本文へスキップ

大を用うるに拙なり

 恵子(けいし)が荘子に言いました。「魏(ぎ)の王が、私にひょうたんの種をくださった。種を蒔いて育てたら、よく成長して大きな実がなった。ところが、これに飲み物を入れると、重くて持ち上げられない。そこで割ってひしゃくにしたが、大きすぎて鍋の汁を汲むことができない。全く役に立たないので、打ち砕いてしまった」
 
 これを聞いた荘子は言いました。「あなたは大きいものの使い方が全く下手だ。たとえばこういう話がある。宋の国に、先祖代々、水の中で真綿をさらす仕事をしている職人がいて、その人は手にひび割れができない薬も上手に作ることができた。ある旅の男がそのことを耳にして、その職人に、薬の処方を黄金百枚で買いたいと申し出た。
 
 そこで職人は、一族を集めて相談した。『我が家は代々真綿さらしを職としてきたが、儲けはわずか黄金数枚にしかすぎない。ところが今この薬の処方が黄金百枚で売れようとしている。私は薬の処方を教えたいと思うがどうだろう』と。
 
 そうして旅の男は薬の処方を手に入れ、すぐに呉王のもとに赴き、自分を売り込んだ。やがて越と戦争が始まり、呉王はこの男を将軍に任じ、寒い冬のさなかに越軍と戦い、彼が処方した薬が役に立って越軍に大勝利した。そこで王は彼に領地を与えた。
 
 同じ、手にひび割れができない薬を作っていながら、一方の人は領主となり、もう片方の人はずっと水の中で真綿をさらす仕事をしている。同じものを持っていても、その使い方が異なったからだ。あなたは偉大なひょうたんを持て余したが、なぜそれを舟にして、長江や湖水に浮かべて楽しもうとは考えなかったのか。それなのに、むざむざ打ち壊してしまうなんて・・・」

〜『荘子』逍遥遊篇

無用の用

 木こりの親方の匠石(しょうせき)が、弟子とともに斉(せい)へ旅して曲轅(きょくえん)まで来たとき、社(やしろ)の神木となっている櫟(くぬぎ)の大木を見ました。たいそう立派な木で、その大きさは数千頭の牛を覆いかくすほど、幹の周囲は百かかえ、高さは山より高く、地上数十メートルのところで初めて枝が出ています。その枝も舟を作ることができるほど太く、横に向かって十数本も伸びています。
 
 大勢の見物人が感嘆して眺めていましたが、親方は振り向きもせず、どんどん先へ行ってしまいます。弟子はもっと眺めていたかったのですが、匠石に追いついて言いました。
 
「私は親方に弟子入りしてこのかた、今までこれほど素晴らしい木を見たことがありません。なのに親方は目もくれず、どんどん行って足を止めようとしません。いったい、なぜですか」
 
 匠石は答えました。
 
「分かりもしないのに、あれこれ言うな。あの木は役立たずの木なのだ。あれで舟を作ると沈んでしまい、棺桶を作るとすぐに腐り、道具を作るとすぐに壊れ、門や戸にすると樹脂(やに)がふき出し、柱にすると虫がつく。全くの役立たずで、使い道がないからこそ、あのような大木になるまで生き長らえたのだ」
 
 匠石が家に帰り着いた夜、寝ている夢の中に、あの大木が現れて言いました。

「お前は、いったい私をどのような木と比べたいのか。世の役に立つという梨、橘、柚などの木は多くの実をつけるが、熟するともぎ取られ、辱めを受ける。枝はへし折られ、引きちぎられる。それらの木は、自分の取り柄で自らを苦しめている。だから天寿を全うできず、途中で若死にしてしまう。
 
 世の中は何ごともこのようなのだ。だから私は世の中で重宝されないよう願って生き、ようやく今になって役立たずと認められ、もうすぐ命を全うするという、私にとって真の有用性を果たすこととなった。もし私が役立つ木になっていたら、決してこれほどの大木にはなれなかっただろう。
 
 そもそもお前も私も、同じ万物のうちの一つとして、その価値は等しいはず。それがどうして相手が役に立つとか立たないとか評価できるのか。お前だって老いぼれの能無しではないか。そんなお前などに、役立たずの木の真価が分かるはずがない」
 

目次へ ↑このページの先頭へ