本文へスキップ

ブラームスの《ヴァイオリン協奏曲》

 多くの作曲家がヴァイオリン協奏曲を作曲しており、ピアノ協奏曲と並んで協奏曲の重要なジャンルとされています。ヴィヴァルディ、J.S.バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、パガニーニ、メンデルスゾーン、ブラームス、ブルッフ、シベリウス、チャイコフスキーなどの作品が有名で、これらの中から3作品を選んで3大ヴァイオリン協奏曲だとか、5作品を選んで5大ヴァイオリン協奏曲とか言われます。皆さまだったらどの曲を選ばれますでしょうか。

 不肖私の場合の3大は、ベートーヴェンブラームスは当確なのですが、あと1曲が定まりません。一般にはメンデルスゾーンがよく挙げられます。確かに出だしの美しいメロディーは超有名ですが、憚りながら曲全体としてどうも深みに欠ける気がします。規模もこじんまりした感じで、そんなに好きではないです。選ぶとすればヴィヴァルディの『四季』かチャイコフスキーあたりかなという感じです。

 「深み」という点では、やはりブラームスが筆頭ではないでしょうか。多くのファンの方々も同様のご意見だと思います。彼が45歳のときの作品で、当時、ヴァイオリンの技巧ばかり強調する協奏曲が流行していたのに反抗して作ったともいわれます。彼のピアノ協奏曲と同様にとてもシンフォニックで重厚でありながら、ソロの渋みが実に味わい深いです。もっとも、この曲を聴いたチャイコフスキーは「私の好みに合わない」とか「詩情が欠けているのに深遠さを装っている」などと酷評したそうです。チャイコフスキーはなぜかブラームスが嫌いだったようです。

 愛聴盤は、実はクラシックを始めて間もないころに単純にジャケ買いした、ヒラリー・ハーンの2001年録音のディスクです。ハーンがまだ新人さんだったころですが、どうしてどうして、今聴いても、技巧も音楽性もすばらしく、オケともぴったり融合、実に端正で気品あふれる演奏だと思います。今に至るまでずっとこればかり聴き続けています。なお、実際のハーンは、コンサートに行った友人によりますと、写真から受ける印象と違い、とてもお茶目で親しみやすい人柄だったそうですよ。

ブラームスの『ハンガリー舞曲集』

 ブラームスは19世紀のロマン派後期の人ですが、何となく古臭いといいますか、保守的なイメージがありませんでしょうか? たとえば、かのワーグナーやマーラーが活躍した時代に重なる人とは思えない。まー確かにブラームスが古典的枠組みのなかで作曲活動を行ってきたのは事実ですが、一方ではけっこう新しもの好きだったり、民族的な音楽にも興味を示したりもしたんですね。自作自演のレコードもつくったそうです。

 この『ハンガリー舞曲集』は、ブラームスがハンガリーのヴァイオリニスト、エドアルト・レメニイと付き合ううちにハンガリー・ジプシーの音楽に惹かれ、彼との演奏旅行中に採譜を続けたのが元になっています。最初はピアノ連弾のために出版され、爆発的な人気を博したそうです。その理由は、もちろん作品の魅力もありますが、当時のウィーンにハンガリー・ブームが起きていた影響が大きいともいわれます。

 ところが、『ハンガリー舞曲集』の成功を知ったレメニイが、これを盗作だとしてブラームスを相手に訴訟を起こしたのです。妬んだんでしょうね。しかし、そこは生真面目なブラームスのこと、出版に際し「作曲」ではなく「編曲」としていたのが幸いし、裁判はブラームスが勝訴。実際はブラームスが創作した部分もあるそうですが、全体としては自作ではなく編曲だとして、作品番号も付していないんです。

 元が民族音楽なので純粋なクラシック音楽といってよいのかよく分かりませんが、どれも数分の短い曲で、親しみやすいメロディばかりです。全部で21曲あるうち、5番目は誰もが知っている曲だと思います。これからクラシック音楽を始めようとする人は、案外こういうのから聴き始めたらいいかもしれませんね。私の愛聴盤は、オトマール・スウィトナー指揮、ベルリン・シュターツカペレによる演奏です。ブラームスに相応しい実直な美演かと思います。
 


目次へ ↑このページの先頭へ