美しい大和言葉

→あ行/か行さ行た行な・は行ま行〜

 美しい大和言葉

あ行

生憎(あいにく)

期待通りにならず残念であること。都合が悪いこと。

あがく

じたばたする。もがく。

あかつき

夜が明けるころ。

あからさま

はっきりしている。

明くる今日

明日。

明け暮れ

いつも。

あけぼの

夜がほのぼのと明けるころ。

朝な夕な

朝となく夕となく。いつも。

朝まだき

夜明け。

あたかも

ちょうど。まるで。

可惜夜(あたらよ)

明けてしまうのが惜しい夜。

(あで)やか

女性が、はなやかに美しく、なまめかしいさま。

あどけない

無邪気で悪気がない。

雨隠れ(あまがくれ)

雨宿り。

余すことなく

残らないように。

あまつさえ

そのうえ。

あまんじる

我慢して受ける。

(あま)つ日

太陽。

肖る(あやかる)

似る。

あらまし

おおよそ。だいたい。

ありがとう

感謝の言葉。

ありきたり

ありふれていること。珍しくないこと。

淡雪(あわゆき)

春先の、うっすらと積もって消えやすい雪。

あわよくば

うまくいけば。

案の定

思ったとおり。

いかめしい

立派で重々しい。

生きとし生けるもの

この世に生きているすべてのもの。あらゆる生物。

息の緒(いきのお)

命。

幾久しく

いつまでも長く。末永く。

いささか

ほんの少し。わずか。

誘い(いざない)

誘い。勧誘。

十六夜(いざよい)

陰暦十六日の夜。また、その夜の月。

いそしむ

精を出して励む。

いたたまれない

それ以上、その場にいられない。

痛み入る

相手の親切・好意に恐縮する。恐れ入る。

いたわる

弱い立場の人を大切に扱う。

出で湯(いでゆ)

温泉。

いとわない

嫌がらない。

(いにしえ)

過去。

今しがた

たった今。今さっき。

いみじくも

適切に。巧みに。

(いや)が上にも

なおその上に。ますます。

言わずもがな

言わない方がよいこと。言うまでもなく。

うしろめたい

やましいことがあり、気がとがめる。

泡沫(うたかた)

水面に浮かぶ泡。はかなく消えやすいもののたとえ。

空蝉(うつせみ)

この世に現に生きている人。転じて、この世。うつしみ。(「うつしおみ」が「うつそみ」を経て音変化したもの)

うつろ

内部が空(から)であること。気力を失い、ぼんやりしているようす。

うとい

親しくない。よく知らない。

心恋(うらごい)

心の中で恋しく思うこと。

うららか

晴れ晴れとして明るいようす。

おあつらえむき

注文したかのように希望通りの。

お暇(いとま)する

訪問先から帰ること。

逢瀬(おうせ)

男女が隠れながら逢うこと。

大暮れ

年末。

おおむね

おおよそ。だいたい。

おおらか

こころがゆったりとしていて、こせこせしないさま。

おかまいなく

お気遣いなく。お気になさらず。

奥ゆかしい

もっとよく知りたい。上品で心惹かれる。

遅ればせながら

遅くなりましたが。今更ではありますが。

おこがましい

出過ぎていて生意気なようす。

おさらい

教わったことを繰り返し確かめたり練習したりすること。復習。 芸事の師匠が弟子を集めて、日ごろ教えたことを演じさせること。

惜しむらくは

惜しいことに。残念なことに。

恐れ入りますが

恐縮ですが。たいへん申し訳ございませんが。

お手すきのときに

お暇なときに。

おのずから

自然に。ひとりでに。

お引き立て

お世話になっている。

(おぼろ)

ものの姿がかすんで、はっきりしないさま。

おめかし

化粧をしたり着飾ったりすること。

思いのほか

思っていた以上に。

思い人

恋人。愛しく思う人。

思いを馳(は)せる

遠く離れている人や物事を思いやる。

面影(おもかげ)

記憶によって心に思い浮かべる顔や姿。あるものを思い起こさせる顔つきやようす。

(おもて)も振らず

まっしぐら。

(おもむき)

風情。

おもむろに

ゆっくり、静かに。

折り合う

妥協する。

折り入って

特別に。心を込めて。

折から

ちょうどその時。

↑ このページの先頭へ

か行

かいがいしい

一生懸命で、動作がきびきびしているようす。

帰り花

11月頃の小春日和に、桜、梅、梨、ツツジなどの草木が本来の季節とは異なって咲かせた花のこと。

限り

死ぬこと。

かこつける

ある物事のせいにする。

風花(かざばな)

晴天に風に舞うようにちらつく雪。

陽炎(かげろう)

地面近くの空気がゆらゆらとゆらめく現象。密度の異なる大気が混ざりあって起きる、光の屈折。

(かしら)の雪

白髪。

風光る

春の日の光が照る中を、そよ風が吹き渡り、吹く風も輝くように見えるようす。

かたがた

〜をかねて。

かたくなに

頑固に。自分の意見や態度にこだわり、変えようとしないようす。

肩透かしを食う

意気込んで、また、大いに期待して臨んだのに、気勢をそがれる。

固め

約束。

かまける

あることに気を取られて、他のことをなおざりにする。

蚊遣り火(かやりび)

蚊取り線香。

かろうじて

やっとのことで。

兆(きざ)し

物事がこれから起ころうとするしるし。

きざはし

階段。(「きざ(刻)」は段々になっているさま、「はし(階)」は橋のように場所を繋ぐさま)

(きびす)を返す

後戻りする。引き返す。(踵は「かかと」のこと)

ぎょうぎょうしい

おおげさだ。

清らか

けがれのないさま。

口添え

横から言って助けること。

口汚し

客に飲食物を出すときにへりくだる表現。

くつがえす

ひっくり返す。

首っ丈(たけ)

人や物事に夢中になってしまうさま。

雲となる

死ぬ。火葬される。

暮れなずむ

日が暮れそうで、なかなか暮れないでいる。

気高い

貴い気品がある。品格が高い。

健気(けなげ)

心がけがよく、しっかりしているさま。特に、年少者や力の弱い者が困難なことに立ち向かっていくさま。

恋衣(こいごろも)

体にまとわりつくような恋を、衣にたとえた言葉。

恋の淵(ふち)

深い恋心を、淵にたとえた言葉。

小気味よい

行動ややり方などが鮮やかで、気持ちがよい。 快い感じを受ける。 痛快である。

此処彼処(ここかしこ)

こちらやあちら。あちこち。

心配り

あれこれと気を遣うこと。心遣い。

心ならずも

不本意ながら。しかたなく。

心の塵(ちり)

煩悩(ぼんのう)。

心映え(こころばえ)

心のありよう。心構え。思いやり。

心ばかり

ほんの気持を示すだけのしるし。(贈り物をするときなどに、へりくだって言う語)。

心待ちにする

期待して待っている。

心もとない

頼りなく、不安だ。

心を同じくする

他人と同じように感じるさま。

来し方行く末

過去と未来。過ぎてきた方向や場所と、これから行く方向や場所。

後世(ごせ)

あの世。

言祝ぐ(ことほぐ)

お祝いをのべる。喜びの言葉を言う。

こびる

気に入られようと振る舞う。

木漏れ日

生い茂った木々の葉の間から、漏れるように差し込んでくる日光。

今宵(こよい)

今日の宵。今晩。

こよなく

このうえなく。殊の外。

↑ このページの先頭へ

さ行

早乙女(さおとめ)

田植えをする女性。

咲きすさぶ

咲き乱れる。

ささらぐ

水がさらさらと音をたてて流れる。

細雪(ささめゆき)

細かい雪。まばらに降る雪。

差し合う

出会う。

差し支えなければ

都合がよければ。

しいたげる

ひどい扱いをする。

時雨(しぐれ)

晩秋から初冬の頃に、急に風が強まり、ぱらぱらと降ってはやみ、数時間で通り過ぎてゆく雨。

(したた)める

(手紙などを)書き記す。食事をする。

下にもおかぬ

非常に丁重に扱う。丁寧にもてなして下座(しもざ)に置かない。

しのぐ

なんとか我慢する。

東雲(しののめ)

夜明け。明け方。また、明け方に東の空にたなびく雲。

始末(しまつ)

節約。倹約。

しめじめ

雨がしとしと降るようす。

しめやか

ひっそりと静かなさま。心静かに落ち着いているさま。気分が沈んでもの悲しげなさま。

春霖(しゅんりん)

春にしとしと降る長雨。

生身(しょうじん)

肉体。

所在ない

することがなく退屈だ。

不知火(しらぬい)

九州の有明海や八代海 で、夜間に無数の光が明滅する現象。漁船の漁火 (いさりび) が屈折によって光像を作るために起こる。

すげない

親切心がない。

筋がいい

センスがいい。上手な。有望な。

(すばる)

牡牛(おうし)座にある、肉眼では六つ見える星。プレアデス星団。

すべがない

方法がない。

青嵐/晴嵐(せいらん)

霞(かすみ)。

せせらぎ

浅瀬などにささやかに流れる水の音。

蝉時雨(せみしぐれ)

たくさんの蝉が、あちらこちらで盛んに鳴くさまを、時雨に例えた言葉。

せんかたない

しかたない。

添う

結婚する。

そこはかとない

何となくある事が感じられるさま。

そぞろ

何かに気を取られ、落ち着かないさま。

ぞっこん

心の底から。

ぞっとしない

おもしろくない。感心しない。

そもそも

最初。元来。

空の鏡

月のこと。

空音(そらね)

空耳。

そらんじる

何も見ないで言えるようにする。そらで覚える。

↑ このページの先頭へ

ちょっと美しい日本語

昔の人たちが残してくれた、美しい日本語の数々。



大和言葉について

「和語」ともよばれる「大和言葉」は、漢語や外来語ではない、私たちのご先祖が作り出した生粋の日本の言葉です。飛鳥時代頃まで大和国や飛鳥地方を中心に話されていたとされ、日本に大陸文化が伝来する以前に、日本列島で話されていた言語そのものを指します。
 
やわらかくて温もりがあり、それでいて深い意味が込められた知的な表現にあふれている、とても素敵な言葉です。
 
ただし、大和言葉は古くは「和歌」の意味で用いられ、また宮中での「女房言葉」の意味で用いられることもあったようです。
 
今も使われている言葉もたくさんありますが、中にはめったに使われないけれど素敵な言葉がありますよ。

大和言葉と女の子の名前

あおい
あさか
かおる
このみ
こよみ
さかえ
さくら
さつき
さやか
さゆり
さよ
しずか
しずく
しのぶ
すみれ
たまき
ちあき
ちとせ
ちひろ
つかさ
つばき
つむぎ
ともえ
なぎさ
なごみ
なるみ
のぞみ
ひかり
みどり

大和言葉と男の子の名前

あきら
あつし
あゆむ
かおる
かずき
かずさ
かなめ
しげる
すばる
そら
たもつ
ちあき
つかさ
つばさ
ひびき
ひふみ
ほまれ
まこと
みのる
ゆうき
ゆずる
ゆたか

国 字

(日本でつくられた漢字)

鰯(いわし)
俤(おもかげ)
樫(かし)
裃(かみしも)
鱚(きす)
込(こ・む/こ・める)
糀(こうじ)
凩(こがらし)
榊(さかき)
笹(ささ)
鴫(しぎ)
雫(しずく)
躾(しつけ)
搾(しぼ・る/さく)
鯱(しゃち)
腺(せん)
凧(たこ)
襷(たすき)
鱈(たら)
辻(つじ)
峠(とうげ)
栃(とち)
凪(なぎ/な・ぐ)
匂(にお・い/にお・う)
萩(はぎ)
畑(はたけ/はた)
働(はたら・く/どう)
塀(へい)
枠(わく)
 
日本の国字は、全部で約150種類あるといわれています。

古典文学年表

奈良時代
712年 『古事記』
720年 『日本書紀』
759年 『万葉集』
平安時代
905年 『古今和歌集』
    『竹取物語』
    『伊勢物語』
935年 『土佐日記』
951年 『後撰和歌集』
    『大和物語』
    『宇津保物語』
974年 『蜻蛉日記』
    『落窪物語』
1000年 『拾遺和歌集』
1002年 『枕草子』
1004年 『和泉式部日記』
1008年 『源氏物語』
1008年 『紫式部日記』
1013年 『和漢朗詠集』
1055年 『堤中納言物語』
    『狭衣物語』
    『浜松中納言物語』
    『夜半の寝覚』
1060年 『更級日記』
    『栄華物語』
1086年 『後拾遺和歌集』
    『大鏡』
1106年 『今昔物語』
1127年 『金葉和歌集』
1151年 『詞花和歌集』
1169年 『梁塵秘抄』
1170年 『今鏡』
1187年 『千載和歌集』
1190年 『水鏡』
1190年 『山家集』
鎌倉時代
1205年 『新古今和歌集』
1212年 『方丈記』
1214年 『金槐和歌集』
1220年 『宇治拾遺物語』
1220年 『愚管抄』
    『保元物語』
    『平治物語』
1221年 『平家物語』
1235年 『小倉百人一首』
1247年 『源平盛衰記』
1252年 『十訓抄』
1280年 『十六夜日記』
1330年 『徒然草』
室町時代
1339年 『神皇正統記』
1356年 『菟玖波集』
1370年 『増鏡』
1374年 『太平記』
1391年 『御伽草子』
1400年 『風姿花伝』
1438年 『義経記』

ちょっと美しい日本語

みんなで自己研鑽

がんばれ凡人!情報局

 

 

 

 

 

           

四十九年
一炊の夢
一期の栄華
一杯の酒
 
〜上杉謙信

散りぬべき
時知りてこそ 世の中の
花も花なれ
人も人なれ
 
〜細川ガラシャ

おもいおく
言の葉なくて ついに行く
道は迷わじ
なるにまかせて
 
〜黒田如水

あふ時は
かたりつくすと思へども
別れとなれば
残る言の葉
 
〜大石主悦

曇りなき
心の月を さき立てて
浮世の闇を
照らしてぞ行く
 
〜伊達政宗