本文へスキップ

韓信の股くぐり

 漢王朝の創業に大きな功績を挙げた将軍・韓信は、若いころ、貧乏で官吏にもなれず、いつも食べ物を他人から恵んでもらって暮らしていました。しかも図々しいので、みんなに嫌われていました。ある老女が飯を食わせてくれたとき、「いつかきっとご恩返しをする」と韓信が言うと、老女は怒って「大の男が自分で食うこともできないのに、恩返しなどと洒落た口をきくな」と言ったといいます。
 
 韓信は、屠場仲間の若者たちからもバカにされていて、彼がいつも剣を身につけているのを見たある若者が、「お前は大きな図体をして刀を持っているが、肝は小さいのだろう。死ぬのが怖くない勇気があるんだったら、その剣でおれを刺してみろ。できないのなら、おれの股をくぐれ」と喧嘩をふっかけてきました。韓信はじっと相手を見つめたあと、何も言わずに四つん這いになり股をくぐったので、町中の人に臆病者だと笑われてしまいました。
 
 その後、秦の始皇帝が亡くなると、大規模な動乱が始まりました。韓信は楚の項梁(こうりょう)、次いでその甥の項羽(こうう)に仕えて護衛役となりました。思うところあって、しばしば項羽に献策を図りましたが、採り上げられることはありませんでした。ついに韓信は楚から蜀へ逃亡し、漢王・劉邦の麾下に入りました。しかし、そこでも韓信が重用されることはありませんでした。ただ一人、丞相の蕭何(しょうか)だけが、彼の才能を買っていました。
 
 劉邦が漢中の地に封ぜられ、都の南鄭に赴くことになりましたが、その移動の途中で多くの脱走者が出ました。不満を抱えていた韓信も逃げました。そのとき、韓信が逃げたのを聞いた蕭何は、劉邦にも黙って、急ぎ韓信のあとを追いかけました。劉邦は、丞相の蕭何までも逃げたと聞かされて激怒し、かつ大いに落胆しました。しかし、何日かたつと、蕭何がひょっこり戻ってきました。劉邦は詰問します。
 
「お前はなぜ逃亡したのだ」
「私は逃亡したのではありません。逃亡した兵を追いかけたのです」
「それは誰か」
「韓信です」
「逃げた武将はほかに何人もいるのに、なぜ韓信だけを追ったのか」
 
 蕭何は言いました。「ほかの武将たちぐらいの人物なら、いくらでも見つけられますが、韓信ほどの人物は国士無双(ほかに比類ない人物)です。王がこの先ずっと漢中の土地で満足なさるのなら韓信は必要ないかもしれませんが、もし天下をお望みであるなら、韓信は絶対に必要な人物です」
 
 かくして韓信は全軍を指揮する上将軍に抜擢され、以後、縦横無尽の活躍を見せます。なお、将軍として大成功を収めた韓信は、かつての若者を呼び寄せて「あのときは、お前を殺して名が挙がるわけでもなかったから我慢した。その結果、現在の私がある」と言って役人に取り立ててやりました。また、飯を与えてくれた老女を探し出し、大金を与えたということです。

〜『史記』淮陰侯伝

嚢中(のうちゅう)の錐(きり)

 戦国時代末期、趙の都・邯鄲(かんたん)は秦の攻撃を受けて苦境に陥っていました。困った趙は楚との同盟を計ろうと、公子の平原君を派遣することにしました。平原君は食客3000人の中から文武の徳を備え勇気のある20人を同行させようと、19人まで選んだものの、あとの1人がどうしても見つかりません。

 困っていると、食客の中で毛遂(もうすい)という者が自ら名乗り出て、自分を加えるように言いました。そのあつかましさに平原君はあきれて「あなたは私の門下におられて、何年になりますか?」と尋ねました。

 毛遂が「3年です」と答えると、平原君は、

「そもそも賢明な人物が世にあれば、錐(きり)が嚢中(袋の中)にあるように、その先が立ちどころに袋を突き破って出るでしょう。ところがあなたは私の門下に3年もおられるというのに、ただの一度もお名前が表れたことはない」

と言って断りました。それに対して毛遂は、

「私は今日はじめて嚢中に入れてくださいとお願いするのです。もし早くから私を嚢中に入れてくださっていたら、錐の尖端どころか、柄まで飛び出していたでしょう」

 そこで20人の中に加えられた毛遂は、ともに楚に行き、交渉は難航したものの、その勇気と弁舌のおかげで、平原君はみごとに合従の大役を果たしました。帰国後、平原君は、

「私は、これからもう二度と士の鑑定などしない。常日頃、天下の士を見損なうことはないと自惚れていたが、今度ばかりは毛先生を見誤っていた自分が恥ずかしい。先生は楚へ赴いて、趙を天下の重宝よりも重からしめてくださった」と反省し、毛遂を最上級の食客としました。
 

目次へ ↑このページの先頭へ


 

宋襄之仁(そうじょうのじん)

無用の情けをかけること。
春秋時代、宋の襄公が楚と戦ったとき、敵の布陣が揃わないうちに攻撃を仕掛けるよう進言したが、襄公は「君子は人の困難につけこんでこれを苦しめるものではない」と言って攻めなかった。そのために逆に楚に敗れてしまったという故事から。
遼東之豕(りょうとうのいのこ)

世間知らずで、自分だけが得意になっていること。
昔、遼東地方の人が、白い頭の豚が生まれたので、大変珍しいものだと思って天子に献上しようと河東まで来たところ、豚の群れに出会い、それがみな白い頭の豚だったので、恥じて引き返したという故事から。

目次へ