本文へスキップ

ワーグナーの舞台神聖祝典劇『パルジファル』

 10作のオペラ作品を残したワーグナーの最後の作品となった『パルジファル』。もっともワーグナーはオペラとは別に「楽劇」という概念を打ち立て、この『パルジファル』も「舞台神聖祝典劇」と題しています。ワーグナーによる楽劇の特徴は、ふつうのオペラのようなレチタティーヴォ(話すように歌う部分)や独立したアリアは存在せず、ずっとオーケストラが鳴り続け、その中に歌手の歌声が織り交ざっていくという感じです。物語の進展や表現に、管弦楽の果たす役割がとても大きくなっていると感じます。

 物語の大まかなあらすじは次のようなものです。中世のスペインで、純潔を旨とする騎士団が「聖杯」を守っている。しかしその城主アムフォルタスは、謎の美女クンドリーの誘惑に落ち、さらに彼女を操っている魔法使いのクリングゾルに、自分が持っていた「聖槍」で腹を刺され、その槍も奪われてしまう。そしてその聖なる槍が、純粋無垢な若者であるパルジファルの手によって元の持ち主に戻り、彼の傷も癒える・・・。なお、「聖杯」「聖槍」とは、十字架に架けられたキリストの脇腹を突いた槍とその血を受けた杯のことです。

 ストーリー自体はそれほど複雑ではないものの、音楽はとても重厚かつ難解であり、クラシック初心者にはかなり取っつき難いように感じます。ワーグナーの楽劇の理想として、究極的には宗教的行為とする考えもあったといわれます。また『パルジファル』にはキリスト教の神秘性に直接触れる事柄が取り扱われているため、この劇をむやみに上演することを許さなかったとも。とすれば、本来、私どものような凡百かつ門外漢の人間が軽々に聴いてはならない音楽なのかもしれません。

 カラヤン指揮、ベルリンフィル他の演奏による1979〜1980年の録音は、カラヤンが70歳になったら録りたいと考えていて、その念願を叶えた作品だそうです。はたしてこの神聖で崇高、はたまた異様ともいえる気配、雰囲気はどうしたことでしょう。初めて耳にしたときは、こんな世界もあるのかと、ひどく驚嘆した次第です。その宗教的意味合いなどは殆ど理解できない私ですが、それでも、魂が激しく揺さぶられるようです。憚りながら、カラヤンが「70歳になったら・・・」との強い思いを抱いていた訳が、何となく理解できる気がします。

ビゼーのオペラ『カルメン』

 世界で一、二の人気を争う、フランスの作曲家ビゼーによるオペラ《カルメン》。実際のオペラを観なくとも、カルメンの名や、第一幕の前奏曲、《ハバネラ》《闘牛士の歌》などの歌やメロディーを知らない人はいないはず。フランスの作家プロスペル・メリメによる同名の小説が元になっていて、内容が改変されてオペラ化されました。その物語はおおよそ次のようなものです。

 舞台は1820年ごろのスペイン。衛兵の伍長であるドン・ホセには、ミカエラという心優しい婚約者がいる。そんなホセを、タバコ工場で働くジプシーの”あばずれ女”カルメンが誘惑する。ホセはカルメンの色香に迷い、ミカエラを捨てて軍を脱走し、カルメンのもとへ。そして密輸に手を染め、お尋ね者となる。しかし、自由奔放に恋するカルメンはその時すでに闘牛士のエスカミリオに恋をしていた。嫉妬に狂ったホセはカルメンを刺し殺す。

 実は1875年にパリのオペラ・コミック座で行われた初演の評判は芳しくなかったといいます。その理由として、ヒロインのカルメンの役どころが、それまでのオペラにはなかったような下賤な”あばずれ女”で、ストーリーも露骨な痴情もつれによる殺人事件だったこと、また、ヒロインの歌声が高音のソプラノではなくメゾ・ソプラノであったこと、などが挙げられています。

 さらに悪いことに、初演のわずか3か月後にビゼーは36歳の若さで亡くなってしまいます。持病の慢性扁桃炎による体調不良で静養していたところ、心臓発作を起こしての急死でした。後に世界的人気を得ることも知らず、失意のまま世を去ったのです。何とも気の毒というより他ありません。

 親しみやすく情熱的なメロディーの多い《カルメン》は、声楽抜きでオーケストラやヴァイオリンだけの組曲としても多く演奏されています。このようなオペラは他にはないのではないでしょうか。愛聴盤は、カラヤン指揮、ウィーン・フィル演奏の盤と、ショルティ指揮、ロンドン・フィルによる盤の2つです。とくに前者は、音楽之友社2017年版『名曲名盤500』で《カルメン》録音の第1位に選ばれています。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

決心によって正しくあるのではなく、習慣によって正しくなり、正しいことができるのみではなく、正しいことでなくてはやれないようにならねばならない。
 
〜ワーグナー

 

 

 

 

目次へ