本文へスキップ

アイソレーション電源トランス

 オーディオで良い音を聴くために大切なのが、各機器にいかに「きれいな」電気を流してあげることができるか。いわゆる電源対策ですが、今やオーディオ・ファンにとって当たり前に必須の作法になってきています。そのためのアイテムも数多く売られていて、それぞれを採用することで重畳的に効果を発揮してくれます。しかし、なかには何十万円もするようなべらぼうに高価なものもあり、そんなの、ちょっとやそっとで手が出せるもんじゃありません。

 そこで特に強くお勧めしたく思いますのが、アイソレーション電源トランスです。電源コンセントとアンプやプレーヤーなどの機器との間に中継して繋ぐもので、これも色々と種類がありますが、決して複雑な構造の機器ではないため、ふつうなら数万円で買えます(中にはひどく高価なものもある)。このトランスは、本来の電圧安定の機能だけでなく、電気の流れの一次側と二次側が絶縁されているために、ノイズが取り除かれたクリーンな電流を得ることができるのです。

 ケーブルやタップなどの外側から働きかけてノイズを除去しようとするアイテムもありますが、それらとは違い、こちらは電気の流れそのものをザクッとせき止めて、ゴミを除いた純粋な電流のみを漉(こ)し取る、そんなイメージでしょうか。使用後は、静寂感が高まり、音の輪郭がくっきりします。さらに、よけいな雑味が無くなった分、音圧が高まったかのような感覚が得られます。この違いは一聴しただけでハッキリ判別できるほどです。

 もし色々ある電源対策の中で、たった一つの方法しか選ぶことができないとすれば、私は迷うことなくこれを選ぶと思います。数万円というのも決して安くはないのですが、費用対効果は絶大、むしろお値段以上の価値ははるかにあると感じます。アイソレーション電源トランス、もはやオーディオ・ファンにとって必須のアイテムといってよいのではないでしょうか。まだ導入していない方がいらっしゃいましたら、強くお勧めしたく思います。

ウェルフロート・ボード

 スピーカーやアンプなどの下に敷くオーディオ・ボードにもいろいろあるようですが、私が使用しているのは、東大阪のジークレフ音響という会社が開発したウェルフロート・ボードです(上の写真)。二重構造になっており、上下2枚のボードの間に特殊なバネが組み込まれています。

 従来のオーディオ・ボードは、土台をガチガチに固定する「耐震構造」のイメージだったのに、これは全く反対?の発想といってよい、宙に浮かす「免震構造」といったらよいでしょうか。載せたスピーカーを押せばゆらゆらと揺れ動きます。最初はこんなんで大丈夫かとずいぶん疑心暗鬼を生じていましたが、これによって、むしろボードの存在を消してしまう発想だそうです。

 メーカーさんによれば「インシュレーターを噛まさず、スピーカーをボード上に直置きして下さい」とあります。使用後の印象としては、ストレスから解放されたかのようなスカーッとした音が飛び出してきます。地震のときも、揺れを吸収するので安心です。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

SN比

SN比とは、オーディオ機器の有効な信号成分(シグナル)とノイズ(雑音))の比率のことで、信号対雑音比ともいう。式で表すと以下とおり。

SN比 = 信号電力/雑音電力

単位はデシベル(dB)で、この値が大きいほど信号の品質や機器の性能がよい。

アンプ等の電子回路には、必ず一定量のノイズが存在するため、メーカーは回路設計の工夫や良質の部品の組み合わせ、配線への配慮等によってノイズの低減をはかっている。なお、スピーカー単体が自らノイズを発生することはない。

目次へ