本文へスキップ

恋愛経験とオペラ作曲

 オペラのストーリーといえば、何といっても様々に渦巻く男女の恋愛模様?でありますね。そんなオペラ作品を数多く残した作曲家と、まったく書かなかった作曲家がいます。その違いの理由は何だろうと考えてみますに、好き嫌いもあったでしょうけど、やはり作曲家自身の恋愛経験の度合いが大きく影響しているんでしょうか。オペラを書くに際しては、実際の恋愛や結婚生活を通じて、男女関係の「機微」をいかに深く理解しているかが重要だった?

 たとえば、オペラ作品が1曲もないブラームスは、25歳のときに婚約した相手がいたにもかかわらず「私は結婚に踏み切れない」といって破棄し、一生独身を通しましたし、「オペラをつくるのは結婚するより難しい」との言葉まで残しています。若い時は超イケメンでしたから、ずいぶんモテたようなんですが・・・。同じくオペラを書かなかったブルックナーは、もともと文学的素養が乏しかったともいわれますが、恋愛においては10代の少女ばかりを愛し、結局一度も実らなかった(9回フラれたって)。

 ベートーヴェンも、片思いは何度か経験したものの、生涯独身を通した人です(彼もすごくモテたという話もありますが)。彼は、モーツァルトの不倫ドタバタ劇『フィガロの結婚』やプレイボーイの『ドン・ジョヴァンニ』、恋人スワッピングの『コシ・ファン・トゥッテ』などをひどく毛嫌いしていたそうで、それでも自分もオペラを書かなきゃと思ったのか、いろいろ台本を探して『フィデリオ』という美しい夫婦愛を謳ったオペラを一つだけ残しています。

 もっとも、この3人の事例のみで、恋愛経験が乏しい作曲家はオペラが書けなかったと決めつけるのはよろしくないかもしれません。それ以外の事情があったかもしれない。さらに有名なオペラを残した作曲家のすべてが深い恋愛経験を経ているかどうかも定かではありませんし、大恋愛をしたのにオペラを書かなかった作曲家もいますからね。ただ、少なくとも上述の3人については、オペラを書かなかった理由が何となく分かる気がします。

 そういえば、全く違う話ですが、昔、某都市銀行では「独身者は支店長になれない」という不文律が長らく存在していたと聞きました。結婚という大きな人生経験を経ていない独身の支店長では、妻子のある部下たちへの細やかな配慮ができない、あるいは多くの部下を掌握するための愛情や人情の機微に欠けるという思惑があったようです。さすがに今ではそうした差別的なルールは廃されたようですが、でも全く理解できない話ではありません。オペラ作品のない作曲家について思いを寄せたとき、ちょっと思い出した次第です。

おもなオペラ作品

モンテヴェルディ ポッペーアの戴冠/ウリッセの帰還/オルフェオ
モーツァルト ドン・ジョヴァンニ/魔笛/フィガロの結婚/コシ・ファン・トゥッテ/皇帝ティートの慈悲/後宮からの逃走/クレタ王イドメネオ
ワーグナー トリスタンとイゾルデ/タンホイザー/ローエングリン/ニュルンベルクのマイスタージンガー/ニーベルングの指環/パルジファル
ヴェルディ ドン・カルロ/椿姫/オテロ/ファルスタッフ/シモン・ボッカネグラ/リゴレット/アイーダ/トロヴァトーレ
プッチーニ ラ・ボエーム/トゥーランドット/蝶々夫人/トスカ
ビゼー カルメン
R・シュトラウス ばらの騎士/サロメ
ロッシーニ セビリアの理髪師/ウィリアム・テル
ウェーバー  魔弾の射手
ドビュッシー ペレアスとメリザンド


目次へ ↑このページの先頭へ

初めてオペラを観た人は、必ずドラマチックな体験をしたと言う。好きになる人もいれば、嫌いになる人もいる。好きになればオペラは一生の友となるし、嫌いならオペラは君の魂にはなり得ない。
 
〜映画『プリティ・ウーマン』から

目次へ