本文へスキップ

ドボルザークの《交響曲第8番》

 《交響曲第7番》までのドボルザークは、ブラームスの影響を強く受け、ドイツ的な原理による交響曲の作曲に力を入れていたといわれます。それが《第8番》になると様相がガラリと変わり、チェコ人としてのドボルザークの本領発揮といいますか、彼の交響曲の中で民族的情感がもっとも強く込められた曲になっています。またブラームスの《第2番》やマーラーの《第3番》のように、雄大な自然の情景に刺激を受けて作曲した例がありますが、ドボルザークでは《第8番》がそれに当たります。

 何せヨーロッパでは、めちゃくちゃ長い夏休みを風光明媚な避暑地で過ごすという、まことにうらやましい習慣がありますからね。ドボルザークも、かねてお気に入りのボヘミアの避暑地に別荘を建て、《第8番》はその地で夏から秋にかけて作られた曲です。翌年(1890年)の2月、自らの指揮によるプラハでの初演も大成功を収めたといいます。それにしても色々な楽曲でうたわれるボヘミアという土地、一度でいいから行ってみたいところです。

 《第8番》の特徴は、何といっても主題の旋律の長いフレーズにあります。多くの交響曲が、短い主題を構造物のように組み立てていく中にあって、《第8番》は交響曲としては珍しく息が長い旋律が主体となっています。それらはいずれもまことに魅力的で、全曲中もっとも有名な第3楽章はワルツのように滑らかで優美、第4楽章では、あの童謡「コガネムシ」(コガネムシは金持ちだ〜♪)に似たメロディーが現れるなど、リズムの面白さもあって実に楽しい! やはり明るく牧歌的な風景のなかで生まれた曲ならではありましょうか。

 なお、ドボルザークでいちばん有名で親しまれているのは第9番『新世界から』ですが、《第8番》のほうが優れていると評価する人が多いそうで、ドボルザーク自身もそう言っていたとか。皆さまはいかが思われますでしょうか。私もどちらが好きかといわれれば、やはり《第8番》のほうです。愛聴盤は、ジュリーニ指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団による1989年の録音です。ゆったりとして気品のある演奏がお気に入りです。

ドボルザーク(1841〜1904年)
 後期ロマン派に属するチェコの作曲家。ブラームスに才能を見出され、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。1892年にアメリカに渡り、ニューヨークの音楽院院長として音楽教育に従事する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。しかし、強いホームシックに襲われ体調を崩したこともあり、翌年に帰国。ウィーン楽友協会から名誉会員に推挙されるなど多くの名誉を受けた。

 また大の鉄道好きでもあり、1877年から住み始めたプラハのアパートがプラハ本駅からほど近かったことから、毎朝の散歩でこの駅を訪れることを日課にしていた。また作曲に行き詰まると汽車を眺めに行っていたとも伝えられる。
 


目次へ ↑このページの先頭へ