本文へスキップ

 クラシック音楽はよく「癒し」になるといわれます。でもそれだけではありません。じっくり耳を傾けていると、人生についていろいろと語りかけてくれる、そして人生の栄養源になってくれる。それがクラシック音楽だと思っています。皆さまも、どうぞクラシック音楽に耳を傾けてください!

目次

一流に触れて、一流になる
クラシック音楽が分かるとは?
コンサートホールのこと
フォーレの《レクイエム》
ベートーヴェンの《交響曲第5番》
モーツァルトの音楽には自我がない?
オーケストラによる音色の違い
若書きの作品は薄っぺらい?
モーツァルトの『フィガロの結婚』
クラシック音楽の曲名
ショスタコーヴィチの《交響曲第5番》
マーラーの《交響曲第1番》
マーラーによる「異化効果」
ペールギュントの『朝』
ブルックナーの《交響曲第7番》

ブラームスの《交響曲第1番》
メンデルスゾーンの『真夏の夜の夢』
ヴェルディのオペラ『椿姫』
クラシック音楽と抽象的思考
ベートーヴェンの《ピアノ協奏曲第3番》
恋愛経験とオペラ作曲
シューベルトの交響曲第7番『未完成』
発想標語
チャイコフスキーの二面性?
哀しみのクラシック音楽ファン
ワーグナーの舞台神聖祝典劇『パルジファル』

ラフマニノフの《ピアノ協奏曲第2番》
ドボルザークの《交響曲第8番》
アンチ・カラヤン
モーツァルトの《交響曲第40番》
ヘンデルの『水上の音楽』
ブルックナーの《交響曲第9番》
わが街の音楽?
ベートーヴェンの《交響曲第9番》
モーツァルトの《ピアノ協奏曲第27番》

このページの先頭へ