本文へスキップ

七歩の才

 三国時代の魏の創設者・曹操(そうそう)の子に、曹丕(そうひ)、曹植(そうしょく)という二人の兄弟がいました。文学を愛した父の影響を受け、兄弟共に詩才に恵まれていました。曹操は、才気煥発な弟の曹植を愛していたものの、天才肌にありがちな節度のなさに失望し、兄の曹丕を後継者と定めました。曹丕には曹植のようなきらびやかさはなく、後継者決定に至るまで、双方の側近らが政治的に暗躍したこともあって、兄弟の間に生じた確執はその後も続きます。
 
 曹操が亡くなり、即位して魏王(文帝)となった曹丕は、弟の才能をねたんで迫害し、あるとき曹植に「7歩歩くうちに詩を1首作れ。できなければ殺す」と命令しました。これを聞いた曹植は、「私は豆で、あなたは豆殻。豆と豆殻は同じ根から生まれたのに、豆殻は燃やされて火となって釜の中の豆を煮て苦しめる。兄弟なのにどうして苦しめるのですか」という意味の詩を詠みました。これを見た曹丕は、深く自分を恥じたのでした。
 
 このお話は、すばやく詩や文章を作る才能をたとえる「七歩之才」の語源となった故事で、またこの詩から、兄弟同士が互いに傷つけあうことを意味する「豆を煮るに豆殻を焚く」ということわざも生まれました。

〜『世説新語』

杵臼(しょきゅう)の交わり

 杵臼は文字どおり杵(きね)と臼(うす)のことで、「杵臼の交わり」は身分にこだわらない交際の意味に使われます。

 後漢のころ、後に斉の宰相となった呉祐(ごゆう)が、まだ若く家にいて勉強していたころ、公孫穆(こうそんぼく)という若者が下男として住み込んでいました。穆は勉学の志を抱きながらも、貧しいために昼間は働き、ひまを見つけては勉強していました。

 彼の仕事は米つきで、毎日のように杵と臼を使って米をついていました。あるとき、家の若旦那である呉祐が、たまたま米をついている穆と言葉を交わす機会がありました。ただの下男と思っていたのですが、驚いたことにその見識には並々ならぬものがありました。

 そこで二人は主従の身分をこえた親交を結ぶことになりました。そのきっかけは米をついているときだったため、「杵臼の交り」という言葉が生まれたのです。
 

目次へ ↑このページの先頭へ