本文へスキップ

わが街の音楽?

 オーストリアの指揮者オトマール・スウィトナーが、かつてN響の名誉指揮者を務めていたころ、当時のN響の団員が、モーツァルトを演奏するに際して、スウィトナーにこう尋ねたそうです。「われわれのオケと比べて、ウィーン・フィルは何が違うのか?」と。

 スウィトナーは答えて、「演奏上の技術的なものは全く変わらない。ただ、気構えが違う。モーツァルトの音楽に対して構えすぎないように」と言ったそうです。つまり、ウィーン・フィルのメンバーにとって、モーツァルトは「わが街の音楽」であり、体が自然に動くから「構え」がない、それだけ自分たちの血となり肉となっているんだ、と。

 このエピソードに接して、クラシック音楽ファンのはしくれとして深く考えさせられるのであります。プロのN響のメンバーでさえそうなんだから、ど素人の私ごときなんぞ、そもそもクラシック音楽の真髄のカケラにも触れられていないのではないか。ある曲を、分かったつもりになって「いいなー」と感動しながら聴いていても、実は本場である彼の地の人たちの感覚とは全くズレているのではないか、と。

 たとえば、外国人が日本の演歌をなかなか理解できない、あるいは、外国人歌手が演歌をどれほど上手に歌っても、私たち日本人の心にあまり響いてこないように。はたまた、美しい金髪の女性が和服を着飾っても、違和感ばかりで、ちっとも似合うとは思えないように、ずっと互いの間を埋めることのできない文化の違いや溝があるんじゃないか。つまり、私たちにとって、モーツァルトは「街の音楽」には絶対に成り得ない?!

 であるならば、結局のところ、開き直るしかないんだと思います。つまり、これから先も、ひたすら構えなければならない。むしろ「構えるな」という方に無理があるのかもしれません。だってN響のメンバーだって構えてる。ですから、決して分かった風な態度をとらず、少しでも理解を深められるよう、謙虚に耳を傾けるのみです。

オトマール・スウィトナー(1922〜2010年)
 オーストリアの指揮者。オーソドックスながらも格調高く実直な演奏スタイルで、ドレスデン国立歌劇場の音楽監督、ベルリン国立歌劇場の音楽監督、NHK交響楽団の名誉指揮者などを歴任。


目次へ ↑このページの先頭へ