本文へスキップ

小さなバレリーナたち

 バレエ教室をやってる女性のお話です。といっても、生徒は3歳前後の小さな女の子たちばかり。可愛いだろうなと思う一方で、そんな年代の子たちに教えるのはさぞや大変だろうと思いましたら、彼女に言わせると、とても「指導」と呼べるものではないそうです。指導ではなく、むしろ「調教」だといいます。サルの調教と同じだって。

 たとえば、生徒たちに向かって「先生が踊るのをよく見ててね」と言っても、決してその通りにならない。そう言った端から、もう、あっちを見たりこっちを見たり、立ったり座ったり動き回るはで、まさにサル。始めから終わりまですべてがそんな感じで、精神的にへとへとに疲れるそうです。

 それでも、そんな彼女たちにも一丁前に発表会がありまして、といっても老人ホームなどを慰問に訪れて披露するわけです。小さなバレリーナの衣装をまとったサルたちが、そこで一体どんな演技をするのか。これが驚くなかれ、いつものサルぶりは全く消えて、実にシャキッとした演技をするんですって。初めてのときは、先生もビックリしたそうです。

 これが子供の感覚、感性というものなんでしょうね。あっちこっち気を取られて先生の話なんぞ全然見聞きしていないようでいて、吸収すべきことは、いつの間にかしっかり吸収して身に付けている。そして、真剣に発揮すべき時と場をきちんとわきまえている。実にスバラシイではありませんか!

西洋のことわざから

子どもが生まれたら犬を飼いなさい。
子どもが赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子どもが幼年期の時、子どもの良き遊び相手となるでしょう。
子どもが少年期の時、子どもの良き理解者となるでしょう。
そして、子どもが青年になった時、自らの死をもって子どもに命の尊さを教えるでしょう。


目次へ ↑このページの先頭へ