本文へスキップ

平安時代の学校制度

 平安時代の学校制度としては、国家の役人を養成する学校として、中央(京都)に大学、地方に国学がもうけられていました。大学の教科には、経学の学問である明経道、法律学である明法道、漢詩文や歴史を学ぶ文章道、数学である算道の4つがあり、それぞれ博士、助教などの教師がおかれていました。

 学生となったのは、おもに五位以上の貴族の子弟で、八位までの子弟も志願すれば入学を許可されたようです。大学の最終試験に合格した者は国家試験を受け、その成績と科目に応じて位階を授けられ、役人になることができました。

 一方、国ごとにおかれた国学では、郡司の子弟などが学んでいました。また、各氏族は、それぞれの氏族出身の子弟のために、勉強所と寄宿舎を兼ねた私設の学校をつくっていました。和気氏の弘文院、藤原氏の勧学院、橘氏の学館院などが有名で、これらは後に大学の付属機関として公認されました。

 この時代の学校はもっぱら上級貴族のためのものでしたが、空海が828年に京都九条の邸宅に開設した綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)は一般民衆のための学校でした。綜芸とは顕教、密教、儒教をいい、種智とは菩提心をいうそうです。しかし、空海が死ぬと、後継者がなくてやがて廃止されてしまいました。

律令制下の刑罰

 大宝律令や養老律令など、律令の「律」は今の刑法にあたります。「令」はそれ以外の行政法や訴訟法、民事法などに相当します。律によると、5つの罰があり「五刑」または「五罪」と呼ばれました。鞭(むち)で打つ「笞(ち)」、杖で打つ「杖(じょう)」、一定の労働をさせる「徒(ず)」、遠方へ追放する「流(る)」、死刑である「死」の5刑です。

 笞や杖は見せしめのため、多くの人が集まる市(いち)で行われました。しかし、身分の高い人や老人などは、罪の重さに従って銅銭を支払えば刑を受けずにすんだといいます。いわば罰金刑への転換ですかね。徒は、一定の期間拘禁され、男の場合は道路工事や清掃などの労働を、女の場合は縫い物や精米などをさせられました。

 流は、政治犯などの重罪人を遠国や島に追放したもので、その遠近の度合いによって近流(こんる)、中流(ちゅうる)、遠流(おんる)の3種類がありました。近流は越前国(福井県)、安芸国(広島県)など、中流は信濃国(長野県)、伊予国(愛媛県)など、遠流は伊豆国(静岡県)、安房国(千葉県)、常陸国(茨城県)、佐渡国(新潟県)、土佐国(高知県)、隠岐国(島根県)などとされました。

 また京内には、罪人を閉じ込めておく牢獄が、東西に2つありました。
 


目次へ ↑このページの先頭へ