本文へスキップ

木鶏(もっけい)

 『荘子』(達生篇)に次のような故事が収められています。
 
 紀悄子(きせいし)という闘鶏(とうけい)を育てる名人が、王の依頼を受けて、1羽の強い闘鶏を育てることになりました。そして、闘鶏を訓練し始めて10日が経過しました。王が彼のところへやってきて、「もう、ほかの鶏と蹴り合いをしても負けないか」と尋ねました。
 
 紀悄子は、「まだでございます。カラ元気で虚勢をはっていますから、だめです」と答えました。

 また10日たって、王が尋ねると、「まだでございます。他の鶏の姿を見ただけで、すぐ飛びかかろうとするから、だめです」

 さらに10日たって尋ねられても、「まだでございます。目を怒らせて己の強さを誇示していますから、だめです」

 さらに10日たって王が尋ねると、やっと「もう大丈夫でしょう。敵の鶏が鳴いて挑みかかってきても、少しも態度を変えません。少し離れてみると、まるで木彫りの鶏のようです」

 木彫りの鳥、すなわち木鶏(もっけい)のように、敵意をまったく持たない人に、抗争心は湧いてきません。敵意を持たない人の周囲は、つねに平穏なのですね。また、道を体得した人物は他者に惑わされることなく、鎮座しているだけで衆人の範となるものだというのです。

〜『荘子』達生

曾子の教育方針

 曾子(そうし)は、孔子の主要な弟子の一人だった人物です。その曾子の妻が市場に出かけようとしたとき、子があとを追いかけて「連れて行って」と泣きつきました。困った妻は、子に言いました。「おうちへお帰り。帰ってきたら、お前のために豚を殺してご馳走してあげるから」
 
 そうして市場へ行って帰ってきたところ、曾子が豚をつかまえて殺そうとしました。妻はあわてて、「子供相手のほんの冗談ですよ」と言って止めようとしましたが、曾子はこう言いました。
 
「子供には冗談は通じない。子供は何も分からずに親に学んでいくもので、親の教えのままになる。今お前が子供をだましたら、それは子供にだますことを教えたことになる。母親が子供をだまし、子供は母親を信じられないということになれば、これから先、どのようにして子供を教え導くことができるのか」
 
 そして、そのまま豚を殺して料理しました。
 

目次へ ↑このページの先頭へ