本文へスキップ

「〇〇にならないようにする」論法

 いつかの某新聞の投稿欄に、「かすむ憲法 心配でならぬ」と題された39歳の男性からの投稿が載っていました。そこには、小学6年の息子さんとのやり取りが――

「自衛隊は必要だと思う? それとも必要じゃないと思う?」と息子さんが尋ねてきました。

「キミはどう思う?」 と父親が聞き返します。

「必要ないよ。憲法で禁止されてるし」

「でも、よその国が攻めてきたらどうする?」

 口ごもる息子さんに父親は、

「攻めてくるとしたら、何か原因があるからだよ。だとしたら、原因をつくらないことがまず大事じゃない。よその国と仲良くできる外交政策をとることの方が、武器を持つよりも国を守ることになるという考えでどうだろう」

 と、かなり誇らしく書かれているのですが、実はこの手の論法は、あちらこちらでしばしば見かけます。

「〇〇になったらどうする?」
「〇〇にならないようにする」

 一見、正論に聞こえますが、よくよく考えると、こういうのって全く回答にも結論にもなっていないんですよね。もちろんこうした努力や考え方自体は大切でしょうけど、これが責任ある立場の人の発想で且つこれでよしとしていたら、いざというときに何も役に立たないばかりか、かえって害悪を及ぼしかねません。 というか極めて危険。つねに最悪の事態を具体的に想定し、それに備えようとするのが、トップマネジメントとしての危機管理ですから。

民は由らしむべし、知らしむべからず

 かの孔子の言葉です。正確には「民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず」。為政者が、すべての人民に理解させることは難しい、人民を方針に従わせることはできるが、なぜそう定めたかの理由をいちいち知らせることはなかなか難しい、と。現代の政治においては、孔子の時代に比べて比較にならないほど社会構造が複雑かつ広範になっていますから、為政者に求められる深謀遠慮はいかばかりでありましょう。

 また、「其の位に在らざれば、其の政(まつりごと)を謀(はか)らず」とも。その地位にいるのでなければ、政治のことに口出ししてはならない。つまり責任のない立場をいいことに、勝手なことばかり言うな、と。現代の私たちの世の中は、さらにヒドイ現状になっていると多くの方々が感じているのではないでしょうか。メディアが著しく発達し、力を得て、無責任発言やきれいごとばかりを言う評論家や評論家もどきの何と多いこと。

 ところで、それほどの言をなした孔子であっても、私が尊敬してやまない中国春秋時代の斉の宰相・晏嬰(あんえい)は、孔子を単なる「儒学者」だとして、仕官を拒否しましたね。まさに本物の為政者である彼の立場からは、孔子もしょせんはその地位にないのに勝手なことばかり言っている人物に見えたのでしょうか。かの管仲と並び称される名宰相・晏嬰は、後に『史記』を著した司馬遷に「(晏嬰の)御者になりたい」とまで言わしめた人物です。
 

目次へ ↑このページの先頭へ