本文へスキップ

鼎の軽重を問う

 鼎(かなえ)というのは、中国古代の土器または青銅器の一種で、三本の足がある大きな釜のことです。ここでの鼎はその中でも特別なもので、中国最古の王朝とされる夏(か)の始祖・兎王(うおう)が方々から集めた青銅で作らせた「九鼎(きゅうてい)」を指します。九鼎は夏の歴代の王だけでなく、殷王朝や周王朝にも受け継がれ、王権を象徴する大切な存在となっていました。
 
 しかし、春秋時代中期になって周の力が衰えてくると、各地の諸侯のなかには、表向きは周を尊重し臣従しているものの、内心では隙あらば周を倒そうと野心を抱く者が出てきました。楚の荘王もその一人で、周王朝が所有している九鼎に強い興味を示します。
 
 その荘王が、西方の異民族を打ち破ったその足で周の都近くまでやってきて、自分の力を誇示しました。周の重臣・王孫満が出迎えると、荘王は「例の九鼎とはいかなるものですかな?」と、大きさや重さについて王孫満に尋ねます。いかにも、やがて自分が天下を取り、九鼎を所有することになるのを示唆し、周王朝を軽んじるような物言いでした。
 
 それを察した王孫満は、「大きさや重さは、たいして重要ではありません。重要なのは、九鼎の所有者が天から支配者たる使命を与えられているという点です。周があるのは徳によってであり、鼎によるのではありません。今、周の威光は衰えていますが、天はまだ国を改めると命じてはおられないのだから、鼎の軽重を問うべきではありません」と答えます。力づくで九鼎を奪っても、支配者たる資格を天から認められたことにはならない。だからそれに取って代わろうなどという野心を抱いても無駄だ、と王孫満は荘王に釘を刺したのでした。
 
 荘王は、「なるほど、武力で九鼎を奪っても世間が納得しないだろう。周を倒すのは時期尚早である」と悟り、周への侵攻を思いとどまったといわれています。この話から。「鼎の軽重を問う」は、統治者を軽んじてこれを滅ぼして天下を取ろうとすること、転じて、その人の実力を疑い、地位をくつがえし奪おうとすることを意味するようになりました。
 
 なお、九鼎は、周が秦に滅ぼされた際、川に沈んで行方不明になったといわれます。

〜『春秋左伝』宣公三年


夜郎自大

 身の程知らずで偉そうな顔をしている態度を意味する「夜郎自大」という四字熟語があります。この「夜郎」というのは、中国の南西部にあった小国の名です。道もろくに整備されていないような辺境の地でしたが、夜郎王は自国以外のことは全く無知でした。
 
 そこへ大国の漢(前漢)から使者がやってきて、夜郎王は「わが国と漢とは、どちらが広大か?」と、大真面目に尋ねたのでした。そこから漢人がバカにして言った「夜郎自らを大とす」、すなわち「夜郎自大」という言葉が生まれました。
 

目次へ ↑このページの先頭へ

懸頭刺股(けんとうしこ)

苦学のたとえ。「頭を懸け股を刺す」とも読む。
漢の孫敬は夜勉強中、眠くなると頭を天井から下げた紐にかけ、机にうつぶせになるのを防ぎ、蘇秦は眠くなると自分の内股をきりで刺して読書を続けたという故事から。

目次へ