本文へスキップ

大地の「気」

 都会のあちらこちらに建設され人気の高いタワーマンション。しかし、その上層階に住む子供たちの”学び”にとっては「決していい環境とは思えない」という中学受験専門の家庭教師さんの主張を目にしました。年々、タワーマンション住まいの顧客が増えているなか、上層階に住む子供たちに特有の傾向に気づいたというのです。どうも成績が伸びにくい、って。

 そんなことが本当にあるのかなと思いますが、その理由を伺うとずいぶんなるほどと感じます。高層階ならではの、自然から遠ざかった非人間的な住空間。窓も開かないため、風を感じることも鳥のさえずりを聞くこともできず、五感が養えない閉鎖的な環境・・・。これらの条件が子供の成長に悪影響を及ぼしているのではないか、って。うーん、ひょっとして子供たちだけでなく、大人にとっても良くないことかもしれません。

 実は人間の体にとって、大地の「気」というか、大地から受けるエネルギーのようなものがとても大事だといいます。たとえば、マンションの高層階に引っ越したら、急に体調が悪くなったり、イライラするようになったり・・・。これは大地の「気」が上の階まで上がってこないからなんですね。家庭教師さんの主張を裏打ちするような話です。

 また、大地のエッセンスである「土」が少ない場所では、仕事でも恋愛でも何ごともきちんと完了せず、中途半端に終わりがちになってくるんだとか。土には、ものごとを締めくくり、完了させる力があるといいます。また不肖私は、ガーデニングなどによる「土いじり」はストレス解消の効果もとても大きいと感じています。土に触れることによって、農耕民族だった私たちの祖先の遺伝子が蘇って脳内が活性化される!

 ちなみに、大地の気が届くのは建物の何階までかというと、せいぜい3階くらいまでだそうです。じゃあ、それより上に住んでいる人はどうしたらいいか。答えは簡単、土をできるだけたくさん持ってくればいい。ベランダで植物をたくさん育てるようにすればいいんですって。

読書でストレス解消!

 ストレス解消に最も効果があるのは、カレーを食べることと読書することだそうですよ。カレーを食べるとクルクミンという成分が血液の流れを活発にしてくれるから。それでは読書はなぜストレス解消に効果的なのか?

 まずは、読書とは本の世界に入っていくことであり、脳の中を別の世界にしてしまうという仮想体験である。その別世界に浸ることで、現実の様々な負の感情や思考をいったん脳の中から追い出すことができる。そして、本を読んで想像することで、実際に経験したときのように脳が活性化する。実験で読書中の脳の様子をMRIで観察したところ、脳内に新しい神経回路さえ生まれたといいますから驚きです。

 テレビや映画では決してそんな現象は起きないそうです。テレビや映画で得られるのは、あくまで受身的情報であるのに対し、読書は自ら読む能動的行為ですからね。文字を捉えて文脈や行間を読み、さらにはイメージに変換する。そうした作業が活性化につながる。

 ただし、これは脳にとってけっこう負荷のかかる作業ですからね。あくまで自分なりのペースでこなしていく。ここんとこが肝心だろうと思います。だって同じ文字を読むのに、たとえば国語の試験の長文問題を読むときなど、ストレスの極致に至ってしまいますもんね。なお、読書でストレスを減少させることをビブリオセラピーと呼ぶそうで、英国では薬の代わりに本を処方するシステムがあるそうです。


目次へ ↑このページの先頭へ