本文へスキップ

オルフの『カルミナ・ブラーナ』

 19世紀初め、ドイツ南部のある修道院で、13世紀から14世紀にかけて作られた、ラテン語や古イタリア語で書かれた約300篇に及ぶ詩歌集が発見されました。酒や恋や性、若者の怒りなど世俗的なことが歌われていて、それらの中から24篇を選んで作曲したのが、ドイツ出身のカール・オルフによる『カルミナ・ブラーナ』です。第1曲目と最後に出てくる「運命の女神よ」はテレビのCMやドラマ、映画のBGMでよく流されているので馴染みのある人は多いはずです。

 混声合唱、少年合唱、ソプラノ・テノール・バリトンのソリスト、そしてオーケストラという大きな編成による音楽ではありますが、初めてこの曲を聴いたとき、私は「はたしてこれはクラシック音楽なのか?」との疑問を禁じ得ませんでした。原始的?ながらも小気味よいメロディーと力強いリズムが繰り返され、一度聴いたら忘れられないほど強烈なインパクトがあります。しかし、何とも素っ頓狂というか、とぼけたというか、ずいぶん奇異な音楽に感じたものです。しかし、まぎれもなくクラシック音楽なんですね。

 ところで、この曲が作られた1936年のドイツといえば、かのヒトラー率いるナチス全盛の時代です。歌詞には権力批判のような内容も含まれていたため、作品の発表に際しては細心の注意が払われたようです。結果、フランクフルトの劇場での初演は大成功。オルフは、初演当日に次のように語ったといいます。「これまでの私の作品は全て処分してください。カルミナ・ブラーナこそ私の出発となる作品です」

 若いころに第一次世界大戦に参戦し生死の境をさまよったというオルフ。その後も厳しい時代を生き抜いてきた彼は、『カルミナ・ブラーナ』の詩に接し、曲を付けるにあたり、自身の再生のきっかけとなる運命的なパワーを感じたのでしょうか。聴いている私たちも、何かが弾けるかのような強い衝撃を感じますし、滅茶苦茶ハイテンションになりますものね。CDはヨッフム指揮、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ほかによる演奏が定番です。とても50年余り前の録音とは思えない瑞々しさ! なお、この録音にはオルフ自身も立ち会ったそうです。

ストラヴィンスキーの『春の祭典』

 クラシック音楽を始めてまだ間もないころ、いろいろな曲を手あたり次第に聴いたなかで、何に期待を裏切られたかって、ストラヴィンスキーのバレエ音楽『春の祭典』ほどそう感じた曲はございません。題名から、てっきり春らしいうららかな音楽だろうとイメージして聴いたら、どこまで行っても不協和音の連続、リズムも変てこ。まるで妖怪が出てきそうな雰囲気なものだから、「何じゃーこりゃー」と愕然としたものです。

 あまりのショックに、すぐ解説を紐解いてみましたら、案の定、1913年にパリに完成したシャンゼリゼ劇場での初演は最悪だったようで、曲が始まると嘲笑が起き始め、やがて野次や怒号が飛び交う大混乱に陥ったといいます。しまいには賛成派と批判派との間でケンカが起きて怪我人も出たそうです。翌日の新聞には「春の”災”典」なんていう記事が書かれたとか。つまり「何じゃーこりゃー」の私の反応は、決して間違っていたわけではないと安堵した次第です。

 しかし、その後に行われた演奏では混乱は起きることもなく、また、評価もだんだん高まり、今やストラヴィンスキーの最高傑作とまでいわれるようになっています。この真反対の評価に至ったプロセスは一体どう理解したらいいのでしょうか。

 よくよく考えてみれば、『春の祭典』に限らず、今まで見たことも聞いたこともないような新しい表現などが世に出たときは、何かと冷たい反応を受けるものです。あのラヴェルの『ボレロ』の初演も相当な混乱を招いたといいますし、身近なところでは「iPhone」も当初はひどく拒否されました。物理キーがないなんてあり得ない!って。

 実はこういう新しいものに対する拒否反応は、私たち生命体の本能に根差した意識行動であるようです。細胞レベルの話になりますが、私たちの体は、実に37兆個もの細胞からできています。37兆個ですよ、想像できますか? しかもそれが新陳代謝でどんどん新しい細胞に更新されている! たとえば、腸の細胞はわずか数日で、皮膚の細胞は1ヶ月程度で新品に入れ替わるそうです。体全体では、1日に少なくとも数百億から数千億もの細胞が生まれては死んだ細胞と入れ替わっているといいます。

 ところが、その新陳代謝のときに、遺伝子のコピーがうまくいかなくて突然変異が生じたらどうなるか。恐ろしい「がん細胞」が発生する原因になります。ですから、細胞に突然変異が起こって新しいものが出現したとき、私たちの体はまず警戒し、悪いものだと分かれば免疫機能を発揮してそれをやっつけようとします。すなわち私たちの体そのものがそういう仕組みになっているわけです。

 要するに、最初に大勢の人たちが『春の祭典』に拒絶反応を示したのは、人体の仕組みの都合上、仕方のないこと。決して「聴く耳」がなかったわけではない。そして、害がないと分かれば積極的に向き合おうという意識が働く。そしてだんだん順応してくる。

 かくいう私も、最初の「何じゃこりゃー」の反応は薄れ、まー未だに好きというほどにはなれませんけど、たまに面白がって聴いています。調和しそうで調和しない旋律に焦らされるといいますか、あと少しで満たされるのに!という一種の「寸止め」的?快感を味わっています。変態ですね。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

 

 

もう一度人生を生きられるのなら、私は少なくとも週に一度は詩を読み、音楽を聴く習慣を設けるだろう。
 
〜ダーウィン
過去を悔やむ。未来に希望を持つ。そして現在に決して満足しない。それが私のこれまでの人生でやってきたことだ。
 
〜チャイコフスキー
何かを創造するには、心を衝き動かす力が必要だ。心を衝き動かす力のなかで、愛に勝るものがあるだろうか。
 
〜ストラヴィンスキー

目次へ