この漢字、読めますか?(その1)

読めそうで読めない難読漢字を集めてみました。(順不同:動植物名は載せていません)

はてなブックマークに追加   この漢字、読めますか?

漢 字 よ み
雪ぐ すすぐ 〔用例〕汚名を雪ぐ
杜撰 ずさん 〔用例〕杜撰な計画
強ち あながち 〔用例〕強ち無理とも言えない
田圃 たんぼ
拗れる こじれる〔用例〕話し合いが拗れる
可惜 あたら 〔用例〕可惜よいチャンスを逃した。
喧しい かまびすしい〔用例〕喧しい話し声
態態 わざわざ
梳る くしけずる〔用例〕髪を梳る
堆く うずたかく〔用例〕本を堆く積む
等閑 なおざり〔意味〕いい加減に見過ごすこと
匿う かくまう 〔用例〕犯人を匿う
集る たかる 〔用例〕ハエが集る/チンピラに集られた
戦ぐ そよぐ 〔用例〕木の葉が戦ぐ
胡坐 あぐら
捗る はかどる
沖する ちゅうする〔用例〕天に沖する
団扇 うちわ
灰汁 あく〔意味〕灰を水に入れてできる上澄みの汁。食材に含まれる渋み
雪洞 ぼんぼり〔意味〕灯火具の一種
許婚 いいなずけ。「許嫁」とも書く。
まさかり
麗らか うららか 〔用例〕麗らかな春
煎餅 せんべい
耳朶 みみたぶ
侃侃諤諤 かんかんがくがく 〔用例〕侃侃額額と議論する
痘痕 あばた
自棄 やけ〔用例〕自棄を起こす
よだれ
阿吽  あうん 〔用例〕阿吽の呼吸
暖簾 のれん〔意味〕店先や部屋の境界に日よけや目隠しのために吊り下げる布
吃逆 しゃっくり
時化  しけ〔意味〕悪天候のために海上が荒れること。
黒子 ほくろ
齷齪 あくせく 〔用例〕齷齪と働く
汗疹 あせも
なた
梃子 てこ
襟足 えりあし〔意味〕首筋の髪の毛の生え際
咳き しわぶき〔意味〕せきをすること
箪笥 たんす
瓜実顔 うりざねがお〔意味〕色白、中高でやや面長な顔
心太 ところてん
炬燵 こたつ
剃刀 かみそり
素見 ひやかし
螺子 ねじ
爪楊枝 つまようじ
蝋燭 ろうそく
気障 きざ〔用例〕気障な男
吃驚 びっくり
須く すべからく〔用例〕学生は須く勉強すべし
手弱女 たおやめ〔意味〕やさしく優美な女性
益荒男 ますらお〔意味〕立派な男
御髪 おぐし〔意味〕他人の髪の毛を敬って言う語

このページの先頭へ

漢 字 よ み
たなごころ〔意味〕てのひら
蕎麦 そば
狼煙 のろし
案山子 かかし
束子 たわし
麻疹 はしか
疎覚え うろおぼえ〔意味〕不確実な記憶
跪く ひざまずく
まだら
粒選り つぶより〔用例〕粒選りの品
戦く おののく〔用例〕恐怖に戦く
俯く うつむく
強か したたか〔用例〕強かな女性
象る かたどる〔用例〕手形を象る
漸く ようやく
旋毛  つむじ 
抽斗 ひきだし
労る いたわる
具に つぶさに 〔用例〕具に語る
為体 ていたらく 〔用例〕散々の為体
唆す そそのかす 〔用例〕悪事を唆す
重版出来 じゅうはんしゅったい〔意味〕出版物を増刷すること
道標 みちしるべ
悪阻 つわり
拙い つたない 〔用例〕拙い筆跡
穿る ほじる/ほじくる 〔用例〕耳を穿
幕間 まくあい〔意味〕芝居の休憩時間
舟艇 しゅうてい〔意味〕小型の舟
白粉 おしろい
咽喉 いんこう〔意味〕のど
甘味処 あまみどころ〔意味〕甘い味の菓子を出す飲食店
他人事 ひとごと
素封家 そほうか〔意味〕大金持ち
今暁 こんぎょう〔意味〕今日の明け方
四方山 よもやま 〔用例〕四方山話
挙って こぞって 〔用例〕挙って出かける
斤量 きんりょう〔意味〕はかりで量った目方
深浅 しんせん〔意味〕深さの程度
与する くみする 〔用例〕A氏に与する
集く すだく 〔用例〕草むらに集く虫の音
偶に たまに
愁い うれい 
空者  うつけもの〔意味〕愚か者
五月蝿い うるさい
徐に おもむろに 〔用例〕徐に口を開く
穂状 すいじょう〔意味〕穂のような形
直向 ひたむき 〔用例〕直向な態度
冶金 やきん〔意味〕金属の精製や加工
愛猫 あいびょう〔意味〕かわいがって大切にしている猫
居丈高 いたけだか 〔用例〕居丈高なふるまい
弁える わきまえる 〔用例〕善悪を弁える
煌く きらめく
焼べる くべる〔用例〕薪を火に焼べる
括れる くびれる〔用例〕腰が括れる
疚しい やましい〔用例〕疚しい気持ち
夥しい おびただしい〔用例〕夥しい出血
詰る なじる 〔用例〕違約を詰る
番える つがえる〔用例〕矢を番える
目眩く めくるめく〔用例〕目眩くような高さ

このページの先頭へ

漢 字 よ み
欠伸 あくび
強顔い つれない 〔用例〕強顔い返事
小兵 こひょう〔意味〕体が小さいこと
嗣子 しし〔意味〕親のあとをつぐ子。あととり
殺める あやめる〔意味〕殺す
誂える あつらえる 〔用例〕礼服を誂える
円やか まろやか〔用例〕円やかな味わい
真摯 しんし 〔用例〕真摯な態度
啄ばむ ついばむ
翻る ひるがえる
鍍金 めっき
日和見 ひよりみ〔意味〕成り行き次第で有利な方につこうとすること
上梓 じょうし 〔用例〕処女作を上梓する
漸次 ぜんじ〔用例〕老齢人口が漸次増加する
暫時 ざんじ〔用例〕暫時休息する
畢竟 ひっきょう〔用例〕畢竟人は死を免れ得ない
怪訝 けげん〔用例〕怪訝に思う
十八番 おはこ〔意味〕もっとも得意な芸や技
洒脱 しゃだつ 〔用例〕軽妙洒脱
和える あえる〔用例〕酢味噌で和える
方舟 はこぶね〔意味〕長方形の舟
注す さす〔用例〕水を注す
漱ぐ すすぐ〔用例〕口を漱ぐ
うね〔意味〕畑で作物を栽培するため直線状に土を盛り上げた所
予予 かねがね〔用例〕お話は予予うかがっている
氷柱 つらら
肌理 きめ〔用例〕肌理が細かい
準える なぞらえる〔用例〕人生を旅に準える
然も さも〔用例〕然もあろう
徒ならぬ ただならぬ〔用例〕徒ならぬ気配
論う あげつらう〔用例〕欠点をいちいち論う
蔑ろ ないがしろ〔用例〕人を蔑ろにする
設える しつらえる〔用例〕庭に物置を設える
所謂 いわゆる〔意味〕世間でいわれている
貼付 ちょうふ〔意味〕貼り付けること
粗利益 あらりえき〔意味〕売上から原価を差し引いた利益
蓋し けだし〔用例〕蓋し名言だ
災禍 さいか〔意味〕災難、災害
押印 おういん〔意味〕印判を押すこと
月極 つきぎめ〔意味〕一ヶ月単位で契約すること
美人局 つつもたせ〔意味〕女性を利用して男性を誘惑し、恐喝する行為
遵守 じゅんしゅ〔用例〕法令を遵守する
犇く ひしめく〔用例〕参拝者が犇く
奇しくも くしくも〔用例〕奇しくもめぐりあった
庇う かばう〔用例〕子供を庇う
掬う すくう〔用例〕川の水を掬う
筐体 きょうたい〔意味〕機器類を入れる箱
捻る ひねる〔用例〕頭を捻る
八百万 やおよろず〔用例〕八百万の神
素行 そこう〔意味〕ふだんの行い
塗れる まみれる〔用例〕汗に塗れる
押下 おうか〔用例〕enterキーを押下する
独擅場 どくせんじょう〔意味〕ひとり舞台
揮う ふるう〔用例〕熱弁を揮う
確り しっかり
梃子摺る てこずる
恙無い つつがない〔意味〕無事に、問題もなく
有耶無耶 うやむや
彼方此方 あちこち

その2へ ↑ページの先頭へ



使いこなしたい慣用表現

◎あたかもよし
◎辺りを払う
◎言い得て妙
◎如何せん
◎生き馬の目を抜く
◎いざ知らず
◎一日の長
◎一も二もなく
◎一線を画する
◎一頭地を抜く
◎言わずもがな
◎因果を含める
◎打てばひびく
◎倦まずたゆまず
◎倦むことなく
◎得てして
◎おいそれ
◎推して知るべし
◎惜しむらくは
◎遅きに失する
◎思いきや
◎思い半ばに過ぐ
◎折しも
◎笠に着る
◎刀折れ、矢尽きる
◎寡聞にして
◎間然するところがない
◎釘を刺す
◎口幅ったい
◎酌んでも尽きない
◎軽々に
◎気色ばむ
◎けだし
◎言下
◎毫も
◎こそすれ
◎事ともせず
◎こもごも
◎細大漏らさず
◎沙汰の限り
◎察するに余りある
◎歯牙にも掛けない
◎(〜するに)如くはない
◎忸怩(じくじ)
◎耳朶に触れる
◎死命を制する
◎下にも置かない
◎耳目を集める
◎衆を頼む
◎十目の見るところ
◎知らぬ存ぜぬ
◎心眼を開く
◎人口に膾炙する
◎人後に落ちない
◎進退窮まる
◎図星を指す
◎正鵠を射る
◎寂(せき)として
◎せつな
◎選を異にする
◎相好を崩す
◎俗耳に入りやすい
◎俎上に載せる
◎そぞろ
◎多とする
◎矯めつ眇めつ
◎端倪すべからざる
◎重畳
◎緒に就く
◎等閑に付する
◎同日の談ではない
◎時を得る
◎どのみち
◎度を失う
◎なまじ
◎二の次
◎沛然
◎半畳を入れる
◎範を仰ぐ
◎引きも切らず
◎筆舌に尽くしがたい
◎ひとしお
◎百も承知
◎平仄が合う
◎非を鳴らす
◎間尺に合わない
◎眦を決する
◎微塵も
◎味噌をつける
◎名状しがたい
◎以て瞑すべし
◎矢も楯もたまらず
◎ややもすると
◎ゆるがせにしない
◎窈窕(ようちょう)
◎由(よし)も無い
◎よしや
◎余人
◎宜しきを得る
◎我が意を得る

おすすめ記事

みんなで自己研鑽

ちょっと美しい日本語