本文へスキップ

銀座・高級クラブのスカウトマン

 銀座・高級クラブのホステス、そのスカウトマンとして35年の実績をもつ男性が書いた『銀座スカウトマン秘密の手帳』という本があります。あらゆる女性を見続けてきた銀座一流クラブのスカウトマンが「できる悪女」の見分け方を伝授。銀座クラブの表と裏、接客テクニック、銀座でモテる男とは?等、銀座ならではのエピソードも紹介しています。「お水」大好き男子にとっては、なかなか興味深い本です。

 彼の仕事は繁華街に繰り出して、これはと思った女性に片っ端から声をかけるわけですが、氏によると、育ちのよい女性とそうでない女性を即座に見分けることができるといいます。最初に声をかけたときの相手の女性の反応のしかたで、それが分かるんだそうです。

 どういうことかというと、最初に声をかけて一目散に逃げていくような女性は、育ちの悪い女性、あるいは自分に自信を持てない女性で、反対に、断るにしてもきちんと受け答えをする女性は、育ちがよく自分自身に自信を持っている女性だといいます。

 へーと思いますが、よくよく考えると「なるほどなー」と納得もできる話です。そういうところを見る、あるいは重視するのはさすがだなとも思います。 ところで、そのスカウトさんの話をもう少しご紹介しますと、「これは」と思う女性の”顔”と”体”のどちらを優先するかというと、意外にも”体”なんだそうです。

 出るところが出て、引っ込むべきところが引っ込んでいるスタイルこそがいちばん重要で、顔は化粧でいくらでもごまかすことができる、しかし、スタイルが悪いのは如何ともし難しい、と。これもずいぶん「なるほどなー」です。
 
 これらのお話から思い出すのが、大阪・北新地の社交料飲協会が発行した『ホステス心得帖〜おもてなしの条件』という冊子です。ビジネス・シーンにも役立つ非常にいいことが書いてあるというので話題にもなった冊子でして、それによれば、美人には2種類あるといいます。「黙っていると美人」というタイプと「喋り出すと美人」というタイプ。そして「黙っていると美人」というタイプは、3回で飽きるそうです。

 えらい辛辣な言い様ですが、まー言われてみれば確かに、また逢いたいなと思う女性は、外見もさることながら、何より話すごとに惹きこまれる美質を備えた人ですね。たとえば、ラウンジで「新人の女の子です」と紹介されて、えらい若くて美人だけど、でも話しているうちに「あー、この子は3か月後にはいなくなっているだろうな」と感じたら、やっぱり3か月後には消えていますからね。まさに「黙っていると美人」タイプだった。

『ホステス心得帖〜おもてなしの条件』から抜粋

  • 特別に、絶世の美人でないこと。絶世の美人だと、男性は、かえって近寄りがたくて敬遠しがちである。また、美人であることをうぬぼれて、男の甘言や色香に迷い、仕事を怠りがちになる。いわゆるプロ根性に徹しきれない場合が多いからである。
  • その人のムードが華やかであること。ただし、店用服装と生活用外出着とは、違うことを知らねばならない。地味すぎて、生活が滲み出てしまってはダメである。毎日、美容院に行くことも大事。
  • 手が奇麗であること。手入れが悪いと現実の生活が見えてしまう。顔や胸は整形できるが、手はできず、年齢がハッキリ出るところでもある。
  • 一度見たら忘れられないような、個性的な容貌であること。神秘的であればなお良い。少なくとも所作動作だけでも、そのように振る舞うべきである。
  • 性格が誠実で素直でないと、本当の美人には見えない。どんなに顔・形が良くても心の化粧を忘れずに。いくら整形手術をしても眼に険が表れるからだ。眼の輝きは整形できない。
  • オツに澄まして微笑を忘れた美人は、本当の美人ではない。微笑んだときの美人が本当の美人。笑い顔に険のあるホステスは要注意。
  • 下品なコトバを使わぬこと。馴れ馴れしいコトバと、親しいコトバは違う。美人にふさわしい優雅なコトバを使うこと。


目次へ ↑このページの先頭へ