平家物語

【巻第一】・祇園精舎・殿上の闇討鱸(すずき)かぶろ鹿の谷
【巻第三】・足摺 【巻第五】・月見 【巻第六】・入道死去 【巻第七】・忠度の都落ち
【巻第九】・宇治川の先陣木曾の最期敦盛の最期
【巻第十一】・那須与一能登殿の最期 【巻第十二】・六代

平家物語  

祇園精舎〜巻第一

(一)
 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹(しやらさうじゆ)の花の色、盛者必衰(じやうしやひつすい)の理(ことわり)をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵(ちり)に同じ。

 遠く異朝(いてう)をとぶらへば、秦(しん)の趙高(てうかう)、漢の王莽(わうまう)、梁(りやう)の朱イ、唐の禄山(ろくさん)、これらは皆旧主先皇の政(まつりごと)にもしたがはず、楽しみをきはめ、諌(いさ)めをも思ひ入れず、天下の乱れん事を悟らずして、民間の愁(うれ)ふるところを知らざつしかば、久しからずして、亡じにし者どもなり。近く本朝をうかがふに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、おごれる心もたけき事も、皆とりどりにこそありしかども、まぢかくは六波羅の入道(にゅうどう)前太政大臣平朝臣清盛公(さきのだいじょうだいじんたひらのあつそんきよもりこう)と申しし人のありさま、伝へ承るこそ心もことばも及ばれね。

【現代語訳】
 祇園精舎の(無常堂の)鐘の音は、諸行無常(万物は刻々と変化していくもの)の響きがある。(釈迦入滅の時に白色に変ったという)沙羅双樹の花の色は、盛んな者もいつか必ず衰えるという道理をあらわしている。権勢を誇っている人も、永久には続かない。それは春の夜の夢のようなものだ。勇猛な者も最後には滅びてしまう。それは全く風の前の塵と同じだ。
 
 遠く外国に例を求めれば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱イ、唐の安禄山、これらの者は皆、もとの主君や前代の皇帝の政道にも従わず、ぜいたくの限りを尽くし、人の諌めを受け入れようともせず、天下が乱れることを悟らず、民衆の憂いも顧みなかったので、長続きせず滅亡してしまった者たちである。また近くわが国の例を見ると、承平の平将門、天慶の藤原純友、康和の源義親、平治の藤原信頼、これらの人は権勢を誇る心も勇猛なことも、皆それぞれ甚だしいものだったが、やはりたちまち滅びた者たちである、ごく最近では、六波羅におられた入道前の太政大臣平の朝臣清盛公と申した人のありさまを伝え聞いてみると、想像することもできず、言うべき言葉もないほどだ。
 
(注)祇園精舎・・・祇園は祇樹給孤独園の略。インド舎衛国の須達長者が釈迦のために建てた寺院(精舎)。
(注)趙高・・・秦の始皇帝の臣。帝の死後、二世皇帝を擁して権力をふるったが、三世皇帝の時代になって殺された。
(注)王莽・・・前漢の平帝を毒殺して自ら帝位につき、国号を新としたが、後漢の光武帝に滅ぼされた。
(注)朱イ・・・梁の武帝の臣として国政を専断したが、のち乱を招き自殺した。
(注)禄山・・・唐の玄武皇帝の臣、安禄山。反乱を起こし、のち討たれた。

(二)
 その先祖を尋ぬれば、桓武天皇の皇子、一品(いつぽん)式部卿(しきぶのきやう)葛原親王(かづらはらのしんわう)九代の後胤(こういん)、讃岐守(さぬきのかみ)正盛(まさもり)が孫(そん)、刑部卿(ぎやうぶきやう)忠盛朝臣(ただもりのあつそん)の嫡男なり。かの親王の御子(みこ)高見の王、無官無位にして失せ給ひぬ。その御子(おんこ)高望王(たかもちのわう)の時、始めて平の姓を賜って、上総介(かずさのすけ)になり給ひしより、たちまちに王氏を出でて人臣につらなる。その子鎮守府将軍良望(よしもち)、後には国香(くにか)とあらたむ。国香より正盛にいたるまで、六代は諸国の受領たりしかども、殿上(てんじやう)の仙籍をばいまだ許されず。

【現代語訳】
 その先祖を調べてみると、清盛公は桓武天皇の第五皇子・一品式部卿葛原親王の九代目の子孫にあたる讃岐守の正盛の孫であり、刑部卿忠盛の朝臣の嫡子である。あの葛原親王の御子の高見の王は、官職にもつかず位階もなく亡くなられた。その御子の高望の王の時に、はじめて平の姓をいただいて、上総介になられてから以後すぐに皇族を離れて臣下の列に加わった。その高望の王の子の鎮守府の将軍良望は、後に国香と名を改めた。その国香から正盛に至るまでの六代の間は、諸国の受領だったが、まだ殿上人として宮中への昇殿を許されなかった。
 
(注)一品式部卿・・・「一品」は親王の最高位。四品まであった。式部省は礼式や文官の人事を司る役所で、「式部卿」はその長官。
(注)刑部卿・・・裁判や処刑を司る刑部省の長官。

↑ ページの先頭へ

殿上の闇討

(一)
 しかるを忠盛(ただもり)備前守(びぜんのかみ)たりし時、鳥羽院(とばのゐん)の御願(ごぐわん)得長寿院(とくぢやうじゆゐん)を造進(ざうしん)して、三十三間の御堂(みだう)をたて、一千一体の御仏(みほとけ)を据(す)ゑ奉る。供養は天承元年三月十三日なり。勧賞(けんじやう)には闕国(けつこく)を賜ふべき由(よし)仰せ下されける。折節(をりふし)但馬国(たじまのくに)のあきたりけるを賜(た)びにけり。上皇(しやうくわう)御感(ぎよかん)のあまりに内の昇殿を許さる。忠盛三十六にて初めて昇殿す。雲の上人(うへびと)これをそねみ、同じき年の十二月二十三日、五節(ごせつ)豊明(とよのあかり)の節会(せちゑ)の夜、忠盛を闇討(やみうち)にせんとぞ擬せられける。

 忠盛これを伝へ聞きて、「われ右筆(いうひつ)の身にあらず。武勇の家に生まれて、今不慮の恥にあはんこと、家のため身のため心憂かるべし。詮(せん)ずるところ、身を全(まつた)うして君に仕ふといふ本文(ほんもん)あり」とて、かねて用意をいたす。参内の初めより、大きなる鞘巻(さやまき)を用意して、束帯(そくたい)の下にしどけなげに差し、火のほの暗き方(かた)に向かつて、やはらこの刀を抜き出だし、鬢(びん)に引き当てられけるが、氷なんどのやうにぞ見えける。諸人(しよにん)目をすましけり。

【現代語訳】
 ところが、忠盛が備前(岡山県)の守だったときに、鳥羽院の御祈願寺、得長寿院を造進し、三十三間堂を建てて、一千一体の御仏像を安置申し上げた。寺院落成は天承元年三月十三日だった。そのほうびとして、鳥羽院が国司が欠員になっている国をお与えくださると仰せ下さった。ちょうどそのときに但馬国(兵庫県の一部)が空いていたのをお与え下さった。上皇(鳥羽院)は、忠盛の功績に御感心のあまり、内裏への昇殿をお許しになった。しかし、殿上人たちはこれをねたみ、同じ年の十二月二十三日、五節豊明の節会の夜に、忠盛を暗殺しようと話し合った。
 
 忠盛はこれを人づてに聞き、「自分は文官の身ではない。武人の家に生まれて、今、思いもしない恥を受けては、家のためにも自分のためにも情けないことだ。『自分の身を無事に守って主君にお仕えする』ことこそが本分である」と思い、前もって対策を立てた。参内するはじめから大きな鞘巻を用意し、束帯の下に人から見えるようにだらしなく差して、灯のほの暗い方に向かって、静かにその刀を抜き出し、鬢に当てた。それが氷などのように冷たくいかにもよく切れそうに見えた。人々は驚いて目を凝らして見た。
 
(注)鳥羽院・・・鳥羽上皇。第74代の天皇で、在位16年の後、28年間にわたり院政をしいた。
(注)五節豊明の節会・・・毎年十一月の第二の丑寅卯辰の四日間に行われる「五節の舞」の宴。その最後の日が「豊明の節会」。
(注)鞘巻・・・長さ25〜28cmくらいの、つばのない短刀。

(二)
 そのうへ、忠盛が郎等(らうどう)、もとは一門たりし木工助(もくのすけ)平貞光(たひらのさだみつ)が孫、進三郎大夫(しんのさぶらうだいふ)季房(すゑふさ)が子、左兵衛尉(さひやうゑのじよう)家貞(いへさだ)といふ者ありけり。薄青(うすあを)の狩衣(かりぎぬ)の下に萌黄縅(もえぎをどし)の腹巻を着、弦袋(つるぶくろ)つけたる太刀脇ばさんで、殿上の小庭に畏(かしこま)つてぞ候ひける。貫首(くわんじゆ)以下(いげ)怪しみをなし、「うつほ柱よりうち、鈴の綱の辺(へん)に、布衣(ほうい)の者の候ふは何者ぞ。狼藉(らうぜき)なり。罷(まか)り出でよ」と六位をもつて言はせければ、家貞申しけるは、「相伝の主備前守の殿、今宵(こよひ)闇討にせられたまふべき由、承り候ふ間、そのならんやうを見んとて、かくて候ふ。えこそ罷り出づまじけれ」とて、畏つて候ひければ、これらをよしなしとや思はれけん、その夜の闇討なかりけり。

 忠盛(ただもり)御前(ごぜん)の召しに舞はれければ、人々拍子を変へて、「いせへいじはすがめなりけり」とぞはやされける。この人々は、かけまくもかたじけなく、柏原(かしはばらの)天皇の御末(おんすゑ)とは申しながら、中ごろは都の住まひもうとうとしく、地下(ぢげ)にのみふるまひなつて、伊勢の国に住国(ぢゆうこく)深かりしかば、その器物(うつはもの)に事寄せて、「伊勢平氏」とぞ申しける。そのうへ、忠盛目のすがまれたりければ、かやうにははやされけり。いかにすべきやうなくして、御遊(ぎよいう)もいまだ終はらざるに、ひそかに罷(まか)り出でらるるとて、横だへ差されたりける刀をば、紫宸殿(ししんでん)の御後(ごご)にして、かたへの殿上人の見られける所に、主殿司(とものづかさ)を召して、預け置きてぞ出でられける。家貞待ち受けたてまつて、「さて、いかが候ひつる」と申しければ、かくとも言はまほしう思はれけれども、言ひつるものならば、殿上までもやがて切り上らんずる者にてある間、「別(べち)のことなし」とぞ答へられける。

【現代語訳】
 その上、忠盛の家来に、もとは同じ平家一門で木工助の職にある平貞光の孫・進三郎大夫季房の子で、左兵衛尉家貞という者がいた。その男が、薄青の狩衣の下に萌黄縅の腹巻を着て、弦袋をつけた太刀を小脇にはさんで、殿上の小庭にうやうやしく控えていた。蔵人頭をはじめ、人々はみな怪しく思い、「うつほ柱の内の鈴の綱あたりに布衣を着た者が控えているのは何者か。無礼千万である。早々に出て行け」と、六位の蔵人に命じて言わせたが、家貞は、「先祖代々お仕えしている主君・備前守殿が、今宵、闇討ちにお遭いになるのではとお聞きし、その成り行きを見届けるために、こうして控えているのです。何としてもここを出て行くことはできません」と言って、そのままうやうやしく控えていた。殿上人たちはこのようすに具合が悪いと思ったのか、その夜の闇討ちは行われなかった。
 
 忠盛が鳥羽院の御前に召されて舞いを舞ったところ、人々は奏楽の拍子を変えて、「いせへいじはすがめだよ」とはやし立てた。平氏の人々は、口に出すのも畏れ多いが、桓武天皇の御子孫でありながら、その後は都の暮らしも縁遠くなり、地下人としてのみ行動するようになって、伊勢の国での暮らしが縁深くなっていた。そのため、伊勢の国の特産物である焼き物にかこつけて、「伊勢平氏」と言ったのだ。その上、忠盛は目がすがめ(やぶにらみ)だったので、そのようにはやし立てたのだった。忠盛はどうしようもなく、御宴の遊びもまだ終わらないうちにこっそりと退出しようと、紫宸殿の北側の、殿上人が近くに見ている所で主殿司を呼び、腰に横にして差していた刀を預けて退出した。家貞は忠盛を待ち受け、「ところで、ごようすはいかがでございましたか」と申したので、忠盛はかくかくしかじかと言いたかったが、本当のことを言えば、家貞はただちに殿上の間に切り込みかねない者だったので、「格別のこともない」と答えた。
 
(注)木工助・・・宮殿の造営や修理にたずさわる木工寮の次官。
(注)萌黄縅の腹巻・・・もえぎ色の糸で縅(おどし)をした鎧(よろい)。「縅」は鎧に鉄片を糸や皮で綴ること。
(注)うつほ柱・・・清涼殿の南すみにある雨どい。「うつほ」は中が空である意味で、うつほ柱は中に穴が通っている。
(注)柏原天皇・・・桓武天皇の別称。
(注)紫宸殿・・・大内裏の正殿の名前。
(注)主殿司・・・主殿寮で雑用にたずさわる身分の低い女官。

(三)
 五節には、「白薄様(しろうすやう)、ごぜんじの紙、巻き上げの筆、鞆絵(ともゑ)かいたる筆の軸」なんど、さまざまおもしろきことをのみこそ歌ひ舞はるるに、中ごろ大宰権師(だざいのごんのそつ)季仲卿(すゑなかのきやう)といふ人ありけり。あまりに色の黒かりければ、見る人 黒師(こくそつ)とぞ申しける。その人いまだ蔵人頭(くらんどのとう)なりし時、五節に舞はれければ、それも拍子を変へて、「あなくろぐろ、黒き頭(とう)かな。いかなる人の漆(うるし)塗りけん」とぞはやされける。また、花山院(くわざんのゐんの)前太政大臣(さきのだいじやうだいじん)忠雅(ただまさ)公、いまだ十歳と申しし時、父中納言忠宗卿(ただむねのきやう)におくれたてまつて、みなしごにておはしけるを、故(こ)中御門(なかみかどの)(とう)中納言家成卿(いへなりのきやう)、いまだ播磨守(はりまのかみ)たりし時、婿をとりて、はなやかにもてなされければ、それも五節に、「播磨米(はりまよね)はとくさか、むくの葉か、人のきらをみがくは」とぞはやされける。「上古(しやうこ)にはかやうにありしかども、事出で来ず。末代いかがあらんずらん。おぼつかなし」とぞ人申しける。

【現代語訳】
 五節には、「白薄様、ごぜんじの紙、巻き上げの筆、鞆絵かいたる筆の軸」などと、さまざまの面白いことばかりを歌い舞うが、ちょっと昔に、大宰権師季仲卿という人がいた。この人はあまりに顔の色が黒かったので、見た人は「黒師」とあだ名をつけた。その彼がまだ蔵人頭だったとき、五節で舞ったところ、殿上人たちが同じように拍子を変えて「ああ黒い黒い、黒い蔵人頭だな。どんな人が漆を塗ったのか」と歌ってはやし立てた。また、花山院の前の太政大臣忠雅公がまだ十歳のころ、父の中納言忠宗卿に先立たれ孤児となられたのを、故中御門藤中納言家成卿がまだ播磨守のときに、この忠雅卿を娘の婿に迎えて、はでな生活をおさせになっていた。そして、お方へも五節には、「播磨の米は木賊(とくさ)か椋(むく)の葉か、人を磨いて華やかにさせているよ」とはやし立てた。「昔はこのように和やかだったが、何も起こりはしなかった。しかし、今のような末世ではどうなることか。何かが起こりそうで心配だ」と、人々はうわさし合った。
 
(注)大宰権師・・・大宰師(長官)に代わって大宰府の政務をつかさどる者。「権」は仮の任官の意味。
(注)花山院・・・「花山院」は藤原家忠の邸宅の名で、子孫はこれを家号とした。
(注)木賊、椋の葉・・・共に物を磨くときに用いる。

(四)
 案のごとく、五節果てにしかば、殿上人一同に申されけるは、「それ雄剣(ゆうけん)を帯して公宴(くえん)に列し、兵仗(ひやうぢやう)を賜はりて宮中に出入(しゆつにふ)するは、皆(みな)格式(きやくしき)の礼を守る、綸命(りんめい)(よし)ある先規(せんぎ)なり。しかるを、忠盛朝臣、あるいは相伝の郎従(らうじゆう)と号して、布衣(ほうい)のつはものを殿上の小庭に召し置き、あるいは腰の刀を横だへに差いて、節会(せちゑ)の座に連なる。両条(りやうでう)希代(きたい)、いまだ聞かざる狼藉(らうぜき)なり。事すでに重畳(ちようでふ)せり。罪科もつとものがれがたし。早く御札(みふだ)を削つて、闕官(けつくわん)・停任(ちやうにん)せらるべき」由、おのおの訴へ申されければ、上皇(しやうくわう)大いに驚きおぼし召し、忠盛を召して、御尋ねあり。

 陳じ申しけるは、「まづ、郎従小庭に伺候(しこう)の由、全く覚悟(かくご)(つかまつ)らず。ただし、近日人々 相(あひ)たくまるる子細(しさい)あるかの間、年ごろの家人(けにん)事を伝へ聞くかによつて、その恥を助けんがために、忠盛に知られずしてひそかに参候(さんこう)の条、力及ばざる次第なり。もし、なほその咎(とが)あるべくは、かの身を召し進ずべきか。次に刀のこと、主殿司(とのもづかさ)に預け置きをはんぬ。これを召し出だして叡覧(えいらん)あれば、上は鞘巻(さやまき)の黒く塗りたりけるが、中は木刀(きがたな)に銀箔(ぎんぱく)をぞ押したりける。「当座の恥辱をのがれんがために、刀を帯する由あらはすといへども、後日(ごにち)の訴訟を存知して、木刀を帯しける用意のほどこそ神妙(しんべう)なれ。弓箭(きゆうせん)に携はらん者のはかりことは、もつともかうこそあらまほしけれ。かねてはまた、郎従小庭に伺候の条、かつうは武士の郎等(らうどう)の習ひなり。忠盛が咎にあらず」とて、かへつて叡感(えいかん)にあづかつし上は、あへて、罪科の沙汰(さた)もなかりけり。

【現代語訳】
 案の定、五節が終わると、殿上人たちがそろって上皇に申し上げたのは、「そもそも、大剣を腰に差して公式の宴会に列席するとか、随身を許されて宮中に出入りするなどは、いずれも格式に定められた礼法を守るべきであって、それらは勅命、また由緒ある昔からの規定である。それなのに、忠盛朝臣は、一つには先祖代々の家来だと称して、無位無官の武士を殿上の間近くの小庭に呼び入れ、また一つには腰の刀を横たえ差し、節会の座に並んだりした。いずれも世にも稀な、これまで聞いたことのないふとどきである。これが二つも重なっているのだ。その罪はどうしても逃れることはできない。早く殿上の御札から彼の名前を削り、官職を取り上げ、役人を免ずるのが当然」ということだった。上皇は大いに驚き、忠盛を呼び寄せられて、ご質問なさった。
 
 忠盛が弁明して申し上げたことは、「まず、家来が小庭に控えていたことは、私は全く知らなかったことでございます。ただ、近ごろ人々がいっしょになって私に何か企みをもち、何かわけがあるようで、昔からの家来がそれを耳にし、私の恥を助けるため、この忠盛に知られないようにこっそり参上していたもので、何ともしようがございませんでした。もし、それでもなお私の家来を処罰すべきならば、その者の身柄をお引渡しいたしましょう。次に刀のことは、このようなこともあろうかと思い、主殿司に預けておきました。その刀をここにお取り寄せになって、実物であるかどうかで、処罰をお決めください」ということだった。上皇は、それはもっともであると、刀を取り寄せてご覧になると、表面は鞘巻で黒く塗ってあり、中身は木刀に銀箔をほどこしたものだった。そこで、上皇は、「目の前にせまった恥を逃れるため、刀を差しているように見せながら、後日訴えられるのを考慮して、木刀を差してきたという用意の周到さは立派である。弓矢に携わる者の心構えは、ほんとうにこうあってほしいものだ。それにまた、家来が小庭に控えていたことも、ある意味では、武士の習わしで当然のことだ。忠盛に罪はない」とおっしゃり、かえってお褒めをいただいたからには、少しの処罰のご命令もなかったのである。

↑ ページの先頭へ

鱸(すずき)

(一)
 その子どもは、諸衛(しよゑ)の佐(すけ)になる。昇殿せしに、殿上の交はりを人きらふに及ばず。そのころ忠盛、備前国より都へ上りたりけるに、鳥羽院、「明石浦はいかに」と御尋ねありければ、
 
 有明の月も明石の浦風に浪(なみ)ばかりこそよると見えしか
 
 と申したりければ、御感(ぎよかん)ありけり。この歌は金葉集(きんえふしふ)にぞ入れられける。
 
 忠盛また仙洞(せんとう)に最愛の女房をもつて通はれけるが、ある時、その女房の局(つぼね)に、つまに月出だしたる扇を忘れて出でられたりければ、かたへの女房たち、「これはいづくよりの月影ぞや。出で所おぼつかなし」と笑ひあはれければ、かの女房、
 
 雲井よりただもり来たる月なればおぼろけにては言はじとぞ思ふ
 
と詠みたりければ、いとど浅からずぞ思はれける。薩摩守(さつまのかみ)忠度(ただのり)の母これなり。似るを友とかやの風情(ふぜい)に、忠盛も好いたりければ、かの女房も優(いう)なりけり。

【現代語訳】
 その子どもたちは、いろいろな衛府の次官になった。忠盛は昇殿を許されたので、人々は殿上での交際をいやがるわけにはいかなかった。そのころ、忠盛は任国の備前国から都へ上り、鳥羽院から、「明石の浦はどのようだったか」とお尋ねがあったので、
 有明の月の光が明るい明石の浦は、潮風に吹かれて波ばかりが打ち寄せ、そこだけ夜に見えたことです。
と詠んで申し上げたところ、たいそうお褒めをいただいた。この歌は金葉集に入れられた。
 
 忠盛はまた上皇の御所にお仕えする最愛の女房がいて、夜ごと通っていたが、ある時、その女房の部屋に、端に月を描いた扇を置き忘れて帰ってしまった。それを見つけた仲間の女房たちが、「これはどこから来た月光でしょうか。出所があやしいわ」と笑いあったので、この女房は、
 雲の間からただ漏り(=忠盛)来た月の光なので、おぼろげですから言いますまい。
と詠んだので、これを聞いた忠盛は、ますます深くこの女房を愛した。後に薩摩守忠度の母となるのがこの女房だ。似た者夫婦の趣で、忠盛も和歌をたしなんでいたので、この女房もまことに風雅に満ちていた。

(二)
 かくて忠盛、刑部卿(ぎやうぶきやう)になつて、仁平(にんぺい)三年正月十五日、歳五十八にて失(う)せにき。清盛嫡男たるによつて、その跡を継ぐ。

 保元元年七月に、宇治の左府(さふ)世を乱りたまひし時、安芸守(あきのかみ)とて御方(みかた)にて勲功ありしかば、播磨守に移つて、同じき三年大宰大弐(だざいのだいに)になる。次に平治元年十二月、信頼卿(のぶよりのきやう)が謀叛(むほん)の時、御方にて賊徒(ぞくと)をうち平らげ、勲功一つにあらず、恩賞これ重かるべしとて、次の年正三位に叙せられ、うち続き宰相(さいしやう)、衛府督(ゑふのかみ)、検非違使別当(けんびゐしのべつたう)、中納言、大納言に経(へ)上がつて、あまつさへ丞相(しようじやう)の位に至る。左右(さう)を経ずして、内大臣より太政大臣従一位に上がる。大将(だいしやう)にあらねども、兵杖(ひやうぢやう)を賜はつて随身を召し具す。牛車(ぎつしや)輦車(れんじや)の宣旨(せんじ)を蒙(かうぶ)つて、乗りながら宮中を出入す。ひとへに執政の臣のごとし。「太政大臣は一人(いちじん)に師範として、四海に儀刑(ぎけい)せり。国を治め道を論じ、陰陽をやはらげ治む。その人にあらずはすなはちかけよ」と言へり。されば則闕(そくけつ)の官とも名付けたり。その人ならでは汚(けが)すべき官ならねども、一天四海を掌(たなごころ)の内に握られしうへは、子細(しさい)に及ばず。

【現代語訳】
 こうして、忠盛は刑部卿になって、仁平三年正月十五日、五十八歳で亡くなった。清盛が嫡男であったので、その跡を継いだ。
 
 保元元年七月に、宇治の左大臣(藤原頼長)が乱を起こして世を騒がせた時、清盛は安芸(広島県)守として後白河天皇に味方して功績をあげたので、播磨守に転任し、同じ年の三年に大宰大弐になった。次に平治元年十二月、藤原信頼卿が謀叛を起こした時(平治の乱)、天皇に味方し朝敵を平定し、勲功は一度だけでない、恩賞は重くすべきということで、翌年、正三位に叙せられ、続いて宰相、衛府督、検非違使別当、中納言、大納言とかけ上がり、さらに大臣の位にまで進んだ。左右の大臣を歴任せずに、内大臣から太政大臣・従一位に昇進した。大将ではないのに兵杖宣下をいただき、外出の際には随身を召し連れる。牛車・輦車の宣旨もいただいて、車に乗ったまま宮中に出入りする。これはまったく摂政・関白のようである。そもそも「太政大臣は天子の模範であり、天下の手本である。国を治め人の道を説き、陰陽を調和して治めるほどのもの。それにかなう人がなければ欠員にせよ」と定められている。そのため「則闕の官」とも名づけられている。それにふさわしい人でなければ汚してはならない官職ではあるが、清盛が全国を掌中にしたからには、とやかく言うこともできない。

(三)
 平家かやうに繁昌(はんじやう)せられけるも、熊野権現の御利生(ごりしやう)とぞ聞こえし。その故は、いにしへ清盛公いまだ安芸守たりし時、伊勢の海より船にて熊野へ参られけるに、大きなる鱸(すずき)の、船に踊り入(い)りたりけるを、先達(せんだち)申しけるは、「これは権現の御利生なり。急ぎ参るべし」と申しければ、清盛のたまひけるは、「昔、周の武王の船にこそ白魚(はくぎよ)は踊り入りたりけるなれ。これ吉事なり」とて、さばかり十戒(じつかい)を保ち、精進潔斎(しやうじんけつさい)の道なれども、調味して、家の子・侍(さぶらひ)どもに食はせられけり。その故にや、吉事のみうち続いて、太政大臣まで極めたまへり。子孫の官途(くわんど)も、竜の雲に昇るよりはなほ速やかなり。九代の先蹤(せんじよう)を越えたまふこそめでたけれ。

【現代語訳】
 平家がこのように繁栄なさったのも、熊野(和歌山県)の三所権現のご利益だと言われた。その理由は、昔、清盛公がまだ安芸守だった時、伊勢の海から船で熊野にお参りになり、その途中で大きな鱸が船に飛び込んできて、案内人が「これは権現のご利益です。すぐに召し上がるのがよろしいでしょう」と言い、清盛が「昔、周の武王の船に白魚が飛び込んできたという。これは縁起のよいことだ」と言い、厳しく十戒を守り、精進潔斎の道中ではあったが、清盛が料理して、家の子や家来たちにも食べさせた。そのためか、めでたいことばかり続いて、太政大臣にまで上り詰めた。子孫の官位昇進も、竜が雲に昇るより速かった。先祖から九代にわたる先例を越えたのは、めでたいことであった。

↑ ページの先頭へ

かぶろ

 かくて清盛公、仁安(にんあん)三年十一月十一日、年五十一にて病に冒され、存命のためにたちまちに出家入道す。法名は浄海(じやうかい)とこそ名のられけれ。そのしるしにや、宿病たちどころに癒(い)えて天命を全(まつた)うす。人の従ひつくこと、吹く風の草木をなびかすがごとし。世のあまねく仰(あふ)げること、降る雨の国土をうるほすに同じ。六波羅殿の御一家の君達(きんだち)と言ひてんしかば、花族(くわぞく)も英雄も面(おもて)を向かへ、肩を並ぶる人なし。されば入道相国のこじうと、平(へい)大納言時忠卿のたまひけるは、「この一門にあらざらん人は皆(みな)人非人(にんぴにん)なるべし」とぞのたまひける。かかりしかば、いかなる人も、相(あひ)構へてそのゆかりに結ぼほれんとぞしける。衣紋(えもん)のかきやう、烏帽子のためやうより初めて、何事も六波羅やうと言ひてんげれば、一天四海の人、皆これをまなぶ。

 また、いかなる賢王賢主(けんわうけんじゆ)の御政(おんまつりごと)も、摂政関白の御成敗も、世にあまされたるいたづら者なんどの、人の聞かぬ所にて、何となうそしり傾(かたぶ)け申すことは常の習ひなれども、この禅門(ぜんもん)世盛(よざか)りのほどは、いささかいるかせにも申す者なし。その故は、入道相国のはかりことに、十四五六の童部(わらんべ)を三百人そろへて、髪をかぶろに切りまはし、赤き直垂(ひたたれ)着せて召し使はれけるが、京中に満ち満ちて往反(わうへん)しけり。おのづから、平家のことあしざまに申す者あれば、一人(いちにん)聞き出ださぬほどこそありけれ、余党(よたう)にふれ回してその家に乱入し、資材雑具を追捕(ついぶ)し、その奴(やつ)をからめ取つて、六波羅へ率(ゐ)て参る。されば目に見、心に知るといへども、詞(ことば)にあらはれて申す者なし。六波羅のかぶろと言ひてんしかば、道を過ぐる馬車(むまくるま)もよぎてぞ通りける。

【現代語訳】
 こうして清盛公は、仁安三年十一月十一日、五十一歳のときに病気にかかり、命を長らえたいと、急に髪をおろして出家入道した。法名は浄海と名乗られた。そのおかげか、長年の病もたちどころに治って、結局天寿を全うした。人々がその威勢に従いつくさまは、吹く風が草木をなびかすようである。また、世の人々がすべて敬い慕うさまは、降る雨が国土をうるおすのと同様だ。だれであろうと、六波羅殿のご一家の若者とさえ言えば、華族だろうと花族だろうと、だれも面と向かって物を言い肩を並べようとする者はいない。入道相国の小姑にあたる平大納言時忠卿は、「この一門でない者はみな人ではない」と言っておられた。こんな具合だったから、どの人も、何とかしてこの一門の縁にあやかろうとした。着物の着方や烏帽子の曲げ具合をはじめ、何から何まで、これが六波羅ふうだといえば、天下の人々が皆こぞってこれをまねた。
 
 また、いかに賢明な国王・国主や摂政関白の政治であっても、世間から落ちこぼれたつまらない者たちが、人の聞いていない物陰で、何かにつけて悪口を言ったり非難したりするのがふつうだが、この入道の全盛期には少しもおろそかに言う者はいなかった。その理由は、十四歳から十五、六歳の子どもを三百人もそろえて、髪をかぶろに切りそろえ、赤い直垂を着せて召し使っていて、その彼らが京都の町中にあふれるほど往来していたからだ。たまたま平家のことを悪く言う者があると、だれも聞きつけなければよいが、一人でも聞きつけようものなら、他の仲間と連絡しあってその家に乱入し、家財や道具などを没収し、その当人を捕まえて六波羅へ引っ立てた。だから、たとえ平家の悪事を目に留め、気がついたとしても、口に出して言う者はいなかった。六波羅のかぶろだと言えば、道を行く馬や牛車も避けて通った。

(注)現代語訳は、現代文としての不自然さをなくすため、必ずしも直訳ではない箇所があります。


「平家物語」について

 『徒然草』226段に、後鳥羽院の時代に信濃前司行長が『平家物語』を作り、盲目の琵琶法師の生仏に語らせたと書かれているが、ほかにも葉室時長、吉田資経を作者とする説もあり確定できていない。
 
 しかしながら、源平興亡の歴史に関しては、多くの記録・文書・話題の類があり、これらが収集総合される段階があり、整理され物語として洗練される経緯があったとみるべきで、そのなかで複数の行長?、複数の生仏?の手で現在の『平家物語』が成立したと考えられる。
 数十種の本文があり、琵琶法師の巨匠覚一によって1371年に完成された覚一本が、一般的にはよく知られている。
 
 『平家物語』は全12巻で、大きく分けて3つの柱からなる。第一部は、権力を掌中に収めた平清盛を中心とする平家隆盛のありさま、第二部は、平家討伐の旗揚げをした源頼朝、木曽義仲と平家軍との合戦、そして、第三部は、平家滅亡跡の戦後処理と人間模様について描かれている。
 
 現存する『平家物語』には全12巻の跡に潅頂巻一巻が加えられている。ここでは壇ノ浦で命を救われた建礼門院を後白河院が大原に訪ね、昔日の日々を語り合う場面が描かれており、「平家物語」の語りおさめとなっている。

「平家物語」年表

1131年
平忠盛が鳥羽上皇から昇殿を許される
 
1156年
保元の乱:平清盛・源義朝の軍が崇徳上皇の軍を破り、上皇を讃岐に流し、源為義を斬る
 
1159年
平治の乱:平清盛・重盛らが信頼・義朝の軍を破る
 
1167年
清盛が太政大臣となる
 
1168年
清盛、病により出家
 
1171年
鹿谷で平家打倒の謀議
清盛の娘・徳子が入内
 
1177年
鹿谷謀議が清盛に知れる
 
1180年
安徳天皇が3歳で即位
源頼朝、伊豆で平家追討の以仁王令旨を受ける
宇治平等院の戦いで以仁王が討死
清盛が福原へ遷都
頼朝、伊豆で挙兵
石橋山の戦い:頼朝が敗走
富士川の戦い:平家の軍勢が水鳥の羽音の驚き敗走
都を京都に戻す
 
1181年
木曽義仲が挙兵
平宗盛、源氏追討のための出発を、清盛の発病により中止
清盛が熱病にかかり死去
中宮徳子が健礼門院と称す
 
1183年
義仲、倶利伽羅谷で平家の大軍を破る
義仲が上洛するとの報に平家は騒ぐ
宗盛が安徳天皇を奉じて西海に走る
義仲が「朝日の将軍」の院宣を受ける
平家一門、大宰府に着く
頼朝、鎌倉で征夷大将軍の院宣を受ける
 
1184年
義仲、宇治・瀬田の合戦で、範頼・義経の軍に敗れる
義経、鵯越の坂落としで平家を大敗させる
生き残った平家は屋島へ
 
1185年
屋島の戦い
壇の浦の戦い:平家は義経の軍に敗れ、安徳天皇は二位尼に抱かれ入水
義経、鎌倉に下ったが頼朝に追い返される
 
1192年
後白河法皇が崩御
 
1199年
頼朝が死去

古典文学年表

奈良時代
712年 『古事記』
720年 『日本書紀』
759年 『万葉集』
平安時代
905年 『古今和歌集』
    『竹取物語』
    『伊勢物語』
935年 『土佐日記』
951年 『後撰和歌集』
    『大和物語』
    『宇津保物語』
974年 『蜻蛉日記』
    『落窪物語』
1000年 『拾遺和歌集』
1002年 『枕草子』
1004年 『和泉式部日記』
1008年 『源氏物語』
1008年 『紫式部日記』
1013年 『和漢朗詠集』
1055年 『堤中納言物語』
    『狭衣物語』
    『浜松中納言物語』
    『夜半の寝覚』
1060年 『更級日記』
    『栄華物語』
1086年 『後拾遺和歌集』
    『大鏡』
1106年 『今昔物語』
1127年 『金葉和歌集』
1151年 『詞花和歌集』
1169年 『梁塵秘抄』
1170年 『今鏡』
1187年 『千載和歌集』
1190年 『水鏡』
1190年 『山家集』
鎌倉時代
1205年 『新古今和歌集』
1212年 『方丈記』
1214年 『金槐和歌集』
1220年 『宇治拾遺物語』
1220年 『愚管抄』
    『保元物語』
    『平治物語』
1221年 『平家物語』
1235年 『小倉百人一首』
1247年 『源平盛衰記』
1252年 『十訓抄』
1280年 『十六夜日記』
1330年 『徒然草』
室町時代
1339年 『神皇正統記』
1356年 『菟玖波集』
1370年 『増鏡』
1374年 『太平記』
1391年 『御伽草子』
1400年 『風姿花伝』
1438年 『義経記』

がんばれ高校生!

凡人は歴史に学ぶ

古典に親しむ