本文へスキップ

たまに違うジャンルの音楽を聴く意義

 スピーカーなどのオーディオ機器にとって、いつも同じジャンルの音楽ばかりを聴くのではなく、たまに全く異なるジャンルの音楽を鳴らせて聴くのがよいという話があります。特定のジャンルの音楽ばかり鳴らしていると、音の出方に特定のクセがついてしまうからだそうです。

 うーん、これはどういうもんでしょうかしらね。本当にそういうことがあるのかどうか・・・。むしろ、スピーカー等のクセがどうこうより、自分の耳の方にクセがついてしまうのではないかと思うところです。ですから、たまに違うジャンルの音楽を聴く意義は、機器のためというより、むしろ自分自身の感覚、感性のリフレッシュのためではないかと。

 私の場合ですと、クラシック音楽以外の音楽、たとえばジャズっぽい女性ボーカルとか、日本の演歌などがそれに当たります。これら畑違いのジャンルの曲を「ほんのたまに聴く」というのがミソでして、実に刺激的で大いに気分転換になります。経験上、その必要性、有益性は強く感じておるところですが、こういうのは「クリティカルエイジ」の克服という科学的な観点からも大いに意味があるようです。

 クリティカルエイジというのは、私たち生物の身体の器官のそれぞれについて、あらかじめ決まっている機能の発達年齢のことだそうです。身体機能が最適化、固定化されるための期間、つまり脳の発達が終わると言われている学習限界年齢です。この段階では、単純記憶能力が優れているため、感覚的な記憶や知識を容易かつ深く身につけることができます。三つ子の魂百までっていうヤツですかね。

 しかし、これを反対解釈すれば、クリティカルエイジを過ぎてしまうと、新たな感覚や知識を吸収しにくくなるということでもあります。ある動物実験では、生まれて間もない猫の赤ちゃんに光を当てないと、その猫は一生目が見えなくなるという結果が報告されたそうです。ずいぶん残酷ですが、その実験が行われた一定の期間が、猫の視覚の発達に必要な最適化の期間だったため、その間に光を受けなかった猫の脳が「目は見えなくてもよい」と最適化・固定化してしまったというのです。

 音と身体に関しても、クリティカルエイジに似た現象は存在します。幸い、猫の実験のように、その期間内に聴かなかった音が聴こえなくなるわけではありませんが、それでも、常日頃、特定の音色(周波数帯)の音ばかり聴いていると、私たちの脳は「この周波数帯の音が心地よい」と最適化・固定化してしまい、それ以外の音を排除するようになってしまうそうです。
 
 それはそれでよいとする考えもあるかもしれません。好きな音だけ聴いていればいいじゃないか、わざわざ嫌な音は聴かなければいい、って。それも一理ある。でも、やっぱり幅広い感覚は身につけておきたいですよね。素晴らしい音楽が素晴らしく聴こえないというのは、実に残念で悲しいことですから。

音楽はヒトの血液中の赤血球を再生させる!

 うつ病などの治療法として「音楽療法」というのがありますね。もっぱらメンタル面での有効性がうたわれているわけですけど、新たな実験によれば、それ以外にも、音楽によって赤血球の数が増える、つまり血液に関して細胞が健康になることが実証されたというのです。

 さらに、いろいろなジャンルの音楽で試した結果が興味深いところでして、てっきり激しい音楽より、穏やかで心安まる静かな音楽のほうがよいのかと思いましたら、むしろ逆で、激しく賑やかな音楽のほうがたくさん赤血球が増えるそうです。クラシック音楽ファンとしてはちょっと残念です。

 反対に実験の中で唯一、赤血球が破壊されたのが105デシベルのホワイトノイズだそうです。ホワイトノイズというのは「ザー」とか「ゴー」という雑音のこと。たとえば電車が通るときの地下鉄内音が100デシベル、間近での車のクラクションが110デシベル。そういう音に晒されていると、赤血球は死に続けるそうです。とてもヤバイです。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

ダイナミックレンジ

機器が処理可能な音(信号)の大小の幅を示したもの。単位はデシベル(dB)。この数値が大きいほど小音量と大音量の幅が広くなり、音楽の表現力も豊かになる。

通常、音量を下げていくとやがて音源ソースは機器が持つノイズに埋もれていくので、これが信号の最小値になる。また、音量を上げていくとだんだん歪みが大きくなり、正しく信号が再生できなくなるので、これが最大信号の限界となる。

人間の聴覚が持つダイナミックレンジ、すなわち知覚できる最小の音圧と、苦痛を感じる最大音圧の比率は、およそ120dBといわれる。

聴感上の音量変化の幅が広い音を、「ダイナミックレンジが広い」などと表現する。一般のCDは96dB、レコードはおよそ65dBといわれる。

目次へ