本文へスキップ

とことん対等外交

 煬帝が怒ったという、聖徳太子からの「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す」の手紙は有名ですね。皇帝は手紙を読み始めたとたん「このような野蛮国の無礼な手紙が来ても、これからは私に見せるな」と臣下に言いつけたそうです。中国の文献に記録された“日本からの手紙”が原文で残っている稀有な例で、たいていは、皇帝が喜ぶように役人によって改ざんされるのが常だったといいます。

 いずれにしても、当時の東アジアにおいて、中国の皇帝に対等に渡り合おうとする気概を持ったのは日本人だけでした。すばらしいですね、わがご先祖様。まーでも、こんな書き出しの手紙を受け取ったら、煬帝でなくても気を悪くしたのではないでしょうか。ただ、最近の研究によれば、煬帝を怒らせたのは「日出る」「日没する」の部分ではなく、「天子」という言葉だったのではないかとも言われています。

 そして、聖徳太子が二度目に煬帝に送った手紙は、次のような書き出しとなっています。

「東の天皇、敬(つつし)みて西の皇帝に白(もう)す」

 「日出る」が単に東に変わっていますね。さらに「天子」が「天皇」に変わっています。実はこのころ、日本に「天皇」という称号が確立したようです。隋との国交が開始されるまでは、日本の外交は朝鮮との間にあるだけで、朝鮮の「王」に対し、日本は格上の意識から「天王」としていました。ところが、隋には「皇帝」がいました。そして「皇」とは「王」の上に君臨するものと分かったのです。そこで、日本は「天王」をただちに「天皇」に変更したというわけです。まー負けず嫌いというか・・・。

 二度目に再び煬帝が怒ったかどうかは定かではありませんが、その後も遣隋使が続きましたから、「天皇」の呼称は受け入れられたのでしょう。あくまで中国と日本を対等な関係にするという信念を貫いた聖徳太子ですが、その裏には隋に対する太子の深い読みと勝算があったともいわれます。当時の隋は、朝鮮北部の高句麗との戦争にてこずっていました。その戦争を有利に運ぶために、隋はきっと日本を味方にしておきたいはずだ、と。さすがは聖徳太子です。

冠位十二階

 冠位十二階は、 603年に日本で初めて定められた冠位・位階制度で、聖徳太子が高句麗・百済など朝鮮諸国の冠位制度を参照して作りだしたといわれます。ただし、当時権力をにぎっていた大臣の蘇我馬子らが、施行範囲や運営などについて関与したことは十分考えられます。

 具体的には、徳・仁・礼・信・義・智を大小に分けて12階とし、それぞれに合う冠を授けることとしました。冠の材質はあしぎぬ(絹織物の一種)を基本とし、頂部は袋状にして縁をつけました。位階の違いは徳の紫以下、青・赤・黄・白・黒の色で表し、大小の冠の違いは色の濃淡で表現され、身分の差がひと目で区別できました。

 この制度は、5世紀後半からの中央集権化策の一環で、朝廷につかえている氏族員を官僚に転身させることを目的としました。氏族制度下では氏族ごとに特定の職を世襲するので、個人の才能を発揮する場面も限られ、その能力が問われることもありませんでした。

 しかし、この新たな制度では、冠は氏族にではなく、個人の実務能力を評価して与えられました。能力次第でさらに冠位を上げることができるため、格の低い氏族の出身者でも、理論上は大氏族の氏上(うじのかみ)の上位にたてました。天皇家や朝廷の高官の役にたてば上昇し、失敗すれば落とされる可能性もありました。

 ただし、これをいっせいに施行すれば混乱を招くため、蘇我氏のような有力豪族は授位の対象としませんでした。律令制下でいう四位〜八位の範囲の官人層を対象とし、大化の新冠位制まで約40年かけて授けていきました。ほとんどは当時の氏族の格付けと一致していたので、画期的なものとはいえません。しかし、遣隋使の小野妹子は大礼から大徳まで冠位を4階あげており、朝廷内でしだいに認識が深まったと思われます。

 冠位は647年には13階になり、19階・26階・48階をへて律令制下の30階に落ち着きますが、その源流としての意義はとても大きいといえます。
 


目次へ ↑このページの先頭へ