の本は、一年の旅行にも勝る。
 
◆高慢な人は損ばかりする。
 
◆悪い職人はいつも道具をけなす。
 
◆食卓は歳をとらない(イタリア)・・・大勢で食卓を囲みおしゃべりを楽しむことが元気の源という意味。
 
◆にんじんは煮えてしまった・・・「万事休す」
 
◆お人よしは多くの人の負担になる。
 
◆自由にさせておくと、よい妻でもダメになる。
 
◆知識のない熱心さは光のない火である。
 
◆新しいものはすべて美しく見える。
 
◆人は深い傷を負っても治るが、悪評を立てられると命取り。
 
◆4月の雨は5月に花を咲かせる。
 
◆中身のない袋はまっすぐに立たない。
 
◆陽気な心は長生きをもたらす。
 
◆短さはウィットの魂だ・・・冗談は短いものほどよいということ。
 
◆早起きの鳥は虫を捕まえる
 ・・・「早起きは三文の徳」
 
◆ダイヤモンドより、歯のほうを1000倍も大事にすべきだ。
 
◆愛と戦争では全てのことが正当化される。
 
◆東でも西でも、家が一番。
 
◆どんな喜びも、その背に苦しみを背負っている。
 
◆生きるために食べろ、食べるために生きるな。
 
◆なんでも出来る人には、すぐれた芸はない。
 
◆恋する者には、バラの花も棘(とげ)なしに見える。
 
◆泣きながら習うと、やがて笑いながら稼ぐ。
 
◆判断を下すには、左右同じような耳を持つ必要がある。
 
◆苦難にあるときの友人は真実の友人。
 
◆健全な心は健全な肉体に宿る。
 
◆誰と付き合うかでその人がどんな人かは分かる。
 
◆賢者への言葉は一言で足りる。
 
◆恋を望む者に友情を与えることは、渇きで死にそうな者にパンを与えることだ。
 
◆こぼしたミルクを嘆いても仕方がない・・・「腹水盆に返らず」
 
◆運のいい人のためには、おんどりでさえ卵を産む。
 
◆衣服が人をつくる。
 
◆1オンス分の予防は、1ポンド分の治療の価値がある。
 
◆怠け者は泥棒と同じだ。
 
◆吠えないイヌと、無口な者には用心せよ。
 
◆一日一個のリンゴは医者を遠ざける。
 
◆表紙から本はわからぬ。◆阿呆と金はすぐに分かれる。
 
◆少しぐらい病気があったほうが長生きする。
 
◆同じ羽の鳥は集まる・・・「類は友を呼ぶ」
 
◆光るもの全て金ならず。
 
◆悲観的な人は単によく知っている楽観的な人だ。
 
◆罪の意識は告発者を必要としない。
 
◆行動は言葉より雄弁に語る。
 
◆悪人に囲まれた善人は、最も悪人に見えるものだ。
 
◆ポット一杯のミルクは1滴の毒で台無しになる。
 
◆みんなの仕事は誰の仕事でもない。
 
◆自制ができぬうちは、自由だとはいえぬ。
 
◆ローマは一日にしてならず。
 
◆わが家の暖炉は、隣の家の暖炉よりあたたかい。
 
◆子どもたちには、黄金よりもむしろ良心という立派な遺産を残すべきである。
 
◆大工の良し悪しは切りくずを見ればわかる。
 
◆40歳になってもバカなやつは全くのバカである。
 
◆偉い人と大きな川の近くに住むものではない。
 
◆財布が軽けりゃ心が重い。
 
◆良妻と健康とは男の最上の富である。
 
◆生ける犬は死せるライオンにまさる。
 
◆一葉落ちて天下の秋を知る。
 
◆詩人は生まれるもので、作られるものではない。
 
◆メロンと女の中味はなかなか分からない。
 
◆男の年は気持ち通り、女の年は顔つき通り。
 
◆賢者は時に考えを変えるが、愚者は決して変えない。
 
◆欲しがる子供、尾を振る犬に物を与えると、犬はよい犬になり、子供は悪い子になる。
 
◆狼に羊の番をさせるな。
 
◆助言は誰にでもしてやれ、しかし誰の保証人にもなるな。
 
◆友人と酒は古いのに限る。
 
◆悪人にほめられるのはそしられたのと同じである。
 
◆博打と女と酒は笑いながら男を破滅させる。
 
◆最大の憎しみは最大の愛から生ずる。
 
◆くじゃくは羽は美しいが、足は汚い。
 
◆親牛を見たことのない者は、子牛を見て大きな獣だと思う。
 
◆どの鳥にとっても自分の巣が一番よい。
 
◆料理人が多すぎると、スープがうまくできない。
 
◆貧困は夫婦喧嘩のもと。
 
◆太陽はすべての物を同じように照らす。
 
◆遠くでなら我々を明るく照らす火も、近くでは火傷をさせる。
 
◆子どもが生まれたら犬を飼いなさい。子どもが赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。子どもが幼年期の時、子どもの良き遊び相手となるでしょう。子どもが少年期の時、子どもの良き理解者となるでしょう。そして、子どもが青年になった時、自らの死をもって子どもに命の尊さを教えるでしょう。

おすすめ記事

がんばれ中学受験生!

ちょっと美しい日本語