本文へスキップ

ヴェルディのオペラ『仮面舞踏会』

 多くの音楽・文学作品に題されている「仮面舞踏会」ですが、ここでご紹介するのはイタリアの作曲家ベルディのオペラです。そもそも仮面舞踏会は、参加者が仮面をつけたり仮装したりして出席する舞踏会で、発祥はイタリアのベネツィアだそうです。やがてヨーロッパ全土の宮廷など上流階級の間に広がり、ずいぶん人気を博したといいます。日本でも明治20年頃に鹿鳴館で催されたとか。

 ところが、あまりの人気ぶりに、仮面舞踏会は風紀や倫理を乱す元凶だとして禁止令が出されることもあったようです。また、1792年、仮面舞踏会の最中にスウェーデン国王グスタフ3世が、彼の統治に不満を抱く貴族によって暗殺されるという衝撃的な事件が起きました。ベルディのオペラは、この事件を題材にしたウジェーヌ・スクリーヴの戯曲『グスタフ3世、または仮面舞踏会』が元になっています。

 しかし、「国王暗殺」というテーマのためにナポリの検閲で上演の許可が下りず、そのためヴェルディは検閲がそれほど厳しくないローマで初演しようと計画、物語の舞台をイギリス植民地時代のアメリカのボストンに移し、さらに役名を変更するなどして許可を得ることができました。はたして上演は大成功、ヴェルディの人気はさらに高まったのです。

 改訂後の物語の簡単なあらすじは、総督リッカルドが、腹心のレナートの妻であるアメーリアと禁断の恋に陥ります。妻の裏切りを知ったレナートは激怒。総督はレナート夫妻をイギリスに帰してアメーリアから身を引こうと決意します。ところが、その意思が伝わる前に、仮面舞踏会でレナートが総督を殺そうと刺してしまいます。総督は「私は確かにアメーリアを愛した。しかし、彼女は潔白だ」と告げ、息絶えてしまいます。・・・ざっとこんな感じです。

 愛聴盤は、カラヤンが亡くなる半年前の1989年1〜2月に録音され、カラヤン最後のオペラ録音となった盤です。改訂前のオリジナル版によっています。このオペラは、同年のザルツブルク音楽祭で上演が予定されていたものの、カラヤンの体調不良から断念、リハーサルを兼ねたこの録音のみが残されました。その後の公演はショルティの指揮によって行われたといいます。音楽之友社による2017年版『名曲名盤500』では『仮面舞踏会』録音の第1位に選ばれており、カラヤンが有終の美を飾った名盤とされています。

ヴェルディのオペラ『アイーダ』

 ヴェルディ作曲のオペラ『アイーダ』。ファラオ時代のエジプトとエチオピアの両国に引裂かれた男女の悲恋物語であり、今も世界で最も人気の高いオペラのひとつです。そして、私たち日本人にとって馴染み深いのは、凱旋の場面の勝利の行進曲ですね。そう、サッカーの日本代表チームの応援曲になっている、あの曲です。

 とても勇壮でスケールの大きな音楽で、また格調も高く、応援曲として見事にマッチしていると思います。しかし、サッカーとは何の関係もないのに、なぜあの曲が選ばれたのかご存知でしょうか。実はこれに至った経緯は、かつてイタリアのセリエAのチーム、パルマに所属していた中田英寿さんが関係しているそうです。

 パルマというのは地名でもあり、この町の近くで生まれたのがヴェルディなんですね。チームが結成された当初は、地元のヒーローの名をとって、ヴェルディ・フットボール・クラブという名前だったそうです。そんなつながりから、ヴェルディの曲が日本の応援曲に選ばれたんですって。


目次へ ↑このページの先頭へ