本文へスキップ

映画のなかの素敵なセリフたち

君は素晴らしい。大量生産するべきだ。

〜『我等の生涯の最良の年』

死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。

〜『ライムライト』

明日を精一杯生きるより、今日を精一杯生きなきゃいけない。

〜『ゴースト』

ケンカのいいところは、仲直りができることね。

〜『ジャイアンツ』

「最近は親しい友人にもだまされる」
「それが友人というものだ」

〜『ダンス・ウィズ・ウルブス』

主よ、助けてくれとは申しません。私の邪魔をしないでください。

〜『ポセイドン・アドベンチャー』

自分を好きになったほうがいい。長く付き合うんだから。

〜『底抜け大学教授』

考えすぎると、人間は憶病になる。

〜『コクーン』

思い上がりは若者の特権だ。

〜『ペリカン文書』

「君は山猫のような女だな」
「では飼い馴らしてごらんなさい」

〜『サムソンとデリラ』

僕は本を買うとまず結末を読む。読み終える前に死ぬと困るから。

〜『恋人たちの予感』

「実は私たち、結婚できないのよ」
「どうして?」
「だって、私はブロンドじゃないし・・・」
「かまわない」
「うんとタバコも吸うし・・・」
「いいよ」
「サックス奏者と暮らしているし・・・」
「許すよ」
「子どもも産めないし・・・」
「養子をもらうさ」
「分かってないのね。(カツラを取って)俺は男なんだ」
「完全な人間なんていないよ」

〜『お熱いのがお好き』

人のことを嫌いになるってのは、それなりの覚悟をしろってことだぞ。

〜『バトル・ロワイアル』

女には不変の性質がある。それは変わるということだ。

〜『地平線から来た男』

俺もお前も目の下にたるみができた。鏡を見ろ。まるでキャベツだ。

〜『現金に手を出すな』

気をつけろ、理想主義者は悪漢より始末が悪い。

〜『黒い罠』

記者にとっては悪いニュースがいいニュースだ。

〜『チャイナ・シンドローム』

「君は悲しそうだね」
「そう言った男の人は初めて。いつも幸せそうだって言われてるわ」
「それは君が男を幸せにするからだよ」

〜『荒馬と女』

「結婚の気分は?」
「あなたの足で立ってるみたい」

〜『生活の設計』

「キスしたら話が出ないじゃない」
「話をしてたらキスができない」

〜『魅惑の巴里』

女を誘惑するのは征服ですが、結婚するのは無条件降伏です。

〜『山猫』

「ラテン娘は紙のように燃えるが、イギリス娘は石炭のようだ」
「にぶいってこと?」
「火力が強いってこと」
「それに長持ちするわね」

〜『魅惑の巴里』

シンデレラ物語に憧れるのはよくない。あれは話が本当に始まる前に終わってしまう。

〜『恋愛手帖』

日曜の君もきれいだったが、木曜の君はもっときれいだ。

〜『殺したいほど愛されて』

愛とは、自分よりその人のためを想うこと。

〜『アナと雪の女王』

「結婚するより君を愛していたい」
「両方できないの?」
「不倫の原因は結婚にある」

〜『カンカン』

「お前は意気地なしだ」
「おかげで長生きしている」

〜『マーヴェリック』

「女の子でもピエロになれる?」
「努力すればね」
「大統領には?」
「努力すれば何にでもなれるよ」
「ピエロと大統領と両方なりたいわ」

〜『底抜け再就職も楽じゃない』

十二歳のときのような友達はもう二度できない、もう二度と・・・。

〜『スタンド・バイ・ミー』

おはよう! そして会えないときのために言っておくよ。こんにちは、こんばんは、そして、おやすみなさい!

〜『トゥルーマン・ショー』

今日という日は、残りの人生の最初の日だ。

〜『アメリカン・ビューティー』

人生は贈り物だって分かったんだ。だからそれを無駄にするようなことはしないさ。

〜『タイタニック』

大事なことを言います。みなさん、「欲」というのは聞こえは悪いですが、実はよいことなのです。

〜『ウォール街』

家族と時間を過ごさない男は、決して本物の男ではない。

〜『ゴッドファーザー』

誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。

〜『イルマーレ』

あいつがしゃべれねえーてのは、あんたに惚れてるからなんだよ。
今度あの娘(こ)に会ったら、こんな話しよう、あんな話もしよう、
そう思ってウチを出るんだよ。
いざその子の前に座ると、ぜーんぶ忘れちゃうんだね。
で、馬鹿みてーに黙りこくってんだよ。
そんなてめえの姿がなさけなくって、こー、涙がこぼれそうになるんだよ。
な、女に惚れてる男の気持ちって、そういうもんなんだぞ。

〜『男はつらいよ:花も嵐も寅次郎』

「電話に出るなと言っただろ」
「じゃあ電話してこないでよ」

〜『プリティ・ウーマン』

諦めるな。いちど諦めたらそれが習慣となる。

〜『がんばれ!ベアーズ』

お別れに何を言ったらいいのか、ひと言も思いつかない。

〜『ローマの休日』

風変わりな行動も、視点を変えれば正常な行動になる。

〜『未知との遭遇』

「新婚旅行では何が見たい?」
「ホテルの天井」

〜『大いなる野望』

片想いでもいいの。二人分愛するから。

〜『荒野を歩け』

「若いうちにチャンスをつかむのよ」
「私はまだ十九よ」
「来年ははたち。その次が二十一。その次は四十ですよ」

〜『ピクニック』

善良だけでは足りない。何もしないで傍観しているのは、愚劣なルールへ同調だ。

〜『紳士協定』

明日は明日の風が吹く。

〜『風と共に去りぬ』

考えるな! 感じるんだ!

〜『燃えよドラゴン』

人生は短い。他人を気にするな。

〜『タイ・カップ』

人の生き方に反対でも、変えさせるのはよくないわ。それに大抵は手遅れだし。

〜『悲しみよこんにちは』

「人間は何のために生きてるのかな」
「何て言うかな、ほら、あ−生まれて来てよかったなって思うことが何べんかあるだろう、そのために人間生きてんじゃねえのか」

〜『男はつらいよ:寅次郎物語』

「お金が全てじゃないわ」
「持ってる人はそう言うんです」

〜『ジャイアンツ』

「早く撃つより冷静さが大事なんだ。冷静なら正確に撃てる」
「相手が早くて正確ならどうなります」
「死ぬまでだ」

〜『許されざる者』

友人を持つ人間に、敗残者はいない。

〜『素晴らしき哉、人生!』

臆病者ほど、持っているナイフが大きい。

〜『島の女』

血気にはやるな。勇敢な軍人の条件は、勇敢すぎないことだ。

〜『シャイアン』

「まだ人生の辛さを知る年齢にもなっていないのに」
「でも、先生は13歳の女の子になったことはないでしょ」

〜『ヴァージン・スーサイズ』

時々、私たちは人と違うところだけを見てしまう。でも、もっとちゃんと見たらどれだけ私たちがよく似てるのか分かるの。

〜『アラジン』

女の子が身に着けるべき一番大切なものは、自信よ。

〜『シンデレラ』

自分自身のことを笑えないなら、人生は、自分が望むよりもずっと長いと感じてしまうよ。

〜『終わりで始まりの4日間』

何を食うかじゃなくて、大事なのは誰と食うかだろう。

〜『続・深夜食堂』

私の息子は、誠実な心を持った優しい男です。私は人生で特に誇れることなどあまりありませんが、息子の父であるということをとても誇りに思います。

〜『アバウト・タイム』

ほんのささやかなことが積み重なって、今の私たちを形作ってるんだ。

〜『未来のミライ』

「僕を変だと思う?」
「もちろん」
「違うよ、真面目に。僕って、変?」
「うん、だから何?みんな変じゃん」

〜『スタンド・バイ・ミー』

人の価値は行動で決まる。

〜『バットマン・ビギンズ』

何かいい物語があって、それを語る相手がいる。それだけで人生は捨てたもんじゃない。

〜『海の上のピアニスト』

憎しみは荷物だ。いつも怒っていられるほど人生は長くない。そんなにもったいないことはない。

〜『アメリカン・ヒストリー]』

一日あれば、色々できるよな。

〜『タイム』

アインシュタインは2度も落第した。ベートーヴェンは耳が聞こえなかったし、ヘレン・ケラーは目が見えなかった。チャンスはあるはず。

〜『ロッキー』

運命というのは、努力した人に偶然という橋を架けてくれる。

〜『猟奇的な彼女』

幸福が現実となるのは、それを誰かと分かち合ったときだ。

〜『イントゥ・ザ・ワイルド』

怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ。

〜『ペンギン・ハイウェイ』

「君は何を美しいと思う?」
「木よ」
「木か。だったら、君は木に似てる」

〜『パリの恋人』

「君のおかげで、もっと良い人間になりたいと思うようになった」

〜『恋愛小説家』

「僕では年寄り過ぎる?」
「私、骨董品を集めてるの」

〜『オータム・イン・ニューヨーク』

気温が22℃でも、寒がる君が好きだ。
サンドイッチの注文に、1時間半もかかる君が好きだ。
ボクを馬鹿にして見るとき、そこにしわができる君も好きだ。
君と逢った後に、ボクの服にまだ残っている香水の香りも好きだ。
夜寝る前、最後に話したい人は、愛している君だ。

〜『恋人たちの予感』

ほらね、あなたはそんなことばかり言って、あなたを嫌いになれなくするのよ。あなたって大嫌いよ、ハリー。本当に大嫌い。嫌いよ。

〜『恋人たちの予感』

「バカになったみたいだ。恋をしたのかな?」
「私は半年前からバカだったわ」

〜『日曜日が待ち遠しい』

愛しているって言われて、不愉快に思う女がいると思う?

〜『男はつらいよ:柴又より愛をこめて』

僕はあなたを幸せにする自信はありません。でも、僕が幸せになる自信はあります。

〜『釣りバカ日誌』

「ゲイか?」
「俺は出っぱったモノより穴ボコのほうが断然いい」

〜『ワン・ナイト・スタンド』

「君は会うたびに美しくなる」
「会ったのはついさっきよ」
「その間に美しくなった」

「いいことがある。僕たちは結婚しよう」
「もっといいことがあるわ。結婚しないでおきましょう」

〜『ジョルスン物語』

「人生は重大なものだ。快楽などデザートだ」
「あら、デザートは好きよ」

〜『輪舞』


目次へ ↑このページの先頭へ

世界のおもな映画祭

カンヌ国際映画祭
毎年5月に南フランスで開催。最高賞はパルムドール、審査員特別賞はグランプリ。
 
ヴェネチア国際映画祭
世界で最も古い映画祭。1932年設立。毎年初秋に開催。最高賞は金獅子賞。
 
ベルリン国際映画祭
毎年2月に開催。最高賞は金熊賞。以上3つの映画祭が世界三大映画祭とされる。
 
モスクワ国際映画祭
毎年6月に開催。当初は隔年で開催されたが、1999年からは毎年開催されるようになった。
 
東京国際映画祭
毎年秋に開催。最高賞は東京サクラグランプリ。
 
アカデミー賞
アメリカの映画芸術科学アカデミーが主催。オスカーとしても知られる。作品賞ほかいくつかの部門に分かれる。
 
日本アカデミー賞
1978年に設立された日本国内の映画賞。アメリカの映画芸術科学アカデミーの許諾を得て発足。
 
キネマ旬報ベスト・テン
映画雑誌『キネマ旬報』が1924年に開始した映画賞。日本映画と外国映画の2部門に分かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次へ

 

 

 

 

 

 

 

美と女らしさは年齢と関係がないものだし、作ろうとして作れるものではないと思うの。そして、魅力は、こんなことを言うと、その専門の人たちは困るでしょうけれど、人為的に作りだせるようなものではないと思うの。
 
〜マリリン・モンロー
一個の道具のように自分を分析しなさい。自分自身に対して百パーセント率直でなければなりません。欠点を隠そうとせずに、正面から向かい合うのです。
 
〜オードリー・ヘップバーン
結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。
 
〜グレタ・ガルボ
自分の人生には、自分で責任を持つべきだから、ただ自分を幸せにしてくれる白馬にまたがった王子様を待っているなんてダメ。自分の将来は、自分で切り開いていかなきゃね。
 
〜キャメロン・ディアス
説明しなければ理解できないような美に対して、私はあまり寛容でない。もし創作者以外の誰かによって、その美について補足説明が必要ならば、私はそれが果たして目的を達成したと言えるのだろうかと疑う。
 
〜チャップリン

目次へ