おくの細道

・漂泊の思ひ ・草 加室の八島日光参詣那須野黒 羽雲巌寺殺生石白河の関須賀川忍ぶの里佐藤庄司の旧跡飯 塚笠 島宮城野塩釜の明神松 島石 巻平 泉尿前の関尾花沢立石寺最上川羽黒山月山、湯殿象 潟越後路市振の関金 沢小 松那 谷大 垣

おくの細道  

漂泊の思ひ

(一)
 月日は百代(はくだい)の過客(くわかく)にして行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口をとらへて老いを迎ふる者は日々旅にして旅をすみかとす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年(こぞ)の秋、江上(かうしやう)の破屋(はおく)にくもの巣を払ひて、やや年も暮れ、春立てる霞(かすみ)の空に白河の関越えんと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きにあひて取るもの手につかず、ももひきの破れをつづり、笠の緒(を)をつけ替へて、三里に灸(きう)すうるより、松島の月まづ心にかかりて、住める方(かた)は人に譲り、杉風(さんぷう)が別墅(べつしよ)に移るに、

  草の戸も 住み替わる代(よ)ぞ ひなの家

 面(おもて)八句を柱に掛け置く。

【現代語訳】
 月日は、過去から未来へ百代にもわたるほどの旅人であり、行く年来る年もまた同じような旅人である。舟の上に身を浮かべて一生を過ごし、馬をひきながら老いていく者は、日々が旅であって、旅を自らのすみかとしている。古人も多く旅の途上で死んでいる。私もいつの年からか、片雲が風に誘われるように漂泊の思いがやまず、海浜をさまよい、去年の秋に隅田川のほとりのあばら屋に戻り、くもの巣を払って住み、やがて年も暮れ、年が明けたら立春の霞が立ちこめる空の下で白河の関を越えたいと願い、そぞろ神がとりついて私の心を狂わせ、道祖神の招きにあって取るものも手につかず、ももひきの破れをつくろい、笠のひもをつけかえて、足の三里に灸をすえているうちから、松島の月がまず気にかかって、すみかは人に譲り、杉風の別宅に移る時に、

<こんなわびしい草庵でさえ住みかわる時が来た。ひな祭りのころでもあり、(私が住んでいたときと違い)ひなを飾った、はなやかな家になることだろう。>

と詠んで、(この句を発句にして)表八句を庵の柱に掛けておいた。
 
(注)三杉・・・芭蕉の門人杉山元雅の俳号。
(注)表八句・・・連句の形式を示す語。

(二)
 弥生も末の七日、あけぼのの空 瓏々(ろうろう)として、月は有り明けにて光をさまれるものから、不二の峰かすかに見えて、上野・谷中の花の梢またいつかはと心細し。むつまじきかぎりは宵(よひ)よりつどひて舟に乗りて送る。千住といふ所にて舟を上がれば、前途三千里の思ひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の涙をそそぐ。

  行く春や 鳥啼き魚の 目は涙

 これを矢立の初めとして行く道なほ進まず。人々は途中に立ち並びて、後ろ影の見ゆる間ではと見送るなるべし。

【現代語訳】
 三月も末の七日(二十七日のこと)、あけぼのの空はぼんやり霞み、月は有り明けの月で光は消えつつあるが、遠くに富士の峰がかすかに見え、近くは上野・谷中の桜の梢を再び見るのはいつの日かと心細く思う。親しい人々はみな前の晩から集まって、舟に乗って送ってくれる。千住という所で舟から上がると、この先三千里もの長旅のことを思い、感慨で胸がふさがり、この幻であるはずの巷に離別の涙を流すのである。

<もう春は過ぎ去ろうとしている。その離別を思い鳥も啼き、魚の目にも涙があふれているようだ。>

 これを旅の句の書き始めとして旅立ったが、ますます足が進まない。人々は道に立ち並んで、私たちの後姿が見えているかぎりはと、見送っていることだろう。
 
(注)矢立・・・携帯用の筆記用具。

↑ ページの先頭へ

草加

 ことし、元禄(げんろく)(ふた)とせにや、奥羽長途の行脚(あんぎや)、只(ただ)かりそめに思ひたちて、呉天(ごてん)に白髪の恨みを重ぬといへども、耳にふれて、いまだ目に見ぬ境(さかひ)、若し生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう草加といふ宿(しゆく)にたどり着きにけり。痩骨(そうこつ)の肩にかかれる物先づ苦しむ。只身すがらにと出でたち侍るを、紙子(かみこ)一衣(いちえ)は夜の防ぎ、ゆかた・雨具・墨・筆のたぐひ、あるはさりがたき餞(はなむけ)などしたるはさすがに打ち捨てがたくて、路次(ろじ)の煩(わずら)ひとなれるこそわりなけれ。

【現代語訳】
 今年はといえば元禄二年。奥州への遠路の旅をふと思い立ち、あの呉の国のような辺鄙(へんぴ)な地の空の下で、髪が白くなるほどの苦労を重ねるといえども、耳には聞いてもまだ見たことのない土地を見て、もし生きて帰れたらと、当てにならないほのかな期待を行く末にかけ、その日ようやく草加という宿場にたどり着いた。痩せて骨ばった肩にかかる荷物が、まず私を苦しめる。ただ身体一つでと装って旅立ったが、紙子一枚は夜の寒さの防ぎに、またゆかた・雨具・墨・筆など、あるいは断れない餞別などしてくれた品々は、さすがに捨てられず、道中の煩いとなったのは仕方がない。

(注)紙子・・・厚手の和紙に柿の渋を何回も塗って乾かしてつくった着物。

↑ ページの先頭へ

室の八島

 室(むろ)の八島(やしま)に詣(けい)す。同行(どうぎやう)の曾良(そら)がいはく、「この神は木(こ)の花さくや姫の神と申して、富士一体なり。無戸室(うつむろ)に入りて焼き給ふ誓ひのみ中に、火々出見(ほゝでみ)の尊(みこと)生れ給ひしより、室の八島と申す。また煙を詠みならはし侍るもこの謂(いは)れなり。はた、このしろといふ魚を禁ず。縁起の旨(むね)、世に云ふ事も侍りし」。

【現代語訳】
 室の八島明神に参詣する。道連れの曾良が言うには、「ここの祭神は、木花開耶姫(このはなさくやひめ)の神と申しまして、富士の浅間神社の神と同じです。この神が塗りごめの室に入って火をつけて焼かれたときの誓いの最中に、彦火火出見(ひこほほでみ)の尊がお生まれになったので、ここを室の八島と申します。また、ここでは煙にちなんだ歌を詠む習わしになっていますのも、この言い伝えからです。またこの地では、このしろという魚を食べるのを禁じています。こうした八島神社の由来が世に伝わっているようでございます」。

(注)焼き給ふ誓ひ・・・木花開耶姫が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の后になられたとき、一夜で懐妊したのを疑われ、もし尊の御子でないなら焼け失せるであろうと身の潔白を誓い、出口のない室に入り、火をつけられた。その最中に彦火火出見の尊が生れたとの故事。

↑ ページの先頭へ

日光参詣

 卯月(うづき)朔日(ついたち)、御山(おやま)に詣拝(けいはい)す。往昔(そのかみ)この御山を二荒山と書きしを、空海大師(くうかいだいし)開基(かいき)の時、日光と改め給ふ。千歳(せんざい)未来をさとり給ふにや、今この御光(みひかり)一天にかかやきて、恩沢(おんたく)八荒(はつくわう)にあふれ、四民安堵の栖(すみか)(おだや)かなり。なほ憚(はばか)り多くて、筆をさし置きぬ。

  あらたふと 青葉若葉の 日の光

 黒髪(くろかみ)山は霞かかりて、雪いまだ白し。

  剃(そ)り捨てて 黒髪山に 衣更(ころもがへ)  曾良(そら)

 曾良は河合氏(かはひうぢ)にして、惣五郎といへり。芭蕉の下葉(したば)に軒をならべて、予が薪水(しんすい)の労をたすく。このたび松島・象潟(きさかた)の眺め共にせん事を悦(よろこ)び、かつは覊旅(きりよ)の難をいたはらんと、旅立つ暁(あかつき)、髪を剃りて墨染(すみぞめ)にさまをかへ、惣五を改めて宗悟とす。よつて黒髪山の句あり。衣更の二字、力ありてきこゆ。

 廿余丁、山を登つて滝あり。岩洞(がんどう)の頂より飛流して百尺、千岩(せんがん)の碧潭(へきたん)に落ちたり。岩窟(がんくつ)に身をひそめ入りて、滝の裏よりみれば、裏見の滝と申し伝へはべるなり。

  しばらくは 滝に籠るや 夏(げ)の初(はじめ)

【現代語訳】
 四月一日(陰暦)、日光山に参詣する。昔はこの御山を「二荒山」と書いていたが、弘法大師がここに寺を創建された時、日光と改められた。千年も先のことをお分かりになっていたのだろうか。今ではこの日光東照宮のご威光は天下に輝き、そのお恵みは国の八方に満ちあふれ、四民はみな安楽に過ごしている。これ以上は恐れ多いので、筆をもてあそぶのは控える。

 <ああ、尊いものだ、権現様のまします日光の御山の青葉若葉にさんさんと輝く初夏の日の光は。>

 黒髪山には霞がかかっているものの、雪がまだ白く残っている。

 <髪を剃り捨てて黒染めの衣に着替えて江戸を立ったが、この黒髪山で衣更えの日を迎えたことだ。>

 曾良は河合氏の出で、名を惣五郎といっていた。芭蕉庵の近くに住居を構え、私の炊事の手伝いをしてくれていた。このたび、松島や象潟の風景を私と一緒に見ることを喜び、また私の旅の難儀を助けようと、旅立つ日の明け方、髪を剃って黒染めの僧衣に姿をかえ、名も宗悟と改めた。そうして、この黒髪山の句を詠んだわけである。「衣更」の二文字が、とくに力強く感じられる。

 二十余町ほど山を登っていくと、滝がある。岩の洞の頂上から飛ぶように流れ落ちること百尺、多くの岩に囲まれた真っ青な滝つぼに落ち込んでいく。岩の下に身をかがめて入り込み、滝の裏側から見ることができるので、裏見の滝と言い伝わっている。

 <しばらく滝の岩窟にこもっていると、あたかも夏籠りの修行の始まりのように清々しい気持ちになってくることだ。>

↑ ページの先頭へ

那須野

 那須(なす)の黒羽(くろばね)といふ所に知る人あれば、是(これ)より野越えにかかりて、直道(すぐみち)を行かんとす。遥かに一村(いつそん)を見かけて行くに、雨降り日暮るる。農夫の家に一夜をかりて、明くればまた野中を行く。そこに野飼ひの馬あり。草刈るをのこになげきよれば、野夫(やぶ)といへども、さすがに情知らぬにはあらず。「いかがすべきや。されどもこの野は縦横にわかれて、うひうひしき旅人の道ふみたがへん、あやしうはべれば、この馬のとどまる所にて馬を返し給へ」と貸しはべりぬ。ちひさき者ふたり、馬の跡したひて走る。ひとりは小姫(こひめ)にて、名をかさねといふ。聞きなれぬ名のやさしかりければ、

  かさねとは 八重撫子(やへなでしこ)の 名なるべし  曾良

 やがて人里に至れば、あたひを鞍(くら)つぼに結びつけて馬を返しぬ。

【現代語訳】
 那須の黒羽という所に知人があるので、これから那須野越えにかかって、まっすぐ近道を行くことにする。はるか遠くに一つの村を見つけて、それを目当てに進むうちに、雨が降り出し、日も暮れてしまった。農夫の家に一夜の宿を借り、夜が開けると再び野中を歩いていく。するとそこに、放し飼いにしている馬がいた。草刈りをしている男に近寄って嘆願すると、いなかの百姓とはいえやはり情けを知らないではない。「どうしたものか。案内はできないし、そうかといって、この野は道が縦横に分かれているので、不慣れな旅人は道を間違えるだろう。心配だから、この馬に乗っていき、止まったところで馬を追い返してください」と言って、馬を貸してくれた。小さな子どもが二人、馬のあとをついて走ってくる。その一人は小さな娘で、名を聞けば「かさね」という。聞きなれない名が優美に感じられ、曾良が、

 <「かさね」というのは、花ならさしずめ、乙女のような八重撫子の名だろう。>

と詠んだ。やがて人里に着いたので、駄賃を鞍つぼに結びつけて、馬を返した。

↑ ページの先頭へ

黒羽

 黒羽の館代(くわんだい)浄法寺何がしの方に音信(おとづ)る。

 思ひがけぬあるじの悦(よろこ)び、日夜語りつづけて、その弟桃翠(たうすゐ)などいふが、朝夕勤めとぶらひ、自らの家にも伴なひて、親属の方にも招かれ、日をふるままに、一日(ひとひ)郊外に逍遥して犬追物(いぬおふもの)の跡を一見し、那須の篠原(しのはら)をわけて、玉藻(たまも)の前の古墳をとふ。それより八幡宮に詣づ。与市扇の的を射(い)し時、「別してはわが国氏神正八幡」とちかひしも、この神社にて侍(はべ)ると聞けば、感応殊にしきりに覚えらる。暮るれば桃翠宅に帰る。

 修験(しゆげん)光明寺といふあり。そこにまねかれて行者堂(ぎやうじやだう)を拝す。

  夏山に 足駄(あしだ)を拝む 首途(かどで)かな

【現代語訳】
 黒羽の領主の館の留守居役である浄法寺なにがしの家を訪れた。

 思いがけない訪問に、主人の喜びようははなはだしく、昼も夜も語り続け、その弟の翠桃などという人が、朝夕まめまめしくやって来ては、自分の家に連れて行ってくれたり、親戚の所にも招いてくれたりして何日かを過ごしているうち、ある日、黒羽の郊外を散策して、かつて犬追物が行われた跡を一通り見物し、歌枕で有名な那須の篠原を踏み分けて、玉藻の前の古墳を訪ねた。それから八幡宮に参詣した。那須の与一が扇の的を射たとき、「とくに、わが郷土の氏神の正八幡」と祈ったのもこの神社ですと聞き、願いをお聞きになった神様のありがたさが、ひとしお感じられる。日が暮れたので、翠桃の家に帰った。

 修験道の光明寺というのがある。そこに招かれ、行者堂を参拝した。

<夏山を仰いでいると、これから越える奥州の山々を思い、役(えん)の行者の健脚にあやかりたいと、高足駄を拝む出発であることよ。>
 
(注)桃翠・・・「翠桃」を誤記したもの。
(注)足駄・・・一本歯の高足駄。行者堂にある「役の行者」の像が履いている。

↑ ページの先頭へ

雲巌寺

 当国 雲巌寺(うんがんじ)のおくに仏頂和尚(ぶつちやうをしやう)山居(さんきよ)の跡あり。
 「竪横(たてよこ)の五尺にたらぬ草の庵(いほ) むすぶもくやし雨なかりせば
と松の炭して岩に書きつけはべり」と、いつぞや聞え給ふ。その跡見んと、雲巌寺に杖を曳(ひ)けば、人々進んで共にいざなひ、若き人多く道のほどうちさわぎて、おぼえずかの麓に到る。山はおくあるけしきにて、谷道遥かに松杉黒く苔(こけ)しただりて、卯月(うづき)の天今なほ寒し。十景尽くる所、橋を渡つて山門に入る。

 さて、かの跡はいづくのほどにやと、後の山によぢのぼれば、石上(せきじやう)の小庵(せうあん)岩窟にむすびかけたり。妙禅寺の死関(しくわん)、法霊法師の石室を見るがごとし。

  啄木(きつつき)も 庵(いほ)はやぶらず 夏木立(なつこだち)

と、とりあへぬ一句を柱に残し侍りし。

【現代語訳】
 この国(下野国)の雲巌寺の奥に、仏頂和尚が山ごもりした跡がある。

 「<縦横が五尺にも足らない粗末な庵に住んでいるのも悔しいことだ。雨さえ降らなければ庵などなくても一所不住でいられるものを>と、松明の炭で岩に書きつけました」と、いつぞや和尚が私におっしゃった。その跡をみようと雲巌寺に向かうと、人々も進んで互いに誘い合い、若い人も多く、道中にぎやかに行くうちに、いつの間にか山寺のふもとに着いた。山は奥深いようすで、谷沿いの道が遥かに続き、松や杉がうっそうとして、苔がしたたり落ち、四月というのに今なお寒々としている。境内の十景が終わる所で、橋を渡って山門に入った。

 さて、あの跡はどの辺であろうかと、後ろの山によじ登ると、石の上に小さな庵が岩窟に寄せて作ってある。話に聞いた妙禅寺の死関や法霊法師の石室を見ているような気がする。

<夏木立の中で啄木が木をつつく音がする。でもさすがにこの庵だけはつつき破らなかったようだ。>

と、とりあえず作った一句をその庵の柱に残しておいた。

↑ ページの先頭へ

殺生石

 これより殺生石(せつしやうせき)に行く。館代(くわんだい)より馬にて送らる。この口付きのをのこ、「短冊(たんざく)得させよ」と乞ふ。やさしき事を望み侍るものかなと、

  野を横に 馬ひきむけよ ほととぎす

 殺生石は温泉(いでゆ)の出づる山陰(やまかげ)にあり。石の毒気(どくき)いまだほろびず、蜂・蝶のたぐひ、真砂(まさご)の色の見えぬほどかさなり死す。

【現代語訳】
 これから、殺生石に行く。領主の館の留守居役に馬で送ってもらう。この馬の手綱を引く男が、「短冊をいただきたい」と頼んでくる。馬子でありながら風雅なことを望むものだと感心し、次の句を書いて与える。

<那須野を馬で行くと、進む道の横にほととぎすの鳴く声がする。ほれ、そちらの方へ馬の鼻を向けてくれ、馬子よ。>

 殺生石は、那須温泉が湧き出る山かげにある。石の付近から噴き出す毒気は今も消えることなく、砂の色が見えないほどに重なり合って死んでいる。

↑ ページの先頭へ

白河の関

 心もとなき日数(ひかず)重なるままに白河の関にかかりて旅心定まりぬ。「いかで都へ」とたより求めしも理(ことわり)なり。中にもこの関は三関(さんくわん)の一にして、風騒(ふうそう)の人、心をとどむ。秋風を耳に残し、もみぢをおもかげにして、青葉のこずゑなほあはれなり。卯の花の白妙(しろたへ)に、いばらの花の咲きそひて、雪にも超ゆるここちぞする。古人冠を正し衣装を改めしことなど、清輔(きよすけ)の筆にもとどめ置かれしとぞ。

  卯の花を かざしに関の 晴れ着かな  曾良

【現代語訳】
 何となく気持ちがはっきりしないまま、日が重なっていくうちに、白河の関にさしかかり、旅心が定まってきた。昔、平兼盛が「何とかして都へ(この感慨を伝えたい)」と方策を求めたのも道理だ。数ある関の中でも、この白河の関は三関の一つで、多くの風流人が心をとどめている。能因法師の歌にある「秋風」の音を耳にとどめ、頼政が詠じた「紅葉」を心に思い浮かべると、目の前の青葉の梢もいっそう趣深く感じられる。卯の花が真っ白に咲いているところへ、茨(いばら)の花が咲き添って、雪の季節に超えているような心地になる。古人が冠を正し、衣装を改めて通ったことが、清輔の著書にも書きとめられたとか。

<道端の)卯の花を髪飾りとして、白河の関を越えるときの晴れ着としたものだ。> 曾良(の歌)
 
(注)「いかで都へ」・・・平兼盛という歌人が詠んだ「たよりあらばいかで都へ告げやらむ今日白河の関は越えぬと」の歌。
(注)三関・・・奥羽の三関のこと。磐城の白河、常陸の勿来、羽前の念珠の三つの関所。
(注)清輔・・・藤原清輔。平安時代の歌人。

↑ ページの先頭へ

須賀川

 とかくして、越え行くままに、阿武隈川を渡る。左に会津根(あひづね)高く、右に岩城(いはき)・相馬(さうま)・三春の庄、常陸(ひたち)・下野(しもつけ)の地をさかひて山つらなる。影沼といふ所を行くに、今日は空曇りて物影うつらず。

 須賀(すか)川の駅に等窮(とうきゆう)といふものを尋ねて、四五日とどめらる。先ず、「白河の関いかに越えつるや」と問ふ。「長途の苦しみ身心つかれ、かつは風景に魂うばはれ、懐旧(くわいきう)に腸(はらわた)を断ちて、はかばかしう思ひめぐらさず。

  風流の 初(はじめ)やおくの 田植うた

無下(むげ)に越えんもさすがに」と語れば、脇・第三とつづけて、三巻となしぬ。

 この宿の傍(かたはら)に、大きなる栗(くり)の木陰をたのみて、世をいとふ僧あり。橡(とち)ひろふ太山(みやま)もかくやとしづかに覚えられて、ものに書きつけ侍る。その詞(ことば)

 栗といふ文字は西の木と書きて、西方浄土に便りありと、行基菩薩(ぎやうぎぼさつ)の一生杖にも柱にもこの木を用ひ給ふとかや。

  世の人の 見つけぬ花や 軒(のき)の栗

【現代語訳】
 そうこうして白河の関を越えていくうちに、阿武隈川を渡る。左手に会津根(磐梯山)が高くそびえ、右手には岩城庄・相馬庄・三春庄があり、この国と常陸・下野との国境として山々が連なっている。影沼という所を通っていったが、今日は空が雲っていて、物の影がうつっていない。

 須賀川の宿駅で等窮という者を訪ね、四五日とどまることとなった。等窮は、まずは「白河の関をどのように越えられましたか」と聞いてきた。私は、「長い道中の苦労で、見も心も疲れ、そのうえ、辺りの景色にすっかり心を奪われ、古人の風雅をしのぶ気持ちに堪えがたく、思うような句を案ずることができませんでした。それでも、

<白河の関を越えたところで鄙(ひな)びた田植え歌を聞いた。これがみちのくを旅する最初の風流であったことよ。>

と。一句もつくらずに越えるのは、やはり心残りでしたから」と語ると、すぐにこの句を発句として、第二句、第三句と続け、たちまち三巻の連句としてしまった。

 この宿場のはずれに、大きな栗の木陰をたよりにして、俗世から離れて暮らしている僧がいた。西行法師が「橡ひろふ」と詠んだ深山(みやま)もこんなふうであったかと、その閑寂さがしみじみ思われて、紙に書きつけた。そのことばは、

 栗という文字は、西の木と書き、西方浄土に縁があるとして、行基菩薩が一生、杖にも柱にもこの木を使われたそうだ。

<この庵の軒近くに栗の花が咲いている。しかし、あまりに地味なので、世間の人の目にはつかない。この庵の僧も同じようであり、まことに奥ゆかしいことだ。>

↑ ページの先頭へ

忍ぶの里

 あくれば、しのぶもぢ摺(ずり)の石を尋ねて、忍ぶの里に行く。遥か山陰(やまかげ)の小里(こざと)に石半ば土に埋(うず)もれてあり。里の童(わら)べの来(きた)りて教へける、「昔はこの山の上に侍(はべ)りしを、往来(ゆきき)の人の麦草をあらしてこの石を試み侍るをにくみて、この谷につき落せば、石の面(おもて)下ざまにふしたり」といふ。さもあるべき事にや。

  早苗(さなえ)とる 手もとや昔 しのぶ摺(ずり)

【現代語訳】
 夜が明けると、しのぶもじ摺の石をたずねて信夫の里に行った。はるか遠い、山かげの小さな村里に、その石は半分ほどが土に埋まっていた。村の子どもがやって来て教えてくれたのには、「昔はこの山の上にあったのですが、行き来する人たちが畑の麦の葉を荒らしてはその石に摺りつけて試すものですから、お百姓たちが嫌がって、この谷に突き落としたのです。それで、石の表面が下向きになっているのです」という。そうなったのもやむを得なかったのだろう。

<村の早乙女たちがせっせと田植えをしている手つきを見ていると、昔、しのぶ摺りをした手つきもこんなふうだったのかなと、しのばれる。>

(注)しのぶもぢ摺の石・・・「しのぶ摺」ともいい、昔、この地で産出した、布を凹凸のある石にあて忍(しのぶ)草の葉や茎をこすりつけて乱れた模様を染め出したもの。

(注)現代語訳は、現代文としての不自然さをなくすため、必ずしも直訳ではない箇所があります。

ページの先頭へ 次へ

「おくの細道」について

 1689年(元禄2年)の旅の経験をつづった芭蕉の俳諧紀行文。「月日は百代の過客(かかく)にして」に始まる冒頭など、よく知られた箇所が多く、日本の古典文学中もっとも親しまれている作品の一つである。

 旅の行程は晩春の3月27日、門人曽良(そら)をともなって江戸・深川を発ち、まず白河関(現福島県)をへて奥州に入り、その後は現在の宮城県、岩手県、山形県を経て北陸各地をめぐり、9月、大垣(岐阜県)に至って5ヶ月の旅を終える。「夏草や兵(つはもの)どもが夢の跡」は平泉(岩手県)で、「閑(しづか)さや岩にしみ入(いる)蝉(せみ)の声」は立石寺(山形県)でよまれた作である。

 同行した曽良の日記と比較すると、芭蕉の文章は実際の旅行を正確に記録したものではなく、多くの文学的虚構が含まれていることが知られる。芭蕉の誤りというわけではなく、あえて実際と異なる描写をしてでも、その場所の素晴らしさを表現しようとしたようだ。著作は芭蕉没後の1702年に刊行された。

関連記事

松尾芭蕉の略年譜

1644年
伊賀上野に生まれる
幼名金作、のち宗房
1656年
13歳の時に父親が死去
1662年
このころ藤堂藩の藤堂七郎家に出仕
北村季吟に師事し俳諧の道に入る
1672年
江戸に下る
1680年
徳川綱吉が将軍になる
1682年
「芭蕉」の号を用いる
1684年
「野ざらし紀行」の旅に出る
1687年
「笈の小文」の旅に出る
このころ元禄文化が盛ん
1688年
「更科紀行」の旅に出る
1689年
「奥の細道」の旅に出る
1694年
大阪で死去

 寛永21年(1644年)伊賀国上野(現在の三重県上野市)に生まれる。松尾家は農業を生業としていたが、苗字を持つ家柄だった。若くして藤堂藩伊賀付侍大将家の嫡子藤堂良忠の近習となり、その感化で俳諧を学ぶ。良忠の死後、京都で北村季吟に師事。のち江戸に下り、俳壇内に地盤を形成、深川の芭蕉庵に移ったころから独自の蕉風を開拓した。
 天和2年(1682年)の天和の大火(いわゆる八百屋お七の火事)で庵を焼失し、甲斐国谷村藩の国家老高山伝右衝門に招かれ流寓する。
 その後しばしば旅に出て、『野ざらし紀行』・『鹿島紀行』・『笈の小文』・『更科紀行』などの紀行文を残した。元禄2年(1689年)、弟子の河合曾良を伴って『奥の細道』の旅に出、8月に大垣に到着。
 その最期も旅の途中であり、大阪御堂筋の旅宿・花屋仁左衛門方で「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の句を残して客死した。

「おくの細道」の旅程

カッコ内は陽暦の日付
 
3月27日(5月16日)
 江戸を出発
4月1日(5月19日)
 日光
4月4日(5月22日)
 黒羽
4月20日(6月7日)
 白河の関跡
4月22日(6月9日)
 須賀川
5月2日(6月18日)
 飯坂
5月4日(6月20日)
 仙台
5月9日(6月25日)
 松島
5月12日(6月28日)
 平泉
5月17日(7月3日)
 尾花沢
5月27日(7月13日)
 立石寺
5月28日(7月14日)
 大石田
6月13日(7月29日)
 酒田
6月16日(8月1日)
 象潟
6月26日(8月11日)
 鼠の関
7月2日(8月16日)
 新潟
7月3日(8月17日)
 弥彦
7月4日(8月18日)
 出雲崎
7月12日(8月26日)
 市振
7月15日(8月29日)
 金沢
7月27日(9月10日)
 山中
8月12日(9月25日)
 福井
8月14日(9月27日)
 敦賀
8月16日(9月29日)
 種の浜
8月29日(10月12日)
 大垣

P R

古典に親しむ