本文へスキップ

源氏の滅亡

 源頼朝が死去すると、長男の頼家(よりいえ)が18歳で2代将軍となりますが、頼家には御家人衆を統率するだけのリーダーシップはなかったようです。そこで母の北条政子が、実父の北条時政をはじめ比企能員(ひきよしかず)、大江広元三浦義澄八田知家和田義盛三善康信ほか13人の御家人衆による合議制で幕府を運営しようと試みました。

 ところが、次第に他を圧迫し始めた北条氏に不満を持った頼家は、妻・若狭局(わかさのつぼね)の実家である比企氏と協力して北条氏を討とうとしました。しかし、企ては失敗し、比企氏は滅ぼされ、頼家は伊豆に幽閉され、後に北条氏がさしむけた刺客によって暗殺されてしまいます。そして、北条氏は頼家の弟で12歳の実朝を3代将軍に立てて幕府の実権を掌握しました。

 実朝は政治よりも和歌など芸術を好み、『新古今和歌集』を編纂した後鳥羽上皇を敬愛する公家びいきの人物でした。妻も公家から迎えたため朝廷との関係も良好で、鎌倉幕府は短い安定期を迎えました。

 比企氏の反乱を抑え政所別当の地位についた北条時政は、後妻の牧方(まきのかた)の婿を将軍に据えようとして実朝の暗殺を計画します。このため時政は政子や政子の弟・北条義時によって追放され、幕府の実権は義時が握りました。義時は北条氏の権力強化をはかり他の御家人を圧迫。挑発に乗った和田義盛は1213年に挙兵して逆に北条氏に討たれ、一族は全滅しました。

 一方、自身の和歌集『金槐塊和歌集』を編むなど芸術に没頭していた将軍・実朝は、1219年に、前将軍頼家の遺児・公暁(くぎょう)によって暗殺されてしまいます。右大臣への昇任を祝うため鶴岡八幡宮に拝賀した折に襲われ、このとき公暁は「親の敵はかく討つぞ」と叫んだといわれます。その公暁も討っ手によって殺されます。これによって源氏の正統は絶たれ、以後鎌倉幕府は北条氏の手にゆだねられることとなります。

鎌倉幕府の成立年

 「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」。かつて誰もが覚えたはずの年号の語呂合わせです。しかしながら近年では「鎌倉幕府の成立年は1185年」という説が有力になっているそうですね。その根拠は、1185年に国ごとに守護を、荘園や公領に地頭を設置し、鎌倉幕府の基本的な機能がすでに完成しており、同じ年に平家も滅ぼして実質的に頼朝の天下となっているから、というものです。

 しかしここで「幕府」とはいったい何か、「幕府」の定義について紐解いてみますと、辞書には「(中国で、出征中の将軍の幕営を称したことから)武家時代の将軍の居所・陣営。転じて、武家政治の政庁。また、武家政権」とあり、ブリタニカ国際大百科事典によると「武家による政治組織、政庁。元来、近衛府の唐名で、のちには近衛大将軍、さらに近衛大将その人をも称した。中国では、出征中の将軍の府署をいった。武家の政庁としては、源頼朝が1190年右近衛大将に任じられたところに名称の契機を求められるが、頼朝は右近衛大将をまもなく辞し、征夷大将軍の官職を望み、同3年これに任じられて以来、鎌倉、室町、江戸時代を通じて、征夷大将軍が武家政権の総帥の地位を表わし、その政権あるいは政庁を幕府と呼んだ。・・・」となっています。

 いかがでしょう。これらによれば、「幕府」とはすなわち「将軍のいるところ」という意味であることが理解できます。反対に「将軍」がいなければ決して「幕府」とは言えない。極めて明快な定義です。従って源頼朝が「征夷大将軍」に任命された1192年を鎌倉幕府の成立年とすることに何ら問題はないと考えます。
 


目次へ ↑このページの先頭へ