本文へスキップ

万葉集の歌【目次】万葉集古典に親しむ

大伯皇女(おおくのひめみこ)が弟の大津皇子を思う歌

巻第2-105~106

105
わが背子(せこ)を大和へ遣(や)るとさ夜深けて暁露(あかときつゆ)にわが立ち濡(ぬ)れし
106
二人行けど行き過ぎ難(かた)き秋山をいかにか君がひとり越(こ)ゆらむ
 

【意味】
〈105〉私の弟を大和へ帰さなければと、夜が更けて暁の霜が降りるまで、私は立ち尽くしてその露に濡れていました。

〈106〉二人で行っても通り過ぎるのに難儀するあの秋の山を、今ごろどのようにしてあなたは一人で越えているのだろう。

【説明】
 題詞に「大津皇子(おおつのみこ)、ひそかに伊勢の神宮に下りて上る時に、大伯皇女の作らす」とある歌。大津皇子は天武天皇の御子で、大柄で容貌も男らしく人望も厚かった人だったといいます。異母兄である草壁皇子に対抗する皇位継承者とみなされていましたが、686年10月、天武天皇崩御後1ヶ月もたたないうちに、反逆を謀ったとして捕らわれ、翌日処刑されました。享年24歳。事件の進展のあまりの早さから、草壁の安泰を図ろうとする皇后の思惑がからんでいたともいわれます。

 大伯皇女(大来皇女とも)は大津皇子の同母姉にあたり、14歳の時から伊勢神宮の斎宮となっていました。伊勢神宮は、皇室の祖神である天照大御神を祭る神社であり、天皇の御代ごとに、未婚の内親王が、神に奉仕するため選ばれて伊勢に赴任しました。この制度は、天武朝の大迫皇女に始まったといわれています。

 そうして離れ離れに暮らしていた姉弟でしたが、大津は事件の直前に密かに大伯を訪ねます。その理由ははっきりしていませんが、巫女となっていた姉に神意を聞くためだったのかもしれません。姉弟の母である大田皇女はすでに亡くなっていましたから、大津は大伯皇女にとって唯一肉親の情を感じる人間だったろうと思われます。この2首には、訪ねてきた弟を何とか大和へ帰したくない気持ちが切実に表れており、弟を待ち受ける不吉な運命を予感させるような、得も言われぬ不穏な響きがあります。

 斎藤茂吉は、単にこの歌だけを読めば恋愛(親愛)情調の歌であるけれども、やはり単純な親愛のみで解けないものが底にひそんでいるように感じられるとして、『代匠記』に、「殊ニ身ニシムヤウニ聞ユルハ、御謀反ノ志ヲモ聞セ給フベケレバ、事ノ成(なり)ナラズモ覚束(おぼつか)ナク、又ノ対面モ如何ナラムト思召(おぼしめす)御胸ヨリ出レバナルベシ」とあるのは、あるいは当たっているかもしれない、と言っています。元々は恋愛の歌だったとしても、この悲劇的な姉弟の史実に適合するような、哀愁の深い別離の歌となっています。

 105の「我が背子」は、女性から男性に対する愛称。「遣る」は、頼りない若者を心ならずも立たせる気持ちがこめられた言い方。斎藤茂吉も、この「遣る」という語の効果に注目しています。「暁露」は、原文「鶏鳴露」で、明け方に降りる露。皇女の美しい造語です。106の「いかにか」は、どのように~か。「越ゆらむ」の「らむ」は、推量の助動詞の連体形。
 
大津皇子の死を知らされた大伯皇女が作った歌(巻第2-163~164)

【PR】

古典に親しむ

万葉集・竹取物語・枕草子などの原文と現代語訳。