本文へスキップ

縄文人の航海術

 『古事記』『日本書紀』は、神代を神話として正史と区別して書かれています。そして、神話のもっとも古い部分では、日本の国のことを「大八島国(おおやしまのくに)」と呼んでいます。従って、神話ができる時代の人々は、すでに日本が島国であるのを認識していたことになります。ここでいう島とは、淡路島、四国、隠岐、九州、壱岐、対馬、佐渡、そして本州をさします。ということは、これらの島々を自由に行き来する航海術が発達していたと考えられるわけです。

 縄文時代中期の大規模集落跡である青森市の三内丸山遺跡では、さまざまな出土品に混じって、ヒスイが出土しています。ヒスイの原石だけでなく、加工途中または完成品の珠なども見つかっているそうです。この時代のヒスイはすべて新潟の糸魚川で産出したものだと分かっており、三内丸山遺跡と糸魚川の間の地域ではヒスイはほとんど発見されていません。同遺跡からは船のオールも発掘されており、かなりの航海術をもって、そんな遠くまで行き来していたようなのです。

 三内丸山遺跡の人たちだけでなく、各地の縄文人たちも、日本周辺の島々だけでなく、日本海を越えて朝鮮半島までも渡っていたようで、伊豆諸島の神津島で産出された黒曜石が関東各地の遺跡から発見されたり、韓国の遺跡から縄文時代の土器が発見されたりしています。当時の舟はもちろん丸木舟です。縄文後期のもので、全長5〜6メートル、幅0.5メートル程度の大きさだったとされますが、そんな貧弱な舟で、波高い外洋をいったいどうやって航海したのでしょうか。すごいです、縄文人!

縄文土器の文様

 大森貝塚を発掘したアメリカの動物学者モースによって見出された縄文土器。私らが小学生のころは「縄文式土器」という名称で習ったのですが、1975年に考古学者の佐原真さんが「式」を使うのはおかしいといって「縄文土器」の名称を提唱、以後、一般化したという経緯があります。

 多くの縄文土器には、その名前の由来となった「縄目文様」がありますが、このような文様の装飾がある土器は世界でも珍しいといいます。ただし、縄文人がわざわざあの文様をつけたのには理由があったそうです。単に装飾のためではないのです。

 その第一の理由は、土器の耐久性を高めるためです。土器は粘土を焼いて作りますが、粘土の中に空気が混じっていると、 途中で割れたり、たとえ出来あがっても割れやすくなってしまいます。そこで、焼く前の土器に縄をぐいぐい押しつけて、粘土の中の空気を追い出したのです。

 そして第二の理由は、すべり止めのためです。縄文土器は種類によって食料の貯蔵や魚や動物の肉の調理、さらには祭祀などに使い分けされましたが、とくに調理の場合、肉の脂肪分が表面についてすべりやすくなります。しかし、土器の表面にざらざらした文様があれば、持ちやすくてすべりにくくなりますね。あの文様が取っ手がわりにもなったというわけです。

 装飾と実用性を兼ねた、すばらしい縄文人のセンスであります。中には装飾が過ぎて?およそ実用的ではないようなのもありますけどね、でも、見ているだけで楽しくなります。
 


目次へ ↑このページの先頭へ