体の慣用句 →あ行か行さ行た行な・は行ま行〜

か行

顔色を見る/顔色を伺(うかが)う

相手の表情を見て、その気分や機嫌(きげん)のよしあしを探る。

顔が売れる

名が広く世間に知られる。有名になる。【用例】だんだん私も顔が売れてきた。

顔が利(き)く

信用や力があるために相手に対して無理が言える。【用例】あの店に顔が利く。

顔が曇(くも)る

何か悲しいことや心配事があって、表情が暗くなること。【反対語】顔が晴れる。

顔がそろう

集まるべき人が、すべて集まる。

顔が立つ

その人の評価が高められるようなことがあって、面目(めんぼく)が保たれる。【用例】期限までに工事を完成できなければ、私の顔が立たない。

顔がつぶれる

その人の評価を落とすような結果になり、面目が失われる。

顔が広い

知り合いが多く、つきあいが広い。【用例】あの人は社内でとても顔が広い。

顔から火が出る

恥ずかしさで顔が真っ赤になる。

顔に書いてある

何も言わなくても、また何かうそを言っていても、表情に本当のことが表れるたとえ。

顔に泥(どろ)を塗(ぬ)る

恥をかかせて名誉を傷つける。【類句】顔を汚す。顔をつぶす。

顔向けができない

面目を失って、人に顔を合わせることができないほど恥じ入るようす。【用例】恥ずかしくて世間に顔向けできない。

顔を貸す

頼まれて、人に会ったり会合に出席したりする。

顔を出す

@あいさつなどで人の家を訪ねたり、儀礼的に会合に出たりする。
Aあることに関連して、その名が出る。【用例】毎年、長者番付に顔を出す。

顔を立てる

相手の体面を保たせる。【用例】今日は君の顔を立てよう。

顔をつなぐ

時おりはあいさつに出向いたり集まりに出席したりして、その人や組織などと縁が切れないようにする。【用例】年に一、二度は会合に出て、顔をつないでいる。

顔をほころばせる

うれしさで思わずにっこりする。

肩すかしを食う

相手にうまくそらされて、意気込んでやったことが無駄(むだ)になる。

肩が軽くなる

重い責任や負担から解放されて気が楽になる。【用例】無事に大任を果たして、肩が軽くなった。

肩で息をする

息苦しそうに肩を上下に動かして呼吸する。

肩で風を切る

わが物顔に、肩をそびやかして得意なようすで歩く。意気揚々(いきようよう)と歩く。

肩の荷が下りる

責任や義務を果たして、ほっと一安心する。

肩ひじ張る

肩をそびやかしひじを張った構えをとる意で、いばった態度で人に接したり、気負って何かをしたりするようす。【用例】相手を威圧しようと、肩ひじ張って交渉の場に臨む。

肩身が狭(せま)い

他人に対して引け目を感じているようす。

肩を怒(いか)らす

肩に力を入れて、ことさらに高く引き上げるようにする意で、誇(ほこ)らしげな、また、相手を威圧(いあつ)するような態度を見せること。 【用例】肩を怒らしてにらみつける。

肩を入れる

本気になって助力や後援(こうえん)をする。「肩入れをする」ともいう。

肩を落とす

力が抜けて肩がたれる意で、ひどく落胆(らくたん)したり気力を失ったりするようす。

肩を貸す

目的を達成させるために応援したり協力したりする。【用例】友人の事業に肩を貸す。

肩を並べる

同じような力や勢いをもつ。【用例】努力したので、A君と肩を並べるほどになった。

肩を持つ

見方をする。ひいきをする。【用例】母はいつも弟の片を持つ。

体を張る

命がけで事に当たる。

眼中(がんちゅう)にない

まったく気にかけない、問題にしない。心に留(と)めない。【用例】彼女はいま仕事に夢中だから、君のことなど眼中にないよ。

眼(がん)をつける

相手の顔をじっと見ること。おもに相手が自分を見ていたとして、いちゃもんをつけるときの言葉。【用例】お前、いまオレに眼をつけただろ?

聞く耳を持たない

聞こうとも思わない。【用例】君の勝手な意見など聞く耳を持たないね。

肝(きも)が据(す)わる

人が驚くようなことでも、全く動じない人のことのたとえ。

肝に銘(めい)じる

忘れないように、深く心にとめておく。

肝を煎(い)る

@もどかしさなどで、いらいらする。
A世話をすることで、「肝煎り」」ともいう。

肝をつぶす

非常に驚くこと。

肝を冷やす

ぞっとする。

口裏(くちうら)を合わせる

前もって打ち合わせ、お互いの話の内容が食い違わないようにする。【用例】あの二人は、口裏を合わせて、自分たちのミスを隠そうとしている。【類句】口を合わせる。

口がうまい

(心はそうでもないが)ものの言い方がじょうずである。人の気に入るように話す。

口がうるさい

@他人のすることを、あれこれとうるさくうわさをするようす。
A何かにつけてうるさく小言(こごと)を言うようす。

口が多い

必要以上によくしゃべるようす。

口が重い

口数が少なく、あまりものをしゃべらない。【用例】彼の欠点は口が重いことだ。

口が堅(かた)い

言うべきでないことをむやみに他言しない。【用例】彼は口が堅い男だから、信用できる。

口が軽い

べらべらとよくしゃべって、言ってはいけないことまで言う。

口が過ぎる

言うのを控えた方がいいことや言うべきでないことまで言う。

口がすっぱくなる

同じことを何度も教えたり、注意したりするようす。

口がすべる

言ってはいけないことや言う必要のないことを、うっかりしゃべってしまう。

口が減らない

あれこれと負け惜しみを言うようす。【用例】あいつは口が減らないやつだ。

口が曲がる

恩を受けた人などの悪口を言うと罰(ばち)が当たって口の形がゆがむという意で、そんな悪口は言えないということ。【用例】あんなに世話になったあの方の悪口を言ったら、口が曲がりますよ。

口が悪い

@憎(にく)まれ口をきく。A人をあまりほめない。

口車に乗せる

言葉たくみに言いくるめて、相手をだます。 【用例】相手の口車に乗せられて、金をだまし取られた。

口添えをする

ある人が交渉や依頼をしているときに、それがうまくいくように脇からいろいろと言って助けてやる。

口に合う

飲食物が好みの味である。【用例】この味付けは僕の口に合う。

口にする

@口に出して言う。【用例】そんな下品な言葉を口にするな。
A口に入れて味わう。

口にのぼる

人の話題にのぼる。うわさになる。

口を利(き)く

両者の間に立って関係がうまくいくように取り計らう。【用例】こんないい土地が買えたのは、友達が地主を知っていて口を利いてくれたからだ。

口を切る

@まだ開けていない樽(たる)のふたやビンの栓(せん)などを開ける。
A大勢の中でまず最初に発言する。【用例】沈黙を破って彼が口を切った。

口をそろえる

みんなが同じことを言う。【用例】その意見に、みんな口をそろえて賛成した。

口を出す

他の人が話しているところに、脇から自分の意見などを差しはさむ。

口をとがらせる

不服そうな顔をする。

口を閉ざす

ある事柄について、尋(たず)ねられても言わずにいる。

口をぬぐう

悪いことをしていながら、そ知らぬふりをしている。【用例】こんなにうわさが広まっていては、いつまでも口をぬぐっていられない。

口をはさむ

他人同士の話や相手の話の途中に割り込んで何かを言う。

口を封(ふう)じる

自分にとって都合の悪いことなどを相手に言わせないようにする。

口を割る

隠していたことを、仕方なしに話す。

首がつながる

免職(めんしょく)されたり解雇(かいこ)されたりせずにすむ。【用例】定年が延び、危うく首がつながった。

首が飛ぶ

失敗をおかすなどして、免職になったり解雇されたりする。

首が回らない

お金などがなくて、やりくりがつかなくなるようす。【用例】借金でどうにも首が回らない。

首にする

免職にする。また、解雇する。【用例】勤務状態の悪い者を首にする。

首根っこを押さえる

相手の弱みなどを押さえ、有無を言わせないようにする。【用例】証拠書類を見つけられ、首根っこを押さえられては、どうしようもない。

首をかしげる

不思議に思ったり疑問に思ったりして、考え込むような動作をする。

首を切る

その組織に不必要な、または好ましくない者として解雇(かいこ)する。

首をすげ替える

今までその地位・職にあった人をやめさせ、代わりに他の人を就(つ)かせる。【用例】首相が大臣の首をすげ替える。

首をそろえる

何かをするために、関係者がみなそこに集まる。【用例】事件の関係者が一堂に首をそろえる。

首を突っ込む

自分からそのことに関係する。【用例】政治に首を突っ込んで、家業をおろそかにする。

首を長くする

今か今かと待ちわびる。【用例】弟は懸賞に当たって、賞品が着くのを首を長くして待っている。

首をひねる

わからなくて考える。思案する。【用例】原因不明の奇病に、医者も首をひねっている。

声が弾(はず)む

高く勢いづいて、いかにもうれしさを隠(かく)しきれないような声の調子になる。【用例】大学受験に合格したことを知らせる息子の電話は、声が弾んでいた。

声を落とす

あまりに大声にならないように、声の調子を下げる。

声を殺す

他人に聞こえないよう小声で話す。【用例】あの二人はさっきから声を殺して何事か密談している。

声を絞(しぼ)る

出ない声を無理に出す。また、声を小さくする。【用例】病人は苦しい息の下から声を絞って語った。

声を呑(の)む

強い感動や驚き、悲しみのために声が出なくなる。【用例】あまりの美しさに、一同は声を呑んだ。

声を潜(ひそ)める

周囲の人に聞こえないように小声で話す。

小首をかしげる

首をちょっと傾けて考えるかっこうをする意で、疑問に思って考えているようす。 【用例】この絵のどこがいいのだろうと、彼も小首をかしげて見ていた。【類句】首をかしげる。

心が通う

互いに理解し合って気持ちが通じ合う。【用例】心が通うおつきあい。

心が弾(はず)む

うれしさやあふれる希望のために心が浮き浮きする。

心にかける

心にとめて心配する。【用例】いつも心にかけてくれてありがとう。

心に刻(きざ)む

忘れないようにする。よく覚えておく。【用例】父の励ましの言葉を心に刻んで故郷を出る。

心に留(と)める

大切なこととして、忘れてしまわないようにする。

心に残る

何かから強い印象を受け、いつまでも忘れられずにいる。

心にもない

口で言うだけで、実際にはそう思っていない。【用例】心にもないことを言って人を喜ばせる。

心行くまで

十分に満足し、思い残すことがなくなるまで何かをするようす。【用例】友人と連れ立って、心行くまで秋の北海道を楽しんだ。

心を痛める

うまい解決や処理の方法が見いだせずに、あれこれ悩(なや)む。

心を入れ替える

今までの好ましくない態度を改める。

心を打つ

接する人を感動させる。【用例】久々に人の心を打つ話を聞くことができた。

心を鬼にする

かわいそうだと思いながら、同情を示すことはその人のためにならないと考えて、わざと冷淡(れいたん)な態度をとる。【用例】心を鬼にして友人に金を貸すことを断る。

心を傾(かたむ)ける

強い関心や情熱を抱き、一心にそのことに当たる。【用例】日夜会社の再建に心を傾ける。

心を砕(くだ)く

あれこれと気を使って、心配する。【用例】初心者にも理解しやすいように、特に表現には心を砕いた。

心を汲(く)む

人の気持ちを察する。【用例】親の心を汲んで、アメリカ留学をあきらめた。

心を惹(ひ)かれる

そのことに心が向き、もっと深く接したいという気持ちになる。

心を許す

警戒心(けいかいしん)などを持たずに、心から親しみを持つ。【用例】彼とは心を許して話し合える。

心を寄せる

ある人に好意や愛情を抱く。【用例】あの人が、息子が心を寄せている女性だ、

腰が重い

気軽に行動を起こそうとしないようす。【用例】あの人は腰が重くて、なかなか会長を引き受けてくれなかった。

腰が据(す)わる

しっかりと安定したようす。また、他のことに気をとられることなく物事に専念するさま。【用例】彼は次から次へと職を替えて、まったく腰が据わらない。

腰が低い

ていねいでへりくだったようす。【用例】彼は肩書の割には腰の低い人だ。

腰が弱い

いくじがない。粘(ねば)りがない。【用例】そんな腰が弱いことではだめだ。

腰を入れる

本気になって物事をする。

腰を落ち着ける

そこに落ち着いて居続けるつもりで一か所に身を置く。【用例】少しは腰を落ち着けて仕事に取り組んだらどうだ。

腰を折(お)る

途中でじゃまをする。【用例】人の話の腰を折ることはよくない。

腰を据(す)える

落ち着いて一つの物事を行う。また、一か所に落ち着いて何かを行う。【用例】大阪に腰を据えてもう二十年になる。

腰を抜(ぬ)かす

非常に驚いて気力を失う。

小鼻をうごめかす

いかにも得意(とくい)そうにしているようす。「小鼻」は鼻の先の左右のふくらんだ部分。

小鼻をふくらませる

いかにも不満なようす。

小耳にはさむ

ちらりと聞く。【用例】こんな話を小耳にはさんだのですが、ご存知ですか。

あ行か行さ行た行な・は行ま行〜

ページの先頭へ 次へ



P R

使いこなしたい慣用表現

◎あたかもよし
◎辺りを払う
◎言い得て妙
◎如何せん
◎生き馬の目を抜く
◎いざ知らず
◎一日の長
◎一も二もなく
◎一線を画する
◎一頭地を抜く
◎言わずもがな
◎因果を含める
◎打てばひびく
◎倦(う)まずたゆまず
◎倦むことなく
◎得てして
◎おいそれ
◎推して知るべし
◎惜しむらくは
◎遅きに失する
◎思いきや
◎思い半ばに過ぐ
◎折しも
◎笠に着る
◎刀折れ、矢尽きる
◎寡聞にして
◎間然するところがない
◎釘を刺す
◎口幅ったい
◎酌んでも尽きない
◎軽々に
◎気色ばむ
◎けだし
◎言下
◎毫(ごう)も
◎こそすれ
◎事ともせず
◎こもごも
◎細大漏らさず
◎沙汰の限り
◎察するに余りある
◎歯牙にも掛けない
◎(〜するに)如くはない
◎忸怩(じくじ)
◎耳朶(じだ)に触れる
◎死命を制する
◎下にも置かない
◎耳目を集める
◎衆を頼む
◎十目の見るところ
◎知らぬ存ぜぬ
◎心眼を開く
◎人口に膾炙する
◎人後に落ちない
◎進退窮まる
◎図星を指す
◎正鵠を射る
◎寂(せき)として
◎せつな
◎選を異にする
◎相好を崩す
◎俗耳に入りやすい
◎俎上に載せる
◎そぞろ
◎多とする
◎矯めつ眇めつ
◎端倪すべからざる
◎重畳
◎緒に就く
◎等閑に付する
◎同日の談ではない
◎時を得る
◎どのみち
◎度を失う
◎なまじ
◎二の次
◎沛然
◎半畳を入れる
◎範を仰ぐ
◎引きも切らず
◎筆舌に尽くしがたい
◎ひとしお
◎百も承知
◎平仄が合う
◎非を鳴らす
◎間尺に合わない
◎眦(まなじり)を決する
◎微塵(みじん)も
◎味噌をつける
◎名状しがたい
◎以て瞑すべし
◎矢も楯もたまらず
◎ややもすると
◎ゆるがせにしない
◎窈窕(ようちょう)
◎由(よし)も無い
◎よしや
◎余人
◎宜しきを得る
◎我が意を得る

P R

おすすめ記事

がんばれ中学受験生!