本文へスキップ

枕流漱石(ちんりゅうそうせき)

 三国時代の西晋の政治家・孫楚(そんそ)は、若いころに老子や荘子の説にかぶれ、山村での隠遁生活に憧れていました。そして、「石に枕し流れに漱(くちすす)ぐような自然の暮らしがしたい」と言うべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤りました。それを聞いた友人の王済(おうさい)が「いったい、どうすればそんなことができるのか」と笑いました。
 
 孫楚はすかさず、「昔の隠者の許由(きょゆう)は、つまらぬことを聞いたときには、流れで耳を洗ったそうだ。それが流れに枕するということだ。そして、石で漱ぐというのは、小さな石を口に含んで汚れた歯を磨くということだ」と言い張り、誤りを認めようとしませんでした。いかにも苦しい言い逃れでしたが、王済はこの切り返しを見事だと思ったそうです。
 
 強情な孫楚は、他人に頭を下げることができない人物でしたが、王済にだけは敬服していました。その王済が死んだとき、彼はその棺にすがって号泣したといいます。また、生前に王済が「うまい」と褒めてくれていたロバの鳴きまねをし、別れのあいさつ代わりとしました。周囲の人たちが笑うなか、「立派な人物が先に死に、俗物ばかりが生き残る」と怒ったといいます。案外に純情一途な男だったようです。
 
 「枕流漱石(ちんりゅうそうせき)」は「流れに枕し石に漱ぐ」とも読みます。または「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」ともいい、強情で負け惜しみの強いこと、また、うまくこじつけて言い逃れをすることを意味します。明治の文豪・夏目漱石の雅号「漱石」はこの語からとったことで有名ですね。もっともこれは自身で考えに考えて決めた名ではなく、森鴎外が持っていた多くのペンネームから適当?に選んで譲ってもらったのだといいます。

〜『晋書』孫楚伝

蚤か虱に見える

 子圉(しぎょ)が、孔子を宋の宰相にひき合わせました。面談が終わって孔子が退出すると、子圉が入ってきて、今の客人はいかがでしたかと宰相に尋ねました。宰相は言いました。
 
「孔子に会った後すぐにお前を見ると、お前はまるでちっぽけな蚤(のみ)か虱(しらみ)のように見える。私はさっそくわが君に孔子をひき合わせようと思う」
 
 子圉は、孔子が主君に重用されては困ると不安になりました。そこで宰相にむかってこう言いました。「わが君が孔子にお会いになられたら、やはりあなた様が蚤か虱のように見られるでしょう」
 
 それを聞いた宰相は、もう孔子を主君に会わせようとはしませんでした。
 

目次へ ↑このページの先頭へ

梁上君子(りょうじょうのくんし)

盗賊、泥棒のこと。転じて「鼠」の異名。
後漢の陳ショクは、ある夜天井の梁の上に泥棒がひそんでいるのに気づき、子供を起こして「人は努力して学ばなければいけない。悪人だってはじめから悪人というわけではなく、ただ悪い習慣が身に付くのだ。あの梁の上の紳士もそうだ」と諫めたところ、泥棒は下りてきて改心したという故事から。

目次へ