本文へスキップ

野球はビジネスや人生に似ている

 あの松井秀樹選手が、巨人からメジャーリーグのヤンキースに移籍したときの上司だったトーリ監督。ベンチから黒いサングラス越しにじっとグラウンドを見つめる姿は、名門チームの監督ならではの存在感と威厳を感じたものです。そのトーリ監督が、当時こんなことをおっしゃっていたのが強く印象に残っています。

―― 野球はほかのスポーツ以上にビジネスや人生に似ている。その理由の一つが、平常心が必要であることだ。例えばアメリカンフットボールの場合は、一週間練習に励み、日曜日の午後の試合でエネルギーを一気に爆発させる。一方、6カ月に162試合をこなす野球にはペースとリズムが必要だ。毎日立ち向かういくつもの小さな挑戦が積み重なって、それが大きな挑戦になる。

 その大きな挑戦が実を結ぶには時間がかかる。結果が出るのはシーズンの終わりか一年の終わり。ときにはもっと時間がかかることもある。ビジネスマンも取引、利益、販売促進、キャンペーン、企業買収など長期目標を立てる。何カ月にもわたる成功の日々がつながって、初めてその目標を達成できるのだ。ちょうど野球と同じように。

 目標をしっかり頭に描いてビジネスを展開する者は、平常心を忘れない。悪い日があるのは当たり前で、良い日はもっと大きな挑戦に向けての土台づくりになると知っているからだ。――


 うーん、毎日立ち向かういくつもの小さな挑戦の積み重ね。うまくいかないときもあり時間はかかるけれども、それがやがて大きな実を結ぶ。まさしく「野球はビジネスや人生に似ている」。だから、野球って面白いんですね。

送りバントは無意味!?

 『勝てる野球の統計学』という本があります。それによると、統計では、何と「送りバントは無意味」だというのです。ノーアウト1塁の状態から送りバントをしてワンアウト2塁にしたところで、実は統計上の勝利確率は下がっている、と。これはアメリカでも日本でも結果は同じで、つまり、野球の作戦として正しくないというのです。
 
 ただ、全てのバントが間違っているというわけではなく、唯一有効な送りバントは、同点で迎えた9回裏ノーアウト2塁からの送りバントだそうです。これがうまく成功すればワンアウト3塁となって、犠牲フライでも相手のエラーでもサヨナラ勝ちとなる。この場合の勝利確率は明らかに高まる、って。
 
 大いになるほどです。そもそも野球は「確率」のスポーツですからね、統計数値を生かさない手はない。この際、大のカープファンである私は、カープ球団にノーアウト1塁での送りバントは全面的に廃止してはいかがかと提言したく思います。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

夢七訓
夢なき者は理想なし
理想なき者は信念なし
信念なき者は計画なし
計画なき者は実行なし
実行なき者は成果なし
成果なき者は幸福なし
故に幸福を求める者は夢なかるべからず
 
〜渋沢栄一

目次へ