本文へスキップ

前方後円墳の前と後ろ

 前方後円墳は、大和朝廷の勢力が及んでいた日本の諸地域と、その影響を受けた朝鮮半島南部にだけ見られる独特の墳墓です。3世紀中ごろに、大和地方の纏向(奈良県桜井市)に築造された箸墓古墳がその始まりだとされています。古墳の種類は、ほかに円墳方墳などがあるというのは学校で習いましたね。

 ところで前方後円墳のあの形、最初に見たときはずいぶん妙な形に思えたものです。まるで鍵穴というか、てるてる坊主、こけしのような。なぜあのような形になったのでしょうか。さらに妙だなと思うのが「前方後円墳」という名前です。これって、前が四角で後ろが丸という意味です。ところが写真や絵を見ると、必ず丸いほうが上になっています。これだとどちらが前か後ろか分かりづらく、「前円後方墳」と呼んでもよいような気もします。

 そこで誰がこの名づけをしたのか調べてみましたら、江戸時代後期の国学者・蒲生君平という人によるそうです。蒲生はこの古墳の形は車をまねしたと考えたのです。車といっても今の自動車ではなく、一対の大きな車輪がついた牛車や人力車です。しかし、古墳ができた時代に車はなかったといいますから、この名づけは当を得ていないというべきでしょう。

 じゃあ実際の古墳の構造はどうなっているかというと、丸い部分に死者が葬られており、四角い部分は通路だったり祭祀が行われる場所だったとされます。とすると、重要な部分は丸いほうだったと考えられます。さらに古代中国の思想の、墳墓の円形は天を表し、方形は四角い地を表すとする「天円地方」の考えによるとの説もあるようです。それなら丸いほうが前かというと、そうとも言い切れません。だって、重要で大切なものは、ふつう奥まった場所にあるもんですからね。

 従いまして、不肖私としましては、四角いほうが手前、丸いほうが奥とみて、前方後円墳はそのままの名前でよいと考えます。ちなみに前方後円墳を英語でいうと、keyhole shapedだそうです。実に分かりやすいというか、かなり安易。

東を「あづま」と読む理由

 ヤマトタケルノミコトは、『日本書紀』では主に「日本武尊」と表記され、『古事記』では主に「倭建命」と表記されます。そのヤマトタケルノミコトが、関東地方の敵を平定するため、相模から船に乗って房総半島に向かったときに、暴風に襲われました。

 激しい波にいよいよ船が危うくなったとき、妃のオトタチバナヒメが、「私が海に入って海の神を鎮めましょう。あなたは必ず任務を果してください」と言って、海中に身を投げました。

 そのとき妃は「さねさし さがみの小野にもゆる火の 火中(ほなか)にたちて 問ひし君はも」という歌を残していきました。これは「焼津で火攻めに遭ったとき、その火の中で、あなたは私を心配してかばってくださった。その面影を抱いて、私は海に入ります」という意味です。

 そうして波は収まり、その後、ヤマトタケルノミコトは首尾よく敵を平らげ、足柄山にもどってきました。そして、そこから相模湾を見下ろし、海に沈んだオトタチバナヒメを偲んで、「吾妻(あづま)はや」(わが妻よ)と三度呼びかけました。それで関東地方(東国)のことを「あづま」と呼ぶようになったといわれます。
 


目次へ ↑このページの先頭へ